5697401 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

花いろいろ New! わんこ堂さん

<画像有>かーしゃ… ぴぃ1122さん

念願のマダムシンコ みっちー8044さん

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

みやざき動物愛護センター

2017年06月20日
XML
愛護センターでは、これまで通り保護期限が過ぎると、

保護情報から写真が消えます。

ですが、「譲渡猫」のエリアに行けるまでは、

病気や怪我の治療、心のケア等で、

ずっとバックヤードに居ます。



人慣れしている子、健康な仔、子猫は、

チャンスは沢山残されているので、今回は掲載しません。

「譲渡猫」に行ける確率がほぼゼロ%の子達のみに集中して

ブログにて紹介していきたいと思います。

半身麻痺のこの子は、約一ヶ月になりますが、

まだご縁はありません…。



この子は、腰椎骨折しているため、

四本足で歩く事はもう出来ません。排尿障害も残ります。

最初はシャーシャー威嚇がありましたが、

どんどん警戒心もなくなってきているように見えました。







この仔も圧迫排尿が必要な子です。

痛覚はあるようなので、もしかしたら

排尿のコントロールも出来るようになるかもしれません。

とても人慣れしている甘えん坊な子です。







この子はセンターに遺棄された仔です。

歩行に問題はないのですが、後足に障害があります。

トイレの粗相は時々あります。

性格のとても良い子です。







この子(♂)は、左前脚をケガしていたのですが、

かなり時間が経っていたようで、

既に足は腐っていたため、切断するしかなかったそうです。



最低限のご飯しか口に出来なかったようで、

ガリガリにやせ細っていました…。



トイレはまだ出来ないそうです。




酷い疥癬から完治したこの子は、



どんどん皮膚の状態も良くなってきたのですが…



人間に対して警戒心も強く、シャーシャーです。

そして…



譲渡がとても厳しい子です…。





この子はまだ子猫です。

左目の眼球に異常があるようです。

もしかしたら眼球摘出になるかもしれません。







この子は、両目が潰れた状態で保護されました。

日に日に良くはなってきているのですが、

これ以上完治するのは難しいようです。

治療も長くかかる仔だと思います。







この子は、子猫の時の風邪が原因でしょうか…

左目の眼球に異常があります。

そのため、「譲渡猫」にまわす事が出来なかったのですが、

17日にセンターで6匹の子猫を出産しました。

本来ならば、子猫だけでも譲渡猫に…となるはずでしたが、

ウィルス検査でエイズ陽性反応が出ました。



急遽、レスキューして…



安心して子育てできるようにと

保護家の3畳間を空けて母子猫のお部屋にしました。

甘えん坊のお母さんです。





センターには、乳飲み子猫も4腹いました。



センターの職員さん達が授乳を頑張って下さっている中

全匹でなくて申し訳ないと思いながら…

目の空いてない一番小さな乳飲み子1匹だけ

レスキューしてきました。



骨折が原因で自分で排尿できないこの子は、

圧迫排尿が出来る方でないと譲渡が出来ないため…



急遽、この仔もレスキューしました。


カビとコクシを持っていたので、

現在は保護家で隔離してカビの治療中です。





左後ろ足が切断された仔…



写真では分かりにくいのですが、

途中から足が切断されています。

トラバサミの罠にかかったような痛々しい痕でした。



この仔もレスキューしましたが…



口内炎が酷く、今後の治療法を考えていきたいと思います。





♂ 推定15キロ位 



この子は、判定に落ちました。

愛護センターでは、一回目判定だけでは殺処分にはなりません。

何度か受け直すチャンスはありますが、

「絶対に殺処分はない」とは言い切れません。


判定に落ちた理由は、後日確認したいと思います。

尻尾を振って甘えるタイプの仔ではありませんが、

慣れた人にはまた違うかもしれません。





♀ 推定10キロ位


この子は、皮膚病のようです。
人懐っこい子です。






性別未確認。推定16キロ位


長毛の可愛い子です。
この仔も、皮膚病でした。


皮膚病にも色々あり、直ぐに治るものもあれば、

時間のかかる仔もいますし、

アレルギー性の皮膚炎の仔もいます。

それをご理解して頂ける方とのご縁があれば…と思います。

どうか、よろしくお願いいたします。

※センター収容の犬猫に関しての
お問合せやご相談は、愛護センターではなく、
会の携帯までお願いします。


留守電になった場合には、ショートメールにて
履歴を残して下さると助かります。
090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月20日 17時26分25秒
2017年05月29日
今、愛護センターのバックヤードに居る子達です。



