映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

カレンダー

コメント新着

お気に入りブログ

アバウト・ア・ボーイ New! おいら♪♪さん

2019終わりの旅先(沖… New! ちーこ♪3510さん

いろいろとバタバタ… 天野北斗さん

14日の日記 小烏丸の”てる”さん

いもたこなんきん クロ麻呂さん

プロフィール


hoshiochi

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全378件 (378件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

全て | 料理&お菓子&旅&演劇&その他2 | アメリカ映画 | 日本映画 | イギリス&アイルランド映画 | フランス映画 | 韓国映画 | 中国&台湾映画&中国ドラマ | ドイツ映画&ドイツドラマ | イタリア映画 | 北欧映画 | 東欧・ロシア映画 | オランダ映画 | カナダの映画&ドラマ | その他の地域の映画 | ジェイク・ギレンホール | 吉田鋼太郎 | 大杉蓮 | 香川照之 | 堺雅人 | 松山ケンイチ | 真田広之 | ムロツヨシ | 新井浩文 | 林遣都 | 内野聖陽 | 長谷川博己 | 韓国ドラマ | 韓国ドラマ・赤と黒(ナップンナムジャ) | アメリカドラマ | イギリスドラマ:SHERLOCK | ベネディクト・カンバーバッチ | ホロウ・クラウン | イギリスドラマ | 日本ドラマ | 日本ドラマ:歴史ドラマ&時代劇 | よしながふみ:大奥 | 三浦しをん:まほろ駅前シリーズ | 実験刑事トトリ | 山田風太郎 | 日本の作家が書いた歴史小説 | 日本作家によるノンフィクション&エッセイ・その他のジャンル | 日本のミステリー小説 | 日本の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | 日本のファンタジー小説 | その他のジャンルの日本の小説 | 海外のミステリー&ファンタジー小説 | 海外の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | 海外のノンフィクション・エッセイ・その他のジャンル | 海外の作家が書いた歴史小説 | その他のジャンルの海外小説 | ローズマリー・サトクリフ | 漫画 | 塩野七生

海外のミステリー&ファンタジー小説

December 4, 2019
XML
みなさん、こんばんは。丸山議員が真子様にした質問が明らかになりました。
ほんっとにいらんことしいですね。

さて、今日はドイツのSFを紹介します。

クオリティランド
Qualityland
マルク=ウヴェ・クリング
河出書房新社
森内薫 (翻訳)

最近の電子機器は賢い。料理を置けば自動で温め時間を設定してくれるし、ガスをつければ「熱いお湯が出ます」と優しい女性の声で案内してくれる。カーナビしかり、電話しかり。もうとっくに人間よりもマシンの方が賢くなっている。

 本編の舞台、近未来では更にマシンが賢くなっている。「自分が何を好んでいるか」「自分には何が合っているか(パートナーも含め)」を全てアルゴリズムによる判断でマシンが選び、配達までしてくれる。おや、そういえばAmazonでは今だって「あなたにお勧めの映画・TV番組」なんてものが、既に出て来るぞ。

 なんて楽なんだ!と思いきや、なぜか町で上演されているのが『ヒトラー!ザ・ミュージカル』というミュージカルだったり、『ムッソリーニ。その愛』という映画が上演されていたり、何だかファシズム国家みたいだ。そして究極の選択として、国政のトップにアンドロイドが選ばれる。外見は『インデペンデンス・デイ』で主役を演じたビル・プルマン似のジョン・オブ・アスだ。選挙スローガンは「機械は過ちを犯さない」。あれ、そういえば映画『2001年宇宙の旅』のHALってどうだったっけ?

 主人公の名前はペーター・ジョブレス(Jobless)。何だか変な苗字なのは、この時代、子供達は男親・女親の職業を苗字にするよう定められているからだ。一発でダメな奴とわかってしまうわけで、なかなかイタイ。彼が完全無欠のシステムに反旗を翻すことになったのは、実は“あるモノ”が送られてきたことだった。「こんなの俺は欲しくない!」と何度言っても「いいえ、あなたにはこれが必要なはず」と返品を受け付けてくれないシステム=世の中に業を煮やしたペーターは、欠陥ロボット達と遂に立ち上がる!

