7889969 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

X

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月

お気に入りブログ

丹波の黒豆(⋈◍>◡<◍… New! Fugu-chanさん

足の間で裏もも枕 New! さくらもち市長さん

<画像有>おねー座… ぴぃ1122さん

2021年03月25日
XML
テーマ:動物愛護(605)

愛護センターに「引き取り犬」で
連れてこられたのは…

18才の老犬でした。



歩くのがやっとの超高齢の老犬…

ここはどこなのか?
なぜ連れてこられたのか?
この老犬は自分の身に何が起こったのか
状況が全く分かりません。

まさか自分が捨てられただなんて…



ここだけ切り取ってしまうと
「なんて酷い飼い主だ!」
と、なってしまいますが…
飼い主さんには、
この老犬を守ることのできない
事情があったんです。

飼い主さんは体調を壊してしまい
2年前から病院に入院しています。
2年間も家族であるこの老犬と
離れ離れになるしかありませんでした。

1人暮らしだった飼い主さんに代わり
甥御さんが毎日老犬のお世話に通っていました。
2年間…毎日毎日…。



飼い主さんの退院のめどもつかず、
甥御さんにも限界がきてしまいました。
当然のことと思います。
日に日に老衰が進行していく老犬に
不安を抱えるようになったのでしょう…
甥御さんにも生活はあります。
甥御さんにも守りたいものはあります。

甥御さんは2年間老犬を守ってきました。
飼い主さんの「あの子を守りたい」という気持ちを
大切にしてたからこそです。



確かに…
結論だけ言うと
この老犬は年を取って捨てられた。

だけど…
そんな軽い一言で
終わらせてはいけないと思うんです。

老犬も飼い主さんも甥御さんも
苦しみや悲しみは同じなんです。

この写真の姿は、
飼い主さんと甥御さんの姿でもあります。




守りたいのに守れない…
こんな悲しい最期はあってはならない


愛護センターの職員さんにお願いしました。

「シロちゃんは無事だと…生きていると
飼い主さんと甥御さんにお伝えください」

迷いなくレスキューしました。



18年間呼ばれ続けてきた
「シロちゃん」という名前を
そのまま引き継いでうちに来ました。

新しい環境になじむまで
少し時間がかかるかもしれませんが、
シロちゃんのペースを崩さずに
最期まで一緒に居ようと思います。



いつか飼い主さんと再会できると良いな…





これで終わりではない。

その一方では…



それはまた後日…






ご支援ご協力を
どうかよろしくお願い致します

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2021年03月25日 19時33分21秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.