映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

日本ドラマ:歴史ドラマ&時代劇

May 6, 2022
XML
みなさん、こんばんは。ロシア外務省はウクライナ侵攻をめぐり日本が科した対ロ制裁への報復として、岸田首相ら政府関係者など合わせて63人を入国禁止にすると発表しました。これを受け岸田首相は、「断じて受け入れられない。さらなる制裁措置は、国際社会と連携して適切に対応したい」と述べました。

以前放送されて好評だった。シリーズ横溝正史短編集II&IIIを見ました。
日本ならではの“本格探偵小説”という新境地を開拓した横溝正史。初期の傑作短編を気鋭のクリエーターたちが映像化する3本シリーズ。

第1回「貸しボート13号」
出演 池松壮亮 ヤン・イクチュン 嶋田久作 蒔田彩珠 石橋静河
演出 宇野丈良
服の上にレインコートを羽織った女と、下着1枚だけを身に着けた男の遺体を乗せたボートが公園に流れ着く。女は刺殺された後に刃物で心臓を貫かれ、男は心臓を貫かれた後に首を絞められていた。事件の捜査にあたった金田一は、被害者が大学のボート部の関係者だと知り、殺人現場となった場所の見当を付ける。

「百日紅の下にて」 怪しすぎる復員兵 #嶋田久作 が金田一のパトロンを務める大富豪。ボートにうちこみ令嬢と婚約が決まった爽やかエースの裏の顔がもたらす悲劇。友情故の未熟な大学生が考えたつぎはぎの偽装工作で事件がもつれる。等々力警部がかっこいいぞ。

第2回「華やかな野獣」
出演 池松壮亮 門脇麦  芋生悠 アンミカ 福島リラ
語り 田中要次
演出 佐藤佐吉
横溝正史の傑作短編をほぼ原作に忠実に映像化する人気シリーズ。戦後の混乱期、マスクをつけた大勢の男女が今宵の相手を物色している臨海荘の大ホール。パーティーが終ろうとした矢先、美しい女主人が胸をえぐられ殺された。事件の裏には大規模な麻薬密売がからんで。ボーイに変装し潜入していた金田一耕助が推理を展開。本格トリックも鮮やかな「華やかな野獣」を、金田一以外、出演者を全て女性で固めた異色の演出で描く。

サブタイ通りいきなり踊り出す若い金田一。そして金ローテーマソングが流れる捜査を語る間もずっと踊っていたという。“やっとる”(何をとか聞かない)間の劇伴の切り替えに爆笑。この話だけの劇伴でサントラができるのでは。

第3回「犬神家の一族」
出演 池松壮亮 坂井真紀 村杉蝉之介  久保田紗友
演出 渋江修平
何度も映画化・ドラマ化されてきた横溝正史の名作「犬神家の一族」を、原作に立ち返り、あえて30分で描くという大胆な試みに挑む。昭和22年、一代で財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大な遺産を残して他界。異様な遺言書をめぐって、生母の異なる三人の娘とその息子たち、恩人の娘である絶世の美女らの間に漂う不穏な空気。奇々怪々な連続殺人事件の幕が開く。名探偵・金田一耕助がたどりつく、一族の血をめぐる悲劇の真相とは…。

原作や映画ってもっとおどろおどろしいイメージだったが30分バージョンはあの有名なスケキヨおみ足がなぜかたらいに(そしてやはり逆さま)被った布を取ったらお面、遺影はなぜかペロペロと舌を出すなど思いっきりポップな殺人事件。こんなはずでは。

名探偵・金田一耕助が活躍する横溝正史の傑作を、池松壮亮主演で「ほぼ原作に忠実に映像化」する「シリーズ横溝正史短編集」。待望のパート3は、「女の決闘」「蝙蝠(こうもり)と蛞蝓(なめくじ)」「女怪」の三作品を繊細かつ華麗に描く。

●「女の決闘」 演出:宇野丈良
あるイギリス人夫妻の送別パーティに招かれた金田一。人気作家とともに招待された妻が、作家の前妻と鉢合わせ、ソフトクリームを食べて苦しみ出すのを目撃する。ストリキニーネによる毒殺未遂。しかし犯人がわからぬまま、今度は作家が、前妻の前で突然苦しみ出し死亡する事件が起こる。作家とその妻と前妻。三者の愛憎が交錯するなか、事件の衝撃の真相が明らかになる。

出演:池松壮亮・首藤康之・板谷由夏・菊池亜希子・YOU・みのすけ・ジョン・カビラ ほか

めっちゃ声がいいロビンソン夫。二度のサロンで起きた事件は周到に考えられた女のプライドを賭けた戦い。反対にプライドのない男は排除される。サブタイに“踊る”がついてないけど本作で金田一めっちゃ踊ってます。パナマ帽でおしゃれに決めた金田一。

●「蝙蝠(こうもり)と蛞蝓(なめくじ)」 演出:渋江修平
湯浅は隣に引っ越してきた金田一耕助がとにかく気に入らない。彼は裏に住む女を殺してその罪を金田一にかぶせることを妄想し、小説にしたためる。しかしある日裏に住む女が本当に殺され、湯浅は殺人の嫌疑をかけられる。なぜか殺人の物証も発見され、書いていた小説のためいっそう不利な状況に。だが取調室に現れた大嫌いな金田一耕助が、鮮やかな推理で真犯人を暴くのだった。

