6462536 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

<動画>動画 de 日… New! ぴぃ1122さん

メロンでメロン♪ New! わんこ堂さん

PETA ★ 世界最大動物… Fugu-chanさん

全204件 (204件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

保護家の仔達

2018年02月19日
XML
カテゴリ:保護家の仔達
先日レスキューした「横隔膜ヘルニア」のニーナ。
レスキューした翌日に、緊急手術となったのですが…



手術が無事終わりそう!
そのとき、​ニーナの心音が止まったそうです…。​

眠っている間に苦しむ事無く最期を迎えた事だけが、
「良かった…」そう思うようにしました。



ニーナと時間を過ごしたのはわずか数時間…

生きている間に、もっとそばに寄り添っていればと、
後悔が残るお別れでもありました。

ごめん・・・





この子は・・・「金魚」
肺炎にかかっていました。
かなり酷い状態だったそうです。

鼻から胃チューブを通し、管で流動食を流しています。



なんとか生き延びてくれますように…





この子は・・・「さくら」
長くてもあと一年だと余命宣告受けました。

飼い主が、もっと早い段階で手術を受けさせてたら、
癌の進行は止まっていたかもしれません。

長毛で手入れされてた綺麗な毛並み…
癌になる前は可愛がっていただろうに…



手術代の10万円と引き換えに、
さくらは捨てられた…。

さくらの命は、10万円よりも価値がなかったのか…

10万円に負けたのか・・・

悔しいな・・・

でも、さくらは飼い主を憎んだり恨んだりしてない。

ただただ、飼主の元に帰りたい、お家に帰りたい、
どんなに蔑まれようが、目を背けられようが、
さくらにとっては、飼主が一番なんだと…
さくらを見てるとそう感じます。

飼い主は、そんなさくらの気持ちを
分かっているのでしょうか…

さくらは、これからどんどん目も耳も無くなります。

顔が溶けて無くなっていきます。

さくらがさくらでなくなっていきます。

​​​それでも私達にとっては、さくらはさくら!​


※医療費のご支援を頂けると
大変助かります!
どうか、ご協力よろしくお願い致します。






いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
​​






最終更新日  2018年02月19日 13時41分46秒
2018年02月14日
カテゴリ:保護家の仔達
昨年の7月に、愛護センターに収容されてた子猫。



酷い骨折で、左後ろ足が曲がったまま繋がってしまい
腰の皮膚は大きく裂け、
中の骨がむき出しになっている程でした。



愛護センターでも、
皮膚を縫ってつなごうとしたのですが、
縫った部分の皮膚が裂けたり、
皮膚の再生は難しい状態でした。



大事故に遭遇してしまい、
生死を彷徨った「いのち」
そんな風には見えない位、
この子の目はとても純粋で、
と同時に「強さ」も感じた子でした。

こんな小さな体なのにね…



最新の治療法で、
なんとか新しい皮膚が再生できたのですが…

ここまでの道のり、この子にとって
どんなに痛く長い時間だったか…



そんな事を一切感じさせないのが
​命名「コッシー」​でした。



「コッシー」という名前は、
腰の皮膚が再生できますように…
そんな祈りを込めて名付けられました。



そんなコッシーは、
左後ろ足に障害は残ったものの、
テーブルの上に登ってイタズラしたり、



全く物怖じしない子で、犬の尻尾を
ねこじゃらし代わりに遊んだり、



とってもやんちゃで元気にスクスクと育っていきました。



先輩犬、先輩猫から、いつも守られていた子…



みんなに愛されるそんな愛らしい子でした。

​「祈り」は通じた。​
​「願い」は叶った。​





だけど・・・





神様なんていなかった!

完治して五ヶ月後・・・
​コッシーは、コロナ(FIP)に侵されたのです。​

コロナは、発症したら生存率わずか1%…。
コロナによって、大切な子を11年の間に2匹奪われた。
​ビィ​​ナナオ​も、大けがを負いながらも
事故から生還した子だったのに!
そんな子達が、コロナに殺されたのです。
​「なんでそんな子をコロナにすると?なんで?​
​今度はコッシーや!なんでコッシーや!クソが!」​

誰を恨んで、誰を憎んでいいのか、
どこにぶつけていいのか分からないから、
存在の分からない神を憎む事しか出来なかった。



コッシー・・・
もうすぐ保護猫カフェ完成するとよ?



