2232161 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

楽天プロフィール

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

hana@ Re:ニューヨーク多次元キネシオオロジー 中級クラス終了(10/11) はじめまして。記事を読ませていただいて…
やつちまつた@ Re:格闘家の覚醒した意識(01/24) 僕はボクシングで覚醒しました。なぜかと…
norico1@ めぐみちゃ〜ん おぉ、先日、お返事を送ったつもりで、ま…
めぐみ@ Re:ニューヨーク多次元キネシオオロジー 中級クラス終了(10/11) 典子さ〜ん、 NY中級クラス、お疲れ様でし…
norico1@ なおちゃん うん、きっとギリシャに行けるよ。 私が引…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

健康

2010年11月11日
XML
カテゴリ:健康
 
今回は、女性ホルモンについて書かれた
「医者も知らないホルモンバランス」の本をご紹介します~。

これは、もう、7、8年前に読んで、本自体は今、手元にないのですが
この本を要約した資料があったので、先日、読み返していて
やはり女性なら知っておいた方がいい情報かも?と感じました。

ちょうど、先日、骨粗しょう症に関するご質問があったのですが
骨粗しょう症とホルモンバランスとの関連について
この本には、一般的な医者の見解とは違った意見が語られています。

もちろん、これが正しい、間違っている、ということではなく
一般的に知られている説や医者が言っていることが、
必ずしも正しいわけではないということや、他の可能性を認識しておくことは
病院での治療を受ける際にも、大切なことだなあと思います。

詳しくは、ジョン・R・リー博士。婦人科の医者の書いた
「医者も知らないホルモンバランス」
「続 医者も知らないホルモンバランス」
を読まれるのをお勧めしますが、
この本の内容をよくまとめてあるサイトを見つけました。

女性ホルモンについての新しい考え方


ここに書かれてあるように、女性ホルモンには、

エストロゲン(卵胞ホルモン) 
プロゲステロン (黄体ホルモン)

とあり、現代の女性は、食生活や、石油製品による環境ホルモン、
などの影響で、エストロゲン過多になっている状態だそう。

ちなみに、ここで、エストロゲンが多いために起こる疾患として
推定されているのは

子宮筋腫,子宮癌、月経前緊張症、卵巣癌、更年期前の骨脆弱化
閉経後の骨粗鬆症、早すぎる老化、アレルギー、乳房痛、性欲減退、
ふさぎ、慢性疲労、思考の混乱、頭痛、低血糖症、血栓の増加(脳卒中の増加)
不妊、いらいら、記憶力の減退、甲状腺機能低下症類似症状、自己免疫疾患など。


例えば、アメリカでは、不妊、流産、月経困難症、生理不順、更年期障害、骨粗鬆症などに、
避妊ピルやエストロゲンのホルモン剤や合成プロゲステロンホルモン剤を
処方するのが一般になっているのだそう。
日本でも、天然プロゲステロンクリームを使うという考え方は
一般的に医者が行ってはいないようです。

ですが、ジョン博士は、エストロゲン補強によっては、
骨塩量は増やすことは困難としていて
人工的なホルモン剤によって、
故意にホルモンバランスを操作することの危険性を訴えています。
また、経口薬はほとんど消化されるだけでなく、肝臓に負担が掛かるとして
天然のプロゲステロンクリームを勧めています。

また、従来の骨粗しょう症の原因として
カルシウム不足、閉経によるエストロゲンの低下ということがあげられていますが
ジョン博士は、それらの要因を否定しており、
エストロゲンのみを補給すると、
エストロゲン過多になってしまい、危険だと言っています。

こちらのサイトには、医者に処方されたエストロゲンによって
体調を崩した方が、天然プロゲステロンクリームを使って、
回復されていったというレポートが掲載されていました。

黄体ホルモンが健康のカギ


また「天然プロゲステロンは
子宮内膜症、子宮筋腫、乳ガン、子宮内膜癌、流産、更年期障害
乳腺線維腫、偏頭痛、ニキビ、脂漏症、高血圧、カンジダ症、異常な疲れやすさ、
アレルギー、関節炎、自己免疫疾患、不妊などにも有効性が指摘されている」とのこと。

もちろん、これらのあらゆる症状は、ホルモンバランスだけではなく、
食事や運動、遺伝的影響、ストレスや心理的要因、
他からのエネルギーなど、様々な要因が、関わっています。

例えば、コルチコステロイドは、副腎から出されるホルモンですが
代謝されプロゲステロンに変化しますが
ストレスを感じるとコルチコステロイドが使われてしまって
プロゲステロンに供給されなくなってしまうのだそう。
心理的な要因は、何よりも大きく身体に影響してくることは
キネシオロジーのセッションをやっていて、いつも感じます。

どんな症状であっても、医者の言う通りに治療していれば大丈夫、
ということではなく、あらゆる角度から、
検討してみることは大切ですね。






最終更新日  2010年11月12日 13時39分10秒
コメント(2) | コメントを書く

2010年04月22日
カテゴリ:健康
 
今日は足のウオノメとスニーカーのお話。
(先日は至高体験で、今日はウオノメ?
何でもありよね~オーケー

実は、私は長い間、足の裏のウオノメに悩まされてきました。
(そんな告白をされても困る?ウィンク

ちなみに、たことウオノメの違いは、
ウオノメは白い芯があって押すと痛いのに対して
たこは押しても痛くないのだそう(って、どうでもいいかしら?)

私のウオノメは、両足にあって、これまでありとあらゆる
ウオノメ取りやたこ取りのリムーバーやパッチを使ってきました。
が、完全に芯が取れていないためか、取ってすぐは大丈夫でも
しばらくするとまた出来てくるのです。
そのままにしておくと、もう歩く度に痛んで、
足を引きづりながら歩くことになってしまいますので
定期的に取らなければなりません。

「私はいくら身体が健康になっても
このウオノメとだけは、一生縁が切れないのかしら?」
と、嘆いておりました(たかがウオノメ、されどウオノメ泣き笑い

そのウオノメとさよならしたのが、数年前にある靴と出会ってから。

それはMerrell(メレル)という登山メーカーのスニーカー。
それまで、どんなスニーカーを履いてもウオノメは痛んでいたのに
Merrellを履き出してから、全くウオノメの痛みがなくなりました。
スニーカーをこのブランドに変えてからは
一度もウオノメができておらず、
今は、ちょっと堅い部分はあるものの、
押しても痛くないし、もう芯もありません。
このメーカーのスニーカーと出会ってからは、他の靴やスニーカーを
ほとんど処分しました。
というわけで、私がスニーカー以外の靴を履かないのは
単に履く機会がないというだけでなく、
ウオノメのためでもあるのですけどね。

と、先日、レイキのクラスに来られた方が
変わったスニーカーを履かれていて
それがMBTというブランド。

何でもマサイ族の歩き方をモデルに作られたスニーカーで
砂の上を歩くような感覚であるけるとのこと。

あ、これはいけるかも?ひらめき

と直感的に思って、ちょうど私と同じサイズだったので
試しに履かせてもらうと、底が厚く、そして底は丸くなっていて、
ただ立っているだけでふらふらします。
すぐに上手くは歩けませんが
これを履くだけで、自然と身体の歪みが矯正され
正しい歩き方になるので、疲れにくくなるそう。
ちなみにこちらは、MBTの日本語HP


なるほど、先日アレキサンダーテクニックで歩き方を
矯正してもらったのですが、
私は足のかかと部分に体重をかける癖があるので
このスニーカーなら、かかとは丸くなっていて
体重をかけれないので、自然と矯正されそうです。

早速、ネットで購入して先日到着。
昨日、初めて履いてみたら
まだ慣れないせいか、確かに不安定なので、ふわふわした感じ。
普段使わない身体の筋肉を使っているのを感じます。
階段の上り下りなどは、ちょっと不自然な感じがするのですが
まっすぐの地面を歩いている分にはよさそうです。

しばらく履いてみないとわかりませんが
問題のウオノメも、このやわらかな感覚だと大丈夫そうあっかんべー

ただ、このスニーカーだと、ちょっとグラウンディングができない感じです。
特に電車の中で立っていたり、座っていたりする時に
私はなるべくグランウンディングをするようにしているのですが
この靴だとそれが、上手くできない感じで、なんか心もとない。

しばらく履いてみて、慣れたら変わるかしら?
近くの公園を歩くのはいいかもしれません。
また、しばらく履いてよかったらご報告いたしますね~

kikyu のコピー.jpg
やっほ~~ハート(手書き)