出演:池松壮亮・冨永愛・栗原類・中島歩・長井短 ほか

何もしてないのに知らない間に隣人に嫌われていた金田一と夢の世界でハイテンションな想像力が逞しすぎる湯浅順平。場面リフレインが効果的に使われていた。

●「女怪」 演出:佐藤佐吉
温泉場に逗留していた金田一と「私」は、近所で墓荒らしが続いていると聞き、実際に怪しげな風貌の“狸穴の行者”が何かを持ち去る瞬間を目撃する。その後、金田一が思いを寄せる銀座のマダム、持田虹子の亡夫の墓が荒らされ、頭蓋骨が盗まれていたことが判明。虹子が“狸穴の行者”から恐喝されていることを知った金田一は、彼女の力になろうと調査を続けるが、虹子は賀川春樹という美男と恋に落ちる。失恋の痛手を負いつつ、事件の真相に迫った金田一を待っていたのは、残酷かつ信じがたい結末だった!

出演:池松壮亮・清水ミチコ・安藤政信・芋生悠・神野三鈴 ほか

マダムと楽しそうに踊るOPから一転、思い詰めた表情で梁にぶら下がっている足だけが映る。旅館でごろごろしている横溝先生と金田一のかわいいこと。原稿には『八つ墓村』の文字が。愛した女の真実を自ら暴き立てる結果になり結婚までできなくなるとはどれだけ純情なんだ金田一







最終更新日  May 6, 2022 12:00:12 AM
コメント(0) | コメントを書く


March 6, 2022
みなさん、こんばんは。新型コロナウイルスの影響で延期されていた「東京マラソン2021」が開かれますね。

池波正太郎さん原作の時代劇雲霧仁左衛門5を見ていますが明日で最終回です。

【放送】BSプレミアム・BS4K
2022年1月14日(金)スタート 毎週金曜よる8時~8時43分
再放送:BSプレミアム 毎週日曜 午後6時45分
【原案】
池波正太郎 『雲霧仁左衛門』
【脚本】
岡本さとる、古田求、松下隆一、森脇京子、三谷昌登
【音楽】
遠藤浩二
【出演】
中井貴一、國村隼、内山理名、近藤芳正、手塚とおる、大東駿介、渡辺哲、黒沢あすか、やべきょうすけ、村田雄浩 ほか
(新キャスト)
ともさかりえ、早乙女太一、筧利夫、大地康雄、榎木孝明、浅野和之、酒向芳、宇野祥平、秋元才加、優希美青 ほか
【演出】
山下智彦、服部大二、宇喜田尚、井上昌典
【制作統括】
渡邊竜(松竹)、佐野元彦(NHKエンタープライズ)、落合将 (NHK)

(1)「もう一人の盗賊改」
江戸の取り締まり強化のため、従来の火付盗賊改長官・安部式部に加え、正義感の強いもう一人の長官・藤巻が選ばれた。その事を知り不敵に笑う雲霧仁左衛門。一方、大奥トップの総取締・滝川と、若年寄・三好、商人・西海屋の三人は利権で結ばれていた。雲霧はまずは西海屋に狙いを定める。二人体制の火付盗賊改は雲霧逮捕に全力を傾ける。

質素倹約を旨とする割には大奥の方たちもキンキラ衣装がまぶしい。滝山が貝合わせの半分を持っているもう一人の半分とはもしかして雲霧?それとも新たな火付盗賊改藤巻?『神妙にお縄につけい』悪者を前にした様式美のような決め文句がなかなか最近では見られなくなった。

(2)「大奥の隠し金」
雲霧仁左衛門の狙いは大奥の隠し金。10年間大奥に送り込んでいる紗江は大奥総取締・滝山の信頼を得、懐刀になっていた。雲霧はさらに梅を大奥に送り込む。一方、火盗改長官・藤巻は無実の罪を着せられ切腹。その陰には若年寄・三好がいた。その後任として火盗改長官となったのは、滝山による強引なまでの推挙があった山川であった。

恐るべし盗賊仲間ネットワーク。大工小僧七松を見つけた仲間のせいで次回一党の一人がピンチに。梅も10年も大奥にいる紗江もまるで忍者。山川は三好方なのかそれとも熱血漢なのか。あまりにもあっさりいなくなってしまった藤巻。大胆に式部の前に登場する雲霧。

(3)「老兵、散る」
大奥総取締・滝山と、若年寄・三好の力で新たに火盗改長官となった山川は雲霧仁左衛門捕獲に執念を見せる。山川の手下・儀兵衛らによって、大奥に潜入した梅と雲霧一党の七松のつなぎ役をしていた治平が捕まる。治平拷問を受けたが、義を貫き、何も口を割らず、死んでいく。仁左衛門は「根こそぎ盗む事による弔い」を誓う。

お頭とさしで酒を飲み「これからも頼む」と言われるなどフラグ立ちまくりだった治平が盗人の義を守って死ぬ。現在なら盗んだバイクで走りだしそうな七松は カムカム とは真逆の一の子分伝次郎に殴り飛ばされる。七松は本当に妹に巡り合えたのか。少しずつ明らかになる滝山の悲しい過去。