コッシー・・・
沢山の人に可愛がってもらえるとよ?



コッシー・・・
家庭猫になれるかもしれんとよ?


もう意味が分からん…
なんでコッシーが…

こんなその他大勢の1匹じゃなくて、
コッシーに家族を作ってあげたかった。

家庭猫ってどんなものなのか、
コッシーに経験させてあげたかった。

何一つコッシーにしてあげれてなかったことに、
申し訳なくて申し訳なくて…

そんなときに、もう一人、
コッシーに対して後悔を強く抱いてるスタッフがいた。
​「コッシーが元気だったときに、​
​あんまり遊んでやれなかった。​
​他の弱ってる仔に気持ちが行き過ぎていた。​
​なんで今になってこんな気持ちに…」​
私は…
彼女にコッシーを託した。

1%に賭けてみたいとの彼女の思いは、
とても厳しい状況になるだろうと予想していた。

だけど、彼女の出す決断と一緒に、
他の選択肢もあるんだと、視野を広げてあげる事が、
今後の自分の役割だと担った。

コッシーの腹水の溜まり方、溜まる期間、
生存率1%には入らない事は一目瞭然だった。

だから、大事なコッシーを託せたのかもしれない。



「長く生きる事ではなく、その時間をどう過ごしたか…
これが一番、コッシーにとって大事なんだよ」
彼女とコッシーに、そう伝えた。

コッシーの身体は、どんどん弱っていった。
​でも、「心」はなぜかとても穏やかで、​
​むしろ一日一日が満たされているような感じもあった。​



朝、彼女と一緒に保護家に出勤するコッシー。
夕方、彼女と一緒に家に帰るコッシー。

私の中で、コッシーはすでに「人様の猫」だった。

コッシーが帰った後・・・
コッシーが寝てたであろう猫ベットに触れながら、
コッシーを感じる…
これだけで、私は幸せだったような気がする。



​​だって、今、コッシーは幸せだから!​​

​​​念願の「家庭猫」の心地良さを​
​堪能してるから!​​​​




2/4、コッシーを抱いたときに、渾身の力を振り絞り、
まるで「ありがとう」と、言ってるかのように、
私の手にスリスリしてきた。



​「あ…生きてるコッシーと会うのは今日が最期なんだな」​
なんとなく、そう感じた瞬間だった。



その翌日・・・



​コッシーが息を引き取ったと連絡があった。​



太陽の下で、お外の匂いをクンクンしながら、
大好きな人の腕に抱かれて…



コッシーにとって、
幸せな時間の中での最期だった…。



もしかしたら・・・あのとき感じた「ありがとう」は、
実は、「ありがとう」ではなかったのかもしれない。



​「彼女の事をよろしくお願いしますね」​​
コッシーは、そう言ってたのかもしれない…。

私がコッシーを彼女に託したように、
コッシーもまた、彼女を私に託したのかもしれない。

​大好きな人を守ってあげて欲しいと…。​



それが、コッシーからの遺言だったのでしょう。


コッシーは、可哀想な子ではなかったのかもしれない。

だって・・・

​こんなにも輝いた1年という時間を過ごした仔は​
​​​敬意以上に何があるのでしょうか…​

真剣に「いのち」と向き合ったスタッフ鳥越と、
鳥越を最後まで守ろうと戦ってきたコッシーに、
この場でお礼を伝えさせて頂きます。
二人とも、本当にありがとう…
22日間、本当に本当にありがとう…

※スタッフ鳥越の22日間の記録
http://hogoya.miyachan.cc/e533497.html





​​
いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ









最終更新日  2018年02月14日 18時32分06秒
2018年01月31日
カテゴリ:保護家の仔達
保護猫カフェオープンします!
・・・と言ったものの、
なぜか拭えない「違和感」



​なんか違う…​

でも、何が???