最終更新日  2010年04月23日 02時46分41秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年04月01日
カテゴリ:健康

昨日は、亜子先生のコロニクス(腸内洗浄)に行ってきました。

この亜子先生のコロニクスは、NYに住んでいる健康志向の方なら
知らない人はいないというぐらい有名なところです。
私のところにレイキを受けに来られる方も多くが受けていらっしゃって
前々から知っていたのですが、私は特に腸は問題ないそうだから、
必要ないかも~と思って、今まで行ったことはありませんでした。

でも、最近、ちょっと忙しかったせいもあって、断食もできていないし、
コーヒーエネマもしばらくやっていないし
しかも、ここしばらく、夜中におさむが持ってくる
マクロビクッキーを食べるくせがついてしまってほえー
ちょっとこれは一旦リセットが必要だ~と行ってみることに。

亜子先生は肌がとてもきれいな方で
やさしくて、いろんなことをご存知で、噂通りの素敵な方でした。

まず、私のお腹を触って
「この辺りに便のカスがありますね~」
と言われます。
さすが、お腹の脂肪との違いもわかるのですねウィンク
長年の経験から、触っただけで腸の様子がほとんどわかるのだそう。

マッサージベッドに横になり、管をいれてから
その腸内にこびりついているものをふやかすために、注入が始まります。
注入されるのはお湯だそうですが、ほとんど入ってゆくのは感じません。
そして、亜子先生がお腹をマッサージしてくださって
便意を催してきたら、注入を止めて水を抜きます。
抜く際に、腸内のカスが出てゆくのが、透明な管から見えます。

ちなみに、これは洗腸であって、浣腸とは違うので
腸の中、全部にお湯が行き渡るそう。
(詳しくは、ihealingのAsamiさんのブログにも書かれてあります)

この日は、朝から何も食べないで行ったのですが
やっぱりたくさん出てきましたびっくり
「順調に出ていますよ~」
亜子先生は、そう言われて、
お湯を入れる、マッサージ、そして抜くを繰り返して
腸内のカスを全部出してしまいます。

自分でコーヒーエネマするよりも、ずっと楽ハート(手書き)
というか、全く苦しくないし、それほどがまんもしなくていいし
いつのまにか、どんどん出ていく感じで、
コロニクスが、こんな楽で気持ちいいものだとは思いませんでした。
これはカスを吸い取っているのではなく
腸の自然な動きだけで、排出されていくのだそうで
身体に全く負担はないとのこと。

亜子先生は、流れている便の状態を見ながら

「繊維質のものをよく食べられていますね。
それと豆類もよく取っているようで、いいですね」

と言われました。
管の中を流れてゆくのカスを見るだけで、普段、その人が
何を食べているかもよくわかるようです。

やっている間、亜子先生にいろいろ疑問に思っていたことを
聞いてみました。

まずは、コーヒーエネマのこと。
もともと、新谷先生が、コーヒーエネマを勧められていたので
私は数年前から時々やっていたのですが
エドガーケイシーの本の中には、エネマは、病気や不調の時ならいいけれど
普段からやるのは、腸の働きを弱めると書かれてあって
本当のところは、どうなのかしら?
と思っていました。

これに関して、亜子先生は
「確かにエドガーケイシーはそう言われていますよね。
私もそれに関しては、ずっと疑問だったのですが」
と前置きされた上で

「普通の便が出ていても、全部出きれない部分はあるので
そういう時に週に1日などエネマを活用するのはいいと思います。
でも、便秘の方が便秘を治す努力もしないでエネマすればいいや~と
なってしまうとよくないということですよね」

と、ごく納得できるお答えが戻ってきました。
確かに、それぞれの体質にもよりますしね。
コーヒーエネマは、私は毎回わくわくするくらい好きなので
たまには楽しんでやろうと思います。

それと、私が何度かやったBlessed Herb社のコロンクレンジングも
合う方と合わない方がいるようです。
これは、この会社の製品の中にPsyllium(シリアム)という成分が入っていて
これ自体はとてもよいファイバーだそうですが
水に溶けると、ゴム状になる性質から
腸の壁が入り組んでいるタイプ
(このあたりは、亜子先生の言葉を曖昧にしか覚えていないのですが)だと
腸の壁に張り付いてしまうのだそう。
私の身体には合っていたようですが
中には合わない人もいるのですね。

また、みなさんは、ここにどのくらいの頻度で来られるのですか?
とお聞きしたところ、それは目的によって様々だそう。
肉や乳製品をよく取られている方や
遺伝的に大腸ガンになりやすい方は、大腸ガン予防のために
よく通われているようですし、
また断食の効果を高めるために、断食中におとずれる方や
またダイエット目的の方や、お肌の調子を整えたい方など
様々な理由で来られるようです。

「のりこさんは、食事も特に問題ないし、毎日、排便もきちんとあって
腸の動きもとてもいいので、頻繁に来られる必要はありません。
もし、次回来られるのなら、断食の最中などに来られると
違いがわかっていいですよ~」
とのことでした。

すべてが終了して、すっきりした後
食事や食事時間についてのお話があります。

アルカリ性食品と酸性食品のバランス
新谷先生が推薦している食事のバランス
消化能力を高めるための生活習慣。

この中で、タンパク質と炭水化物を同時に取ると
消化に時間がかかることのは知っていたので

「なるべく別々に食べるようにはしているのですが
やっぱり、どうしても納豆とごはんとかテンペとか食べてしまうんです」
と私が言うと、

「発酵食品のタンパク質は、炭水化物と一緒にとっても大丈夫なんですよ。
だからご飯に納豆やテンペはオッケーなのです。
最悪なのは、肉とご飯だけ食べるようなタイプの方です」

と亜子先生が教えてくれました。
これは知らなかったことなのでよかった~♪
私は普段のタンパク質は、テンペか納豆が多いので問題なさそうです。
また、少量だったら、炭水化物とタンパク質を一緒にとっても大丈夫とのこと。

またアルカリ性食品と酸性食品のバランスは
これは80%対20%ぐらいがベストと言われているのですが
私は普段、穀物を食事の50%ぐらいはとっているので
「穀物はほとんどが酸性食品ですが、
私は50%ぐらいは取っていますが」
とお尋ねすると、

「のりこさんの場合は、肉や砂糖などの酸性食品を取っていないし
野菜を取っていれば、穀物の量が多くても大丈夫なんです。
実際、新谷先生も穀物は食事の50%をしめるのが
いいと言われていますから」
ということでした。

また、私は、普通は玄米を食べているのですが
最近は、試しにしばらく白米を食べていて、
身体の調子の変化を見ていることを伝えると
「そういうのがいいですよね~
こだわりすぎないことも大切ですから」

と言ってくださいました♪

そして、消化能力を高めるために、一番大切なのは
食事内容よりも、食事時間や睡眠時間なんだそう。

人は20歳ぐらいまでは、成長ホルモンがでるのですが
成長が終わった後の大人の身体では、
夜10時から2時までに修復ホルモンが出るので
それが、老化を遅らせたり、デトックスに
その時間に食べたりすると、その修復ホルモンが消化に使われるため
他のところの修復ができなくなるのだそう。
また、この時間はできれば、ぐっすり眠っているのが
その修復ホルモンを最大に活用する方法なのだそう。

夜10時に就寝~~ほえー

私は、毎日、就寝時間が夜2時を過ぎてしまうので
せめて夜12時までには寝るようにしたいなあと
前々から思ってはいたのですが。

よし、これを機に心機一転、夜11時を目標にすることにしました。

「たぶん、のりこさんの場合は問題はそこだけですね~」

と亜子先生が言ってくださったので、もうすっかりやる気になって
早速、昨日から夜11時に就寝を始めましたグッド

と、ちゃんと続くかしら~雫
もし、続かなかったら、キネシで調整しよううっしっし

おさむの帰宅時間が夜1時頃なので
おさむが仕事の日には、彼と話もできなくなってしまいますが。
どちらにしても、彼も今月で今の仕事は辞めるので
また何か変化があるかもしれません。

腸内洗浄もとっても気持ちよかったですし
また、自分の腸の働きを確認できて
ためになるいろんなお話を聞くことができて
本当に行ってよかったです。
次回は、半年後ぐらいに、断食やBlessed Herbのコロンクレンジングの最中に
行ってみたいと思います~