この子♀は、後足の骨折だそうです。

捕獲当初はシャーシャーだったらしいのですが、



今ではこんなにゴロゴロの甘えん坊さんになったようです。



保護期限が切れるのは、5/30です。





この子は、酷い疥癬でしばらく隔離して

治療をしていたそうです。



あとは、毛が生えそろうのを待つのみです。

保護期限は切れています。

捕獲当初は、シャーシャー威嚇も激しく、

飛びかかって抵抗してたと聞いてましたが、

今は落ち着いているようにも見えました。





以前より呼びかけている半身麻痺の子達…

残念ながら、お問い合わせはゼロ件です。



↑この子は、半身麻痺は完治する事はありませんが、

↓この子は、痛覚があるので完治するかもしれません。

ただ、圧迫排尿は今後も必要かと思います。



日に日に甘え方も積極的になってきました。



この仔達は、宮崎市管轄の保護犬達です。

推定12キロ位 オス



お洋服を着て捕獲されています。

保護期限は今日(5/29)までです。

飼主さんが探し方を知らないのでしょうか…

保護期限が切れたら、判定→観察室→譲渡犬という流れになります。

とても穏やかそうな子なので、判定には合格すると思いますが…

小型犬も2頭いましたが、ブログに掲載しなくても

子犬、小型犬は、順番待ちになる位、

譲渡希望者が殺到するので、掲載は控えたいと思います。





愛護センターには、子猫達も「譲渡猫待ち」の子達が沢山いますが、

ワクチン接種前や病気治療中の子達の方が多いのかもしれません。

先にレスキューした子達です。



6匹兄弟です。

まだミルクですが、そろそろ離乳食開始する子達です。





この子は、まだまだ授乳が続きます。



こう見えて三毛ちゃんです。





この仔達は、トラックの荷台に遺棄されてた兄弟です。



この仔達は、先日ワクチン接種を終えました。

保護家には、まだまだ離乳した子猫達が居ます。

この仔達の譲渡先が決まれば、

またセンターの訳ありの子達をレスキューするキャパが出来ます。

「いのちのはうす保護家」は、

平日でも事前にご連絡いただければ、面談は可能です。

ぜひ、施設の方にも子猫達(もちろん犬も成猫も)に

会いに来てくださいm(__)m





※センター収容の犬猫に関しての

お問合せやご相談は、愛護センターではなく、

会の携帯までお願いします。


留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。
090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月29日 14時46分06秒
2017年05月27日
テーマ:柴犬同盟(6998)
都城で活動している「咲桃虎」かおりさんよりSOSがあり、

急遽、レスキューしてきました。



10歳位の老犬「ケンジ」

ケンジは、2月から管理所に収容されていたそうです。

かおりさんは、ずっと希望を捨てずに、

行く度に頭を下げ、殺処分の延期をお願いしてきてたのでしょう…

その葛藤が痛いほど現場から伝わりました。

檻の前に立つと、ケンジは全身で「今」を伝えてきました。

「あれ?この仔、ここから出れる事が分かってる!」

職員さんがそうおっしゃってました。

かおりさんとケンジの三ヶ月は、

とても長かっただろうな…と思います。

苦しかっただろうな…と思います。

かおりさんとケンジの頑張りがあったからこそ、

こうしてケンジは、今、生きています!

二人にはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。



今日から一週間、検疫室にて観察期間に入りました。

来週には、無事、群れデビュー出来ると思います!

ケンジレスキュー後、某現場に向かいました。



虐待犬のレスキューです。

今は事情があり詳しいことは書けませんが、

3頭のうち1頭が骨折してかもしれない。

立てなくなっていると聞いたので、

この仔だけ緊急レスキューしました。



↓後足


↓前脚


赤丸の部分が骨折している箇所です。
獣医師さんの話では、鉄パイプのような硬いものじゃないと

こんな骨折はしないとの事でした。

「まさかここまでする飼い主が居るのか?
何らかの事故じゃないのか?」
と、獣医師さんも信じられない様子でしたが、

骨折は確実に、人間の手によるものです。



私が迎えに行ったとき、この子は私の事を誰かと間違えていました。

飼主?飼い主の身内?

唸ったり怒ったり怖がるのではなく、

目を細め、明らかに喜んでいたのです…。

私だと気付いたときの落胆した表情に、

期待させてごめんねという気持ちと、

あまりの健気さに胸を締め付けられる思いがしました。

こんなに酷いことをされ続けていたのにね…



保護する場所がもうどこにもないので、

ひとまず保護家の台所をこの仔のお部屋にしました。



一般家庭の中で

温かく見守って下さる飼主さんか保護主さんを募集します。

穏やかで優しい子ですが、

抱っこすると怖がってパニックになります。

そのときだけは、抵抗して咬もうとしますが、

しばらく抵抗していくうちに観念するのか

諦めて抱っこさせてくれます。



実は・・・

まだこの仔の兄妹とお父さんが取り残されているのです。

お父さんは8~10歳位かもしれません。

兄弟は5歳位です。

お父さんは人慣れしていますが、皮膚病のようでした。

兄弟はこの仔より小柄(この子は12キロ)で、

一番虐待を受けて来てた仔らしいので、

人間に対して強い恐怖心を持っていました。

激しさはありませんでしたが、心のケアに凄く時間が必要です。

お父さんと兄弟の写真は、某所からオッケーが出たら

後日掲載して、飼主さんか保護主さんを募集したいと思います。

お父さんと兄弟も柴犬です。


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月27日 02時15分51秒
2017年05月23日
みやざき愛護センターに「キュウリ」という成犬が居ます。

