6018770 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

また、大きな台風が… New! 広海163さん

<画像有>いい笑顔♪ New! ぴぃ1122さん

カナダ、次はユニク… Fugu-chanさん

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

保護家の仔達

2017年10月02日
XML
テーマ:動物愛護(548)
カテゴリ:保護家の仔達
数年前、「ウルルン滞在記」で放送された

KABAちゃんリポート(2007年放送)​タイの「犬の家」​。



残念ながら、私はその番組観ていません。

話を聞いて、ネット検索かけてもHPはあるものの

タイ語が分からず、翻訳しても正確な文章が分からず…

日本人のリポートも一件しかヒットせず…

​タイの「犬の家」は、沢山の保護犬を抱えた施設ですが、​

​半身不随の犬達も多く、リハビリで歩けるようになっていると​

その辺位までの情報しかありませんでした。



いのちのはうす保護家が、最初にレスキューした

半身不随犬は、マールでした。

​↓マールのレスキュー経緯は下記過去記事より↓​


マールも、タイ「犬の家」の半身不随犬達のように、

マールも歩けるようになるかもしれない!



そう信じて、リハビリを続けてきましたが…

↓当時のブログで、私はこう書き綴っていました↓

​「毎日事務所でリハビリしながら、少しずつの変化はあるものの、​
​マール本人のやる気の無さ、やらされてる感のマールに、​
​違和感が付きまとった。​
​インドやタイの犬達と何が違うのか…答えは明らかでした。​
​マールは、半野生で育った犬ではない。​
​狩らなくてもご飯も食べれてきた。​
​逃げなくても殺られる事もなかった。​
​《本能の違いだとは分かってはいましたが、​
​《心の違いにも大きな差がある事に気付いた。​」



その本能を、私は引き出してあげる事が出来ませんでした。


マールに続き、よっちゃん(譲渡済)、サンバァ、しげる、
半身不随犬達が保護家に来ました。
私が心にずっとひっかかってた

タイの「犬の家」にいる半身不随犬達…

どんなリハビリをしてるんだろう…という事もですが、

リハビリをしているスタッフ達の思い、

私が感じてた犬達の本能の違い、

いつかタイに行きたい…三年間ずっとそう思い続けてきました。

ある日ふと、私の有志に

タイ好きのメディア関係者が居たな~と、

何気に私の思いを伝えると…

「取材を兼ねて視察に行ってきます!」

直ぐにタイに飛んでくれたのです。


※写真が多いので・・・
後編はタイの「犬の家」リポートに続きます・・・




ワントゥワンズ代表のクラウドファンディング、

どうか、ご支援、応援、よろしくお願い致します。





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年10月03日 19時55分15秒
2017年10月01日
カテゴリ:保護家の仔達
多頭飼育崩壊の22頭のトイプードル達、

保護主さんや新しいお家が見つかった子が14頭!
今回、本当に多くの方から助けて頂きました。

熊本県からは​「senju~千手」​さん、
鹿児島県からも​「犬猫を守る会天使のおうち」​さんが、

保護家まで来て下さり、保護主さんとなって下さいました!

スタッフ一同、本当に頭が下がる思いでした。



現在、預かりさん宅にいるのは、







前日までにご連絡頂けましたら、
保護家に連れて来るので、施設内で面談となります。
プルプルは、現在「交渉中」の段階です。​



​いのちのはうす保護家に居るのは、​
​↓この子達です↓​



おじいちゃんで少し認知症の症状が出ていましたが、
神戸から来た11頭のプードルと一緒に居る事で、
頭もしっかりしてきた感じがします。
すごく甘えん坊な子です。
小さな体ですが、他の子に負けていません。
歯がないので、いつもベロが出ています。




イケメンで足の長いモンちゃん。
人がとても大好きな甘えん坊です。
オス同士では、俺様的なところはありますが、
攻撃性は全くありません。
女の子には優しいです。




肝臓が悪いです。
後日再検査があります。
おっとりしてる性格で、甘え方も控えめでしおらしい。
少々肥満気味です。




糖尿病のライライ。
目はほとんど見えていませんが、上手に歩き回ります。
人間が大好きで、いつも積極的に甘えに来てくれます。





困ったもんだ・・・のコロコロは、

10キロもある超肥満体形。



全く動かないので、半身麻痺と思いきや、

太りすぎて、立つ事も歩く事もあまり出来ないのです。



足に負担がかかるので、タオル補助など支えながら立たせています。

かなり根気のいるダイエットです。



私の仕事部屋に置いてたのですが、

なかなか目が行き届かないという事と、

他の犬達と一緒に居た方が、刺激になるのでは?