CSC_0342 のコピー.JPG
今日から4月。
NYは、とてもよいお天気です晴れ


 







最終更新日  2010年04月02日 03時43分31秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年03月27日
カテゴリ:健康
 
口から入ってくる毒ー経口毒に対して
皮膚から入ってくる毒を経皮毒といいます。

一般に売られている多くのシャンプー、リンスや洗剤、化粧品、石けん、歯磨き
ボディソープ、ウェットティッシュ、入浴剤などの中に
有害化学成分が含まれていて、それが皮膚を通じて体内に取り込まれ
様々な病気のもととなるということを知ったのは、8年ぐらい前のこと。

私は当時は、そういうことばかり調べていた時期があって
毒物専門家の講演を聞いたり、
本や資料や関連ビデオを取り寄せたりしていましたから
これについては、とても簡単には伝えきれないし、
また、私がこのブログで伝えたいこととは別になってしまうので、
ここに書くのは、やめようと思っていました。

でも、最近、花粉症だとか、アトピーとかのご相談がけっこうありますし
一度、簡単に説明してみようかなと思っていたのですが、
昨日もご紹介しましたihealingのAsamiさんが
経皮毒について、とてもわかりやすく、まとめられていたので
興味のある方は、下のリングをご覧くださいませ~

1)スキンケアの不都合な真実
2)発ガン性物質 ジオキシン
3)あなたの使っている化粧品が毒か否かを調べる方法
4)スキンケアの本当の意義

ここにあるように、まさに「皮膚は最大の臓器」

皮膚から有害なものが体内に入ってくるということがピンと来ない方は
ニコチンパッチを皮膚にはると、あっという間に
全身にニコチンが行き渡ることを考えると、わかりやすいと思います。
また、経皮薬といって、皮膚に貼って体内に取り込む薬も
ホルモン治療や心臓の病気、アルツハイマーなど
さまざまな病気の治療に使われているように
化学物質は皮膚から簡単に体内に入り、血液中に取り込まれるのです。

取り込まれた有害な成分は、血液とともに、各器官にとりこまれ
女性は子宮や胸、男性は前立腺に蓄積されるといわれています。
経皮毒は、子宮内膜症などの主な原因としても取り上げられています。
実は、食べものから入ってくる毒よりも
皮膚から入ってくる毒の方が、遥かに危険だといわれています。
特に日本では、ヨーローパやアメリカに比べて規制が甘いので、
日本で作られている製品のほとんどは危険な成分が含まれています。

例えば、日本でよく見かける「無添加」という言葉がありますが
では、一体何が添加されていないのか?というと
これは「表示指定成分」が添加されていないということ。

表示指定成分とは、皮膚障害、発ガン性、アレルギーなど
何らかの毒性が報告されているもの。

その指定成分自体が、日本は100種類ぐらいと少ないのに比べて
アメリカでは800種、ヨーロッパは数千種類。
つまり日本では無添加として売られているものが、ヨーロッパでは
危険な成分が入っているものと認定されるということです。

2001年に日本では化粧品などは、
指定成分だけでなく全成分表示に切り替わりましたが
この成分表示を見て、どれぐらいの人が、どの成分が危険で
どれが安全であるかを見分けることができるというのでしょう。
この全成分表示によって、逆に危険な成分が何かが
わかりづらくなってしまっています。
厚生省から、大手化粧品会社への天下りなども行われているので
どうしても、このあたりに関する法律は大手化粧品会社にとって
不利にならないように作られてゆきます。

ひゃ~雫
いつもとは違うタイプの内容になってしまいますショック
以前書いたインフルエンザワクチンのことについてもそうですが
こういうことを書き出すと、ほんときりがないし、逆に世の中の悪い面に
フォーカスさせてしまうこともあって、書かないようにしていたのですがほえー

さて、何が危険な成分であるか、
そしてそれらがどのように危険かを書きだすと、別ブログ立ち上げになってしまうので
詳しくは書きませんが、店で売られている市販の製品のほとんどに
入っていると思って間違いありません。
アメリカでも、自然派化粧品などとして売られている多くのメーカーにも
そういう成分は使われています。

特に、気をつけなければならないのは、
ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)などのラウリル系
プロピレングリコール、PG
タール色素(赤色何号などと表示されている)
トリエタノールアミン、BHA、ジエタノールアミン、
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)トリクロサン
フェノール、パラペン、バラアミノ安息香酸エステル、、

例えば、ほとんどの製品に見かけるラウリル硫酸ナトリウム、
これは、発泡剤であり、泡立ちをよくするためのものですが
もともとは、工業用の床洗剤のために使われている成分で
白内障やアレルギー皮膚炎や発ガン性も報告されています。

なぜ、こんな危険な成分をメーカーは使用しているのかといえば
こういう成分は、石油からできたカスであって、非常に単価が安く
製品を作ることができるからです。
例えば、4000円の口紅などで原価は5円ぐらいだそう。
残りのほとんどは、広告費やパッケージ料です。

7、8年前に、ラウリル硫酸やプロピレングリコールなどの成分を
海外から仕入れて、日本の大手メーカーにおろしている会社の社長の
講演を聞いたことがあります。
これらの成分を扱う作業は、宇宙服みたいな完全防備の服装で行われるのですが
それでも衣類についたものを、あやまって触ったり、吸ったりしてしまうので
かなり危険な作業なのだそう。

彼は、両親を肺がんで亡くしていますし
これらの成分が、本当に危険であることは、よくわかっていたので
両親から受け継いだその会社を潰すことを覚悟で
その講演を行っていました。
自分の会社の利益よりも、世の中のために真実を話そうとしている彼の姿勢に
会場は、感動の嵐に包まれていました。
(実際にそれからしばらくして、彼は自分の会社を潰したそうです)
その講演の後に、何人かで彼を囲んでのオフレコの話もあり
私は直接お話ができたのですが
一般的には知られていない貴重なお話がたくさん聞けました。

例えば、それらの成分が、一体、どれぐらいの毒性があるのかといえば
プールにほんの1滴垂らしたぐらいの濃度であっても
染色体異常などを引き起こすのだそうです。
それが、毎日使われる日用品に入っていて、日々皮膚から体内に
取り込まれているのです。

花粉症やアトピーやアレルギーなどは
体内にたまっている有害なものが許容量を越えた時に発症します。
お母さんの体内で蓄積された有害なものは、胎内の赤ちゃんへと
取り込まれるので、最近は生まれた時点でのアトピーも増えています。

例えば、食品では禁止されている成分が口紅などには入っていますが
食事とともに、口紅が体内に取り込まれることを考えれば
その危険性もよくわかります。
また、ひどいのが、ヘアカラーなどの染料。
Asamiさんのブログで書かれているジオキシンというのは
日本語ではダイオキシンのこと。
いわゆる、環境ホルモンです。

私は、以前はひどい花粉症で、毎年、ひどい症状でしたが
日用品すべてを変えた後に、体内に蓄積されている毒のデトックスを行ってからは
一度も花粉症にはなっていません。
当時はお酒も飲んでいたし、食事も全く気を使っていませんでしたが
日用品を変えただけで、花粉症が治ったのは事実。
それ以来、本当に経皮毒の恐さを実感しているので
例えば、レストランなどで出されるおしぼりなども、けして使わないし
(特に飛行機の中などで出されるビニールに入ったおしぼりなど酷いです)
ルームスプレーなどの鼻から体内に取り込まれるものも
また、入浴剤やアロマオイルなども本当に安全なものしか使用しません。

ベビー用品にも、これらの成分はたくさん含まれています。
例えば、赤ちゃんのおしりふきやウェットティッシュには
よくプロピレングリコールが入っていますが、これは保湿剤であり
(皮膚を保湿するのではなく、成分が固まらないようにするためのもの)
エンジンオイルなどの不凍液として使われている有害化学成分の一つです。
また、子供用歯磨きの多くには、タール色素などの着色料などが入っているため
大人用の普通の歯磨きより危険です。

こういう有害なケミカルが日用品に使用されるようになったのは
ここ何十年かのことで、私たち人間には、まだそれを解毒してゆく
力が備わっていないのです。
自然の毒は、体内に入っても、ある程度、解毒する力があります。
例えば、子供はよく砂場で砂を食べたり、落ちたものを拾って
食べたりしますが、案外、それで病気になったりはしないものですよね。
逆に、しっかり手を洗いなさいと子供に使わせているボディソープや
石けんの方が、危険だと言えるかもしれません。
また、日本の方は、日焼けを異常に恐れて、
日常でも身体中にサンスクリーンをぬっているのを見ますが
私には、日焼けによる害より、そのサンスクリーンに含まれている
発ガン性物質の害の方が遥かに恐いと感じます。

経皮毒の話は、ようやくこの数年、意識される方も多くなってはきたものの
まだ多くの方にとっては、あまり実感としてわからないものですし
また、一方で、大手メーカーや医療従事者からの
反論の情報も多く(経皮毒を認めるとビジネスに影響が及ぶため
経皮毒はデマだという情報も流されています)
なかなか伝わっていないのが現状のようです。

ということで、説明が大変だし
最近は、そのことについて質問されない限り、経皮毒のお話はしなかったのですが
実は、それで困るのが、友人や知り合いから
アロマや石けんや化粧品などを頂いた時。
自分では使わないし、人にもあげれないし
かといって、頂いた後でこういう説明もできないので
そのプレゼントしてくださったお気持ちだけ有り難く頂いて
かわいいせっけんなどは、使わずに飾りにしています。
(せっかくプレゼントしてくださった方々、本当にごめんなさい!)