キュウリは約2年前に「旧・動物保護管理所」の

厳しい判定に合格し、

「旧・ひまわりの家」に入所出来たのですが、

ご縁が無く、ひまわりの家閉鎖後、

愛護センターに戻された形になりました。

もちろん、委託を受けていた愛護団体が

残された仔達を引き継ぐことも出来たのですが、

その愛護団体は、委託事業終了と同時に解散されたようなので、

仕方のない選択だったのかもしれませんね…。



成犬、中型犬、雑種…譲渡はとても厳しいです。

その中でも、キュウリは特に譲渡が厳しいのです。





愛護センターの開所式でキュウリに会った時、

キュウリの眼球に違和感を感じました。

保護家に居る全盲の「ジロ」と、同じ眼球をしていた事と、

両目だったので、網膜変性かな…と思いました。



ただ、この時はまだ視力は少し残っているようでした。

これからどんどん視力を失い、全盲になってしまう。

目が見えているうちに、新しい環境に行き、

人と場所を把握できれば…と、願っていましたが、

キュウリは、バックヤードから出れない仔…

譲渡犬エリアにまわせないので、

一般の方に会ってもらえるチャンスがないのです。

少しでも目が見えるうちに!

目が見えるうちに…





ですが・・・





5/21久しぶりに会った時のキュウリは…



すでに全盲になっていました…。



匂いと音を手繰りながら歩くキュウリ。

私の体にメス犬の匂いが沢山ついているので、

強く反応がありました。

あえて気配を消してみると、嗅覚を頼りに必死に探すキュウリ。

目の前に居る私の姿に全く気付かない…。

少し音を出してあげると、「ここだっ!」

嬉しそうに、私にドーンっと勢いよく頭からぶつかってきた。

全盲になってまだ間もないのかもしれません。

見えない事に慣れてきたら、ぶつかる事もなくなります。



旧・ひまわりの家では、積極的に不妊去勢手術を

行っていなかったので、発情のメスが居る事も多々ありました。

もちろん、判定合格後入所して直ぐに発情が来てしまい

タイミングで不妊手術出来なかった場合もあったと思います。

旧・ひまわりの家は場所が狭く、

お散歩以外は柵に係留するしか方法がなかったので、

オス同士のケンカもあり、私も止めに入った記憶があります。

発情のメスが目の前に居るのに、交尾が出来ない…

そのストレス環境の中に、キュウリは約2年もいました。

そして、キュウリ自身も、去勢手術されないまま

センターに戻ってきていました。

センターには、もちろんメス犬も入ってきます。

全盲になった今、

常に嗅覚を頼りにするようになったキュウリにとって、

目の見えるオス犬よりも

そのストレスは多大なものなのです。





本来ならば、バックヤードに居る子達は、

不妊去勢手術の対象外となる子達です。

キュウリの場合、去勢をした方が面談の時に

性格も少し落ち着きが出て譲渡に繋がりやすくなるかもと、

無理を承知でキュウリの去勢手術の検討を

愛護センターにお願いしてみましたが、

そこは飼主さんとなる方に責任もって手術して頂きたいとの

ご返答があり、センターでの去勢手術は出来ないそうです。






キュウリは、バックヤードに居る子なので、

お散歩することが出来ません。



壁に囲まれたこの小さなコンクリートの上、

壁の間から見える小さな空が、

今のキュウリにとって全ての世界です。

愛護センターのふかふかな芝生を歩く事も、

木々の匂いを嗅ぐことも、触れる事も…



キュウリには出来ないのです…。

でも、今のキュウリは、決して不幸ではないと思います。



旧ひまわりの家のボランティアさん達が、

センターに訪問してくれている時間が、

キュウリの喜びです。

職員さんと、中庭でトレーニングしている時間が、

キュウリの喜びです。

だって、こんなに明るい表情をしてるから!





でも・・・

それが本当の幸せでしょうか・・・?




うちの施設、いのちのはうす保護家に居る子達にも、

常々言っている言葉があります。

「あんたは、上の生活を知らないだけだよ。

こんな所よりも、もっともっと楽しい世界があるんだよ。

今の幸せより、もっともっと大きな幸せの世界があるんだよ。

外の世界は、もっともっと広くて無限大なんだよ。」

キュウリ、貴方もだよ!