(4)「豪商の意地」
豪商・西海屋の呉服屋と酒問屋を雲霧仁左衛門に襲われ、面目が潰れた山川。その失態に気をもむ大奥総取締・滝山は、大奥に潜入した梅に疑念を持つ。梅を救ったのは大奥に潜入した雲霧一党の紗江であった。仁左衛門は山川に対する滝山の執着を気に掛けつつも、西海屋を叩き潰す事を急ぐ。それに気づいた式部は山川に共闘を申し出る。

「神妙にお縄につけい!」と言われて「ははぁ!」と畏まった盗賊に遭ったことがない時代劇。今回もお頭の指ぱっちんで木材を煙幕に自家製の船ですいすいと逃走。七松の妹への執着が悪い方に転がりそうだ。10年大奥に潜伏する女スパイ滝山。雲霧にいいように煽られて切ってしまった山川。

(5)「いもうと」
大奥総取締・滝山にすり寄っていた若年寄・三好は、滝山と山川が姉弟である事をつかみ、滝山に大奥総取締が代々引き継いできた大奥の隠し金をせびり始めた。雲霧仁左衛門は三好を追い詰めるため、三好の仲間の豪商・桔梗屋に狙いを定める。一方、雲霧一党の七松は大奥に潜入した梅に会い、子供の時、妹の梅を見捨てたことを詫びる。

指ぱっちんは定番?ともさかりえ 座った姿勢からすっくと立つとそびえたつ感じでまさに大奥の権威。筧敏夫も長身で今日はやけに顔接近シーンが多かった。出来の悪い弟を庇い続ける姉滝山と生き別れた妹梅を想う七松ときょうだいの情愛が色濃く出た回。次回とうとうお頭が大奥に?

(6)「罠と若年寄」
熊五郎の働きにより、雲霧仁左衛門は、大奥総取締・滝山と山川が姉弟である事を知る。滝山も山川に姉弟である事を伝え、山川だけは守り抜く決意を話す。山川も雲霧を捕まえることで手柄を上げ、御家再興を誓う。一方、式部は,雲霧が豪商・桔梗屋や三好の先に見据えている最終的な狙いが、大奥の隠し金であることに気づく。

一度の失態であっという間に若年寄切腹(そういうもの?)安倍式部を出し抜こうとしては雲霧に遊ばれる山川。長刀が得意な紗江が三好に乱暴な振る舞いを赦すはずがないと疑い始める滝山。三好が死んだら滝山にすりより河岸を変える桔梗屋。孤児を大勢育てて優秀な配下に育てる雲霧。

(7)「大奥の抜け道」
若年寄・三好が切腹を命じられたのに比べ、山川が何の責任をも問われなかったことに疑念をいだいた式部は、滝山に面会を求める。身に迫る危機を感じた滝山は、大奥の隠し金をこっそりと持ち出す事を考え、豪商・桔梗屋に協力を頼む。さすがに、大奥に忍び込み、隠し金を奪うことは出来ない雲霧仁左衛門にとって、それこそが思うつぼであった。

出来が悪い弟を式部にディスられた滝山がぎりぎりと拳を握りしめる。前大奥取締岩瀬に養父を殺された紗江と彼女の不正を暴く滝山は同じ方向を見ていたはずなのに弟との再会が二人の道を分かつ。多くの権力者に睨まれながら地位に留まる優秀な式部。おそるべき仁左衛門のジャンプ力(笑)

(8)「旅路」
火付盗賊改の職を解かれた山川。大奥を退いた滝山は弟である山川のためにも、常福寺に隠した大奥の隠し金を守り抜こうとする。その金を奪うべく周到に計画を進める雲霧仁左衛門と、雲霧の狙いに気がついた安部式部。さらには滝山を恨む豪商・桔梗屋にそそのかされ、滝山の命を狙う儀兵衛を含め、皆が常福寺に集結する中、雲霧一党の盗みが始まる!

煙管がさまになる中井貴一 のお頭。かつて持っていた滝山の正義感を知るからこその式部の忠告も弟可愛さの彼女には通じない。苦境に落ちたからこそ強かった姉弟の情愛が二人の足を掬う。一度は命を狙われた滝山の元に戻る紗江。そして一党のお盗めは続く。







最終更新日  March 6, 2022 02:31:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 19, 2020
みなさん、こんばんは。コロナ禍のため一味違ったお盆になりますが、今年もまた終戦が巡ってきました。この頃になると決まって放送されるNHKで放送されたドラマを二つ見ました。

一つ目は太陽の子です。
出演者の一人三浦春馬さんは自殺しました。遺作となりました。

太陽の子

出演
柳楽優弥 有村架純 三浦春馬 國村準 田中裕子 イッセー尾形 山本晋也

【作・演出】黒崎博(NHK制作局)
【音楽】Nico Muhly(ニコ・ミューリー)
【制作統括】土屋勝裕、浜野高宏、山岸秀樹
【共同プロデューサー】Ko Mori(コウ・モリ)、佐野昇平
【共同制作】ELEVEN ARTS Studios


太平洋戦争末期、京都帝国大学の物理学研究室で原子の核分裂について研究している石村修は、海軍から命じられた核エネルギーを使った新型爆弾開発のための実験を続けていた。空襲の被害を防ぐための建物疎開で家を失った幼なじみの朝倉世津が、修の家に居候することになる。そこに修の弟の裕之が戦地から一時帰宅し、久しぶりの再会を喜ぶ。爆弾開発の実験がなかなか進まないなか、研究室のメンバーは研究を続けていく事に疑問を持ち始める。そして、裕之が再び戦地へ行くことになったやさき、広島に原子爆弾が落とされたという知らせが届く。研究者たちは広島に向かい、そこで焼け野原になった広島の姿を目撃するのだった。