簡単に説明するつもりが、けっこう長くなってしまいました。
ここまで書いてしまうと、では何を使ったらいいか?という話になり
それはここでは書けないので、申し訳ないのですが。

やっぱりアップするのやめようかな~と思いつつも、アップしてみます。
たまには、こういう内容もあっていいかな~と。
(え?だめ?やっぱり?雫あんまり楽しい話じゃないしね~NG


実は、私がレイキと出会ったのも、この経皮毒を調べていた流れからです。
経皮毒について書かれてあった
「ガンに勝つための全知識」という本の中で
レイキについて、ちょっと書かれてあったのが
ふと引っかかって、試してみたのが始まりでした。
人生、どこでどうなるかなんて、わからないものですね~ウィンク

経皮毒は、私の健康に対する意識を高めるきっかけとなった
最初の問題でしたし(食事を変えたのは、この後でした)
それが,今のレイキやヒーリングや、その他のことへと
つながってきたんだなあと思うと、
これもまた、私にとって大切な情報だったのだなあと。

でも、いくら安全な食品や日用品を使っていても
心の中に必要のないものがたくさんあったら
やっぱり健康ではなくなってしまいます。
むしろ、その方が大きいと言えるのかもしれません。

安全な食事や日用品を心がけたり、身体の浄化とともに
精神の浄化がやっぱり大切ですね(と、とりあえず、無難にまとめてみましたうっしっし

DSC_0176 のコピー.JPG







最終更新日  2010年03月29日 10時16分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月19日
カテゴリ:健康
 
昨日の夜、おさむが風邪を引いたというので
キネシオロジーの筋力反射テストで調べてみたら、
やっぱり前回、彼が風邪を引いた時と同じように
小腸経に反応がありました。

おさむは、ついお店でつまみぐいしたり、
夜中に食べたりするので、風邪を引きやすくなってしまいます。
風邪の原因は、過食に、疲れや冷えが重なった時。
過食で、内臓が疲れている時には
周りの人が持っているウイルスも受けやすくなります。
冷えや寒さやウイルスだけで風邪を引いたりすることは、ほとんどなくて
やっぱり根本的な原因は、過食ですね。

こういう時に栄誉をつけようと食べると、内臓は疲れが取れず
風邪は長引きますので、おさむには、1日絶食を言い渡しましたウィンク
(葛湯はオッケー)
そして、キネシオロジーでの調整+レイキ。
それでゆっくりしていれば、1日で回復します。

私は、たぶん7、8年ぐらいは1度も風邪を引いていません。
ちょっと、引きかけたかな~と思ったら
絶食して、喉などにレイキしておくと、すぐに調子が戻ります。
でも、以前は、本当によく風邪を引いていたし
風邪を引くと2週間ぐらい咳が止まらないような人でした。
その頃は、風邪を引くと栄養が必要だと思って食べていたし
また薬を飲んでいましたから、身体が本来持っている回復力や免疫力は
衰えてしまっていたのですね。

薬の恐さは,ここで何度となくここに書いているのですが
「薬はよくないことはわかっているのですが、とりあえず」などと言って
飲んでいる方がよくいらっしゃいます。
でも、本当に薬の危険性を実感したり
身体の声を聞くことができるようになったら、
けして、安易に薬を飲むことはやらなくなると思います。
タミフルなんて、成分を知れば
例え、何があっても飲んではいけない薬だと私は思っています。
私は例え、医者に薬が必要だと出されたとしても
自分の身体の声の方を優先しますので、飲みませんが
ここまで自分の身体の回復力を信頼できるようになるまでには
いろいろと学びました。

風邪を引くことは、けして悪いことだけではなく
身体の中にある毒素を排出する働きです。
薬を飲むことは、身体が風邪を引くことで、毒素を体外に出そうとしているものを
無理矢理抑えて、毒素を封じ込めるようなもの。
その身体の自然な反応を抑えてしまって、
毒素が体内に残ってしまうことの方が、ずっと恐いことなのです。

考えてみれば、悲しい時に思いっきり泣くことをせず
感情を押さえ込んでしまうと、それが深く潜在意識に残ってしまうことと
同じですね。

風邪を引いたら、それは体内の毒素を出すチャンスOK
薬で抑えるのではなく、食べ物を減らし
(できれば絶食か、せいぜいお粥などを少量)
内臓を休ませて、自然回復を高めてくださいね。

こちらは、以前の風邪の対処法について書いた時の日記。
これを読むと、おさむは去年の春にも風邪引いているんですね。
今回も全く同じ症状です。
(2回やったので、少しは学んだかしら?)

ということで、本日の教訓スマイル

「過食は万病のもと」


実は、私もここ最近、ちょっと過食ぎみだったんです~失敗
忙しい日々が続くと、つい食べ過ぎてしまうのですよね~
ここ1、2ヶ月は、1日断食も全くできてない状態でした。
最近、キネシオロジーのセラピーで過食に対する調整で来られた方が
3人ほど続いたので
「はは~これは、最近の私の問題だなあ」とわかってはいたのですが。

これは多くのヒーラーやセラピストの方が言われていることなのですが
不思議と、自分自身の問題と、セラピーやヒーリングに来られた人との問題が、
重なることが多いのです。
ほんとすべてはつながっていますね。
やっぱり、ホオポノポノハート(手書き)
周りで起こっていることの問題は、自分自身の問題ですね。


ということで、断食は、来月までは実行できそうにないのですが
夜8時以降は食べないとか、腹7目にするとか、
できるかぎり、実践してゆこうと思います。
(キネシで調整しておいた方がいいかしら?うっしっし

「人の振り見て、我が振り直せ」

とはよく言ったものですウィンク

CSC_2461.JPG







最終更新日  2010年02月20日 16時55分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年02月04日
カテゴリ:健康
 
冷水シャワーの効能は、これまでいくつかの本やネットを読んで、
少し知っていたので、以前、夏にやっていたものの
寒い季節になってくると、続きませんでした。

もともと、冷たいものが苦手なので、冬の冷水シャワーなんて
考えただけで無理という感じほえー
調べたことはないけれど、キネシオロジーの筋肉反射テストで調べたら
冷水シャワーという言葉だけで、
きっとオフ(筋力が下がる状態)になっていたことでしょうね。

と、先日、twitterでつながっいる友人が、
エハンデラヴィさんから紹介されたという冷水シャワーを2ヶ月続けていて
素晴らしい効果を実感していると、つぶやいていました。
友人曰く「自分の体の生命エネルギーが増大しており、
肌がきれいになり、体が軽く若々しい状態になっていく」
だそう。

また、効能として
「冷水によって、皮膚が冷やされると
この血の気が引いた感覚が脳に伝達され、
「血液を体表面に送れ」と神経中枢へ指示が送られる。
この結果血行が促進され、
暖かく赤い血で、体の表面を洗い流して、健康なバラ色が復活。
毛細血管が洗い流され、皮膚や毛細血管に蓄積した毒素が
増大した血流により排泄される」
とあげてくれました。

浄化、デトックスと聞けば、わくわくしてしまう私は
この「血液が流れる時に、毒素が排出される」という内容に、
きゅ~んハート(手書き)
影響されやすいので、それでスイッチがオンひらめき
私の潜在意識、すぐに変化するのかもOK
早速、その日のうちに冷水シャワーをやってみました。

