260212 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

Category

fortune

Comments

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

野越え、山越え、還暦越えて昔の乙女ロンリーザックさんが一人で歩く四季の山便りです。
夏山のみシーズンオフにブログをUPしています。 尚、詳しいコース紹介等は割愛させて頂きます。   
2018.06.06
XML
カテゴリ:2018年一人歩きの山
6月2日 晴れ 7:14スタート気温は26度になる予報。一日遅れたヤマベの解禁に主人は心が躍る。ゆっくり釣って貰おうと急遽、羊蹄山に決定。真狩コースから比羅夫に下山の予定。

(↑)前回の真狩コースは30~数年前なので記憶無しの登山口。

(↑)こんな感じだったかな?味わいながらの1合目。

(↑)淡々と・・

(↑)スミレが・・

(↑)少しだけ視界が広がり暑い!

(↑)シラネアオイ

(↑)ヤシオツツジ

(↑)こんなとこにもスミレ

(↑)振り返ると昆布岳。遠く狩場山が白い。

(↑)半分来ても暑い。

(↑)尻別岳が眼下に見える

(↑)登山道に雪渓が残る距離は僅か。

(↑)少しだけ涼しい。前後にはずっとどなたも居ません。

(↑)山桜

(↑)羊蹄山の形をしている合目標識。此の先で斜面にギョウジャニンニクを見つけてしまった!下山で利用しないコースなので収穫です。勘違いされない様に登山道にはストックとザックをきちんと並べザックから使い捨ての手袋を出す。急斜面でダケカンバの幼木に掴まりながらサクッサクッと手折る。下に行くほど太いのでつい下がってしまう。登山道を見失わない様に登り返していくと上から「大丈夫ですか?」やっぱり滑落と勘違いされている・・・スミマセン、ネギ採ってました‥上がります。

(↑)8合目 ネギをしょっているのでザックが重ッ!!!

(↑)洞爺湖の中島が美しい。左奥は室蘭岳方面。

(↑)外輪が見えて来た

(↑)べんけいそう

(↑)ニセコアンヌプリと連山

(↑)雪渓の現れるのが意外と遅かった。

(↑)やっと楽しくなって来た

(↑)避難小屋が絵になる

(↑)此処で雪渓の登りが20分

(↑)外輪に到着!人の姿は無く風が吹くだけ。

(↑)正面の山頂目指して右回り。強風です。

(↑)左回りの旧小屋跡方向を見るとたまに登山者が見える。人は少ない日でした。

(↑)記憶通りこれが登山道?って感じの大岩越える

(↑)コメバツガザクラ 気を付けていたのに、しこたま岩に膝を打ちもがきながら撮影した。

(↑)11:35 久々の羊蹄山山頂です。前回は数年前の比羅夫コースからオノエリンドウを見たくてやって来たけど旧小屋跡から戻って居る。日本アルプス以外では此の山にしか咲かないので開花を狙ったけど土砂降り。やっと雨が上がってガスの濃い日の事だった。しかも殆ど蕾で打ちひしがれ山頂寄らずに下山。よく考えたら此の山で景観が良かったのは初めて!!

(↑)お釜の中は真っ白。風を避けておにぎりを食べたら下山。山頂に居たソロ男性2名がとっくに下山した。独り占めの羊蹄山ですが風が凄くて飛ばされそう。

(↑)振り返る山頂。比羅夫方面に向かうと更に風が強い

(↑)三角点

(↑)倒れた道標はひらふが右を差している。多分、間違っているけど吹き通しで風に押されるように右のコースに誘われる。確認する余裕なし。

(↑)見上げてざれた斜面から振り返る。完全に東に向かって下山して居る。

(↑)尻別岳が右に見えているから京極コース。主人にその旨、連絡する。

(↑)初めてのコースなので何と無く嬉しいのと緊張感がいい。ダケカンバの幼木林を行く。

(↑)一旦ガレ場になり再びダケカンバの幼木林でハイ松帯が無い。

(↑)キバナシャクナゲの開花前

(↑)9合目で早速の雪渓

(↑)此の後、ずっと雪渓

(↑)登山道は左の幼木林を出たり入ったりしている

(↑)振り返る辿った雪渓

(↑)まだまだ雪渓です

(↑)そして倒木が多くまたいだりくぐったり

(↑)此処で下山では珍しく休憩。雪渓で頭を使い過ぎた?

(↑)雪渓で間違えて笹薮に入ったトレースもあった。雪渓に誘われない様に気を抜かない。

(↑)時折り雪が消えても今度は土が滑るので腰が振り回されて疲れた。

(↑)ツバメオモトが現れたのでホ・・2合目近くで雪が消えた

(↑)代わりにアズキナが現れたので早速収穫

(↑)森を抜けたら伐採跡。マムシグサが咲いて居た

(↑)正面には羊蹄山、中岳、並河岳、喜茂別岳が並んでいる。

(↑)ここが入り口らしいけど登山口は畑の向こう

(↑)このコースが一番、羊蹄山が綺麗に見える


太いギョウジャニンニクでした。アズキナも一杯。なのに主人は帰路の中山峠で蕨採りをすると言い出す。結局小1時間、ネギと変わらぬ斜面で蕨を・・こんなに採ったのは殆どアタクシ。塩蔵しました。少しだけピクルスに。






Last updated  2018.06.06 05:44:15
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.