日本では30万人の被害を出すと予測されていた原子爆弾は広島20万長崎14万の死傷者を生む。「圧倒的な威力を持つ爆弾を生むことで世界を変える」という考えは「結果まで科学者が責任を持つべきか否か」というジレンマとせめぎ合う。


【送料無料】[先着特典付]映画 太陽の子 豪華版【Blu-ray】/柳楽優弥、有村架純、三浦春馬[Blu-ray]【返品種別A】​​Joshin web CD/DVD楽天市場店
もう一つはAkiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音です。

Akiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音

出演
芳根京子 田中哲司 真飛聖 町田啓太

脚本
田中眞一

 1945年の広島原子爆弾投下により被曝し、1946年に19歳で生涯を閉じた女性・河本明子にスポットを当てる。広島・三滝町に家族と共に暮らし、ピアノ演奏を喜びとする河本明子が、戦況の悪化に伴って音楽から引き離され、勤労奉仕に駆り出されていく姿を描く。

河本明子の遺品である「明子さんのピアノ」は2005年に修復され、これまでにマルタ・アルゲリッチ、シャルル・リシャール=アムラン、ピーター・ゼルキン、ベンジャミン・フリスらが演奏。8月5日と6日には藤倉大が「明子さんのピアノ」をモチーフに作曲した“ピアノ協奏曲第4番「Akiko's Piano」”が初演される。

「ディア・ペイシェント 」とは真逆の優しいお父さんを演じる 田中哲司。 平凡な高校生の憧れの先生もピアノも将来の夢も戦争が奪っていく。被爆当日元々体調が悪かったのに二つの川を泳いで渡り歩いた所で力を使い切ってしまったのだろう。









最終更新日  January 1, 2022 08:28:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 28, 2019
みなさん、こんばんは。秋に怪談?ってちょっと場違いな気もしますが
「プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear」を見ました。

プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear

【放送予定】10月6日(日)スタート
毎週日曜[BSプレミアム]後10:00(全4話)
<第1話のみ79分、第2~4話 各49分>

【脚本・演出】源 孝志

【音楽】阿部海太郎

【出演】
尾野真千子、柄本 佑、若葉竜也、谷原章介、戸田菜穂、石橋菜津美 /中村七之助、上白石萌音/
犬山イヌコ、中原丈雄、笹野高史、伊武雅刀 /段田安則/ 髙嶋政宏 ほか

【語り】神田松之丞

【制作統括】千野博彦、伊藤 純、川崎直子、八木康夫

巻の壱「発端」
時は寛保三年、剣客で知られた旗本の青年・飯島平太郎は、訪れた本郷の刀剣商で酒に酔った浪人に絡まれ、若気の至りから斬り殺してしまう。幕府によっておとがめなしとの裁定となったものの、全てはこの事件が発端となる。
時は流れ20年後、平太郎は家督を継ぎ平左衛門となり、妻との間には可憐かれんな一人娘・お露が生まれていた。しかし妻は若くして病死、奥方づきの女中だったお国は、やがて家内を取り仕切り、平左衛門の愛人となり権力を握っていくことになる。
ある時、壮健な若者・孝助が士官を願い出てやってくる。実は孝助は平左衛門とは不思議な因縁で結ばれた男であった。一方なかなか縁談に応じず父を困らせていたお露は、医師・山本志丈の仲介により、美男の浪人・新三郎と運命の恋に落ちる。それは許されざる恋だった。

素晴らしい刀を見た平左衛門の欲から始まった物語は「あの人に会いたい」「自分のものにしたい」「甘い汁を吸いたい」「弱い自分を叩き出したい」という様々な欲を吸い寄せる。自分が殺した相手の息子と知って孝助を側近くに置く真意は?

「殺意」
平左衛門が士官を許した若者・孝助はかつて殺した浪人の息子だった。隣家の放とう息子源次郎と深い仲になったお国は平左衛門を殺して偽の遺言状によって飯島家を乗っ取る悪計を巡らせるが、その謀略を孝助に聞かれてしまう。一方恋する新三郎に会えないため病身となったお露(は焦がれ死にしてしまう。しかし、新三郎への思いは捨てきれず…。

一度会えば諦めるはずがかえって思いを募らせる結果になってしまった正真正銘のお嬢様お露。彼女にお国のしたたかさがあれば、またお国にお露の一途さがあれば、というのはないものねだり。次回はいよいよお札シーン。うまくいきそうなのにこちらも人の欲が邪魔をする

(3)「因縁」
伴蔵が見たお露は恐ろしい幽霊だった。新三郎は護符を家に貼り読経をして過ごすが、なんとしても新三郎に会いたい幽霊たちは、伴蔵と妻お峰を訪れ、大金をあげるかわりに護符をはがしてくれと頼む。金に目がくらんだ伴蔵たちは。一方お国は源次郎と飯島家をのっとり平左衛門を殺す計画を実行しようとするが。物語は佳境へ!