 こう書くと実にかっこいい!まるで池井戸潤小説の主人公みたいだ。が、“あるモノ”がああいうモノだから「ぶわははは!」と笑ってしまう。ところが、もし“あるモノ”でなく銃が「これがあなたにピッタリ!」と送られてきたら?その前に、頼んでもいないもので危険人物視されて軍隊が送られてきたりして。おっと、一挙にホラーだ。近未来サスペンスってやつ?

 質実剛健、真面目で勤勉なドイツから生まれた、様々なパロディや皮肉でくすぐりつつも、実はやっぱり真面目なテーマが潜んでいる近未来小説。


クオリティランド [ マルク=ウヴェ・クリング ]​​楽天ブックス







最終更新日  December 4, 2019 12:00:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 27, 2019
みなさん、こんばんは。
ローマ法王が来日されましたね。
さて、今日はアイスランドのミステリシリーズ最新作を紹介します。

厳寒の町
Vetrarborgin
アーナルデュル・インドリダソン
東京創元社

 エーレンデュル捜査官シリーズ最新作。過去と現在を交錯させながら物語を進めるのがシリーズの定石だが、今回は少し異なる。今回過去パートは登場するが、メインの事件絡みではない。エーレンデュルを苛んできた弟の死が、娘やエーレンデュル自身の回想で語られる。つまり、メインパートの事件とは独立している。しかしその事実こそが、エーレンデュルが現在の事件に関心を持つ理由になる。

 少年が刺されて発見されるが、兄の所在が不明だ。エーレンデュル自身も、かつて弟を亡くしており、娘に“なぜ死んだか”を問われるとむきになってしまう。見つからない被害者の兄にかつての自分を重ねるエーレンデュルには、まだ我々に語っていない秘密があるようだ。

 移民問題はアイスランドでは“問題”として認識されるが、日本では移民は存在しない。しかし、人口は縮小の一途をたどる日本の労働力不足を補うための、期間限定の外国人労働者はいる。彼等の永住を日本は望んでいないため、教育や社会保障は充実しておらず、何かあった時彼等が訴えていく場もない。アイスランドの人々の差別意識を糾弾する資格は我々にはない。

 移民問題にはぴんとこなくても、犯人の動機は日本でもよく見受けられる。あまりにもあっけらかんと行為を話す容疑者と、事の重大さに怯える関係者。彼等はこれからが大変だ。人を殺すことはどういうことなのか。なぜいけないのか。我々がもしこのような事件に立った時、ちゃんと教えられる大人になっているだろうか。

本編ではエーレンデュルの指導係だったマリオンが遂に死ぬ。アイスランドでは失踪なんて珍しくもないんだ、というスタンスのエーレンデュルに、キャッチコピーの言葉のような常に原点に返るような問いを投げかけてきたマリオン。不在は、これからの彼の人生にどう響くのか。


厳寒の町 [ アーナルデュル・インドリダソン ]​​楽天ブックス







最終更新日  November 27, 2019 12:00:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 20, 2019
みなさん、こんばんは。イギリスウィーク最後は人気ミステリシリーズです。
イギリスシリーズと銘打ってますが舞台はハリウッドです。

貧乏お嬢さま、ハリウッドへ (コージーブックス 英国王妃の事件ファイル 8)
Queen of Hearts
リース・ボウエン

 前作「貧乏お嬢さま、恐怖の館へ」の関係で貴族の館に滞在中だったジョージアナことジョージ―を母親が連れに来る。今の夫と離婚して恋人と再婚するためにアメリカに行くというのだ。ついでにいいカモでも捕まえてくれば、くらいの意図は持つ母親の誘いを知りながらも旅のお供を引き受けるジョージ―。洋服は裕福な母親の恋人のツケで買い放題、豪華客船の客とくれば、のっけから貧乏モードを脱している。邦題のつけ方もムズカシイ。