そう思い、コロコロのお部屋を事務所にお引越し。



最初は不満そうにしていましたが、

他の子達への刺激でしょうか・・・



自分で立ち上がることが頻繁に出てきました。

まだまだダイエットは始まったばかり。

コロコロと一緒に頑張っていきたいと思います。





さて!

神戸チームはというと・・・



8畳の老犬ホスピスは、すっかりプードル達で

足の踏み場もない位になりました。

女王様のハナちゃんも、居場所がなくなり、

流し台の所に逃げてきました(笑)



スタッフが、連日夜も通ってサポートしてくれてます。
​​


今回のプードルさん達は、比較的若い子が多いので、

多頭飼育崩壊から来たプードルたちとは、

同じフードというわけにはいかないな…

そう思い・・・

「岡ちゃ~ん!助けて~!」

閉店間際ギリギリに​ペットショップるんるん​に駆け込みました。



今回来たプードルたちの状況を話し、

岡オーナーがフードを選んでくれました。



​「うちより楽天とかAmazonの方が安いから、​
​そっちで買え!もったいない!」​

岡オーナーに叱られながら、

​「在庫がないんだもん!今要るんだから早く選んで!」​

岡オーナーをせかしながら、るんるんでフードを購入。



1頭でも早くご縁がありますように・・・

譲渡や面談はは毎日可能ですが、
必ず、面談希望日時のご連絡くださいm(__)m
人手が足りず、日々作業に追われておりますので、
スタッフのスケジュール調整が必要なので…
ご了承ください。

飼主さんではなく、保護主さんも募集しておりますので、
どうか、よろしくお願いします。


会のブログ「空き店舗探してます」新着記事up
http://hogoya.miyachan.cc/e525543.html




ワントゥワンズ代表のクラウドファンディング、

どうか、ご支援、応援、よろしくお願い致します。





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​






最終更新日  2017年10月01日 20時30分50秒
2017年09月26日
カテゴリ:保護家の仔達
「いのちのはうす保護家」の検疫室は、

2011年に、ボランティアさん二人が作って下さいました。

資金も無くて、廃材を利用した検疫室。



一人は大雑把、一人は慎重派だったので、

険悪のムードの中、お互いをなだめながら

色々あっての検疫室の完成でした(;'∀')