お露新三郎の糸ひき接吻シーンがエロかった。お二人よく頑張りました!高飛車で冷静な姿から心底愛しい存在にすりよる姿まで尾野真千子 さんのくるくる変わる表情にはっとさせられる。軽率すぎる行動で人を殺めた平左衛門が20年後こんなに全てを見通せる怜悧さを持つとは。

最終回「復讐」
お国の悪計を阻止するため孝助が暗闇のなか斬ったのは源次郎ではなく、師・平左衛門だった。いまわの際の平左衛門によって源次郎は深手を負い、お国と共に逐電。孝助は二人を追って敵討ちの旅に出る。一年後、逐電先で名を変えていたお国に入れ込んでいたのは百両を元手に成り上がった伴蔵。日増しに態度が大きくなる妻が邪魔になった伴蔵は…。

今となればお露の執念すら可愛く見えるほど、たとえいっときでも悪心を抱いたものには残らず報いが巡って来る因果応報物語。お姫様のように生まれ死んでいった飯島家の先妻とずっと不幸な生い立ちで他人目にはどう見えてもやっと掴んだ一つの幸せを奪われまいともがくお国が対照的。



完本 怪談牡丹燈籠 DVD 全3枚​​NHKスクエア DVD・CD館


もう一つ、金田一耕助シリーズの単発ドラマ「八つ墓村」を見ました。

八つ墓村

【放送予定】10月12日(土)[BSプレミアム]後9:00〜10:59

【原作】横溝正史『八つ墓村』

【脚本】喜安浩平、吉田照幸

【出演】
吉岡秀隆、村上虹郎、真木よう子、蓮佛美沙子、佐藤 玲、小柳 友、宮沢氷魚、佐津川愛美、竜のり子、
樋井明日香、馬場 徹、久保酎吉、田中しげ美、OKI、山口馬木也、山下容莉枝、酒向 芳、不破万作、
やべきょうすけ、音尾琢真、木内みどり、小市慢太郎、津嘉山正種、國村 隼

【演出】吉田照幸

戦国時代に村人が8人の落武者を惨殺し、大正時代に旧家の当主が32人の村人を殺害した過去を持つ、八つ墓村。その旧家・田治見家に、長らく縁が途絶えていた寺田辰弥が跡継ぎとして戻ってくる。だが、それこそが悲劇の発端だった。祖父、異母兄、僧侶、尼僧…次々と殺害される関係者たち。だが、真相はようとして分からない。そんな中、辰弥は巨大な鍾乳洞へと迷い込む。そこで見たものは、落武者の鎧を身につけた田治見家当主の死蝋しろうだった。大伯母の老婆、異母姉、村の医師…殺人は留まるところを知らない。辰弥の出生の秘密を探り当てた金田一だったが、そのころ、当の辰弥は、祟りを恐れる村人によって、鍾乳洞の奥に追いつめられていた。

別の事件の捜査できた八つ墓村で殺人事件に遭遇する殺人を呼ぶ探偵金田一耕助。角川映画全盛期のCMで子供達が真似していた例の台詞「八つ墓村の祟りじゃ」登場。BGMにスカボロー・フェア歌詞「不可能なことを成し遂げてくれたら再び恋人になると伝えて」は美也子の妄執と掛けた。











最終更新日  April 12, 2022 06:50:46 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 17, 2018
みなさん、こんばんは。昨年、一昨年に比べて不安要素はあったのですが1年間完走しました。
NHK大河ドラマを見ました。
ナレーションを担当するのは大河ドラマ「翔ぶが如く」で西郷隆盛を演じた西田敏行さん。同じく大久保利通を演じた鹿賀丈史さんは斉昭の父斉興を演じました。

西郷どん

原作
林真理子

脚本
中園ミホ

【演出】
 野田雄介 盆子原誠 岡田健

出演
鈴木亮平 錦戸亮 玉山鉄二 小栗旬 遠藤憲一 村山新悟 笑福亭鶴瓶 黒木華 瑛太
渡辺謙 青木宗高 高橋光臣 桜庭ななみ 渡部豪太 風間杜夫 塚地武雅 松坂慶子
佐野史郎 松田翔太 風間俊介 北川景子 又吉直樹 泉ピン子 柄本明 津田寛治 
二階堂ふみ 内田有紀 近藤芳正 石橋蓮司 町田啓太 国広富之 藤本隆宏 迫田孝也
柏原収史 泉澤祐希 浜野謙太 林家正蔵 水川あさみ 上白石萌音 忍成修吾 橋本愛
高梨 臨 徳井 優 小柳ルミ子

西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族は呆れかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。
そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉(なり)彬(あきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。

生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し…。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて行く。

第1回「薩摩のやっせんぼ」
まさに白馬に乗った王子様の島津斉彬様。後に西郷から「地ゴロ」呼ばわりされる史実を踏まえたらしき由羅の方に「地ゴロと言われてしまう」とたしなめられていたお坊ちゃま久光。『翔ぶが如く』『蒲田行進曲』ファンにはこたえられないキャスティング。

第4回「新しき藩主」
西郷どん が「ディア・ハンター」になっていたり蒲田行進曲のヤスが階段落ちならぬ島流しに。お由羅の方が「皆私を殺しに来ればいい!」と劇画っぽく叫ぶ画面を背景に斉興が静かに茶を飲んでいるシーンはツボ。斉彬お国入りを間近に見る西郷と喧騒を聞いている大久保の対比。