温水シャワーを浴びてから、冷水に変えます。

と、心臓部分を手でおおっていても、心臓が止まりそう。

きゃ~ショックやっぱりこれは無理、と30秒でギブアップ雫

一応、2、3回、温水と冷水を交互にやってみたものの
これは続きそうにないなあという感じでした。

ところが、シャワーを浴びて、服を着ると身体がぽかぽか。
私の家は、NYのアパートにしてはあまり暖房が効いていないので
寒いのですが、下着1枚でいても平気なぐらいです。

冬にやったことはなかったので、これは新たな発見ひらめき

なので、次の日もトライ。
この日は冷水の間に身祓祝詞を唱えてみました。
と、前の日より、耐えれます。
祝詞を唱えると、そこに意識を集中できるので大丈夫のよう。
冷たい水を浴びながら、祝詞を唱えていると、
まるで、滝行をやっている気分ぺんぎん
(滝行をやったことはないですが)
そして、上がった後は、ほんとすっきりで、最高に気持ちがいい。

普通はシャワーから出ると、湯冷めしそうになるのですが
この冷水を浴びた後出ると、ぽかぽかになって、湯冷めもしません。
温水、冷水と交互に数回繰り返しますが、最後に冷水で上がるのが大切とのこと。

友人が、冷水シャワーの後はマッサージをやるといいと言われていたので
リンパ節を中心として、マッサージしてみると、さらにポカポカ感が増していきます。
そして、肌がつるつるどきどきハート
何もつけなくても、手が皮膚の上をす~っとすべってゆきます。
これすごいかも~♪

それから1週間ほど続けていますが、
おさむが「のりこ、何だか身体が細くなったんじゃない?」
と言います。

冷水シャワーは、脂肪燃焼効果があると
以前、何かで読んだことはありました。
たった1週間で、その効果が出るのかどうか疑問ですが、
私も何となくそんな気が。。
これはうれしい副産物かもハート(手書き)
これで、お腹と腰周りの贅肉がなくなったらいいな~目がハート

ということで、冷水シャワー
これからずっと続けてゆきたい習慣の一つとなりました。

ちなみに、冷水シャワーは血圧の高い方や心臓の弱い方、
お年寄りには危険ですのでお勧めできないとのことですので
気をつけてくださいね。
(え?若いけどやらない?
いや、ほんと気持ちいいんですって。)
CSC_2472 のコピー.JPG
@Shasta
これに気をよくして滝行にも挑戦?  なんてことはありませんうっしっし








最終更新日  2010年02月05日 12時37分57秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年11月28日
カテゴリ:健康
 先日、ご紹介した久司道夫さんのお話
『世界平和は食から始まる』から一部抜粋いたしますね。

佐々木) 先生は何がきっかけで食の研究、
マクロビオティックの研究を始められたんですか?

久司) あのね、法律や世界政府、世界連邦設立の勉強をしていたんですよ。
でもね、世界平和ってものをつくるのにね、人間性が良くなければ駄目なんですよ。

要するにうそをついたり、けんかをしたり、興奮するような人間性であれば、
とても平和なんて成り立たないです。
そんな人の場合、条約なんてものは破るためにあるようなもんでね、
いかに約束しても破るし、また興奮もする。
だから、指導者をはじめとして、国民が健康で、
平和な心をもって、霊性、つまり精神性が高くなっていかなければならない。

そうなるためには、血液をきれいにしなければならない。
全細胞を変えるわけです。どんな方法があるかというと、
食を正すということですね。
食を正すには、どういう食物を取るのがいいのか、ということですね。

佐々木)つまり、どんなに学力があって、頭で論理を詰めていっても、
どんなに説明が論理的にできても、もとの人間のカラダが受け入れられる、いいカラダでなくては駄目だ、
平和なカラダでないと駄目だ、というところに行き着いたということですか。

久司)そう。良心があり、愛情が豊かで、平和を望む、
自然にそういう人柄にならなきゃいけない。

説教じゃ駄目、理論じゃ駄目。
じゃあ、自然にそうなるには、どうすればいいのか、
とうことで、食べ物にきたんです。それ以来アメリカで、
自然食運動、オーガニック運動と、どんどん起こしていったわけですよ。

日本食に基づき、欧米化した食体系にしようと。
もちろん最初はこてんぱんに叩かれました。
アメリカでは高たんぱく質、高脂肪の栄養学ですから。
だけども現代では、トップクラスの人たちはどんどん受け入れています。
1999年に自然食だとか、オーガニックだとか、
代替医療だとかが出てきて、変わり始めた。
そういうことで、マクロビオティック研究が歴史的な業績であると認められ、
わたしたちの資料がスミソニアン博物館に入ったわけですよ。

佐々木)その食生活ですが、資料を拝見するとマクロビオティックというのは、
つまり穀物中心ということですね? 
わたしは毎日、白米に発芽玄米を混ぜているんですけど、それでよろしいんでしょうか?

久司)やっぱり玄米が一番いいですよね。
マクロビオティックというのは、「長く生きるための方法」ということです。
玄米を中心にさまざまな穀物を良くかんで食べる。
かむことが大事です。それでいい。

それと動物的なものはね、遠ければ遠いほどいいんです。
あのね、牛だとか豚だとか、哺乳類というのは、自分に近いでしょ。
それから、ニワトリなんかは遠いようだけれども、それでもまだ近い。
ところが海中のもの、水中のもの、人類よりはるかに遠く、ですよね。

しかし、一番遠いものは植物性ですから、植物性を主体にして。野菜がいいです。
だから動物を摂るんだったら、魚のほうがいいですよ。
全体の食事量の7分の1ぐらいにするんだね。

佐々木)先生の食を実践されている方にはどんな方がいらっしゃるんですか?

久司)アメリカだと、アル・ゴア。
それから、以前大統領候補に名を連ねたこともある
民主党のデニス・クシニッチ。クシニッチは100%、玄米とみそ汁。
共和党にもおります。カーターなんかも半分そうですよ。
トム・クルーズとかマドンナ。
亡くなってしまったけどジョン・レノン、ジョン・デンバーなんかもそうだったしね。

佐々木)人のカラダが食によって変わっていくには、どれぐらいの年月がかかりますか。

久司)あのね、まず食べるでしょ。食べたらね、
血液中にあるプラズマっていう液体が
10日間でずっと入れ替わるんです。
白血球はいろいろありますから、全身が入れ替わるのに、
ある人は半年かかったり、ある人は1カ月、2カ月かかったりするんです。

赤血球は、毎日何百万と入れ替わってくるんですけれど、
全体が入れ替わるのに約4カ月かかるんですよ。
各細胞、そういう血液によってできる細胞が全身入れ替わるのに7年かかる。
その間にもとのものを食べてしまうと、入れ替わるスピードが遅れるんです。

佐々木)先生、先ほど、初めてお会いしてわたしの顔を見ただけで、
「やっぱりいい顔しているねえ。だけど、一日1食にしなさい」
とおっしゃったのですが、どういうことでしょうか?

久司) ちょっとね、腸がゆるんでいる。それにこちら側の腎臓がゆるんでる。

佐々木)そう、左側が痛いんですよ。どこか悪いと思っていました。

久司)そうそうそう。だからこれを悪くしないためにもそのほうがいい。
食べ過ぎ、水分の取り過ぎですね。だから一日1食にして、よくかんで。
よくかめばいいですよ。それからできれば、毎日、梅醤番茶を。
本当にいい梅干しじゃなければ駄目ですよ。
梅干しをコーヒーカップの中に落として、
それからおしょうゆを数滴落として。
これもいいおしょうゆですよ。それから茎茶か、
三年番茶のほうじ茶を注いで。よく混ぜてそれを飲んで、梅を食べる。それを毎日ワンカップ。

佐々木)それ以上は駄目ですか? たくさん飲みたくなっちゃいそうです。

久司)駄目。また駄目。あなたは忙しいし、食い意地が張ってるから。そうねえ、僕と同じで1食半にしよう、2週間。
そしたら腸がだいぶ良くなる。するとまあ、あとは元気に活躍できるでしょう。

佐々木)そういったことは、わたしの顔や歩き方をご覧になって、すぐにわかるんですか?

