2778053 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

ぴろこ@ Re:アルクトゥルスのアチューメント(08/10) こんにちは のりこさんのブログに出会った…
norico1@ Roseさん ありがとうございます〜〜 読んでいて、Ro…
norico1@ ひとみさん ふふ、生きててよかった、と安心するのは…
norico1@ あきたんさん はい、なんだかすごいことになってます😅 …
rose@ Re:アルクトゥルスのアチューメント(08/10) 典子さんこんにちは! アイルランドの記事…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018年08月10日
XML

イギリス、アイルランドの旅から戻ってから、早10日間が過ぎました。

その間、日々のセッションに加えて、様々なことが起こったり

また新たな気づきがあり、どんどん変化していて

これがどこに着地するのかもわからないのですが

今すぐに、伝えたいことがあって、パソコンに向かっています。

(伝えたいことを書く前の説明が長くなりそうだけど)

まず、先日のイギリスの旅日記でお話したように

ストーンサークルで、おさむにアルクトゥルスのガイド

(名前はFnadilフナディルさん)がついたわけですが

その後、おさむは、アルクトゥルスのヒーリングを取り入れて、

クライアントさんへのセッションを始めたら

クライアントさんからの反応も良く

かなりいい感じで、喜んでいました。

ところが、ところが、、、

そのガイドのフナディルさんが突然、いなくなるという事件が起こってしまって

あちゃ~っとなったわけです。

(ぶぶ「宇宙人ガイド失踪事件」って、もう頭おかしいわねウィンク

それには理由があって

実は、おさむにはまだゼータレクチル遺伝が残っていたのですが

(そのことはニューヨークに戻ってからわかったのだけど)

おさむが、クライアントさんのセッションで

ゼータレクチルのエネルギーを受けてしまい

そのエネルギーが強くなって、ある日、フナディルさんは

いなくなってしまったというわけです。

その日、私はおさむの顔を見て

「あ、これはまずい」と思って調べてみたら、やはり

ゼータのエネルギーを受けていて

フナディルさんはいなくなっていました。

SIfyunに聞いたら、もうフナディルさんは

おさむのところにガイドとして戻ってこないよ、とのこと。

もともと、おさむにはアルクトゥルス遺伝を持ってないので

ガイドがどこまでつくかはわからない、ということは

事前にSfyunから聞いていました。

ところが、アルクトゥルスのガイドがいなくなっても

アルクトゥルスのヒーリングは、おさむはそのまま使えることがわかって

とりあえずは、ほっとしたわけです。

アルクトゥルスのヒーリングが使えるのと使えないのとでは

ヒーリングの幅もスピードも可能性も全く違ってくるからです。

それで、Sifyunに聞いたことをまとめると

どうやらこんな状況らしい。

A)アルクトゥルス遺伝を持っている人の場合。

その人が、たとえ、今、どんな状態であっても

アルクトゥルスのガイドは、あるきっかけがあればやってくるし

場合によっては、グレイやゼータレクチルから守ってくれたり

またすでにそれらのエネルギーがついている人も

その影響がそれほど大きくならないように守ってくれる。

またカラダやエネルギーに関するある程度の知識やテクニックがあれば

その人自身が、アルクトゥルスのエネルギーを使ってのヒーリングを行うことができる。

B)アルクトゥルス遺伝を持っていない人の場合。

ガイドをつけるのは、先日のストーンサ-クルのような強力なエネルギーの場所で

例えば、私のようにアルクトゥルスのガイドがついている人が

そのガイド(私の場合SIfyun)とコンタクトして、その人にアチューメントすれば

ガイドがつく可能性があるが

この場合、アチューメントされる人は、ある程度、ハートチャクラや第6チャクラ

および松果体が活性化した状態であることが必要。

でも(今回のおさむのように)場合によっては、ガイドは離れてしまう可能性があり。


また普通の場所では、ガイドをつけるためのアチューメントはできないとのこと。

またガイドをつけるのではなく、アルクトゥルスヒーリングが使えるようになるのは

ストーンサークルのようなパワースポットでのアチューメントは必要なく

やはり、アルクトゥルスのガイドがついている人がサポートして

アチューメントすれば、使えるようになるとのこと。

でも、これもグレイ、ゼータレクチルなどの遺伝は

ほとんど持っていない状態であることが必要とのこと。

でも、ストーンサークルのようにエネルギーの強い場所でアチューメントを行えば
おさむのようにたとえ、少々の遺伝を持っていても
アルクトゥルスヒーリングは使えるようになるとのこと。