私らしくない、保護家らしくない、
でも、何がらしくないのか分からないまま
突っ走ってきましたが、
業者さんに発注してた1,000枚のチラシを前に、
ようやく気付きました。


​違和感は「お金」でした。​


入店料を頂くのは当たり前。
それが医療費や維持費になるのだから。
「当たり前」と言われ続けた事を、
ことごとく破ってきたから、保護家は存在します。
それなのに・・・
「普通」「当たり前」「常識」
捉われすぎていた自分に気付きました。
​「じゃあ、どうしたいと?​」
猫部屋でゴロゴロしながら
自分に問いかけ続けました。



本来の目的は、
猫エイズ、体にハンデを抱えた猫達が
特別ではないという事を、
モニター越しではなく、
この子達と触れ合って知って欲しいという事。



猫エイズやハンデのある猫達も、
普通に愛護センターや保健所から
当たり前に譲渡される日が来ること。
​イコール、猫たちの尊重と尊厳が守られたまま、​
​本当の意味での「殺処分ゼロ」に向かう事。​



おこがましいと叱られるかもしれないけど、
ここから、保護家から変えていく事ができればと
そんな思いで「ハンデのある保護猫カフェ」
作りたいと思っていました。



最初は偏見でも良い、
怖いもの見たさでも良い、
興味本位でも良い、
きっかけは何でも良いんです。

ここにきて、この子達と触れ合って頂ければ、
きっと分かって下さると信じているから。
​この子達の力を信じているから。



​「やっぱり入店料無料にしよう!」​
オープンギリギリに
スタッフに告げたこの無謀さ。
それでも、代表がそう決断したのならと、
反対意見もなく、受入れてくれた
スタッフにも感謝の気持ちです。

そして・・・
オープンギリギリに、保健所に変更届出をして、
バタバタと現地視察調査に入ってくれた保健所にも、
申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいです。

私の身勝手さで、多くの人に迷惑をかけましたが、
多くの人のサポートにより、
なんとか無事に28日オープンできました。



​「ニャンコ達頑張れ!」と、​
​エールを送ってくれた浅田美代子さん、​



​クラウドファンディングでも​
​大きなお力を貸して下さった八代様、​



本当にありがとうございます!

これといって何も宣伝してこなかったので、
オープン初日は、2名様、
二日目は、3名様、
三日目は、ゼロ
四日目の今現在時刻では4名様と、
私の力不足でのスタートでした。

でも、部屋に入った瞬間、
​「かわいそうに…」​と言っていた方も、
お帰りに際には、
​「どこに障害があるか分からん位、​
​普通の可愛い猫達だった」​
と、笑顔で言って下さったことが、
本当にうれしくてうれしくて…
少しずつ広まっていけると良いなと思いました。

入店料の無い「寄付型・保護猫カフェ」、
「ハンデのある子達の保護猫カフェ」、
これを成功させる事により、
そんな保護猫カフェの存在が当たり前となり、
猫エイズや、体にハンデのある猫達が、
健康な猫達と同じように
譲渡が進んでいく事になるのでは?と、
絶対に成功させようと、
スタッフ皆、カフェ猫皆、一丸となって
頑張っていきたいと思います。

どうぞ、応援よろしくお願い致します。



ハンデのある子達の保護猫カフェ
「HOGOYA」

​営業時間:11時~17時30分​

​定休日:木曜​

オープン前に、​NHK「マイあさラジオ」​さんが、
取材に来てくださいました。



各部屋を案内しながら…



このように、人も猫もリラックス状態で
収録していました。

ラジオ番組の様子は、
下記のアドレスから、視聴できますが、
2/19で視聴終了だそうです。
http://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0322_23_11690

特別支援学校で勤務している方から
  「心に寄り添うことが改めて大切だと感じた」

「わが家の猫は、愛護センターからやって来た3本足の猫
  今年で11歳だが元気いっぱい」
 
「人間だけではないことに驚き
  訪問介護を10月から始めているが、
  地球上生きているものに
いろんな経験や心があることに目を向けたい」

「かわいそうという気持ちしか持てなかったが、
ちょっと考え方を変えなくてはと思った」

番組宛に、全国からたくさんの反響があったそうです。

こんな田舎の宮崎県国富町から、
この程度の人間が、世の中を動かそうなんて…
正直に言うと、不安な気持ちしかありませんでしたが、
ラジオを視聴した全国の皆様からのご感想は、
私達に大きな力となりました。
​頑張ります!​
​本当に本当に、頑張らなきゃいけないと思いました。​