今となっては良い思い出の一つです。




2017年3月末に閉鎖となった「中央動物保護管理所」には、

検疫室、隔離室もなかったので、

管理所では何度もパルボが発生していました。



そんな環境に居る子達をレスキューしている側として、

検疫室も、自分達で作るしかなかったのです。

案の定、レスキューした犬が、

ケンネルコフ、レプトスピラに感染してた事もあり、​

検疫期間、検疫室の重要性を感じる事も多々ありました。


保護家居る子達は、みんなこの中で一週間頑張った子達です。



検疫室で、お産に立ち会ったこともありました。



この環境の中で、お母さんは頑張って命を誕生させました。



まだご縁がなくて保護家にいる「のっぽ」も、
​​​​
お母さんと兄弟と一緒にここで一週間頑張りました。



譲渡先で脱走して大騒ぎした真央。



真央は野犬の仔だったので、リードに馴れていませんでした。

検疫期間中に、リードに馴れさせ、

人間の手に馴れさせました。



検疫室は、私にとってただの検疫室ではありませんでした。

人慣れしてない仔、怖くて咬む子を中心にレスキューしていたので、

検疫期間が終わり、群れデビューする前に、

「人間は怖くないよ…」

「咬んだらいけないんだよ…」



という事を、検疫期間の一週間で、

教えなきゃいけなかったんです。



保護家の作業が終わった夜、

この検疫室で、犬達と真剣に向き合ってきました。



検疫期間の中で、この子はどんな性格なんだろう…とか、

ここに来るまでこの子にどんな背景があったのか、

理解する事で、心がやっと繋がり合える…

私自身も知る大切な時間でもありました。



まだ触る事を許してくれない仔、

パーソナルエリアの広い子は、

一晩一緒に眠ることもありました。

同じ空間に人間が居る事に馴れさせるために。



長靴に穴が開くくらいガッツリ咬まれたこともありました。

私自身、「怖い」という感情を捨てる事も怖かったです。



辛い思いをしてきた仔程、

こちらの感情を読み取る力が強いような気がしました。



だからこそ、唸りがなくなったとき、

手を舐めてくれた時、尻尾を振ってくれた時、

素の自分を出してくれた時、

​「信じてくれてありがとう」​

そう何度検疫室で涙を流したか分かりません。



検疫室は、犬達が頑張った場所。

​そして、私も頑張った場所。​



ですが・・・

検疫期間中に亡くなった仔もいました。



姫ちゃん・・・

夜中に検疫室で看取りました。

看取ることが出来て良かったと思う反面、

あともう少しで検疫室から出れたのに!

悔しさも残った最期でした。







飼い主に捨てられ、新しい飼主からも捨てられたデン…

体の中は限界だったのでしょう…

検疫室で最期を迎えてしまいました。







管理所で衰弱してたゴウは、

検疫室で介助をしていましたが…



たった3日間で、検疫室で、

最期を迎えてしまいました…。



亡くなるギリギリまで、

ゴウの目は、未来を見据えていた目をしていたのに…



管理所では、もうダメかもしれない…

と、想うような仔達もレスキューしてきましたが、

中には、生きる希望を持てた事で、

驚異の回復を見せてくれる子もいました。



一言で言えば、「検疫室」。

でも、私にとって、ただの検疫室ではありませんでした。

犬達と共に、一緒に頑張ってきた場所・・・。





4月に完成した愛護センターには、検疫室も観察室もあります。

だから・・・保護家には検疫室は要らないのです。

クラウドファンディングで皆様のご支援により、

「老犬デイサービス」「ハンデのある猫達の保護猫カフェ」が

無事、実現できる事になりました。

6年間フル活動してた検疫室を撤去する事になりました。

ここに猫カフェが建ちます。



撤去作業を見ながら・・・

色んな思いが込み上げてきました。

ここで頑張った皆の顔が、次々と浮かんできました。



今まで本当にありがとう・・・



いのちのはうす保護家は、未来に向けて前進します。

​​​クラウドファンディング、残り時間3日となりました。
ご支援下さった392名の皆様、本当にありがとうございます!
今回、プードル22頭レスキューも重なり、
クラウドファンディングで呼びかけていた
医療費の金額で補えないところまで来てしまい、
動物病院にも、お支払いを待って頂いているそんな状況です。
大変申し訳ございませんが、
クラウドファンディング終了ギリギリの時間まで、
医療費の呼びかけをさせて頂きたいと思います。
どうか、ご支援ご協力よろしくお願い致します。

​​​​
クラウドファンディングご協力お願いします
​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ​​







最終更新日  2017年09月26日 15時56分46秒
2017年09月17日
テーマ:動物愛護(548)
カテゴリ:保護家の仔達
やっと…やっとこの子達の紹介までたどり着いた!
という感じです。


みんな歯がボロボロです。
重度の歯周病の仔、心臓の悪い子、
白内障の仔、足に障害のある仔、眼球のない子、
健康で若い子はいません。

ですが、みんな性格が凄く良い…
申し訳ない位に健気で、みんな良い子なんです。

スタッフと話合い、今は預かりさん募集ではなく、
飼主さんと保護主さんの募集のみに
していこうという事になりました。
あくまでも今の段階で…です。

飼主さんと保護主さんになって下さる方を
探しています。
県外の方は、一度ご連絡下さいm(__)m
1頭でも構いません…どうか、よろしくお願い致します。




早速、ブログを見て下さった方が、駆けつけて下さいました。
「ミミ」ちゃん、トライアルに入りました!