 さて、ジョージーのいく所事件あり。そしてなぜかお馴染みの玉の輿狙いの強かな親友ベリンダや、神出鬼没のダーシーも現れ、ジョージ―は自分が疑われているわけでもない監督殺人事件の捜査にのめり込む。

 本作のもう一つのテーマはイギリス礼賛だ。最初は階級にとらわれない実力主義の自由奔放な空気に憧れていたジョージ―の母親も、最後には「イギリスがいい」と言い出すし、厄介な親戚がついてくるというものの、やはり本作が生きるのはイギリスなのだろう。但しそうなるとダーシーの「彼女にはそれ相応の生活を」という悩みは、次作タイトルになっているアレしかないのか?進みそうで進まないダーシーとの仲&結婚話、なかなか結婚しないシンプソン夫人とジョージ―母の反目など引っ張ってきたネタもそろそろ収まりをつけて欲しい。


貧乏お嬢さま、ハリウッドへ (コージーブックス 英国王妃の事件ファイル 8) [ リース・ボウエン ]​​楽天ブックス







最終更新日  November 20, 2019 01:20:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 18, 2019
みなさん、こんばんは。昨日は映画でアーサー王を紹介しました。
今度はファンタジーのアーサー王がどう描かれているか紹介します。

アーサー王ここに眠る
Here lies Arthur
フィリップ・リーヴ
東京創元社

腕っぷしも強く義侠心に篤い英雄は、ドラゴンか悪政で民衆を虐げる暴君を倒す。もちろん美しく優しいヒロインが英雄のそばには常にいて、二人は変わらぬ愛情で結ばれる。英雄の周りには才能ある人物が溢れ、誰もが自由に発言できる円卓で平等な政が行われる。

 これが英雄物語の基本パターンだ。私達は実際にそんな英雄を見たわけではない。ならばどうして私たちは彼等の物語が、何かを読まなくても言えるくらい体に沁みこんでいるのか。語り伝える人々がいたからだ。例えば吟遊詩人と呼ばれる人々が道端で人々に聞かせ、そうして時代や国を越えて英雄伝説は広まった。

 ところが、実際は伝説と同じではなかった。

 孤児のグウィナ(グウェンドリン)を救ったのは自称吟遊詩人のミルディンだった。彼女が泳げることを知ったミルディンは、地方のならず者たちを仕切るアーサーに箔をつけるため、アイデアを思いつく。

 イギリスの伝説の王アーサーは湖の中で聖剣エクスカリバーを入手する。その時湖に乙女がいた。常人にできないことを成し遂げた者を民衆は仰ぎ見る。民衆心理を巧みに使ったミルディンによって、アーサーは瞬く間に認められていく。本来自分の中にないものは、伝説が補ってくれる。あとはいかにも名君という顔をして生きれば、富と名声と地位は享受できる。実際のアーサーが思っていたのはそんな所だろう。そんな彼の浅薄さを知りながらミルディンは彼に希望を託した。

 伝説ではないギネヴィアとランスロットの不倫、聖杯を手にするパーシヴァルの生い立ちが描かれ、フィクションの存在であるグウェンドリンが絡んでいく。場合によって男となったり女となったりする便利な存在で、奥方の宮廷に入り込むことも、戦場に赴く事もできる。そのような立場に彼女を置いたのはミルディンのある思いによるものだったが、本来の意図を越えて運命は動き出す。他の登場人物達の運命と同じように。伝説なんてどこ吹く風だったアーサーが最後に伝説を生かすために為した事や、“鷺のような人”とグウェンに称されていた典雅な奥方に秘められていた情熱など、アーサー王伝説でお馴染みの人々が皆人間臭くて面白い。

カーネギー賞受賞作。


『中古』アーサー王ここに眠る (創元ブックランド)​​KSC







最終更新日  November 18, 2019 12:00:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 13, 2019
みなさん、こんばんは。今年のノーベル賞は化学賞のみでしたね。
今日は家がらみのミステリを紹介します。