本日31日は、MRTさんの「ニュースNext」にて
18:15~保護猫カフェが放送されます。
こちらの方は、宮崎県内のみの放送です。

いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ








最終更新日  2018年01月31日 16時15分39秒
2018年01月18日
テーマ:動物愛護(561)
カテゴリ:保護家の仔達
ここのブログ更新が全くできておりません。

それなのに、毎日ご訪問下さっている皆様、
本当にありがとうございます。

発信できず、本当に申し訳ございません。

そして、8月から会計が引継ぎとなり、
こちらの計算も手を付けられてない状態で、
ご支援下さった皆様には本当に失礼な事だと
重々承知しております。

ですが、今回、申し訳ございません…

医療費のご支援を呼びかけさせてください。

※「足長基金」ページを作りました。




その子によって、毎月かかる医療費などは違います。

一ヶ月単位で呼びかけさせていただきます。

​呼びかけている基金の使い道は、​
​各その子のページ内にて記載しました。​

その月に、足長基金にご支援下さった皆様には、

その子のポストカードにて、

お礼状を発送させて頂きます。

​この子のスポンサーに、足長さんになってあげたいと​
​いう子がいましたら、是非よろしくお願い致します。​





現在、保護家の犬猫達は、

抱えて来てた病気が悪化したりと、

体調の悪い子達が重なっている状態です。

看取り体制に入った子達が、4匹おります。
(犬3匹、猫1匹)

日中は、スタッフのサポートがあり、

私も助けられているのですが、

寝たきりの仔達の夜間介護もあり、

ブログ発信を二の次にしなければいけない日々です。

毎晩毎晩、介護しながらでもパソコンに前には座れると、

もっと頑張らなきゃいけないと自分に言い聞かせ、

それでも、体がどうしても動いてくれません。

頑張れば出来るはずなのに、それをしない事は

逃げだと分かっています。

自分の弱さ、精神の甘え、体力の無さ、

体は動かないくせに、不甲斐の無さに

悔し涙だけが主張してきます。

​​ここまで分かっていながら…申し訳ございません。


​どうか、保護家の子達のスポンサーさんへの​
​ご検討をお願い申し上げます。​
​​「いのちのはうす保護家・足長基金」​
http://xxinunekoxx.cart.fc2.com/​​





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2018年01月18日 20時14分30秒
2017年12月25日
カテゴリ:保護家の仔達
​​​9月に、多頭飼育崩壊から来た「ライライ」。
そのライライが・・・
12月12日の深夜、突然倒れました。