「多忙な中、保護家さんにお手間をかけられない」
と、色んな事に気遣って下さるとても優しい飼主さんで・・・
私達スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいでした。






ドッグサロンパピーpuppy​志風オーナーは、
旧保護家からの長いお付き合いがあり、
保護家にもボランティアに来て下さり、
ジュウジュウと弓の保護主さんになって下さいました。
これから飼主さんを探していきますと…。



お世話になっている病院の先生と、
先生のお母様が・・・



診察に連れて行った仔達の中から、
一番心臓の悪かった子達、足に障害のあった仔を、
家族として迎え入れて下さいました。
出来る限りの協力はしていくから…と、言って下さり、
ただただ、頭が下がる思いです。

ーーーーーーーーーーーー

取り急ぎ、ここまでのご報告のみですいません…
またpart4に続きます。



クラウドファンディングご協力お願いします
​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ











最終更新日  2017年09月17日 02時45分09秒
2017年09月02日
カテゴリ:保護家の仔達
最初に愛護センターで​「バトン」​を見たとき、

室内飼育の猫だったんだろうな…と感じました。



正直、飼い主に対して色んな思いはありますが、

ある程度大きくなって捨てた事が、

バトンが擦り傷一つなく、

生き延びられた理由だと思うようにしました。

捨てるのが一ヶ月早かったら、

上半身を支える左手もボロボロになり、

走ることが出来なくなり、カラスに襲われたり…

バトンはもう生きていないと思います。



今は、生きている事に感謝。

ただそれだけです。

センターに収容中に、左腕に添え木をしてもらったり、

テーピングしてもらったり、固まらないように

センターの獣医師さんにも色々やって頂いていましたが、

腕の上部は感覚があるので、腕が回転してしまったり、

トイレが出来なくなってしまったりでした。



これまで色んな麻痺の子を抱えてきましたが、

やはり、その子の性格や麻痺具合によって、

リハビリ方法はその都度、違うんだと感じました。



バトンは、一通り遊び終わり、まったりしているときに、

さり気なく正しい位置に戻す…を繰り返すリハビリにしました。



自然と内側に曲がってる左手を伸ばして

枕にして寝ていたり、最近はようやく

関節を自然に伸ばすようになりました。



使わない右腕は、動かないからとそのままにしてたら、

体が「不要個所」と覚えてしまい、

更に固まり、退化して小さくなってしまうので、

出来るだけ自然なまま残していけたらと、

「右腕も生きてるよ~」とバトンの体に言い聞かせながら、

日々、右腕の関節もリハビリしています。





一年半前にレスキューした半身麻痺のホタル。



ホタルの場合、歩き回れる環境を作った事で、

四本足で歩けるようになり、高い所もスイスイ。



圧迫排尿で人間が排尿排便のコントロールしてたのに、

最近では、トイレに入り、自分で排尿排便のコントロールが

​出来るまでに回復しつつあります。

ハンデのある子達をレスキューするたびに、

私自身、教えてもらう事が沢山あります。

「いつか…」と、漠然としてた夢、

ハンデのある猫達の保護猫カフェもそうでした。

夢への思いを強くしてくれたのが、「バトン」でした。

ちょうど老犬デイサービスのクラウドファンディングが

皆様のお力で成功し、

その流れで、自分が抱えていた夢「ハンデのある猫達の保護猫カフェ」を、

お話しする機会を与えてもらいました。

ネクストステージなので、

成功する確率は低いと分かっています。

ですが、皆さんに知ってもらうきっかけ、挑戦する機会を

与えてもらった事だけでも、意味のある事だと思いました。

​ネクストステージである「ハンデのある猫達の保護猫カフェ」が、​

​不成立であったとしても、いつかは必ず実現させようと、​

漠然とした夢が、本気の夢へと変われたから…。







クラウドファンディングご協力お願いします

いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!

​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ













最終更新日  2017年09月02日 15時15分57秒
2017年08月24日
カテゴリ:保護家の仔達
宮崎県愛護センターには、

左前脚が曲がってて、

右腕が後ろに向いて麻痺してる子猫が居ます。



二本足で歩行しているような感じでした。



人には馴れているので、飼い猫だったと思います。

保護期限が切れて、高鍋保健所から愛護センターに

連れて来られましたが、

譲渡猫にまわれる可能性はゼロだと思います…。

今、こうしてブログを書きながら…

今日行くべきかと迷っているところです。

正直、保護家も麻痺の子達でいっぱいになりつつあるので…。


↓レスキュー後の報告です↓


先週レスキューした斜頸の皮膚病のキューちゃんは、

ノミダニで皮膚がボロボロになっていたようなので、



どんどん皮膚の状態も良くなりつつあります。



目も生き生きして、毎日嬉しそうにドッグランを歩き回ってます。

斜頸の傾斜も緩やかになってきた感じがします。





ハンデのある猫達をレスキューする事も多くなり、

健康な子猫達の譲渡をどんどんしなきゃ

パンクしてしまうと焦っていましたが・・・



いつも手を差し伸べてくれるのは、

ペットショップるんるんの岡オーナー!