冷たい家
The Girl Before
JP.ディレイニー
ハヤカワポケットミステリブックス

 ロンドンの住宅街に建てられた、奇妙なまでにシンプルな家を建てたのは、ミニマリストとして有名な新進気鋭の建築家エドワード。彼が手がけたこの一切の無駄が廃された家では、前にいた女性(The Girl Before=原題)が亡くなっていた。

 本編は二人の女性とエドワードの建てた家、そしてエドワードとの出会いを並行して描く。過去篇がエマ、現在篇がジェーン。二人ともエドワードに惹かれていく。エドワードの方はあらかじめ膨大な制約条項に同意させ、最終面談で入居を承諾。普通なら最終面談は人柄を見る上で大事だが、その後の展開を見ると、絶対ルックスを確かめてる、これ。入居後も毎日システムからの質問に答えさせているので、相手の嗜好をよく知ってからアプローチをかけられる。一方ヒロイン達も、「あれこれと条件をつけて家を貸す変わり者の建築家」として最初こそマイナスイメージだったものの、その後のエドワードのセレブとの付き合いや物慣れた振舞いとのギャップに、かえって惹かれていく。いわゆるギャップ萌えで、こちらも男性の作戦勝ちだ。

 さて、ここまで読んで「あ、共通の要素は建築家だから、犯人はきっと」「現場があそこだから、もしかして何か仕掛け?」などと考える読者がいそうだ。章が進むにつれて、わざと文章を少なめにしているのもサスペンスを煽る効果を挙げている。ここまで完璧主義なのだから、きっと主導権は男性にあると思われるが、実は…という、隠れたテーマがラスト近くに登場。ロン・ハワード監督による映画化作品は、サスペンス主体でいくのだろうか。それとも女性の自立をうたうのか。
 


冷たい家 (ハヤカワ・ミステリ) [ JP・ディレイニー ]​​楽天ブックス








最終更新日  October 13, 2019 12:00:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 11, 2019
みなさん、こんばんは。
今年も村上春樹さんのノーベル賞受賞はなりませんでしたね。

さて、今日はミステリを紹介します。

国語教師
Die Deutschlehrerin
ユーディト・W・タシュラー
集英社

 ああ、これは!とまずぴんと来るはずだ。

 最初は女性と男性のメールが登場する。男性は作家、女性は教師。男性は女性が顔見知りだったことに驚き、次に喜びを見せる。反応がなければ何度もメールを送る。女性は時折非難も混じるが、終始冷静に答え続ける。やがて単なる顔見知りでなく、将来を誓い合った仲で、男性が女性を捨てていたことがわかる。ならば男性のそれは照れ隠しか、天然か。「した」方よりも「された」側が覚えているというのは、よくあるパターンだ。これから復讐になだれ込む時の。

 本編は【二人の再会からのメールのやり取り】【三人称で書かれる二人の過去】【再会した二人の生の会話】【提案により書かれた二人の物語】【二人以外の人のメール、文章】から構成される。必ずしも時系列順ではなく交互に登場するのは【再会した二人の生の会話】をずっと続ければ、あっという間に全容がわかってしまうからだ。彼女の目的は何か、彼は何を隠そうとしているのか。物語の先にあるのは愛か、憎しみか。

 提案で始まった二人の創作にすら物語のヒントが込められている。また、二人以外になぜ第三者が介在してくるのかを考えると、単なる愛憎劇に留まらないことも察せられる。

 「いやぁ、女性って深いねぇ。ははは…」などと苦笑いした男性読者は、もう一度身辺の女性達を見直してみるのでは?