脳腫瘍か脳の血管が切れたのかもしれないとの事で、
すでに意識はない状態でした。



意識もなく、足をずっとバタバタさせ、
このままでは自分の体温で熱中症起こしたり、
足で体を傷つけていくだけ…
​回復の見込みはゼロ。​

点滴でいのちを繋ぐだけの日々が続きました。

「もし、私が一般の飼主だったら、
もし、ライライが家庭犬だったら、
先生はどう話されますか?」

獣医師さんに確認すると、

「・・・植物と同じ状態です。
ライライと看取る側の気持ちを考えたら、
安楽死を勧めます」

楽しい、嬉しい、悲しい、辛い、痛い…
そんな感情すら、ライライは失ったのです。
二度と戻る事はないのです…。

ライライから「生きたい」という感情すら
伝わってくることはありませんでした…。



ライライの命綱、点滴を外すことに決めました。

点滴でわずかな寿命を延ばすことではなく、
ライライらしい最期を迎えさせる事を選びました。



ライライは・・・
多頭飼育の中で、外を知らずに、
一人きりの愛情を受けずに来た仔です。

それは、保護家に来てからもそうでした。
​ライライは、その他大勢の1匹でしかなかったのです。​



私は、ライライに後悔を残させないよう
ずっとそれを考えていました。
そして…退院して真っ直ぐ向かったのが、
「ペットショップるんるん」でした。

るんるんチームは、多頭崩壊レスキューの日、
保護家に飛んで来てくれた人達…。



ライライにとっての恩人達…。
ライライとるんるんチームを会わせたかったんです。



ライライはもう時間の問題で、
もうすぐお別れなんだと伝えると・・・



きれいな顔で最期を迎えさせてあげたいと、
顔回りを整えてくれました。



植物状態だなんて信じられない位、
ライライは「ありがとう」と言っているかのように、
るんるんの岡オーナーの腕の中で
心地良さそうにしていたのです。

ライライ・・・
嘘やろ?
死ぬの嘘やろ?
意識ないのも嘘やろ?
全部、全部が嘘でありますように…
そう思えた瞬間の写真でした。


ライライは、
産まれたときから「その他大勢の1匹」でした。

ライライだけのベット、
ライライだけのおもちゃ、
ライライだけのお布団、
その普通の事がなかったのです。



ライライの事だけを想いながら、
ライライのためだけに
るんるんチームと一緒に選んで買いました。



ライライを一人ぼっちで逝かせないように、
退院してからはずっとライライと一緒でした。
ライライを一人にすることはありませんでした。



絶対一人で逝ったらだめだよ…
私が寝てる間に逝かせないように、
座椅子に座ったまま仮眠を取る日が続きました。

こんなに一緒に居たのに・・・

ライライは、
私が居ない時間を見計らうかのように、
・・・お別れを告げたのです。



悔しかった・・・

でも、私の前で逝かない事が、
ライライの決めた最期だったんだろうと思いました。



​ライライは、最後まで頑張りました。​



​ライライの最期は
「その他大勢の1匹」ではありませんでした。​​


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
​​​






最終更新日  2017年12月25日 15時51分38秒
2017年12月16日
カテゴリ:保護家の仔達
八千代さんを通して、
「感謝」という思いに
あらためて気付かされた。

愛護センターには命への「尊重」はない。
申し訳ないけど、今もそう感じている。
じゃあ、センター職員が「悪」なのか?
全てがそうだとは思えない。
行政には、出来る事と出来ない事がある。
その出来ない部分をサポートしていくのが、
私の役目だと思うから。
自分が力をつけるためにはどうすれば良いのか、
ひとつひとつの課題にして行こうと決めた。

八千代さんをレスキューする日、
八千代さんに携わった職員さん全員が
裏の隔離室まで走って来てくれた。
最後に、八千代さんを皆さんで見送ってくれたのです。
皆さんそれぞれ、心の葛藤はあったのだと思った。

正直、色んな思いはあったけど、
八千代さんを安楽死しなかったセンターへの感謝の気持ち。
それが、最後の最後に残った私の感情だった…。

​「ここで命を落とさなくて良かった」​
​「誰にでも託すことは出来なかった」​
センターの職員さんからそう言われたときに、
​「私を信じて託して下さりありがとうございました」​
自然に頭を下げた自分がいたから。



完治したら子供達に会わせてあげたい…



その願いは、叶う事はなかったけど…



やっと、子供達に会わせることが出来た。
八千代さんは、この場所から
子供達を見守ってくれている。



誰一人感染することなく、
みんなすくすく成長している。



八千代さんが守り抜いた「いのち」…



八千代さんから託された「いのち」…



譲渡できる日が来たら、
必ず伝えていこうと思う。
この子達を守り抜いた
偉大な母犬がいた事を…。
八千代さんの戦い抜いた日々を…。

​​​

八千代さん…ありがとう。



八千代さんの医療費、
子犬達のワクチン費用、
ご支援下さった皆様、
本当にありがとうございました。

ミルクのご支援ありがとうございました。
おかげさまで、離乳するまでのストックが
充分にできました。

そして・・・匿名の
「ハハイヌコイヌ ヒトモ シアワセニ」さん、
大きな力を本当にありがとうございました。






いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​​






最終更新日  2017年12月16日 00時11分30秒
2017年12月09日
カテゴリ:保護家の仔達
昨日ブログに書いた後、
動物病院から電話がありました。

​「手を尽くしましたが、​
​回復の見込みはありません。​
​このまま数日の延命を続けるか、​
​看取りに入るか…」​

迷わず返答しました。
今から迎えに行きます…と。

保護家で最期を迎えさせよう!
それは、きっと、
母犬の願いでもあると感じたから。



もう10日以上、何も口に出来ず
点滴だけで繋げてきた命…。



いつか食べれるようになる!
いつか立ち上がるようになる!

奇跡を信じてきました。



​生きて子犬達に会える…​
そう信じたかった。



​母犬は…三つの点滴を外しました。​

もう苦しまなくても大丈夫!
もう痛みと戦わなくても大丈夫!