キュウリに本当の喜び、楽しさ、嬉しさ、心地良さを

教えて下さる飼主さんとの出会いを待っています。

この小さな世界、愛護センターから出してあげたい…

センターの職員さん、旧ひまわりの家ボランティアさん、

みんなが同じ気持ちで、キュウリの幸せを願っています。





まだ目が見えるうちにと…結果間に合わず、

キュウリは全盲になってしまったけど、

新しい環境に移ったとときに、

最初はぶつかったり、壁や段を覚える時間は必要ですが、

そう時間はかかりません。

キュウリはとても賢い子ですから。

もちろん、お散歩も喜んで行けると思います。





キュウリはバックヤードに居る子なので、

センター職員さんにキュウリに会いたい旨をお伝えすれば、

中庭まで連れてきてくれると思います。

ただ、興味本位での面会のみはご遠慮下さいm(__)m

遠方の方の場合、出来る限りのサポートはさせて頂きますので、

キュウリの事を、どうか、どうか、よろしくお願い致します。

キュウリのお問合せは、会の携帯までお願いします。

留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。

090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月23日 14時53分28秒
2017年05月20日
みやざき愛護センターに収容中の

半身麻痺の成猫達…



この子は、腰椎骨折しているため、

下半身の痛覚も失われました。

四本足で歩く事はもう出来ません。

排尿障害も残ります。

最初はシャーシャーでしたが、

今では普通に触れる事はできるまでになったそうです。

ただ、圧迫排尿の時は怒るそうです。

でも、咬みついたりまではないそうです。





この仔も下半身麻痺ですが、痛覚はあります。

今は、圧迫排尿で人間の手が必要ですが、

リハビリ次第では、歩いたりトイレも自分でできるまでに

回復する可能性もあると思います。



穏やかで、人には馴れている子です。



この仔達は、「譲渡猫」スペースには行くことが出来ませんが、

譲渡希望者がいらっしゃれば、譲渡は可能だそうです。

私達も出来る限りのサポートはさせて頂きますので、

どうか、この子達にも目を向けて頂けたらと…。

お問合せやご相談は、会の携帯までお願いします。

留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。
090-4484-5165(担当・フジイ)


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ















最終更新日  2017年05月20日 21時59分37秒
2017年05月13日
以前、用事があり『高鍋保健所』に行った際、

飼主持込みの成猫3匹がいました。



このまま殺処分になってしまうのでは…?と心配になり、

高鍋保健所に確認したところ、

愛護センターに連れて行きますと

おっしゃって下さいました。

数日後、愛護センター(県)に問い合わせたところ、

あまり健康状態も良くなく、エイズ陽性の可能性も高い。

高齢という事もあり、譲渡猫には難しいとの事でした。



私達も・・・正直、キャパは超えています。

でも、たまたま行った高鍋保健所で、

たまたま出会ったこの子達…

人慣れしてない様子でしたが、

この子は、何度も何度も私の目を見ながら、

キャリーの中から声あげました。

生きなきゃいけない仔達だと…

この仔達に背を向けたらいけないと…

そう感じました。



黒い子は、左目の眼球が衰退し、

右目も見えていないようでした。

シャーシャーと威嚇はありましたが、

目が見えなくて、怖くて威嚇しているだけでした。

他の子達も、職員さんにお世話されてるうちに、

最初に会った時よりも、落ち着いてるように思いました。



有志の協力があり、この子達を無事レスキューすることが出来ました。







そして・・・

今、愛護センター(県管轄)に居る子猫。(生後4~5ヶ月位?)