国語教師 [ ユーディト・W・タシュラー ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 11, 2019 12:00:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 9, 2019
みなさん、こんばんは。ノーベル賞の発表が始まりましたね。
北欧ミステリを紹介します。
何と書いているのは何年も続いた貴族の末裔だそうです。

1793
ニクラス・ナット・オ・ダーグ
小学館

手足を切断された死体が湖で発見される。四肢は切り落とされ、眼球をくりぬかれ、舌と歯も奪われ、美しい金髪だけが残されていたこの死体を発見したのは引っ立て屋のジャン・ミカエル・カルデル。フランス革命の余波で前年にグスタフ国王が暗殺され、国王・貴族と民衆の間に不信感が漂っていた。警察の依頼を受けて若き法律家セーシル・ヴィンゲと成り行きで事件にかかわることになったカルデルが捜査に乗り出す。

 今では北欧のヴェニスと言われるほどのスウェーデン、ストックホルムも18世紀末は汚い街だったようだ。死体が浮いていた湖には下水が流れ込み、道端を歩いても何を踏むか分かったものではない。しかし目に見える汚さだけがスウェーデンを覆っていたのではない。1793年-王太子はまだ幼く摂政政治が行われており、政情が安定していない。権謀術策に溺れ自分だけが助かろうとする人々の心もまた汚かった。

 本編は1793年の一年間が舞台だが、事件が起きた秋から時系列に沿った話が進むのではなく、そこから夏、更に春へと時間を遡り、最後に冬という構成になっている。捜査陣は当然ながら事件発覚の秋からしか始動しないため、春と夏は別の主人公が登場し、総てのカードが出揃う冬で彼等の繋がりが明かされる。

 一年という限定された期間なのは、有効な舞台として使えなかったからだ。ヨハン・グスタフ・ノルリーン警視総監は優秀であるにもかかわらず(優秀であるが故に)たった一年で解任され、横領の罪を犯した人間が次の警視総監に就くことが決まっていた。民間人ながら優れた推理力と見識を持つ、二人のうちの旗振り役であるヴィンゲや、街のごろつきと変わらない風貌のカルデルを支援してくれる体制が整わないと、捜査自体が成り立たない。そこで、何かあった時の抑えという役割をノルリーンが果たせるこの一年が選ばれた。

 主役二人には最初から欠けがある。ヴィンゲは労咳で治る見込みがなく、自ら率先した浮気で妊娠した妻とは別居状態にある。カルデルは先の大戦で右腕を失った。立場的にも容貌的にも、誰からも歓迎され、進んで情報を提供してくれるような探偵コンビではない。また、名探偵の常として、犯罪者心理を読めるということは、自らが彼等に最も近い存在となる危険をはらむ。我らがヴィンゲも例外ではなく、ある人物に
「あなたもやはり狼なのだ。そうとわかる程度には狼をたくさん見てきたし、たとえそうでないとしても、あなたはほどなく狼と化す。狼とともに走るには、彼らの流儀を受け入れるしかないからね。あなたには牙があるし、瞳は捕食者らしくぎらついている。血に飢えていはいないとあなたは言ったが、それでも悪臭のように飢えがつきまとって見える。いつの日か、あなたの歯は真っ赤に染まり、おれの言葉が正しかったと証明されるだろう。あなたの牙は獲物に深く食い込む。(中略)あなたこそがほかの狼の上に立つ日が来るかもしれないな。」

などと意味深な事を言われる。

 本編は三部作だそうだ。探偵役の一方が、今にも死にそうで警察では悪趣味な「いつ死ぬか」という賭けまで開催されているほどだが、果たして彼が狼と人間の間で葛藤する姿を見せてくれるのか。それとも、一作ごとに主人公を変えて、或いはスライドさせていくのか。


1793 [ ニクラス・ナット・オ・ダーグ ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 9, 2019 12:00:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 13, 2019
みなさん、こんばんは。様々なバックボーンを持った探偵がいますが、
こちらのバックボーンはあまりにも有名ですね。

Xの悲劇【新訳版】
The Tragedy of X
(創元推理文庫)
エラリー・クイーン

登場人物が配役表、各章が第一幕第一場と名付けられているなど、全体が一つの劇のようになっている。

 冒頭は複数の文章による紹介で、ドルリー・レーンの客観的な描写から入る。そして一組の書簡から、彼が所謂安楽椅子探偵として殺人事件を解決した事が明かされた所から幕が上がる。