もうペットショップというよりも、

保護猫の方が多い状態のお店で…

ちなみに、もちろん保護猫は販売していません。譲渡です。

保護猫を抱えれば抱えただけ、

医療費やフード等、全て自腹の岡オーナーなので、

私達も遠慮してしまうのですが…

「可愛い~…幸せ~」と、写真のように

いつも幸せ表情を演じている岡オーナー。

財布の中はピーピーなはずなのに…。



「必ず良縁繋げるから安心してね~!」

保護家の保護猫4匹を連れて帰ってくれました。

この子達は、今、ペットショップるんるんに居ます。

販売の子犬と同じお部屋で、飼主さんを待ってるので、

是非、子猫が欲しい方はお願いしますm(__)m


乳飲み子でレスキューした兄弟猫、


今はここまで大きくなりました。





生後数日でレスキューしたブチャイクミケ娘も、


今ではこんなに美人に育ちました。


代理父ちゃんカムカムから、甘やかされて育ったので、

ご覧の通り、物怖じしないやんちゃ娘です。


ぜひ、ペットショップるんるんにお引越しした

この子達に会いに来てください。





エイズ陽性のアイちゃんママ、

子猫と一緒にレスキューしましたが、



子猫達みんな、簡易検査でエイズ陽性反応が出ました。

生後半年くらいにもう一度検査したら、

おそらく陰性になっているのでは?

と、思ってはいましたが、

生後半年といえば、もう大きくなって譲渡の道も厳しくなります。

なので、6匹分大きな検査費用(1匹7000円)は、

正直資金面で痛かったのですが、前に進むためにと、

6匹全員の、抗原検査に踏み切りました。



「陰性」という結果が出たら、直ぐに譲渡活動スタートします。

どうか陰性でありますように…。





右目がこんな状態だったポンちゃん。

こんな小さな体で、2回も手術頑張りました。


今では、こんなに目も良くなりました。

ポンちゃんと一緒に頑張って下さった

獣医師さんには心から感謝です!



次は、新しい飼主さんとの良縁を繋げていきたいです。





皮膚が破け、骨まで見えていたコッシー。



今では、新しい皮膚が再生され、

すっかり完治しました。

左後ろ足の麻痺は完治しませんでしたが、

トイレもちゃんと自分でできます。



先輩猫からも、犬からも可愛がられ、



物怖じしないやんちゃさんに育っています。



コッシーももちろん譲渡対象の子です!



保護家の子達は、何らかのケガや病気を乗り越えた

強い子達、頑張った子達です。

麻痺っ子も多いですが、普通の子と何ら変わりありません。

このような子を家族として迎え入れたいけど、

心配や不安でなかなか一歩踏み出せないという方は、

いつでもご相談くださいm(__)m





クラウドファンディングご協力お願いします

いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!
https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ














最終更新日  2017年08月24日 13時04分33秒
2017年08月18日
テーマ:動物愛護(548)
カテゴリ:保護家の仔達
副代表フジイは、私が「いのちのはうす保護家」を組織にする前から、
ずっとサポートをしてくれてました。

そのフジイが、12日、いきなり泣き出したのです。



「え?なに?どしたと?」

「く、車…車が…駐車場が…ヒーン( ノД`)」

「車がなんね?(笑)」



この日、15人のボランティアさんが
保護家に来てくれていたのです。
(通常ボランティアさんゼロの日もあります)
満車になった駐車場を見て、フジイは泣いていたのです。
こんなにボランティアさんが来てくれる日が来るなんてと…。

私が、ひとりぼっちで保護家にいた時代も、
色んな苦悩を抱えてた時代も、
フジイはずっと見てきました。
ずっと味方でいてくれました。
ずっとずっと・・・山下由美を守ってきた人でした。