保護当時、目やにで目が潰れ、ここまで快復したとの事ですが…

今後、目が見えないままの事もあります。



身体中ノミだらけだったとの事でした。



人間の手を感じると、ゴロゴロと言ってくれます。

気になる方は、会の携帯までご連絡ください。





この子は、交通事故?で脊髄損傷した成猫です。

愛護センター(宮崎市管轄)。



多分、半身不随だと思います。

後足の痛覚はありませんでした。

まだ収容されたばかりなので、性格は全然分かりません。

この仔も、気になる場合には会の携帯にご連絡ください。





先月レスキューした「トランプ」



先日、去勢手術も終わり、エイズ部屋にお引越ししました。



さすが優しいトランプ…

エイズ部屋のキー、ニコ、かおりも、

直ぐに受け入れてくれました。

人間には、少々人見知りはありますが、

数時間一緒に居たら、ゴロゴロコロンと甘えてくる仔です。





愛護センターには、臨月の子が居ました。

いつ産まれてもおかしくない位の大きなお腹…



安心して出産、授乳できるようにと、

急いでレスキューしました。

ハウンド系の、人間大好きな子。

命名・バルーン



これまで妊婦犬は、室内でお産の準備をしていたのですが…

この仔の場合、それが逆にストレスになると感じたので、

あえての屋外。



ここは、元々咬傷犬の仔が生活するスペースで、

事故が起きないよう、このエリアに入るのは、

私一人だけと決めています。



広さ的には12畳位ですが、真ん中を区切り、

6畳ほどの広さがバルーンのスペースですが・・・



子犬たちが目が開いて動き回るようになったら、

もう少し広い場所に移動させたいと思います。

その場所は・・・

数年前に、人慣れしていない仔を保護していたスペース。



今は使ってないので、かなりボロボロになっていますが、

基盤はしっかりした造りなので、ここをリフォームして

バルーン親子のお部屋に使いたいなと思っています。



材料費などは、もちろん負担させて頂きますので、
DIYが得意な方…お願いできないでしょうか?
電話かメールにて、ご連絡頂けると助かりますm(__)m
保護家の場所は、国富町です。


気になる子が居たら、
会の携帯にお電話かショートメールにて
ご相談ください。よろしくお願い致します。
090-4484-5165(担当・フジイ)
※愛護センターには、絶対にお電話されないでください。






本の発送が遅れております。
大変申し訳ございません。
現在、ご入金確認取れている皆様には、
順次発送しておりますm(__)m

A5サイズ、72P、1,600円(送料無料)
↓ご注文はこちらです↓
携帯アドレスの方は、自動ご案内メールが届かない事があります。
このアドレスを「★」を「@」に変えて
↓受信可能に設定して下さい↓
hogoya777★icloud.com


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月13日 17時49分54秒
2017年05月11日
愛護センターのシステムは、