A)の人は、今のところ、私のクライアントさんの中で

6人に確実にアルクトゥルスのガイドがいることがわかっていて

たまたま、そのうち3人は、前回のニューヨークで多次元ベーシッククラスを受けた方たちで

体調の回復のために、ガイドから日々の食事指導をしてもらっている人

進路指導や恋愛相談などやってもらっている人

多次元キネシにアルクトゥルスヒーリングを組み合わせて

バンバン使っている人など

それぞれの変化と進化がすごいのですが

この方たちは、私がアチューメントしたわけでもなんでもなく

私のところにセッションに来られた時にはすでに

ガイドがいた状態でした。

そして、Bの場合にどうなるのかが、アルクトゥルス遺伝を持っていない

おさむの存在によって、いろいろわかってきたわけです。

例え、ガイドがついていなくても、アルクトゥルスヒーリングが使える

とわかったことは、ある意味、私にとっても嬉しいことでした。

もし、いつかSifyunがいなくなったら、今、私がやっている様々な
アルクトゥルスのヒーリングテクニックはどうなるのかしら?
と漠然と思っていたからです。

また、私は来年には、宇宙系遺伝の調整法のクラスを開きたいと思っていて

それには、今のところ、確実なのは、アルクトゥルスのエネルギーを

使える人であれば、大丈夫だとほぼ確信しています。

(もちろん、多次元キネシのベーシックとプラクティカルを受講した人対象のクラスですが)

というより、もしそれが使えないとなれば、大量の道具と様々なヒ-リング技術が必要で

それは私自身が、教えることはできないものも含むので

(ホロセットのクラスやアーキュトニックの惑星のクラスなど)

現実的ではなかったのですが

このアルクトゥルスのヒーリングを使えるとなれば

ホロセットのモジュールもほとんど必要なく

惑星音叉さえ持っていれば大丈夫。

そのテクニックは、アーキュトニックのクラスでは学ばないやり方ですから

例え、アーキュトニックのクラスを受けて学ばなくても大丈夫なので

私がクラスで宇宙系遺伝を教えることが、俄然、現実的になってきたのでした。

そして宇宙系遺伝に使わなくても、何よりも

アルクトゥルスヒーリングのパワーと活用の広さがすごいのです。

私は、アルクトゥルスヒーリングを使うようになってから

ほとんど道具を使わず、ほぼ手技での調整になっています。

以前は、私は主にイギリスの音叉メーカー、アランセールズの音叉を使っていて

器官音叉セット、ホルモン音叉セット、ブレイン音叉セット、神の音音叉セット

DNA音叉セット、ヴァイタル音叉セット、筋肉音叉セット、経絡音叉セット

チャクラ音叉セット、TMJ音叉セット、ヒーリングサウンド音叉セットなどなど

たくさんの音叉を日々、活用していたし、クラスの中でもオススメしていたのですが

アルクトゥルスヒーリングを使うようになってから

今、使っているのは、神の音音叉と

あとは、アーキュトニックの惑星音叉ぐらいで

他の音叉や道具は、ほとんどクライアントさんの身体から選ばれなくなったのです。

(以前よりエッセンスは使うようになりましたが)

