3461008 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

なおちゃん@ Re:白馬のショートバケーション(09/16) New! のりこさん♪ わぁいヾ(๑╹◡╹)ノ" 嬉し…
norico1@ なおちゃん New! お返事遅くなりました。 先日はありがとう…
なおちゃん@ Re:白馬のショートバケーション(09/16) のりこさん♪ 82才のお母様お元気ですね〜♪…
norico1@ けいこさん 娘さんの誕生日、おめでとうございます! …
norico1@ めぐみちゃん コメントありがとう! ほんと、大切な家…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019年09月16日
XML
カテゴリ:日本の旅

今日は、日本での旅日記を。

飯綱高原にある水輪を発ってから、私とおさむは、数日間のバケーションを取るために

長野の白馬に行きました。
長野駅からレンタカーを借りて、1時間半ぐらいで到着です。
白馬には、おさむと2泊した後、母が福岡から出てきて、2泊しました。

曇り空のお天気の中

最初に向かったのは、白馬五竜高山植物園。

リフトに乗って、上まで行くと、少し青空が見えてきました。

    

時期的に、今は、もう高山植物の時期は終わっていましたが
まだ少し残っている植物を見ながらのお散歩コース。



                  




次の日は、白馬岩岳マウンテンリゾートへ。

まずは、森の中のトレッキング。

面白い形のネズコの木。

                  

そして、ここの絶景カフェは

何とニューヨークのユニオンスクエア近くにあるシティベーカリーでした。

昔から、ニューヨークにあるカフェですが
こんなところに店を出していたのですね。



今日は、あいにく山に雲がかかっていましたが
このカフェからの眺めは、北アルプスの山々が連なって、素晴らしかったです。



次の日の朝。

あいにくの天気。

リフトに乗って、栂池高原に行ってみましたが、雲でほとんど見えず。
もっと早い時期に、晴れている日だったら
きっと植物や山々が美しく見れたことでしょう。

  


午後には、福岡から白馬にやってくる母を迎えに

信濃大町の駅まで、修が運転して車で迎えに行きました。

私と母をホテルに送ってもらってから、おさむと別れ、おさむだけ東京へと向かいます。

私たちは、白馬のラネージュ東館というホテルへ。




お部屋は、クラシカルで可愛い内装で、森に囲まれたバルコニーと
ジャグジー付きのバスタブも広々で、母も気に入っていました。

このホテルのレストランは、フレンチのコース料理。

    


次の日は、母と二人で、白馬八方尾根へ。

ホテルの人にリフト乗り場まで送ってもらいます。

まずはゴンドラに乗り、それからリフトに乗り換えて

さらに、また別のリフトに乗り換えて行きます。

母はリフトに乗るのは、生まれて初めてだったそうですが

とても楽しんでくれて、すっかりリフトがお気に入りになったとのことで、よかったです。





リフトから降りたところにある八方池山荘から、八方池までは
3、3kmの距離ですが、結構な登りの斜面です。

多くの人たちが登山用の靴を履き、登山スティックを持って歩いている中

私たちはスティックも持たず、普通のスニーカーで登ります。

母のために、スティックを借りておけばよかったと、後から思ったのですが

私もここに来るまで、登山をするとは思っておらず
82歳の母にはちょっと大変だったなあと。

ホテルの人も、母を見て

「八方池までは無理だと思いますから、リフト乗り場の周りで、引き返した方がいいですよ」

と言われていたので

私も途中で引き返そうと思っていたのですが

母は山歩きは、ほとんどやったことがないものの

毎日、プールで1000メートル以上泳いでいるだけあって

体力は80代にしてはあるので、結局、なんだかんだと歩き続けて

八方池まで登ることになりました。

途中の道は、木のトレッキング道になっていて、歩きやすかったです。



 


最後の方は、また石がゴロゴロの登り道になりましたが

何とかクリアして、標高2080メートルにある、八方池に到着。



ここで、朝、ホテルで作ってもらっていた、おにぎりを頂きました。
やっぱり、こんな場所で頂くおにぎりは最高。
雲が少し切れて、氷河が見えてきます。

母も「ここまで来てよかった~」と大満足。



でも、帰りは、母は靴が滑りやすく、転んでしまいそうで

登りより下りの方が怖かったとのこと。

それでも何とか到着して、ホテルの人にリフト乗り場まで、迎えにきてもらいました。

このホテルのスタッフの方はとても親切で
とても居心地の良いホテルでした。
ただ、一つだけ難点と言うか
このホテルにはフランス料理のコース料理しかなかったので
二日目は、他のホテルのレストランに行きました。
和食やアラカルトでオーダーできるレストランがあったら、もっといいのになあと。

次の日は、久々の晴天。
ホテルの人曰く、数ヶ月ぶりの晴天だそう。
朝食は、バルコニーで頂きました。



       


朝食の後、ホテルから歩いて10分もかからないところに北尾根高原への
リフト乗り場があったので、再びリフトで上がってみると
素晴らしい光景が広がっていました。






前日は、ゴンドラとリフトを乗り継いだ後、かなり歩きましたが
この日は一つリフトで上がっただけで
こんな近くに、北アルプスの山々が見られるなんて。

このあたりで働いている方たちがみんな
「今日は、今年一番の晴れですよ。ラッキーですね〜」
と声をかけてくれて、母も嬉しそうに
「福岡から来たんですよ〜」と答えていました。

それにしても、福岡から、白馬まで、結構、遠いので
海外旅行に行けるぐらい、時間がかかるんですよね。

こうして、おさむと2泊、母と2泊した白馬を発って
私と母は、松本に寄り、そこで1拍しました。
松本では、ホテルから歩いて数分のところに松本城があったので
行ってみたのですが、私も母も、日本の城には全く興味がないことが判明。泣き笑い
城に入ってすぐに、もう出ようと母が言い出し、すぐに退散しました。
それから、城下町をプラプラ歩き、夜は居酒屋に入って、食事しました。

次の日、私はこの日、東京でのおさむのコンサートのため
母と別れ、東京へと向かいました。

そして、東京でのコンサート当日は、東京に台風が直撃した日となりました。
(よりによって、この日に重なるなんて、おさむの日頃の行い、かしらね〜あっかんべー

でも、電車が夜は止まるということで、何人もの方が、来られなくなってしまった中で
40人ぐらいの方々が、来てくださって、とても嬉しかったです。
ここでお礼も何ですが、台風の中、お越しくださった方々
本当にありがとうございましたハート(手書き)
おかげで、無事コンサートも終えることができて
おさむも、私も、とても感謝しています!

こうして、次の日、私は福岡に戻り
その次の日から、実家にて、セッションを行っています。
それも、あと4日で終わり、その後は、おさむと2泊の小旅行の予定。
そして、来週には、ニューヨークに戻ります。







最終更新日  2019年09月16日 16時30分50秒
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.