久司)わかります。心臓がね、不整脈を打ってる。
調べてごらん。でもそれは大したことないんだよ。
まあまあ、不整脈でも何十年も生きられるから。それに、治ることは治るんですよ。

そうそう。あと、乳製品はやめたほうがいいですよ。

佐々木) 朝、ヨーグルトを食べるようにしていたんですよ。カラダに良いと思って。

久司)ヨーグルトより、おみそ汁のほうがはるかにいいですよ。
みそを発見できなかった地域だから、
牛乳を発酵させて、ヨーグルトにして食べたんです。
でも日本ではみそを何千年も使ってるんだから。

佐々木) そういえば更年期障害にも大豆がいいって、
アメリカで発表されたと聞きました。
日本とアメリカでは、更年期障害を訴える女性の数が日本は断然少ない。
アメリカでは更年期障害の治療の一つとして大豆を食べさせているとか。

久司)昔の人は、更年期障害なんてなかったでしょ? 
やっぱり、伝統的なものをきちっと食べているからね。

女性にお願いしたいのは、まず第一にきれいになっていただくこと。

女性のソバカスなんてのはね、あれは砂糖など、甘いものの排泄物なんです。
それからね、女性は脂肪太りを気にしますが、それは乳製品とか脂っこいものを取り過ぎ。
それから、女性の中に低血糖症が非常に多い。
糖尿病と反対の症状ですけど、わたしが見るところではね、
20代では20%ぐらいが低血糖症。それから、30代だったら30%ぐらい。

佐々木) それは逆にお砂糖が少ない、っていうことですか?

久司)いや、その人たちは取りたくてしょうがないんだけれども、
低血糖症なるというのは、インシュリンと反インシュリンと、すい臓の問題。

このすい臓にね、いろんなものがたまってくるんです。
脂肪がたまってくる。ことに硬い脂肪、
ニワトリやバターなど、そういう脂肪がたまってくる。
それをさらに固めちゃうのがクラッカーとかクッキーとか、そういうの。
そうするとね、すい臓の機能が動かなくなってしまう。
インシュリンはまだ出ても、反インシュリンは出てこない。

そうすると血糖が下がります。
ことに午後になると下がりますから、甘いものが欲しくてしょうがなくなる。
そうなると手足が冷える。だからね、夜寝られない。で、朝起きても疲れてるわけですよね。

それでもまあ、コーヒーだとかお砂糖だとか取ればまた血糖が上がるから、
また大気が上昇していますから、
朝はね、だからまずまず、出て行くわけですよ。
午後になるとまた下がってくる。無性にチョコレートが欲しい、
キャンディが欲しい、アイスクリームが欲しい、となるわけですよ。
この繰り返し。これが低血糖症です。

それで、血糖が下がると、カーッとなる、
イライラする、また、血糖が上がり過ぎると、
興奮状態になる、ヒステリー状態になる。これが現代の女性たち。
だからもう、脂肪の多い肉ではなく魚にしてほしい。
それからクラッカーとかをなるべく控えて。
そこで、わたしがすすめているのは、甘い野菜の煮汁を飲みなさい、
ということなんですが。

甘い野菜の煮汁。
キャベツ、ニンジン、カボチャと、それから、タマネギ。
この4つを等分にきざんで、約3、4倍の水を加えて、
トロトロ、30分煮て。そうすれば煮汁が甘くなりますよね。
それをね、毎日、1回でも、2回でもいいから飲みなさい。
そしたらね、ずーっと、精神も安定してくる。
そしてまた、だんだん低血糖症も治ってくるでしょ、1、2カ月で。

佐々木)先生のアメリカでの研究で、
糖分と暴力性との関係についての研究がありましたが、
それは甘いものを食べ過ぎている人は暴力的になる、
という結果が出たとのことですか?

久司)そうそう。ヴァージニア州のタイドウォーター青少年拘置所と協力して、
砂糖を収容者の食事から除いた時に暴力的なふるまいがどう変化するか、
研究したんですよ。劇的に、軽減しました。

佐々木)今、子どもも大人もストレス耐性が弱く、怒りやすいとか「キレる」ということが多いように思うのです。

久司)そう、それなんですよ。犯罪、事件なんてそれなんですよ。
子どもの問題なんて、それが圧倒的に多いんですよ。
食べ物が悪い、それですい臓が悪い、血糖が悪い。だから現在すすめていただきたいのは家庭料理。
動物性脂肪は少なくね。ミルクはやめて。

佐々木) ミルクが駄目なんですか!?

久司)自分の子どもを牛にしようと思ったら、飲ませたらいいですよ(笑)。
ミルクの分子は人間には使えないんです。
だからおりものが出たり、皮下脂肪がたまったり、
蓄膿症や喘息にもなりやすい。
それとね、チョコレート。あれはウイルス性の病気に対抗できなくなる。

※スペースの関係上、一部だけ抜粋しましたが、ぜひ全文読んでくださいね♪
平和の心は毎日の食から、ですねグッド

DSC_1474.JPG
ボケボケ写真だけど雫
いくら健康的でも食べ過ぎには注意。おいしいと、つい食べ過ぎてしまいます~うっしっし







最終更新日  2009年11月29日 08時34分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月17日
カテゴリ:健康
 
最近、食の話題が続いていますが、今日も書きま~すスマイル

食というのは、身体の健康のみならず、精神状態を左右しますし
意識レベルを上げるには、何を変えるよりも、
食事を変えることが一番早いかもしれません。

極悪な犯罪を犯した人たちが、コンビニの弁当ばかりを食べていた、
という話などはよく聞きますが
食材に含まれている添加物や保存料、着色料
そしてさまざまなケミカルを取っていると、
どんな人でも、どこかが狂ってきますよね。

ということで、今日は、久司道夫さんのお話を♪

ご存知、久司道夫さんはマクロビオティックの創始者であり
アメリカで最も有名な日本人だと言われている方です。

マクロビオティックついては、かなり広まってきていますから
ここであらためて書くこともないでしょうが
私が最初に食事を変えたきっかけとなった食事法でした。
これは単に食事法というものだけにとどまらず
環境への意識や人生観まで、大きく影響を受けました。

今は、もうマクロビだけではなく、その時々の
自分の体調をみながら、ローフードや断食を取り入れたりしていますが
マクロビの基本的な概念は、私の食生活の基本となっています。


さて、このマクロビオティックを
アメリカで凶悪犯と言われている方たちが取り入れて、
人生を変えていったお話があります。

これは今日、マイミクさんが紹介してくださっていた
「本当にあったスゴイ話」 より抜粋
しますね。

星月星月
  
いまから20年も前のことですが、
当時、ポルトガルからボストンにやってきて
久司インスティテュートで1年間勉強した青年チーコが、
リスボンに帰って、友人と一緒にマクロビオティックを精力的に広めていました。

マクロビオティックに関する講演をしたり、
料理講習をしたり、指圧を教えたり、いろんな活動を展開していたわけです。
 
あるとき、そんな彼らの活動が現地の新聞に載ったのです。

そして、その記事を目に止めて興味を示したのが、
何と刑務所に入れられていた凶悪犯だったのです。
 
ポルトガルのリスボンの北には、観光客によく知られた素晴らしいお城があります。
その前に大きな刑務所があって、全国の刑務所から凶悪な連中が集められてきます。

そのもっとも凶悪な連中が28人でグループを組んでいて、
ボスのあだ名が、”アル・カポネ”。
殺人こそ犯さなかったものの、
彼は年に400回という記録を持つ「ホールドアップ」専門の強盗。

それからナンバー2の男は銀行泥棒。
それも機関銃で脅して金を奪っていくのですが、
彼らは総勢28名もいて警官の手に負えないため、
最後は軍隊を動員して捕まえたということでした。

 
最初のうちは、他の刑務所に入れられていたのですが、
しょっちゅう暴れるので、リスボンに移されます。

そのときにたまたま、その新聞をアル・カポネたちが読んだわけです。
それで「面白そうじゃないか。 
これやってみよう」ということになったのです。

 刑務所のほうで調べてみると、どうも危険はなさそうだということで、
その青年のチーコに連絡がいって勉強会が始まり、
やがて料理講習が開かれました。

ナイフは持って入れないので、手で野菜類をちぎりながら、
アル・カポネたちも勉強。
刑務所の中で、彼らは自炊を始めたのです。

刑務所では毎朝、看守が起床時間になると、
ドアを叩いて歩くわけですが、
その度に彼らは「うるさい」とか「あっち行け!」と叫んでいたのです。

ところが、玄米や野菜を食べ、自炊を続けていたある朝、
彼らから「おはよう」という言葉が返ってきたのです。
 
それ以後、そういうあいさつの言葉が自然に出てくるようになりました。

それまでは廊下で看守とすれちがっても、
そっぽを向いたり、舌を出したり、反抗的な態度をとっていた彼らが、
看守とすれちがうとうと「ヨオッ」とか、
声をかけられると「ハイ」というようになってきたのです。