 ドルリ―・レーンが住んでいるのはハムレット城で仕えている者はフォルスタッフと呼ばれているなど、シェークスピアみがそこそこにあり、台詞の引用も当たり前のように登場する。訪ねてきたのはサム刑事とウォルター・ブルーノ地方検事。前者の柄が極めて悪く、
「ここには、じじいしかいねえのか?」
「私はまた役者なんてもんは―ああ、すみませんね、レーンさん―俳優ってのは、昼過ぎまでぐうたら寝てるもんだと思ってましたよ」
と、ことあるごとにレーンに対して無礼にふるまう。

ところが、サム刑事のわかりやすい皮肉も意に介さず、レーン先生は別の面白さに目覚めた模様。
「いままでは作者の糸に操られてきましたが、これからは作られた芝居の中ではなく、もっと偉大な作品の中で、私自身がこの手で自分の糸を操ってみたくてたまらない。」
「私には理解力がある。経験がある。洞察力がある。観察力がある。集中直がある。ゆえに、推理をする力が、探偵としての才能があると、そう言いたいのですよ」
とノリノリ。

 探偵ものの定番として金田一耕助やポアロを例に挙げるまでもなく、最初は「あんな者が当てになるもんか」とむしろ馬鹿にしていた相手が、随所で鋭い勘の冴えを発揮する探偵に魅せられ、信頼を寄せてゆくストーリーがある。本編もその例に漏れず、「くそじじい」呼ばわりしているサム刑事の態度が改まるのも時間の問題である。
「最初、私はあなたのことを、大ぼら吹きの偉そうなうさんくさいじいさんだとばかり思ってたんですよ。しかし、こいつはどうも―まったく、神業だ!」
ほらね。

 まあ、じいさんじいさん言われまくったレーンも、にっこり笑った人当りのよい笑顔の裏で何か思う所があったのか、サム警視のこんな気持ちは先刻承知だったと見えて、ある悪戯をしている。現在ならば身分詐称に問われるくらいで済むかもしれないが、本当に事件解決のためだけだったのかな?

Xの悲劇【新訳版】 (創元推理文庫) [ エラリー・クイーン ]​​楽天ブックス







最終更新日  September 13, 2019 12:00:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 7, 2019
みなさん、こんばんは。
京急の事故、ひどかったですね。曲がれないのに無理に曲がろうとするなんて。地面に転がった果物が…。

さて、ヒロインがとことん酷い目にあう?シリーズ第三作が出版されました。

レッド・クイーン 3 王の檻
King's cage
ヴィクトリア・エイヴヤード
ハーパーBOOKS

仲間の命を救うために自ら国王にとらわれることを選ぶメア。国王のメイヴンも彼の異母兄カルもメアにぞっこんで、当の本人は、離れているカルに心を残しながらも、時々寂しげな目を向けるこじらせ国王にも心揺れる。ええい、はっきりせい!と思った読者もいたようだ。まあX-MENみたいな特殊能力は一・ニ巻でほぼ出し尽くしてしまったし、後はティーンズへのアピールとして主役三人の恋模様、ファンタジー読者へのアピールとして、国と国の権謀術策で引っ張るしかないので、やや苦しい。

 その苦しさを埋める策として、語り手を3人に増やした。メア、キャメロン、そしてライヴァルだったエヴァンジェリン視点で物語は進む。キャメロンを語り手にしたのは、囚われの身のメアに代わって、スカーレット・ガード達の動きを描くためと、かつてメアが経験した苦悩をもう一度別の少女に辿らせることで両者の成長を感じさせるためだ。エヴァンジェリンは王子の婚約者でかつ能力者としてメアの堂々たるライヴァルだったが、大人たちの陰謀に巻き込まれてしまい、悪役一辺倒ではいられなくなった。また、後半メアとキャメロンが一緒になったので、敵側の動きを描く際のキャラクターとして必要となったのだろう。