もう・・・良いんだよ。



命名​「八千代」​
八匹の子犬を守り抜き、
八千年という永遠の時、
そして…保護家のある地、「八代北俣」。

八千代には、多くの深い意味を込めて、
藤井副代表が命名しました。

​八千代が生きていた事、​
​八千代が生きた証、​
残して行きたいから。



​今夜が最期かもしれない…​

スタッフが夜遅くまで残って、
八千代の帰りを待ちました。



八千代は・・・

​12月9日、朝日が昇る前に、​​
​​​​​やっと楽になれました。​​





八千代は、山中で捕獲されました。
八千代のお腹には、新しい命が宿っていました。
妊娠して棄てられたのか、
放浪してた時に命を宿したのか、
分かりませんが、
保健所に捕獲され、
愛護センターで出産し、
子犬達の目が開くまで、
頑張って育て上げました。

レプトスピラを発症し、
本来ならば、子犬への感染は
避けられなかったはず。
それなのに・・・
隔離して10日目の子犬達、
誰一人レプトスピラの症状が出ず、
発症してない確率が高いのです。
こんな事って…

八千代は・・・
子犬を守ったんです。
我子の命を守り抜いたのです。

八千代は、立派なお母さんでした。
偉大なお母さんでした。

愛おしい者を守り抜いた
勇敢な最期でした…。





​​​いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年12月09日 14時01分57秒
2017年12月03日
カテゴリ:保護家の仔達
日々、朝から夕方まで日常のお世話だけでも
バタバタしている保護家。

「新・猫部屋には、来年1月半ば位までに、
お引越しできれば良いよね~」…と、
日常業務を優先して動いていたのですが…



​ここに、レスキューしたい
皮膚病の老犬が2頭いたのです…。​


この部屋は、撮影NGとの事で、
スタッフには口頭で説明して、
その二頭の状態を話しました。
もちろん、保護する部屋がない事は承知の上で…

「老犬デイサービス予定の部屋を今すぐ空にしよう!
皮膚病の老犬達は、そこに入れよう?」
スタッフが、昼食も取らずに準備に取り掛かってくれました。



​「犬猫が好きだから、ボランティア出来るんでしょうね」​
保護家のメンバーは、外部の方からそう言われますが、
果たしてそうでしょうか?

食事する時間も惜しみ、夜中も何かあると飛んでくる。
「好きだから」という軽い思いだけで、​
自己満足でここまで出来るでしょうか?

「好きだから」という軽い感情は、​
とっくに超えてるんです。彼女たちは…。

「好き」という感情ではなく、​
​​「責任」。
命と真剣に向き合い、
命を尊重していきたいと​​
動いてるんです。彼女たちは…。​


​それくらい、保護家のメンバーは真剣なんです。​



「老犬デイサービス」に使用する予定のこのお部屋は、
無責任な飼主のために、
愛護センターのフォローのために、
​開所前から起動させる羽目になった…。​

​​​宮崎県民皆さんに問いたい…​​​
​​​愛護センターが出来て良かった?​​
​​​愛護センターが出来て安心した?​​​
​殺処分されなきゃ、
生き地獄でも良いという事?​​​


私達愛護団体がヒーヒー言っている現状なのは​なぜ?​​
メディアの情報だけが全てではありません。
​​自ら蓋を開けてみて!
​​開けに来て!​​​


ただ、ひとつ言いたいのは、
行政が、職員が、悪いのではないという事。
頑張ろうとしても、追いつけないんです。
今の宮崎県民のモラルでは。

すいません・・・
本当は、この現状に毒を吐きたいのですが、
後日まとめてブログにて書きたいと思います。





新・エイズ部屋に移動した子達は、
久しぶりに見た外の景色に夢中でした。



あいちゃん…何が見える?



トランプ…嬉しいよね?