彼ら自身、自分たちの変化に気がつくと同時に、
看守たちも「何だろう。気味が悪いな」と思っていたということです。

そのうち彼らは看守たちを掴まえては
「お前の鼻、張れているじゃないか。心臓が悪い証拠だぞ」
「お前は下唇が垂れているけど、胃腸が悪いだろう。
オレたちと一緒に食わないか」と、そんな話をし始めるにつれて、
看守たちもだんだん影響されていったのです。

 そんな状態が何ヶ月か続いて、
刑務所側でも彼らの変化が本物かどうかテストをしてみようと、
ある土曜日、アル・カポネ以下28人に 
「翌日の日曜日の夕方までに帰ってくるように」
との条件をつけて、外出許可を与えたのです。

 凶悪犯のアル・カポネらには尾行をつけて外に出したのですが、
それまで脱獄ばかり考えていた連中が、全員帰ってきたわけです。
何週間かおいて、今度は尾行をつけずに、外出許可を与えたのですが、
やはりまた全員が帰ってきました。

 そこで、彼らを呼んで
「お前たちはいままで、人殺しをしてでも外に出たいと思っていたはずなのに、 
なぜ帰ってきたのか」とたずねたところ

「町に出ても、うまいものがないんだ。 ここで食べるものが一番うまいし、
しかもタダだ。 だからここに帰ってきた」という返事でした。

 その後、何週間かして、リスボンで私(久司氏)のセミナーがあったときに、
彼らも聞きにきたので、 私がみんなを壇上に上げまして

「どんなことをやったのか。何がどう変わったか。
そして、どんな人生観になったか」

を、話してもらいました。

 セミナーが終わると、彼らは私を掴まえて
「刑務所を出たら、どういう仕事をしたらいいか」 
「なぜ、世の中に戦争が起こるのか」
「オレたちは死んだら、どうなるのか」

といった 人生問題や社会に関する質問を次々としてきました。

 そんな彼らの変貌に、刑務所のほうでも感心して、
10年の刑期、15年の刑期、中には25年の刑期の者さえいたのですが、
その全員が2年間で社会復帰してしまいました。

しかも、その後、誰一人として再び、犯罪を起こして戻ってこなかったのです。

 ある者は畑を耕して野菜づくりを始め、ある者は豆腐づくりを始めました。
また、ある者はマクロビオティックのレストランの皿洗い。
ナンバー2の男は多少、英語が話せたので、ボストンに来て、
マクロビオティックの勉強を1年間やりました。 
彼は、実にいい人間なのです。

彼はヨーロッパに帰ってから、マドリッドで病人を治療したり、
各地で教えたりして、いまは非常に尊敬されています。
 
そういうふうに、食事によって生活がすっかり変わってしまうのです。

彼らの例からもわかるように、犯罪というものは、
ちょっとしたきっかけでカーッとなった状態で起こすものなのです。

あるいは、ある状態で、ある者はカーッとこないかもしれないけど、
ある者はカーッとくる。

その原因は何かというと、前の日に食べた塩鮭かもしれない。
あるいは、前々日に食べた卵かもしれない。
あるいは、長い間に蓄積されてきたところの、
いろんな脂っぽいものや香辛料などが何かのきっかけで、
突然出てきたのかもしれないのです。


星月星月


食は何よりも優先するべきことですね。
もう少し時間ができたら、健康的な食事を心がけよう、とか
経済的に余裕ができたら、ではなく
早速、今日から、始めましょうウィンク
今日食べたものが、即、私たち自身の身体や精神に影響してきますから。


さて、この久司先生の本や対談の中で
まだ素晴らしい話がたくさんありますので
次回、またご紹介させてくださいね~


free market のコピー.jpg
健康と環境のために、なるべく地元で取れた野菜や果物を選ぼうね♪






最終更新日  2009年11月18日 18時09分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年11月15日
カテゴリ:健康
 
今日は、乳製品の危険性について書いてみますね。

こちらは「乳がんと牛乳」という本です。
414UvzkpLIL.jpg

内容は

●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 →
2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移
→ 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 →
牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅
→ 15年間一度も再発なし。

……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。

たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、
プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。

●プラント教授は、最初に乳がんになったあと、
ブリストル・ダイエットという有名ながんの食事療法を取り入れた。

これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、
野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。

しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。
……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。

学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。
そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。
それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。

●プラント教授が本書でその研究を発表したとき、
多くの科学者がこれを批判した。

だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。
やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして
英国王立医学協会の終身会員となる。

そしてもちろん、いまも元気で活躍を続けている。

──私が乳がんになる2年前に、このような本が出ていたら、
私が乳がんになることはなかったであろう。──ジェイン・プラント。




私は、まだこの本は読んでいないのですが、
乳製品が乳がんの原因になるのは、
とても納得できるものだと思います。


牛のえさには、成長ホルモンが入っており、
それはそのまま牛肉や牛乳の中に入り、人間の口に入ります。

この成長ホルモンなのですが、
例えば、アメリカでは全乳牛の32パーセントにrBST(牛ソマトトロピン)が
投与されていて、これにより4倍の乳が取れるようになるそうです。
ヨーロッパでは禁止されていますが、
日本では認可されていない、つまり検査も表示義務さえありませんので
アメリカからの輸入肉や乳製品は、入っていてもわかりません。

そして、このrBSTを作っている会社があのモンサントショック
モンサントに関しては、遺伝子組み換え作物などで悪名高い会社です。
rBSTがその遺伝子組み替えで作られたホルモンなので納得です。
成長ホルモンが投与された牛は注射跡やお乳から
感染症にかかりやすいため、
その場合は抗生物質を与えるそうなのでさらに危険です。


また成長ホルモンの他に問題なのが、
最近の牛に大量に含まれている女性ホルモンです。

また現代の酪農では、昔とは違って、産業化のために70年ほど前から
メスは妊娠している間も、搾乳器で吸乳されています。
(これ自体が、自然の原理に反するとても不自然なことです)

妊娠すると、胎児を維持するために、
血中のエストロゲン濃度とプロゲステロン濃度が高くなります。
なのて、妊娠中の乳牛からしぼった乳には
女性ホルモンが大量に含まれているのです。
(この妊娠中の牛から取る乳の割合は、全体の牛乳の75%とのこと)

もちろん、これらの乳から作られたチーズ、バター、ヨーグルト、
アイスクリームなども女性ホルモンは含まれています。
こちらに詳しいことが書かれてありました。


この乳製品に含まれている成長ホルモンや女性ホルモンによって、
人間の体内のホルモンは錯乱し、
子宮内膜症や月経障害、不妊症の原因になっていると言われています。
最近の子どもの初潮が早くなったり、発育も早い理由もそこにあると
言われています。
(ちなみに牛乳を飲んでも背が高くなるわけではなく
思春期を早めるだけだそうです)


こういうことを見ていけば、乳製品を取ることが、
乳がんや男性の前立腺がんを引き起こすことは
容易に推測できますね。
最近、日本の女性の乳がん発生率が、
他の国より大幅に増えているというのも
このあたりに原因があると思います。

また、ホルモンの問題以外でのことでは
肉や卵、乳製品など動物たんぱく質の摂取の場合、
必要とする消化エネルギーは植物性たんぱく質の約2倍、
十分消化しきれないために、腸内の腐敗の原因となり
血を汚し、臓器の負担になります。

人間の体温より高い動物ー牛、豚ー鶏などの肉類や乳製品を食べると
血を汚すと言われています。
動物の体温は約41度。
体温の高い動物の肉や乳が人間の身体に入ると、
平熱36.8度の人間の身体の中で、
固まって血液をドロドロにかえてしまうのだそうです。


そして、「胃腸は語る」の新谷先生を始め、多くの科学者や医者たちが
訴えている牛乳の危険性として
牛乳に含まれているラクトースの問題や、
カルシウムの吸収についての問題があります。

こちらのブログにも書かれてありましたが、
日本人はラクトースを分解する酵素がない人が多いのです。

また、牛乳を取ることにより、余分なカルシウムが排出され
それと同時に必要なカルシウム分まで排出されてしまうので
乳製品を取る国や地方の方が、
骨粗鬆症になる人が多いことは知られています。
(世界で一番牛乳を飲むノルウェーでは
骨粗鬆症の発生率が日本の5倍だそう)