だからこそ、保護家に
たくさんのボランティアさんが来てくれたことを、
誰よりも喜んでくれたのは、フジイでした。



福岡県から日帰りで来て下さった江頭さん、



ご家族全員で来て下さった疋田さん、



修繕作業に来て下さった園田さん、

12日は、多くの優しさに包まれた保護家でした。



今、全国のあちこちでも、一人で頑張っている人は居ると思います。

人に裏切られたり、助けられない命に一人で苦しんでいたり、
便利となったSNSが逆に叩かれる場になってしまってたり、
色んな苦しみや悲しみがあると思います。

まさに今、その中で、一人で戦っている人もいると思います。

過去の私がそうだったように…。



苦しみや悲しみを共に背負ってくれる仲間、有志、
一人でも多くの方に、素晴らしい出会いがあるよう
宮崎県から全国に向けて願っています。

いのちのはうす保護家代表 山下由美
いのちのはうす保護家副代表 藤井正子




~お知らせ~
クラウドファンディング8/18新着記事
※初めての持ち込み犬レスキュー


クラウドファンディングご協力お願いします

いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!
https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年08月18日 14時41分42秒
2017年08月06日
カテゴリ:保護家の仔達
保護家の猫達のお部屋は、大きく分けて5部屋あります。

・元気猫部屋
・ヘルペス猫専用部屋
・エイズ猫部屋
・老猫&健康管理が特に必要な猫達の部屋
・体にハンデのある猫達の部屋

エイズ猫部屋は3畳しかなくて、
これ以上増えたら大変…との心配が的中。
6匹にまで増えてしまいました。
3畳に6匹詰め込むなんてできません…。

急遽、隔離部屋に使ってた隣の3畳間を
潰すことになりました。

もうそうするしか方法が無くて…。

赤い部分のベニヤ板を取り外し、



無理矢理6畳間にリフォームしてしまいました。



とうとうやってしまった…
だって、もう、これしか方法なかったんだもん。

仕方ないよね…仕方ないよね?

と、自分に言い聞かせ…。



大事な隔離部屋を潰してしまったことに、
この後隔離部屋をどう確保しよう…

隔離が必要な子が出てきたらどうしよう…
不安感に押しつぶされそうになりながらも、



エイズ部屋の猫達が、伸び伸びしている姿を見て、
壁ぶち破り作戦は間違いではなかったと、
そう言い聞かせながら、
「とりあえず今が良いなら良し!」
日々そう言い聞かせて次を考えます。



エイズ部屋の子達は、なかなか譲渡がありません。

人間のエイズと同じように受け止める方や、
感染力が強いと思われる方や、
短命だと思われる方…
一通りの説明はするのですが、お部屋に入る事すら
怖がってお断りされることもありました。

これまで2回、東京の「ネコリパブリック中野店」さん
に学びに行きました。

ネコリパブリック中野店は、エイズ猫専用の保護猫カフェです。



ストレスなく、みんな伸び伸びしている様子でした。



先ず、「エイズ」という言葉だけで、
戸惑う方も多いので、呼び名から変えたそうです。

「りんご猫」!!

由来は、人間のエイズへの「レッドリボン」(エイズの理解と支援の象徴)
の赤と、ウィルス検査キットの赤い丸から、
「りんご猫」となったそうです。



ネコリパブリック中野店さんでは、
フリーペーパー「もふもふ」も置いて下さってました。



エイズの子達を幸せにすることが、
これからの私達の課題なので、
ネコリパブリック中野店さんには
また勉強しに行きたいと思ってます。

ここ数年、保健所(センター)にはエイズ陽性の仔が多く、
関西の有志に助けてもらいながら、
なんとかレスキューも続けて来れましたが、
一般の方への譲渡も進めば、
助かる子達も増えるのではと思います。