つい先日もちょっとしたことがありました。

その日、私は1階の階段の掃除をしていました。

私のアパートは、1階は別のカップルが暮らしていて

2階は私とおさむなのですが

1階から2階へと上がる階段は、クライアントさんも通るので

掃除していたのですが、腰をかがめた時に

ぎくっと、ギックリ腰を起こしたのでした。

あ、やばい。ついたかもショック

と思って、筋反射で調べてみると、やはり1階の踊り場に

霊的なエネルギーがあって、そのエネルギーが私の腰に付いていました。

1階に霊的なエネルギーがあるということはわかっていたので

その場所を浄化しなければ、とは思っていたのですが

私についたのはこれが初めてのこと。

それで、私の腰に付いている霊を浄化することを意図して
アルクトゥルスのエネルギーを使って、腰に手を当てると
霊的なエネルギーは一気に浄化されて

最初はレベル10ぐらいの痛みが5ぐらいに減りました。

でも、まだ痛みがあるので、これは

今のギックリで筋肉の筋か腱膜かを痛めたのかな?と思い

今度は「筋肉の修復」を意図しながら

アルクトゥルスのエネルギーを腰に当ててみました。

ですが、今度は全く痛みは変わりません。

ああ、これはちゃんとどこの筋肉かを特定して

筋肉音叉か何かを使って調整するしかないか、と思い

どの筋肉や腱が傷んでいるのかをスキャンリストで調べようとしたら

Sifyunが「その前にメッセージを選んで」というので

選ばれたものが

「私は筋肉の痛みを手放します」

という文でした。

あ、そうか、と思い、今度は

「私は腰の筋肉に記憶された痛みを手放します」

と意図して、アルクトゥルスのエネルギーを腰に当てたら

一瞬で、痛みは完全になくなったのでした。

これは、クライアントさんのセッションでも、よくあることなのですが

例えば、怪我などで一度、筋肉や筋を痛めた場合

その傷が治っても、まだ何かの拍子に痛みが出てきたり

またはなかなか痛みが引かなかったりするのは

実際の筋肉や腱自体は治っていても、痛みのエネルギーが

感情として、身体に記憶されているため

何かのきっかけにそれが呼び起こされて、痛むのです。

私の場合、過去にギックリ腰は何度か起こしているので

その痛みが腰に記憶されていて

ここ連続の立ちっぱなしの’セッションで足腰が弱っていたところに

今回の霊がついたので、その身体に記憶された痛みが出てきたのでした。

こういった身体に記憶された感情やエネルギーは
これまでは、ヴァイタル音叉などを使って調整することが多かったのですが

アルクトゥルスのエネルギーを使えば、ほぼ一瞬なのです。

最初に筋肉の修復を意図してアルクトゥルスのエネルギーを流しても

全く何も変わらなかったのに

次の筋肉の痛みの記憶を除去する意図で流したら、一瞬で消えるというのは

アルクトゥルスは「勝手に」ヒーリングはしないし

本来の要因でないものを意図してやっても、効果はないので

アルクトゥルスのヒーリングを活用するためには

やはり、キネシオロジーの基本や

身体やエネルギーのしくみをある程度、理解している必要があるのですね。

ちなみにアルクトゥルスのエネルギーは、場所の浄化にも有効です。
今回の1階の霊も、アルクトゥルスのエネルギーで
あっという間に浄化しました。

さて、今日、Sifyunからメッセージがやってきたのは

今度の長野のプラクティカルクラス(中級クラス)で

アルクトゥルスのヒーリングを学ぶ日を1日作るということでした。

そのために、水輪にあるストーンサ-クルで

私がクラスの参加者に対して、アルクトゥルスのヒーリングを

使えるようになるためのアチューメントを一人一人に行う、というのです。

え~~まじ~~と一瞬、躊躇しましたが

直感的に多分、その方向に向かうのだろうなあと。

実は、ベーシッククラスのプログラムに関しては、クラスの度に細かな改訂を重ねてきて

ほぼ完成に近い感じなのですが

このプラクティカルクラスに関しては

去年からもう少し、プログラムを見直したい、と思っていて

先日、イギリスから戻ってから、取り掛かってはいたものの

今ひとつ、ピンときておらず

どうしても、何かが足りないという感覚が抜けませんでした。

来年から行う予定のアドバンスクラスである宇宙系遺伝調整のための

架け橋になるものでなければならないし

かといって、宇宙系遺伝に関することは

中途半端になってしまうので、やれない。

やはり、宇宙系遺伝の調整法に必要な、脳に関しての理解を深めるために

脳の調整を中心にするのは間違いないとしても

今一つ、そのプログラムがピンとこなかったので

このアルクトゥルスのヒーリングの話を聞いて

全てが繋がってきた感覚がありました。

もし参加者が、このアルクトゥルスのヒーリングが使えるなら

様々なヒーリングの幅が広がることは間違いないし

脳の調整にも大きく役立ちます。

でも、それには、幾つかの問題がありました。

まずは、長野のプラクティカルクラスの参加者全員がアチューメントできる状態なのかどうか?