エイズ部屋の子達に、ずっと見せてあげたかった外の景色。
喜んでもらえて嬉しい。
胸がジーンときました。



エイズ部屋では一番古株のニコ。
久しぶりにお部屋を出た事で
最初は緊張していましたが、
すっかり気に入ってもらえました。



タマちゃんは、新しい場所にドキドキしている様子。



先日レスキューした「ノン」。
性格が凄く良い子です。



同じく先日レスキューした「さく太郎」
まだ1歳未満かもしれません。
さく太郎も性格が良すぎる子です。



同じくレスキューした「モッチー」。
まだ子猫です。
左目もあまり良く見えていないようです。
とにかく悪んぼのやんちゃさん。

先ずは、新入りの子達の爪切り。
長い期間爪切りしてなかったのか、
血管がかなり伸びてしまってて、大変でした。


でも、ノンもさく太郎もとてもお利口さんに
黙って切らせてくれました♪


モッチーはというと・・・



「お前ヤメロ~!怒ったらこうだぞ~!」
咬んだりなんたりと必死に抵抗してましたが、
全く動じないボランティアの高柳さん♪頼もしいです!





レプトスピラの母犬と離されて
5日目の子犬達…



今のところ、黄疸も出てませんし、
ミルクの飲みも良いです。
あと5日間、検疫です。
どうか、症状が出ませんように…

8匹の子犬達は、一回の授乳で440mlです。
5時間置きの授乳なので、
このミルク缶が1日も持ちません。

あと2~3週間授乳期間があるので、
ミルクのご支援を頂けると大変助かります。

現在、「ゴールデンドッグミルク」と
「プレミアムドッグミルク」の二種類を飲ませています。
厚かましくて申し訳ございませんが、
急にメーカーを変えると下痢する事も多いので、
同じメーカーのだと助かります。
わがまま言って本当にごめんなさい・・・。


どうか、ご支援よろしくお願い致します。







いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年12月03日 20時06分58秒
2017年11月24日
テーマ:動物愛護(561)
カテゴリ:保護家の仔達
毎年恒例ですが、
この時期は、なかなか譲渡が進まない…

多頭崩壊、ブリーダーからレスキューした
トイプードル33匹は、25匹良縁を掴み、
現在、まだ8匹のトイプードルが保護家にいます。

「トリミング券」をご支援購入下さった皆様、
メイ、プラン、モン、タク(その後譲渡)に
使わせて頂きました。
ご支援本当にありがとうございました。





​モン、男の子。ミニチュアプードル。​
10歳位だと思います。
弱い子には強気に出てしまうので、
先住犬には、強い性格の仔と合うと思います。
強い子には絶対逆らいません。
10歳位とは思えない位、元気のあるモンちゃんです。




​プラン 男の子。トイプードル。​
10歳位だと思います。
心臓が悪く、歯がほとんどないのでずっと舌が出ています。
2キロ位の体の小さなプランちゃん。


怒ったり咬んだりは絶対にありませんが、
物欲が強くて、おもちゃ、ごはん、一生懸命!
心臓が悪いので、走らせたり、
長時間のお散歩は出来ません。
ご年配の方のお家に行けたら良いな…と思ってます。




​メイ 女の子。トイプードル。​
10歳位のおっとりさん。
関節が悪いので、走らせたり、長時間のお散歩は出来ません。
ほとんど吠える事がなく、
しばらく声を聞いていません(;'∀')
甘え方もおしとやかです。





​アッコ 女の子。5歳以上​
この子はプードルではなく、
コッカーのmixだと思います。
ビックリするくらいの美人さんだと思います(^^)
性格もすごく良いです。




​ライライ 女の子。トイプードル。​
10歳位だと思います。
年齢による白内障かと思ったのですが、
ライライは、糖尿病でした。
一日二回、インシュリン注射を打っています。

全盲、インシュリン注射…譲渡が一番厳しいのかもしれませんが、
インシュリン注射は、針が細く短い注射器なので、
誰にでも打つことが出来ます。

目が見えなくても、ライライは毎日不自由なく過ごしています。

嗅覚と聴覚があるので、物の場所を把握できれば、
普通に歩くことも出来ます。

​「ライライ!」と、呼ぶと…​

​「こっちから声がした!」​
クンクンと嗅覚も使いながら…

​​​「…!」​​​

​「母ちゃん、みーっつけた♪」​
一般の家庭で、ヌクヌク甘々で過ごせる日が
ライライにも絶対に来ますように…





​コロコロ 女の子。​

ここまで太らせるのは
「虐待」と同じ事…超肥満が原因で、
コロコロは、立ち上がることも歩く事も出来ませんでした。



足に負担がかからないよう、色んな作戦を実行して…


​10キロ→7キロの減量に成功しました。​
ですが、コロコロは「トイプードル」です。
まだまだダイエットは続きます。

コロコロは、長い期間体を動かす事が出来なかったので、
寝ころんだまま自分の意思を伝える力を
身に着けたように感じます。不思議なんですが…
その逆に、私達の事を観察する力も持っています。
寝ころんだまま(笑)