捕獲保護室観察室譲渡犬猫室へという流れで、

犬猫達が部屋を移動していきます。

一般の人が見学できるのは、「譲渡犬猫室」のみです。

中庭では、気になる子とのマッチングは出来ますが、



病気や怪我の子は、中庭には移動できませんし、

移動できたとしても、本来の姿を見ることが出来ません。

持込の犬猫は、存在すら一切知る事も出来ません。

判定に合格して譲渡犬猫になった仔達は、

殺処分になる事はありません。

多くの人の目に触れ、身体の触れ合いもあり、

命の保証が出来た子達です。



私がやるべき事は、「譲渡室」に行く前の子達…

譲渡室に見届ける事だと思い、

ここ一ヶ月、ずっと交渉を続けてきました。

バックヤードの子達に何も出来ない日々に、

何度も何度も悔し涙を流しました。

凄く凄く苦しい期間でもありましたが、

・・・今日!バックヤード入室許可が下りました。



バックヤードとは、赤い線中の部分です。

職員からの反対意見も多かったでしょうに、

宮崎県にも感謝の気持ちでいっぱいです。

許可を下さり、本当にありがとうございました。



早速ですが・・・

保護犬室に居たハウンド系の仔。オス。

多分、猟犬だったのかもしれませんが、

まだ2歳位だと思います。



人が凄く大好きな子です。

犬舎に居る時には、よく吠える子です。

身体も大きく、23キロ位はあるかもしれません。

これから観察室に移動して、

トレーニングが始まると思います。



性格は凄く良い子です。





ジャックラッセルテリア。メス。

9日に捕獲されてます。

棄てられた子ではないと思います。

飼主さんが探している子だと思います。



愛護センターが出来た事で、返還率も高くなっているので、

この仔も無事にお家に帰れたら良いのですが…



この仔も人間が大好きな子です。





この子は、4/16からセンターに居る子です。

もう一ヶ月位なりますが、飼主さんは未だ探し出してくれません。

四国犬、メスです。


センターに来た当初は、ガウガウだったらしいのですが、

今では落ち着いています。

ただ、四国犬なので、日本犬の飼育経験のある等、

経験のある方でないと、厳しいと思います…。



この仔を理解して下さる方と出逢えれば…





長毛のこの子は…

実は、センターが出来る前に管理所で会った仔でした。



目の奥の深さを感じた子でした。

とても頭の良い子です。

人の心の中を物凄く見ていますが…



我の強さがある子です。

嫌いな事は嫌い…それがハッキリしています。

写真を撮ったときに、凄く怒られました。

それはごもっともです。

信頼関係も出来ていない人間から、

いきなり写真を撮られたのですから…



信頼関係が築け、ダメなものはダメだと

この仔が納得できるような方法で、

言い聞かせることが出来る方…

身体も大きいので(推定17キロ位)、

小型犬のみの飼育経験や、初めて犬を飼う方には、

とても難しい子です。

長毛でとてもきれいな子です。

現在、トレーニング中です。





この子は、センターが出来る前から、

宮崎市保健所に居た子です。

なかなか人間に馴れてくれません…

もしかしたら、半身麻痺かもしれません。

トイレでは出来ずに、そのまま垂れ流している状態だそうです。







この子は、もうすぐ保護期限が切れますが、

性格がまだはっきり分かりません。

ただ、人間が怖くてずっと「あっちに行って!」と、

鳴いていました。







この子は、ケガ治療中です。

痛い消毒も毎日健気に頑張ってくれているそうです。







この子は、最近保護されたばかりです。

詳しいことはまだ分かりません。







この子は、センターに遺棄されてた仔です。

一番卑怯なやり方…



人慣れしてて、ずっとゴロゴロしながら

一緒に遊んでくれます。

すごくすごく、性格の良い子です。

譲渡猫にまわると思っていたのに…



後足に少し障害があり(骨には異常なし)

上手に歩くことが出来ません。

そのせいか、トイレの失敗も多いようです。

だから・・・棄てたのでしょうか?

殺処分が無いと勘違いして、棄てたのでしょうか?

この仔が譲渡猫にまわる事はありません…。


気になる子が居たら、
会の携帯にお電話かショートメールにて
ご相談ください。よろしくお願い致します。
090-4484-5165(担当・フジイ)
※愛護センターには、絶対にお電話されないでください。






本の発送が遅れております。
大変申し訳ございません。
現在、ご入金確認取れている皆様には、
順次発送しておりますm(__)m

A5サイズ、72P、1,600円(送料無料)
↓ご注文はこちらです↓
携帯アドレスの方は、自動ご案内メールが届かない事があります。
このアドレスを「★」を「@」に変えて
↓受信可能に設定して下さい↓
hogoya777★icloud.com


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月11日 03時31分01秒
2017年05月01日
テーマ:動物愛護(533)
私達がレスキューするのは、

譲渡犬猫にまわれた仔達ではなく、

何らかの理由で、判定には通らない仔達、

バックヤードに居る子達のみです。

ブログやSNSで呼びかけていきたいのも、

バックヤードの子達なのですが、

残念ながら、まだまだ入室許可は下りてくれません。

頼みの綱は、宮崎市からの情報のみ…。



保護時の状況、現在の状況等、

口頭で聞く事しか出来ません。



私には、自分の中でのルールがあり、

自分の手で触れ、接し、目の前の命を感じる事。

それで、レスキューするかどうかの判断を出します。

私には、きっと愛護精神が欠けているのだと思う。

愛護活動をされている皆さんには、申し訳ない位、

私には、優しさが欠けているのだと思う。



バックヤードへの入室禁止されている今、

可能な子は、中庭に出して頂き、触れ合わせて頂きました。



この仔達は、エイズ陽性で判定には通らないとの事でした。



この日は・・・

エイズ陽性の成猫2匹と、その子猫の2匹と、

生後3週間くらいの子猫3匹をレスキューしました。

愛護センターが出来る前は、

このような子達と接する事も出来ていたので、

ブログ等で、呼びかけることが出来ていました。

そのことにより、私が抱える頭数も抑える事が出来ていました。

これまで全国の皆さんから、どれだけの猫達が助けられたか…

バックヤード入室禁止されている今、

全ての子達を、私自身がレスキューするしかありません。

エイズ、白血病、ケガや病気のある子…

譲渡への道が、厳しい子達ばかりなので、

抱える一方なんです…



この仔達は、生後1ヶ月の子猫。

お母さんがAIDSだったこともあり、後日検査予定です。

保護したお母さん猫が、妊娠している事に気付かず、

ワクチン接種して、

母猫の外科手術をするために、

何度か母猫に麻酔をかけたそうです。

1匹は死産、そしてこの子達も足の力が弱く、

動きも通常の子猫達と違って弱いので、

しばらく保護家で様子を見たいと思います。

何事もなく、譲渡の道が閉ざされなければ良いのですが…

高鍋保健所からも、ようやく成猫3匹、成犬2頭が、

愛護センターに行けたそうです。

判定がどうなるのかは分かりませんが、

連休明けに動きがあるかと思います。





本の発送が遅れております。
大変申し訳ございません。
現在、ご入金確認取れている皆様には、
順次発送しておりますm(__)m

A5サイズ、72P、1,600円(送料無料)
↓ご注文はこちらです↓
携帯アドレスの方は、自動ご案内メールが届かない事があります。
このアドレスを「★」を「@」に変えて
↓受信可能に設定して下さい↓
hogoya777★icloud.com


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月01日 15時28分14秒
2017年04月23日
センター開所式の日から気になってた猫達が居ました。

シャーシャーの母猫は、白血病陽性だったそうです。
シャーシャー母猫の子猫達も、陽性反応が出る確率も高いため、
一般譲渡も出来ないとの事でした。
母猫と離してまだ一週間なので、
しばらく経ってから、ウィルス検査をしたいと思います。