↓保護家のエイズ部屋っ子達↓

アイちゃん。
左目にハンデがあります。
人が大好きで、ずっとついてまわります。




ニコ。
顔が個性的で、人に対しては女王様気質。
エイズ部屋では一番の古株です。




トランプ。
強面の顔していますが、凄く優しくて穏やかな子。




キイ。
右目に少し障害があります。
ニコの次に古い子で、どんな新入りが来ても
優しく迎え入れてくれる子です。




かおり。
エイズ部屋で一番若い女子。
甘えん坊ですが、新入り猫には厳しい女の子。




タマ。
左前脚がありませんが、高い所もすいすい。
甘えん坊ですが、他の猫に遠慮しちゃう優しい子。


エイズは決して、怖い病気ではありません。

人間に感染する事はありませんし、
猫同士、血を流すケンカさえなければ、
ほぼ感染する事はありません。

健康な事どこが違うのか…
少し体が弱いので病気(猫風邪等)しやすいというだけです。
ぜひ、保護家のエイズ猫の子達にも
会いに来てください。

クラウドファンディングご協力お願いします
いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!
https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx



▼▼▼ご支援のお願いです▼▼▼

お願い事ばかりで申し訳ございません。
猫のシステムトイレ用の砂
ご支援頂けると大変助かります。



ケージ、子猫用システムトイレのご支援、
ありがとうございました。

大変助かりました!


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年08月07日 00時33分10秒
2017年08月02日
テーマ:動物愛護(548)
カテゴリ:保護家の仔達
国富町にある「いのちのはうす保護家」ドッグランの
修繕工事出来る方を探しています。

ドッグラン入口のこの部分↓


ここが土という事と、個室みたいな感じなので、
犬達に人気の場所なのですが、
人気なだけに、好き放題穴掘りして遊んでみたり…



ここは、お客さんの入口になるのですが、
穴がボコボコで危ないし、
雨が降ったら泥が溜まってしまうのです。



この部分を、コンクリートにしたいのですが、
ド素人の私達には自信がありません。

犬達がフリーなので、
16時以降の修繕作業になると思うのですが、
出来ます!その時間帯から来れます!
というボランティアさん、ぜひぜひ、よろしくお願い致します。

あと・・・

保護家のドッグラン。
木のお陰で、木陰は沢山あるので夏は最適なのですが、
ドッグランを覆う位の木という事と、
元は畑に最適な土をそのまま使用しているので、
雨が降ったら、日が直接あたる部分が少ないので、
数日はジメジメしたままです。



木の剪定をしたいのですが、木が高すぎて難しいです。

大がかりな剪定の経験のある方、慣れている方、
どうか、よろしくお願い致します。

この部分は、日中犬がフリーの状態でも出来ますので、
犬が苦手でない方・・・どうかよろしくお願いします。

あと・・・

保護家の犬達は、朝~夕方の長い時間、
ドッグランで自由にさせています。

ここで過ごす時間が長い分、
アジリティーのひとつでもあれば、
犬達も楽しいのかな…と思い続け、

古タイヤで何かできないかな?
トンネルみたいなのがあると面白いかな?
展望台みたいなのがあると楽しいのかな?

アイデアばかり出しながらも、
不器用で未経験の私は、ずっとそのまま手付かずでした。

アジリティー作ってみても良いよ!という方は、
ぜひぜひ、よろしくお願い致します。

材料費などは全部こちらで用意いたします。

メールはこちらから↓
http://pawstamp.com/hogoya/contact.php
電話はこちらから↓
090-4484-5165(担当・藤井)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年08月02日 15時50分32秒
2017年07月31日
カテゴリ:保護家の仔達
先日告知してたMRTテレビの放送、
https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201707280000/
無事終わりました。

全国から「観たい」と、ありがたいことに、
沢山のご連絡頂けたのですが、
動画をupするのは違法になるので、
スクショでのご報告で申し訳ございません。



ひとまず、保護家の群れの子達を、
須崎トレーナーに見て頂きました。



その後、ニックの場所に案内しましたが、
須崎トレーナーとはいえ、
ニックに会わせるのは危険なので、
外から、私とニックの関係性を見てもらう事に。



ここから画像が荒くなるのは、
事故防止のため、金網越しの撮影という事と、
小さな無人カメラでの撮影になったからです。

リードをしっかりと握り、藤井副代表を
ニックエリアに呼んでみます。



ここでイケナイ!
藤井副代表のワルフザケが入ってしまいました!
興奮するニックに、ファインティングポーズ!



一気にみんなの緊張がほぐれ(ニックと私以外)、
須崎トレーナーもまさかの展開に笑ってしまい、



須崎トレーナーに怒られる藤井副代表(笑)

その後、気を取り直してトレーニング再開!