第9回「江戸のヒー様」
「篤姫」の時は素直な後継者だったのに 「平清盛 」で世の中を弄びつつ斜に構える雅仁親王を演じたからこそ今回の慶喜もどういう理由で幕引き役を引き受けるのか気になるキャラになっている。

第15回「殿の死」
「おんな城主直虎 」で井伊家がどんな思いで徳川家を選んだかあまねく知れ渡っているので、今回の大老は従来の幕末ものと違って、どんな酷いことをしても視聴者は優しくフォローしてしまうのではないか。

第16回「斉彬の遺言」
さっき一瞬井伊直弼が壊れたテープレコーダーみたいだった。慇懃にして無礼な「恐れ入り奉ります」

第20回「正助の黒い石」
井伊直弼どこか悟ったような最期。「白黒をつけむと君をひとり待つ」相手のもとに向かったのでしょうか。「おんな城主直虎」から続けて見ていた視聴者には井伊家の物語の最終章みたいな今回でしたね

第23回「寺田屋騒動」
やはりこの後に来る大久保に血の付いた懐紙を渡すシーンはアドリブでしたか。「お前も罪を背負え」なのか「俺たちはとうとうここまで来てしまった」なのか解釈が分かれるなぁと思いましたが中の人の解釈は前者だったようですね。いろいろと想像の幅を持たせてくれる演技が好きです。

第26回「西郷、京へ」
左右違うお召し物がお似合い。西郷に説得されてその気になったのに、テロにあって見るからにわかりやすい作り笑顔になったヒー様の危険な感じがよく出てる。青木宗高 さんの久光の可愛らしさと嬲る時の嫌らしさのバランスが絶妙

第35回「戦の鬼」
「戦を避けたい西郷どん」が「戦をどうしてもしたい西郷どん」になってるけど慶喜を殺さなければならない理由が「日本を異国に売り渡そうとしているから」は弱い。殺さず権限を取り上げればいいのでは。これでは慶喜を演じるゴッシーこと松田翔太君 に同情が集まるけど大河的にOK?

第38回「傷だらけの維新」
「勝者と敗者はあっけなくひっくり返っちまう」勝安房の言葉は戊辰戦争のことを指しているようにも見えるがこの後の西南戦争にもあてはまる。本妻呼びされている大久保の虚ろな笑いが華やかな錦の御旗と対照的。

第39回「父、西郷隆盛」
夫に逃げられた本妻利通が何としても西郷を連れ戻そうと弟を使って誘い出そうと(嘘です)。西郷に去られてから明らかに目が変わった利通。今回から語り手が息子に変わったけれどそうなっても「西郷どん、きばれ」は言うのだろうか?それともこれまでの語り手とは違う人という設定?

第41回「新しき国へ」
「真田丸 」切り捨てるどころか自分が政府から切り捨てられてしまった直江兼続転生後の山県有朋。いや、御屋形様の無理難題をフォローしていてついにぶちきれたのか、とか中の人(村上信悟)が共通なのでいろいろ混乱。

第44回「士族たちの動乱」
やはり超特急佐賀の乱。怪傑ゾロみたいな扮装で現れ刀至上説を唱える桐野。密偵を雇い秘密警察を使い国家を監視させたジョセフ・フーシェのフランス警察を範にした事を彷彿とさせる川路利良と大久保のやり取り。不平武士に武器の扱い方を教える私学校はそのまま一つの武装集団に見える。

第46回「西南戦争」
大山綱良斬首だったか。「寺田屋騒動」では制するために大山が有馬を刺した。遅れてやってきた大久保(手を下していない)に大山が返り血をなすりつけていたが、今度は大久保が大山に手を下す立場に。輪廻は巡る。「有馬と共に地獄で待つ」は痛烈な捨て台詞。

第47回「敬天愛人」
放送前にBL発言があったので皆殆ど月照とのあの事?と想像していたが蓋を開けてみると一蔵と吉之助のブロマンス。死の間際のフラッシュバックに登場するのは妻ではなく吉之助で本当に夢現で迎えに来るし。刀を持てば最強の人斬り半次郎を倒すのが盟友川路の銃。この二人もブロマンス。


西郷どん 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]​​

西郷どん 完全版 第弐集【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]​​
西郷どん 完全版 第参集【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]​​

西郷どん 完全版 第四集【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]
​​楽天ブックス








最終更新日  December 23, 2018 08:25:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 18, 2018
みなさん、こんばんは。

池波正太郎さん原作の時代劇雲霧仁左衛門4を見ていますが明日で最終回です。

これまでの1、2で池波さんの原作は終わっており、3からはオリジナル脚本になっています。
今回天一坊事件が絡みます。


出演
中井貴一 國村隼 内山理名 大東駿介 村田雄浩 近藤芳正 手塚とおる 藤田富
イッセー尾形 小野武彦 佐野史郎 永山絢斗 忍成修吾 星野真里 やべきょうすけ

第1回「大盗賊と御落胤(ごらくいん)」
米価の高騰に揺れる江戸。雲霧一党の頭・雲霧仁左衛門は米問屋・伊勢屋に次の盗みの狙いを定める。雲霧の動きを読んだ火付盗賊改方長官・安部式部は主だった米問屋に見張りを付けた。一方、将軍吉宗の御落胤と名乗る天一坊という謎の男が現れ世間を騒がせる。天一坊の後見人と称する赤川大膳は仕官と引き換えに高額の金を浪人たちに要求していたが、その大膳は大店の米問屋・柏屋清兵衛と裏で繋がっていた。ある日、仁左衛門は行き倒れていた天一坊を偶然助ける。