ところで、冒頭で明らかに我々が知る地形の地図が紹介されている。なるほど、この世界の秘密がわかった。

 当初三部作の予定だったが、一巻増えて次が最終巻に。


レッド・クイーン 3 王の檻【電子書籍】[ ヴィクトリア・エイヴヤード ]​​楽天Kobo電子書籍ストア








最終更新日  September 7, 2019 12:00:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 20, 2019
みなさん、こんばんは。
米国の介入により中国と台湾の間もぎくしゃくしていますね。

ぶっとんだヒロインが大活躍する作品を紹介します。

愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える
Ô dingos,ô châteaux!
ジャン=パトリックマンシェット
光文社古典新訳文庫

これを紹介する時正直悩んだ。冒頭が
「トンプソンが殺すべき男はおかまだった。」
だし、ヒロインが精神病院から出てきたばかりだし、タイトルがこれだし。だし、だし、だし。だいたい、おかまはその後の物語に全然絡まないんだから、殺す相手がおかまでなくてもいいじゃないか。ほら、ね、このように、この本を差別用語を使わずに紹介するのは難しい。仕事としてレビューを頼まれると言葉を選ぶのに苦労する。この本を知ったのはトヨザキユミさんが主宰する書評合評会で、もう一つの課題図書は西村賢太さんの『どうで死ぬ身の一踊り』これもまた…忌み言葉を使わず紹介するのは難易度高い。ちなみに合評会はアマチュアの作品を審査するものだったので縛りは一切なく、ユニークな評が飛び出した。

  で、こちらも縛りなしで書く。企業家アルトグに、幼い遺産相続人ペテールの子守として雇われたジュリーは、精神不安定で入院していた精神病院から出てきたばかり。企業家とプータローのどうにも接点が見いだせない二人がどうやって繋がったかというと、アルトグが篤志家として精神を病んだ人を救済しており、今まで何度も精神疾患の患者を雇用してきたのだった。アルトグは強引な手法で恨みを買っており、ペテールとジュリーは冷酷な殺し屋トンプソンとその手下に誘拐されてしまう。だいたい精神不安定な相手に、生命の危険を感じるかもしれない仕事を任せる自体が間違っている。仕事ができるできない以前の問題だ。

 ところがジュリーは映画の『グロリア』よろしくペテールを守って最強の殺し屋から逃避行を続け、ひたすら城塞を目指す。だが、いつ精神不安定になるかわからない、ぶっ壊れたグロリアなので、カッコいいというよりは危ない、怖い、そばに来てほしくない!

 登場人物の心理描写を一切行わないハードボイルドで、唯一笑いを誘い哀れもついでに誘うのが、トンプソンの唯一の泣き所、胃である。これさえなければ映画『レオン』のタイトルロールもまっつぁおの、クールで失敗しない殺し屋なのに。冒頭の殺しの後もトンプソンは今にも死にそうな形相になり、ジュリーを追いながらも何度も胃痛に悩まされる。実は気が小さい?いざという時に役に立たないと困るので、胃潰瘍を治すのが先じゃないかと思いながらも、いいチャンス(といっても殺すチャンスだが)が来ているにも関わらず体をよじらせ悶えるトンプソンが笑えて仕方がない。耽溺してはっと気づくと自分の中の眠れるスイッチが入ってしまいそうで、こちらも怖い。逆に、新たな自分を発見したい人には必読の書かもしれない(嘘)。

『愚者が出てくる』とあるが、もっと踏み込んで言えば、この小説は愚者以外誰も出てこない。ジュリー&トンプソンの通り過ぎた後には死屍累々が…傍迷惑この上ない。いやー、どこか他所で二人だけでやってくれないかなぁ、これ。


愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える【電子書籍】[ マンシェット ]​​楽天Kobo電子書籍ストア







最終更新日  August 20, 2019 12:00:22 AM
コメント(0) | コメントを書く

全378件 (378件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.