ということ。

アルクトゥルスの遺伝を持っている人なら、今、どんな状態であっても大丈夫ですが

遺伝を持っていない人の中で、グレイやゼータのウォークインがあれば

それを解除する必要があり、そのためには場合によっては

遺伝の調整も必要になります。

1つ2つのウォークインを外すだけだったら、すぐできますが

もしも、かなり入り込まれていた場合やディープな遺伝だったら

その調整に3時間ぐらいかかってしまいます。

それが2、3人なら、クラスが終わった後などに

何とか調整できるのではないかと思うのですが

これは、実際に参加者に会ってみないとわからないです。

でも、おさむがゼータの遺伝を少し持っていても

ストーンサークルの中では、アチューメントはできたわけなので

なんとかなるのではないかしらと。

それと、今年からこのプログラムを取り入れるとなると

去年、プラクティカルクラスを受けた人たちとの違いが大きくなってしまう

のではないかという懸念もありました。

でも、これも、また来年のアドバンスクラスをやる時に

アルクトゥルスヒーリングを学んでない人は

最初に1日増やして受けてもらうようにすればいいなあと。

とはいえ、どうなるのかは

実際にクラスをやってみないとわからないですが

とりあえずは、今度の長野で、アルクトゥルスのヒーリングを行う方向性で

これからプログラムを作成してみることにしました。

アチューメントは、長い間レイキティーチャーだったので(今はもう教えてないけど)

たくさんの人にアチューメントしてきましたが

様々な理由から、もうアチューメント系のヒーリングはやらない

と決めていたので、まさかこんな展開になるとは。

もっとも、私がアチューメントするのではなく、実際にやるのは

SIfyunなんですけどね。

ちなみに、ベーシッククラスでは、アルクトゥルスのヒーリングは

一切やりません。

ベーシッククラスでは、まずは、しっかりとのりこ式の筋反射や

自己筋反射を取ることが第一で

(アルクトゥルスではない)手技を使ってのヒーリングに慣れること

また、多次元キネシのヒーリングのプロセスに慣れることが大切で会って

ベーシックでアルクトゥルスヒーリングまでやるとごちゃごちゃになってしまうからです。

ということで、とても長くなって、最後にお知らせなのですが

これもタイミングなのか、昨日、プラクティカルクラスのキャンセルが出たかと思ったら

たった今、別のプラクティカルクラスのキャンセルが出ました。

ベーシッククラスの方はキャンセル待ちの方がまだ何人かいらっしゃるのですが

プラクティカルクラスの方は、キャンセル待ちはいないので

今、2席が空いている状態となりました。

この長野のクラスで、アルクトゥルスのヒーリングを取り入れることを決めるや否や

何かが動き出した感じで

もしかして、これもSifyunの準備なのかしらと。

多分、アルクトゥルスのアチューメントが必要な方が他にいらっしゃるのかも?

と思い、お知らせすることにしました。

(説明が長くなったけど)

ベーシッククラスを受けられている方の中で、もしこの

プラクティカルクラス(+アルクトゥルスヒーリング)に

興味がある方がいらしたら、ぜひご連絡くださいね。


norico1@earthlink.net
osamusic@earthlink.net

それにしても、あのイギリス湖水地方のストーンサークルでのおさむへの

ドラマチックなアチューメントが行われたすぐ後に

こんな展開になるとは。

いや~もしかして、すべてこの流れになるようになっていたのか?

と思えるぐらいです。

あの体験がなければ、決して、長野クラスの参加者に

ストーンサークルでアルクトゥルスのアチューメントを行う

なんてことには、絶対にならなかったわけですから。

(SIfyunに言わせれば、別に仕組んだわけではないとのことですが)

イギリスの旅から戻ってから、Sifyunから私への指導は

さらに加速していて、宇宙系遺伝の調整法もさらにバージョンアップしたのと同時に

私の日々の自己管理能力なども指摘されて、つい先日も

『私はプログラムを作成するのに十分な時間を自分に与えます」とか

「私は短期的な目標を設定し、それを全力を向けます」

などのメッセージがやってきていました。

このところ、クライアントさんでちょっとハードなセッションが続いていたので

セッションが終わると、いつもなら

「ヤッホ~終わった、ワインで乾杯しようハート(手書き)

となるところが

ここ数日は、その大好きなワインも夜、飲まないで

長野でのプログラム作成に取り掛かることになっていて

「なんか、Sifyun、前にも増して厳しくなってない?」と思っていたんですが

今日のメッセージが来て、やっとその意味がわかりました。

あ~日本への出発まで、ちょうど2週間。

新たなプログラムの作成だけでなく、山ほどやることはありますが

果たして間に合うのか~。

(いや、きっと間に合うようになっているはず。。。)

今回の長野のクラスは、また新たなチャレンジになりそうです。







最終更新日  2018年08月10日 14時50分04秒
コメント(7) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.