第2回「米問屋襲撃」
米問屋・伊勢屋に盗みに入った雲霧仁左衛門ら一党は、待ち構えていた安部式部ら火付盗賊改方の捕縛の手から辛くも逃れる。天一坊は幕府から将軍の御落胤と正式に認められるが、赤川大膳と米問屋・柏屋清兵衛が浪人たちから多額の金を集めていると知り不信感を抱く。一方、仁左衛門は、大膳と柏屋、さらにその背後には黒幕がいることを見抜き、策略を練っていた。

今回は大江戸のイーサン・ハントこと州走りの熊五郎(手塚とおる)のサイドストーリー。若き日の熊五郎がいい感じの好青年。安部式部と柏屋清兵衛は現代に転生してやはり追う者追われる者を演っていたな。

第3回「次なる将軍」
雲霧仁左衛門配下の州走りの熊五郎は昔の奉公先の娘・静を助けるため、姿を明かさず自分の金を静に渡す。その金で静の夫・武井半次郎は天一坊への仕官を果たした。一方、安部式部は密偵を紀州に送り、天一坊の出自を調べあげた上で、彼と赤川大膳の捕縛へ向かう。
仁左衛門はそのことを天一坊に告げるが、天一坊は逃げることを拒否する。

時代劇では黙っていても悪役を振られやすい佐野史郎 さんが あっさり前半で退場。惜しい‼きっとどこかで悪役に転生して(をい)そして今回は熊五郎クローズアップしまくり。いつもクールでニヒルな彼がお頭の前で弱音を吐くシーンが出てくるとは。

第4回「鬼」
雲霧仁左衛門は米問屋・柏屋清兵衛と老中・安藤帯刀が米相場を吊り上げて暴利を貪っていると確信し、次の盗みの狙いを柏屋に定める。
雲霧一党の熊五郎は昔の奉公先の娘・静の夫が斬り殺されたことで自分を責め、日陰者の盗賊稼業に疑問を感じるようになるが、仁左衛門に殴られて目が覚める。
一方、火付盗賊改方は柏屋の警備を厳重にし、雲霧一党を待ち構える。

第5回「大脱走」
雲霧一党の熊五郎は無実の罪を着せられた静を救うため、火付盗賊改方の役宅に乗り込み、囚われの身となる。安部式部は熊五郎を市中引き回しにすることを決めるが、それは雲霧仁左衛門が必ず熊五郎を取り返しに来ると読んだためだった。引き回し当日、熊五郎を乗せた駕籠が進む中、見物客の間でいさかいが起こるが、実は彼らは全国から仁左衛門が呼び寄せた雲霧一党なのだった。

今回のサブタイトルは熊五郎純情篇でいいんじゃないか。州走りの熊五郎 と 七化けのお千代 のお互いに叶わぬ恋を分かってる同士感がつおい。時代劇でこれだけ渋い 近藤芳正 さんを見るのは貴重。大江戸版フラッシュモブで熊五郎救出。仲間であることを示す合図がカッコいい。
お互いを庇って傷を負うなんてまるで 愛と誠 みたいだった 州走りの熊五郎 と静お嬢様。これからも傷を見るたびお互いを思い出して切なくなるのだろう。いつも見えない安部式部と碁を打っている雲霧。

第6回「黒幕分断」
柏屋清兵衛が営む両替商から金を盗んだかに見えた雲霧一党だったが、七化けのお千代が同心・永島源八郎に姿を見破られ、辛くも逃走。金は火付盗賊改方の役宅に保管されてしまう。
一方、安部式部は柏屋と老中・安藤帯刀の関係に疑惑を抱き始める。
盗みの失敗の責任を感じたお千代は、敵陣である火付盗賊改方への侵入を雲霧仁左衛門に直訴し、認められる。

指をパチンと鳴らすとはらはらと紅葉が落ちて来て火付盗賊改が惑わされているうちにお千代と伝次郎が姿を消すシーンのカッコよさ。イッセー尾形 さん演じる柏屋清兵衛が家老の家の前で喚き散らすシーンはイッセーさんの独り舞台。

最終回「最期の掟」
安部式部は雲霧仁左衛門の真の標的は、不正の黒幕である老中・安藤帯刀だと睨み、安藤の屋敷を警備する。一方、正義感の強い同心・永島源八郎を仁左衛門は誘拐し、幻惑する。
安藤家の蔵に侵入した雲霧一党は、隠し鉄砲を使った安藤の罠にはまって絶体絶命の危機となるが、間一髪で脱する。式部は仁左衛門が源八郎を操ることで逃走を図ったと知り、激昂。二人の壮絶な斬り合いとなる