シャーシャー母ちゃんは、「ゆず」。
白血病専門の預かりスタッフの自宅で保護となりました。



ゆずの子供たちは、保護家に居ますが、
ウィルス検査出来る日まで、私の作業部屋に置く事になりました。



愛護センターには、乳飲み子猫もどんどん増えてしまいました。
以前からブログに書いているように、
宮崎市の独断では、これまで通り(センターが出来る前)に
私達に協力を求める事すら出来ません。

全ては、宮崎県の判断を待つしかありません。



兄弟1匹は、レスキューした翌朝に息を引き取りました…。
お花が大きく見える位、
生きれたのはわずか10日程でした。



この子は呼吸が荒く、状態が悪くなってきているとの事で、
緊急レスキューとなりました。

この仔をレスキューしてくれたのは、
保護家とタッグを組んでいる仲間、
ペットショップるんるんの岡オーナー。

横隔膜ヘルニアで、緊急手術となりました。
よくこの状態で生きて来たと、獣医師さんも驚いてたそうです。
そのくらい、危険な手術でしたが…
無事、手術は成功しました!

命名「もみちゃん」もみちゃんの命を繋いでくれていた
宮崎市の職員さんが、付けた名前だそうです。





今回、なんとか愛護センターのバックヤードに居る子達を、
9匹レスキューすることが出来ましたが…
今後はどうなるのでしょうか…
この日、宮崎県側から、レスキューに関して指摘を受けました。
「宮崎市は良くても、宮崎県側は、
まだ一般人をバックヤードに入れるか入れないかの
ルールが決まってないから、山下さんを中に入れられません」

はい・・・
確かにご指摘通りですね。



でも、この日レスキューしなければ、
確実に「もみちゃん」は死んでいたでしょう。
乳飲み子猫二匹の命も時間の問題だったかもしれません。

バックヤードに入れないというのは、
助かる命も助からない「無駄死」こういう事です。

まだまだ、情報を発信しなきゃいけない仔達が、
バックヤードには沢山収容されているんです。
私だけではレスキューするにも限界があります。



一般の人を全員バックヤードに通せとは言っていません。
むしろ、感染症等色んな面で危険なので、
一般の方を立入禁止する事に関しては、私も賛成です。

ですが、これまで譲渡に厳しい仔達をレスキュー続けて来た
「いのちのはうす保護家」
「Animalbond」
「動物のいのちを守る会」
私達の団体登録を認めて欲しい。
私達にレスキューさせて欲しい。

そのためには、対面する事が必要不可欠なんです…。
願いはただそれだけです…。

バックヤードから判定合格した「譲渡犬」達は、
続々と増え続けています。
譲渡犬達は、もちろん一般の方も見れますし、
触れ合う事も、写真に撮ってSNS等に載せる事も可能のようですが、
私のブログでは、その子達の掲載は控えたいと思います。



いいえ、「控える」のではなく、
バッグヤードの子達、センターにすら入れなくなった子達に
集中していかなきゃいけないので、
これまで通りの活動と発信になります。

宮崎県の「譲渡犬」スペースは、満杯になる事はありません。
そのからくりは、後日宮崎県とお話してから、
返答次第ではブログにて全部書きたいと思います。
1匹でも多くの犬達を守るためには、
ブログを読んで共感してくださった全国の皆様の
お力も必要となってくるので…



開所式の日にレスキューした全身麻痺のカメちゃんは、



リハビリの効果もあり、左手以外は完全に動くようになりました。

トイレも出来るようになりました。



ご飯も介助なしで食べれるようになりました。



もちろん、体位交換も自分で普通に出来るようになりました。
栄養不足で剥げていた毛も、どんどん生えてきました。

ですが、ツルは・・・



栄養を吸収する力が無く、皮膚がどんどん剝がれてきました。

一時は回復していたものの…

口から食べることが出来なくなったので、
鼻から胃に管を通しました。



もう・・・

「頑張れ」とは言えなかった。



ツルは、もうじゅうぶん頑張ってきたから…



カメは、いつもツルを労わってくれていた。

一緒に生き延びた子だから…かな?