また牛乳には家畜の餌に含まれている農薬の問題も見逃せません。
こちらは「牛乳神話、これでもまだ信じますか?」より抜粋。

 「飼育工場で飼われている家畜が食べているのは、
もっとも危険な農薬が大量に散布された土地で生産されたものです。
さらに体に吹き付けられたり、薬液に浸されたりすることもあるのです。
こうした毒物は、動物の脂肪に蓄積されていくのです。

そして、乳が作られるとき、体内の脂肪分が使われるわけですが、
そこには、有毒化学物質がすべて蓄えられているのです。
体によいと信じて飲んでいる牛乳を通して、
私たちの体内に毒物が蓄積されているのです。
しかもPBB(ポリ塩化ビニフィル)のように何世代もの間消えず、
胎児に身体障害を起こすようなものまであるのです。』


今の乳牛の飼育状況を知ることも大切だと思います。
母牛は、出産後すぐにまた人工受精によって妊娠させられます。
母牛はほぼ年中妊娠状態におかれ、乳を搾り取られることになります。

参考
『畜産動物のことを知りましょう』

そういう大きなストレスのかかった状態で育てられた乳牛からできたものが
私たちの身体や精神によいものであるはずはありませんし
私たちの健康のみならず、
環境もどんどん悪化させていくことは間違いないですね。


最近、健康的な食生活に興味がある方は
乳製品を取らない方も多くなってきましたが
まだ依然として牛乳信仰は、根強いようです。
その原因の一つは、メディアが報道しないから。
大手の企業と結びついていますから、なかなか真実は報道されません。
そうして、牛乳、ヨーグルト=健康食品、
というイメージを植え付けられてしまうのです。


私の父も、これまで牛乳=健康だと取り続け
今年2月に脳梗塞で倒れた人です。
(幸い、今はかなり回復して普通の生活を送れるようになりました)
それまでも、肉はあまり食べていなかったとのことですが、
牛乳やヨーグルトだけは毎日取っていたとのことほえー
この牛乳信仰は、私が何を言ってもだめだったのですが
最近、母が、卵をやめてみたら、
父のひどかった蕁麻疹が少し回復してきたというので、
ようやく牛乳も豆乳に変えることに決めたそうで、 ほっとしています。

この山梨医科大学名誉教授 佐藤章夫の論文

<生活習慣病を予防する生活> は、とても参考になりますので
ぜひ読まれてくださいね。
こちらに牛乳と脳梗塞の関係、
また牛乳を取ると骨粗鬆症になりやすくなることなどが
書かれてあります。


その他の本では
「牛乳には危険がいっぱい?」

・鉄欠乏症貧血の原因になる
・消化器症状を引き起こしやすい
・アレルギー体質の原因になる
・心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクが高まる
・カルシウムがあまり吸収されない
・にきび、虫歯、虫垂炎の原因になる
・子どもが慢性疲労におちいりやすい
・赤ちゃんが病気にかかりやすい

『もう肉も卵も牛乳もいらない」

こちらは、お茶の水クリニックの森下博士の著書
『牛乳を飲むとガンになる』


乳製品は、様々なもの、例えばパンやお菓子にも含まれていますので
全く取らないようにするのは難しいかもしれませんが
できる限り、取るのは控えたほうがよさそうですね。

fire place のコピー.jpg
牛乳、卵、砂糖なしでも、おいしいおやつできますよ~ケーキ









最終更新日  2010年04月06日 08時39分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年10月25日
カテゴリ:健康

これは、昨日、ミキシィでアップした記事なのですが
やはり、このブログでもアップしておく必要を感じているので、
もう一度トライしま~す。
(昨日、何度もアップしようとして消えてしまったのだけど)←流れに逆らっている?

以前にもタミフルの危険性について書きましたが、
なぜ、またこれをアップする必要があるかというと
いくらレイキや他のヒーリングで免疫力を高めていこうとしていても、
一方で薬に頼っていたり、インフルエンザワクチンを使ってしまうと、
身体が本来持っている自然治癒力や免疫力は大幅に低下してしまうからです。

特にインフルエンザワクチンは、副作用があり、
人体の免疫システムを破壊してしまう、
とても危険なものです。

まず、ぜひぜひ、こちらの2人の医師による取材映像を見てくださいね。
『待っ て!そのワクチン本当に安全なの?』
10分ダイジェスト版


ここで講演している大阪赤十字病院の室長、
小児科の医師である母里啓子さんは
本も出版しています。
『インフルエンザワクチンは打たないで」

この講演での彼女の言葉

インフルエンザは、病気そのものではなく、政策です」
「インフルエンザワクチンは、一番いらないワクチン」
「インフルエンザはドル箱』
「日本は世界の70%のタミフルを使い続けている」

このように勇気を持って真実を訴える医者がいることは、とても救いですね。

少しずつ、医療に携わっている方々も真実の訴えを初めています。

新型ワクチン、安全性に疑問 米医療団体が接種差し止め提訴



その他の参考HP

インフルエンザワクチンは打ってはいけない

ワクチンはいりません(新型インフルエンザとその対策に関する総合情報)

天木直人さんブログより タミフルの危険性を黙殺した厚労官僚』

薬害タミフル脳症被害者の会

この中で、ワクチンの成分に関しての記述から抜粋してみますね。
023.JPG


シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド、
アルツハイマーの原因とされるアルミニウム、
自閉症の原因とされる水銀。
この他にもゴムやゼラチンなどアレルギーを持つ人には、
危険なものばかり。
これらの物質をウイルスとともに体内に入れるわけですから、
体に良いわけがありません。
通常、これらの物質は自然にしていれば直接、
血液や体内に入ることはあり得ないものばかりです。
それをあえて人体に入れてしまう行為がワクチンなのです。

今回の新型インフルエンザワクチンについて、
感染症の専門医が、水銀系保存料・チメロサールの危険性について述べています。
ホルト-フ博士は、「自分の子供には打たせない。危険すぎる。」
と断言しています。




母里啓子著「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」より

インフルエンザワクチンは効きません

☆日本で接種が始まった当初から効かないことは
関係者にはわかっていました。

☆効かないことは厚労省もわかっています。
「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

☆インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、
のどや鼻には抗体ができません。
ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。
当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

☆インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。
そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

☆インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。
殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、
体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。

☆.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。
「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。

インフルエンザワクチンは、毒です

☆「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。
死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。
そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。
接種にはもっと慎重であるべきです。


インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。

☆効かないことを知っている医師も多いのですが、
患者離れが怖いから言えないのです。

☆インフルエンザワクチンが薦められている理由は、
国民をインフルエンザから守るためじゃなくて、
インフルエンザワクチンの販売で一部の団体が金銭的に潤うから薦められているのです。

星月月月



インフルエンザを防ぐには、自己免疫力を高めるしかありません。

食事や生活習慣
思考(恐れは免疫力を確実に下げます)
身体、感情、エネルギー、あらゆるレベルでの浄化


参考
インフルエンザ感染を防ぐ口内殺菌法

また、万が一かかってしまったら、食事や睡眠、休養はもとより
質のよい精油やレイキやその他の自然な療法を使って、癒していくことが大切だと思います。
私のマイミクさんで、先日、インフルエンザにかかって熱が出た人も
精油やその他のヒーリングで、1日で完治されたと言われていました。
ワクチンで得ることのできる免疫と、
私たちがもともと持っている免疫力とは全く違うものなのです。

なぜ、このような副作用があり、効果もないワクチンを
病院もメディアも必要であると宣伝するのかは
製薬会社と病院、そして政治とメディアとの結びつきを知れば、
よくわかります。

新型インフルエンザに対する怖れを植え付けさせ、
ワクチンを打たなければ安全ではないという間違った情報が
どこでも流れています。

どうか、多くの方が、そういう情報に惑わされず
それぞれの健康を自分たちで守る道を選択されますように。

例え、学校や病院がワクチンを勧めたしても
そのまま鵜呑みにして受けるのではなく
本当にワクチンが安全なものであるのか
有効なのかを、このような本やサイトで 、しっかりと調べてくださいね。

自分や子どもたちの健康を守ることができるのは
国や病院ではなく、私たち一人一人の選択でしかないのですから。
 






最終更新日  2009年10月28日 08時07分10秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.