23577673 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.03.28
XML
今日は、新しいバッグを選ぶのが、超絶に早かった、そして楽しかった、というお話です。





先ずは全貌。この台形感! J&M DAVIDSON ミニヴィヴィウィズスタッズ MINI VIVI WITH STUDS



迷うかな、難しい買い物になるかな・・・なんていう数多の不安をよそに、
あっという間でした。 比較も他候補もなく、なんの迷いもなく、即決だった、というお話。


少ない服での暮らしを「不安や迷いがなくなるのです」とわたしはよく表現しますが、
それは その日に着る服選び、買い足したり、また、手放したりするときの選択の苦悩や、
足りない不安や、全く着ていないものがあるストレスや、管理全般からの解放、ということを
主に指しているのですが。


こうして。


例えば 靴。 そして 今回のような「バッグ」にも言えること。
服の選び方に「自分らしさ」「自分のポリシー」みたいなものが確立されていると、
それに合わせる服飾小物を買い替えたり買い足すときにも、同様に、迷いがなくなることを知りました。

迷わないし、不安がなくなることを知りました。






お伝えしたい「好きなところ」がいっぱい! 
この南京錠も、キーカバーも、ジップのタッセルも、あと・・・ 荷札(?)も!




服や持ち物が少ないと。 そしてテイストが揃っていると。

自分がすでに持っているあらゆる服・持ち物にちゃんと合うものを、
誰に相談することもなく、上手に、確実に選ぶことができるようになる。

あっちの服には合うけれど、こっちの服には合わなかった (;_;)  とか
今日、あの靴を履くのなら、このバッグではどう考えてみても変だ (;_;)  とか
色が微妙に合わなかった とか なんかバッグだけ浮いてる気がする とか (;_;)


とにかく。

一生懸命に考えて選んで買ってきたのに、なんか違った気がする (;_;)! ということが、極めて起こりにくいのです。


そういう失敗が、まず、起こらない。 


買い物が「得意」か「苦手」か言ったら・・・ 苦手意識の方が、わたしは断然 強いのです。

そんなわたしであっても、失敗を 犯しにくい。

ミニマルな暮らしのおかげです。 ものごとの決断や選択や思考さえも、ミニマルになった。 




もしも側面のこれがなかったら ちょっとわたしにはコンサバ過ぎるし、ジップや装飾のカラーが
シルバーじゃなかったら(ゴールドだったりしたら)ゴージャスすぎる。 すなわち 完璧。






バッグって。「服」に合わせて考える、よりも。

持っている「靴」や、小物類と合うかどうか を 見極めるのが良いように思うのです。
バッグの相棒って。 バッグとの相性が大切なのって、服よりも、むしろ靴、な気がします。



お気に入りのサンダルとの相性! 文句なし!  通年で履けるタイプのサンダルは最高!














手持ちのパンプス、スニーカーとも、この通り、お似合い!







ここで、例えば、パンプスのつま先が丸っこい「ラウンドトゥ」であったり、
スニーカーが ニューバランスやナイキなどのランニング系、
あるいはコンバースなどカジュアルなキャンバス地だったりすると、なんとなくテイストが
ズレてきてしまう気がしませんか?







バッグと靴。 バッグとアクセサリー。 そこのところのテイストが揃っておりますれば、

「自分の持ち物同士が合わない」という悲しいことは まず 起こりにくいです。

せっかく買った新しいバッグと手持ちの服や靴がどうも合わない!という絶望を回避できます。



ああ、今ここに書いてみて、ほんと 思った。 


「自分の持ち物同士が合わない」 という あの絶望といったら。


あっちのバッグも、この靴も、すべて自分で選んで買ってきたものなのに。

誰か知らない人が 好き勝手に選んできたものではないというのに。


こうして自宅でより集めてみると、なんでこんなにバラバラなのか。
自分が身につけてみたときに、統一感が まるでない。 まさに寄せ集めたような感じ。

1個1個を見れば間違いなく素敵なのに、気に入っているのに、なんで合わないの?!

昔はしょっちゅう そんな目に遭い、苛立っていました。  落ち込んでいました。

服や靴がありすぎるせいで、これとこれは合わない。絶対に合わない!という決裂の事案が、 
「自分の持ち物の中同士」で 頻繁に起こる。 

誰かに借りてきたものなら仕方ない。 自分のもの同士、なのに  (;_;)


すると、どうなるか。

買ったのに、着ない。買ったのに履かない。買ったのに 持たない。そういうことが起こる。 



いや、違うんです。  着ないんじゃなくって「着られない」。

履かないんじゃなくって「履けない」。 持たないんじゃなくって「持てない」。 だ。


せっかく新しい何かを買ってきても、ぜんぜん使いこなせない。  「持ち腐れ」と化す。



こんなはずじゃなかったのに・・・  (;_;)   その悲しみは 海よりも深く。



そんなことばっかりだった。  


新しいものを買う時には希望に溢れているのに、
結局使いこなせない自分に、自信を失うことの繰り返し。 ああ、また失敗してしまった、と。



あああ、なんだか暗い話になってしまいましたね(笑)


だからこそ、嬉しいのです。

そういう失敗をしなくなった・・・ 買い物の過ちが うんと少なくなった自分のことが。

少し思い切った価格のものを買う時にも、だから、自信持って決断できるようになった。

このバッグなら 間違いない、 と。


昔は、ほんと 自信がなさすぎて  高額な買い物を1人では決められなかったの。
高いものを買うのが、すごく怖かった。
だからSNS や雑誌を頼り・・・そのせいで余計に自分を見失い、毎度失敗していたのです。


自分のバッグを 自分の服を 自分の靴を 自分の判断で選べなくて どうするの!


自分がお金を払うのに! ね ヽ(;▽;)ノ



いやいやいやいや  ほんと、ついこないだまで。 いい歳して、それができなかった。

だから。  

自立 というか 自律 というか・・・ 
とにかく「自分でちゃんと決められるようになった」ことが 嬉しい。


自分で決めても絶望的な過ちをおかさなくなったことが、心から、嬉しいのです。


バッグ選ぶの、本当に 本当に 楽しかった!


お話は、まだ まだ 続きます。  

次回は「バッグの中身」のお話を。

そのまた次回には・・・「少ない服とのコーディネート」を、さっそくしてみようかな!

全ての服と、この通り、合いますよ! の 証明を・・・ ねっ  ( ´▽`)ノ






                                     つづく








このバッグと わたしの服の全てが合うことは。 
わたしでなくても、読者さまも、すでにはっきり予感してくださっているような気がします。

↓ いつも 「ぽちっ」と、 ありがとう ( ´▽`)ノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

これって、ちょっとすごいこと。 他の人の服や物なのに、それがわかってしまう、って。
わたしの服って、そのくらい「わかりやすいワードローブ」なのだと思います。

難しかったり 特殊だったり 真似できないような高度なおしゃれなのではなくて・・・
わかりやすくて簡単なミニマル・ワードローブを実現したかった。 ここでお伝えしたかった。

服のお話を楽しみにしていただけることは、だから とても嬉しいのです。 ありがとう。 













最終更新日  2019.03.28 14:58:38

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.