私は一言もニックの性格を話してないのに、
須崎トレーナーは、ほんの数分の観察で、
ニックの性格を当てて来たのです。



ここで、私とニックの関係性が、
ニックにとって良くなかったんだと聞かされました。

ニックには私しかいない…という思いから、
ニックと接するときの私は、完全にオフモードだったのです。
「ママァ~」「ニッチュ~」の甘々な関係性だったのです。

群れの子達と同じ接し方をしなければいけなかったのに。



ここでちょっと私も須崎トレーナーに反発しました。

「私はほぼ24時間気が張っています。

こうやって群れをまとめて強がっていますが、

本来の私はそんな強い人間ではないんですよ。

本当は犬とイチャイチャ甘々したいのに、

群れの前では毅然とした態度でいなきゃいけないんです。

素顔を出せるのは、ニックと相棒カムカムの前でだけなんですよ。

それで日々の精神を保っています。

それをやめろと言うならば、私が精神的に倒れてしまいます」



なんとも身勝手なワガママなんでしょうね・・・


「ん~・・・じゃあ、プレイの時間だと割り切らせたらどうですか?

イチャイチャ甘々に付き合うのがニックの仕事だと、

私の仕事に付き合ってくれと、それをプレイ、仕事にさせるんですよ。

イチャイチャ甘々して、山下さんの精神が安定してきたら、

ニックお疲れさん!と、ちゃんとメリハリをつける!」



凄いな・・・

こんなアドバイスは初めてでした。

だから、須崎さんはヒューマンドッグトレーナーなんだと思いました。



ニックとの関係性を変えてから三週間後・・・



こんな近くに人が居ても、ニックは落ち着けるようになりました。



ニックがニコニコしながら人に触れるなんて!



ただ、残念なのですが・・・
リードを緩めることが出来ません。

ニックは人の心を体で感じる子ですから、
一瞬でも「怖い」という気持ちが伝わったり、
少し手を退こうものなら、豹変する事が分かっていたから。

リードを緩めないという事は、
首輪が絞まる=ニックがカーッときて咬む。

そこはほんと・・・悪循環なのは分かってはいるのですが、
まだまだこれからひとつずつの
トレーニングだと思います。

今回は、ニックも取材クルーの皆様もそうなのですが、
何より一番頑張ったのは、藤井副代表だと思います。

何度か襲われかけた経験のある藤井副代表。
恐怖心よりも、ニックに触れたい、少しでも信じてもらえたらと、
行動に移してくれた藤井副代表の勇気にありがとう!

記念撮影でもやっぱりワルノリの藤井副代表。



けが人を出したらどうしよう…
という緊張感の中での撮影で、
その場を和ませてくれてたのも藤井副代表でした。



最後に・・・
ニックは、自分より体の小さい子には優しいのです。
人間不信の子をレスキューすると、
ニックの庭に入れます。



ニックが全身で私に甘える姿を見て、
人間不信だった仔も、人間への恐怖心がなくなり、
ニックの見様見真似で甘えられるようになります。



ビクビクして逃げ回っていた子が、
数時間後にはここまで変われました。

ニックは、私のパートナーでもあるのです。



ニックはこれまでにいない難しい子だと
須崎トレーナーもおっしゃっていましたが、
難しい子だからこそ、信頼関係が築けたときには、
素晴らしいパートナーになれると思いました。

あとは、スタッフ皆とも仲良くなれるように
これからニックと一緒に頑張りたいと思います。
先ずは私がしっかりしなきゃ・・・。





▼▼▼ご支援のお願いです▼▼▼

お願い事ばかりで申し訳ございません。
猫のシステムトイレ用の砂が、
在庫がゼロになってしまいました。
ご支援頂けると大変助かります。



隔離している子猫もいるので、
子猫用のシステムトイレの数が不足しております。
花王の「ニャンとも清潔トイレ」の大きさが
大きく場所を取らずピッタリなので、
ご支援頂けると助かります。



猫の隔離に使用したり、譲渡会に使用したり、
このような折り畳みケージが
老朽化して今、三つしか在庫がありません。
このメーカーのМサイズとLサイズが不足してます。
ご支援頂けると大変助かります。






いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年07月31日 00時47分27秒
このブログでよく読まれている記事

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.