僅かな可能性に賭けるのは、もうこれで最後にしなきゃ…

ツルを、ツルのいのちを尊重したいから。

~ご支援のお願い~

お願い事ばかりで申し訳ございません。
現在、成猫フードと成犬フードの在庫が少なくなってしまいました。
多頭飼育の為、カナガン、アーテミス、オリジン、ロイヤルカナン、ヒルズ、
アカナ、カナガン、ピュリナワン等、
高栄養のフードになってしまいますが、
どうか、ご支援をよろしくお願い致します。

各猫部屋や半身不随の子達の部屋掃除に
ウエットタイプのクイックルワイパーシート
毎日多く消費しております。
どうか、ご支援よろしくお願い致します。




A5サイズ、72P、1,600円(送料無料)
↓ご注文はこちらです↓
携帯アドレスの方は、自動ご案内メールが届かない事があります。
このアドレスを「★」を「@」に変えて
↓受信可能に設定して下さい↓
hogoya777★icloud.com


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年04月23日 20時37分54秒
2017年04月14日
本日、宮崎県のNHKニュース内にて、
「みやざき愛護センター」の現状が放送されました。


京都の愛護センターも、府と市のセンターですが、
先日、訪問した際にこの現状をお伝えしたところ、
「え?わける意味が分かりません」
京都愛護センター所長に笑われましたよ、宮崎県!

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva代表杉本彩さんと事務局の方からも、
「何やってんの?宮崎県は!」
メモを取りながら、怒りながら、
一生懸命お話を聞いて下さいました。

そして、更に悪い状況は続きます・・・。


これまで殺処分頭数が減ったのはなぜでしょうか?


これが、


新しくできた愛護センターでは、こうなるわけです。

愛護センターでは、これまでの判定基準はゆるくなります。
飛びつき、吠え、引きの強い子、高齢、病気や怪我の子は、
判定に落ちてきましたが、
今後は、トレーニングをして、病気や怪我を治し、
高齢の子も寝たきりでない場合、判定にも受かるそうです。

ですが、犬舎数には限りがあります。
今の現状では「殺処分ゼロ」はあり得ません。
県民の意識がまだまだ低いのですから。
出る(譲渡)頭数よりも、入る(収容)頭数の方が多いのですから。

「殺処分ゼロ」とは・・・

軽い気持ちで動物を飼う人間、

避妊去勢手術を怠る人間

迷子になっても探せない人間、

「いのち」を簡単に捨てる人間、

その様な人間をゼロに出来た時が、

本当の意味での「殺処分ゼロ」なのに・・・。


愛護センターが出来て、早速猫が遺棄されてました。
これが、宮崎県民の現状です。

とにかく犬舎を空けなきゃ!
今、保護犬猫室と経過観察犬猫室の子達の存在を、
情報発信しなきゃ!
可能な子はレスキューしなきゃ!


宮崎県側の回答は以下の通りです。

センターが出来るのは、数年前から分かっていた事。
ちなみに、京都の愛護センターは、
開所する2年前から準備に取り掛かり、
センター開所の時には全ての事が終わっていたそうです。

一方宮崎県では・・・
主役であるはずの犬猫達の仕事には、まだ手が回らずに
事務仕事優先しなきゃいけない状態だそうです。

これは・・・
誰が悪いのでしょうか・・・?
財政課ですか?
宮崎県議員達ですか?
知事ですか?
誰ですか?
何なんですか?
一体誰の責任なんですか?


以下は、宮崎市側のお話です。


この宮崎市所長(所長は宮崎市と宮崎県の二名)は、
自費出版で販売中の「尊厳死・王子と生きた時間」に出てくる
床擦れの手当てをしていた職員さんです。



宮崎市が許可しても、県の許可が下りないと、
宮崎市の独断で私を禁止エリアに入れることが出来ないのです。
(※ここでは職員さん達にご迷惑にならないよう
ぼかしを入れさせて頂きました)

ここは、うちの施設「いのちのはうす保護家」です。


ここの犬猫は、みんな判定に落ちた子達ですが、
穏やかに過ごしています。



この子は、人慣れしていないからと判定に落ちましたが、
檻越しにこの子がどんな仔なのか、
一般の方でも、ケアが出来る子なのか、
自分の中でオッケーが出せたので、
ブログで呼びかけたところ、飼主さんが決まりました。

判定前の犬猫に会えないという事は・・・
このような子達が、人知れず殺処分になるという事です。


開所式でレスキューした全身麻痺で威嚇の激しかった「亀」は、



性格も穏やかになり、



リハビリを続けた結果、首が動くようになり、



指先に力が入れられるようになり、
手をギュッと握り返せるようになり、



立ち上がり、歩けるようになったんです!
犬猫は、人間には信じられない程の、
医学的には証明できない事も、
やってのけるのです!
可能性は無限大なのです!

このような子達にも、生きるチャンスを与えたい・・・

ダメかダメじゃないかは、会わなければ分からないんです!


~第三段 再入荷しました~
(4/14現在の在庫2冊です)

A5サイズ、72P、1,600円(送料無料)
↓ご注文はこちらです↓
http://freepapermofmof.cart.fc2.com/
携帯アドレスの方は、自動ご案内メールが届かない事があります。
このアドレスを「★」を「@」に変えて
↓受信可能に設定して下さい↓
hogoya777★icloud.com


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 

 

 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年04月14日 01時48分26秒
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.