この子達が、保護家で年を越すことがないよう、
早く新しいお家をみつけてあげたいです。

そして・・・

現在満員のホスピス棟のサークルが空けば、
レスキューを待っている子達に、
手を差し伸べる事が出来ます…

猫達も同じ状況で…
譲渡が停滞しています。


愛護センター内の譲渡会に参加しても、
譲渡ゼロは当たり前の日曜日が続いています。


保護家では、各部屋猫達が満室状態で、
保護するスペースもそうなのですが…



病気を抱えている子達の治療費、
子猫達の不妊去勢手術が、これから10匹
一気に始まるので、費用の面でも、
もう1匹もレスキュー出来ない状態です。


毎年毎年・・・
この時期は、一年間の反省しか出てこない。
力不足を感じます。





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年11月24日 00時44分42秒
2017年11月08日
テーマ:動物愛護(561)
カテゴリ:保護家の仔達
「ハンデのある保護猫カフェ」のお部屋が、
完成へと近づいてきました。

奥に見えるオレンジの建物が猫部屋です。



環境がとても良いです。



屋根と雨どいは、藤井副代表のお義父さんと竜一パパ!



藤井家、家族総出で頑張ってます!







お部屋は・・・というと、

ここは、エイズ陽性の子達のお部屋(6畳)
​テーマは「元気っ!」​​





ここは、半身麻痺等ハンデのある子のお部屋(6畳)
​​テーマは「ガーリー」

仕切りの壁に、大きなガラスを設置してもらい、
お互いの部屋を見渡せるようにしました。





ここは、スタッフルーム「物置部屋」(3畳)



車一台停めれるよう木の伐採工事・・・
見積もり額が23,000円で計算していましたが、
読みが甘く、木の本数、平らにする大掛かりな工事となり、
​すでに12万7千円の赤字が出てしまいました。​

私がこんな調子なので、完成するまでドキドキです…。



11月中には、工事も全て完了すると思います。
完成後は、「老犬デイサービス」のお部屋を
改装していきたいと思います。
​来年1月には、両部屋完成する予定です。​

「ハンデのある子達にも、譲渡の道を広げたい!
老犬デイサービスで飼主さんと老犬を守りたい!」
その夢を、私達ではなく、ご支援下さった423名の皆様が、
実現させてくださいました。

3,000円あれば、美味しい料理が食べれます。
10,000円あれば、洋服が買えます。
30,000円あれば、洋服も靴もバッグも買えます。
50,000円あれば、エステにも通えます。
100,000円あれば、宝石も買えます。

そんな大事なお金を、
汗水流して働いて得た自分のための、
家族のための大切なお金を、
犬猫のためにと寄付して下さった皆様の、
心優しく、そして温かいお気持ちが、
このように「形」となりました。

その「形」の中身、ソフト面をどのように作り上げていくのかは、
私達「いのちのはうす保護家」にかかっていますが、
スタッフ全員みんな同じ気持ちです。
スタッフ全員の口から、
「支援者さんのお陰だよね…ありがたいよね…」
という言葉を何度も耳にしていますので…。


スタッフ全員、
ご支援下さった皆様を
裏切るような結果にしないよう
絶対に頑張っていこうねと話しています。



私は、明日から15日まで
インターネットが繋がらない場所に移動します。
スタッフを残し、保護家の子達を残し、
長期空けるのは申し訳なく、淋しく悲しいのですが、
私自身、もっともっと、学ばなければいけないから…。

ハンデのある子達と、これまで以上に真剣に向き合っていくために、
先ずは自分が成長しなければいけないから…。

私が留守中は、藤井副代表が代表を務めます。
そして、「いのちのはうす保護家」は、
私が留守中も、24時間体制でスタッフが交代制で
常駐しております。


10月の寄付金、ありがとうございました。
下記、会のブログにてご報告させて頂きました。
http://hogoya.miyachan.cc/e527707.html







いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年11月08日 20時50分26秒
このブログでよく読まれている記事

全204件 (204件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.