もうひとつ、ドラマ編で國村さんとイッセーさんが共演しているNHKスペシャル 未解決事件を見ました。

出演
國村隼 イッセー尾形 小日向文世

事件が発生したのはオウム真理教による地下鉄サリン事件の10日後、張り詰めたような空気が日本社会を覆っていたある朝のことだった。國松孝次警察庁長官(当時)が東京都荒川区南千住の自宅マンションから出たところを発砲され、全治1年6か月というひん死の重傷を負ったのである。
日本の治安を根底から揺るがしたにもかかわらず、犯人を特定できないまま、15年後に時効が成立。にもかかわらず、警視庁は「この事件はオウム真理教の信者グループが、教祖の意志のもとに、組織的、計画的に敢行したテロであったと認めた」と前代未聞の会見をおこなった。
のか。

「どこまで本当なんだろう」と思わせた時点で成功ではこのドラマ。公安と刑事部という警察内部の対立と力関係が「悪い奴を捕え裁くこと」を難しくしていく。イッセー尾形さんの再現シーンは彼の独り舞台。受けて立つ國村さんは組織の生きづらさを引きずりつつ職務に誠実に取り組む刑事。

10月29日にディレクターズカット版が放送されました。
塀の中にいるあの人とNHKとの手紙のやりとりが追加されています。

今の時代手書きであれだけのボリュームの手紙を書く人はいない。書き損じも一瞥した所では見当たらない。書き足りない何かを持ったまま塀の中にいる人(もう容疑者とも呼べないのか)は一体何になりたかったのか。或いは何になったのか。
前に見た時はわからなかったけれど今回最後に出てきた手紙を見て「犯人だ」と思った。何というか主張をあれだけ淀みなく書ける人は物事の最後まで見通せる人なんじゃないかと。警察の思惑まではさすがに無理だったのかもしれないが。







最終更新日  November 1, 2018 09:09:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 13, 2018
みなさん、こんばんは。お盆ですね。海外に行かれた方もいらっしゃるのでしょうか。
NHKのドラマを二つ見ました。

NHKスーパープレミアム「悪魔が来りて笛を吹く」を見ました。

銀座での殺人事件の容疑者にされた旧華族の椿英輔が自殺。その無実を信じる娘の美禰子からの依頼を受けた金田一耕助は、椿邸の住人が行う奇妙な占いに立ち会う。そのとき、夜の洋館に、死んだはずの英輔が奏でるフルートの音色が響く!そしてその夜、屋敷で殺人事件が起こる。横溝正史のゴシック・ホラーを映像化。金田一が連続殺人事件の謎に挑む!

【原作】横溝正史
【出演】吉岡秀隆 志田未来,中村蒼,筒井真理子,村上淳,篠原ゆき子,中島広稀,中村育二,池田成志,火野正平,益岡徹,市川知宏,山西惇,倉科カナ,倍賞美津子,黒沢あすか,見里瑞穂,小林涼子,山村紅葉,橋本マナミ,白井哲也,山西規喜,宮川サキ,岡崎美知子,小市慢太郎
【脚本】喜安浩平

印象的だったのは東太郎と美禰子との関係が分かった時一彦が「父が申し訳ないことを」みたいな内容を東太郎に言ったシーン。こんな時でも生まれつきの育ちの良さが出てしまう一彦と同じ立場ながら第三者への謝罪が言えないで怒りと困惑ばかりの東太郎の対比が際立っていた。
自分にこれほどの苦しみを与えた相手こそ悪魔だと思っていたのに当の悪魔が思いがけない人物であったことを知らされた時の悲しさよ。自らの膿で滅びゆく特権階級と傷を抱えて生きる逞しき庶民&新世代の対比。この二人のシーン和む。そして次はいよいよ 八つ墓村 なんですね?





NHKスペシャルドラマ「花へんろ 特別編 春子の人形」を見ました。

【作】
早坂暁
【脚本】
冨川元文
【出演】
坂東龍汰 芦田愛菜 中西美帆 尾美としのり 田中裕子
【制作統括】
千葉聡史(NHK) 伴野智(東北新社)
【プロデューサー】
加藤邦英(プロジェクト暁)
【演出】
平山武之

昭和初期の四国、松山。お遍路道に沿った商家の軒下に、人形と一緒に赤ん坊が置き去りにされていた。生活苦のお遍路さんらしい・・。この女の子は春子と名づけられ、少年・良介の3歳違いの妹として仲むつまじく育てられた。やがて戦争が始まり、16歳の良介は、海軍兵学校に合格して瀬戸内の海を渡った。思案した母親・静子は初めて春子に事実を告げた。「本当の兄妹ではない」と。兄にほのかな恋心を抱いていた春子は無邪気に喜び、それを兄に伝えるために広島へ向かった。その翌日・・・原子爆弾が、上空でさく裂する。
終戦後、故郷に戻った良介は、信じるものもなく、妹を亡くした喪失感にさいなまれる。やがて苦悩する良介は、ある決心をする。

13歳で亡くなった妹のことを、早坂はずっと書くことができなかった。しかし、数年前から“これだけは未来のために書き残したい”と脚本に向き合い始めた。病と闘いながら執筆を続けたが、途中から冨川元文にバトンタッチ、冨川が原稿を書き終えた2日後、この世を去った。人間の本質と社会を鋭い洞察力で描きつづけた早坂暁のいわば「人生の原点」を鮮やかに示す、遺作ともいうべきドラマ。

 ゆったりした話のテンポと寂しげな音楽が 花へんろ を思わせる。電気が来ない電車の中で夏の暑さにじりじりと焼かれていた学生達が窓を開けたら真っ暗な中に無数の鬼火(原爆で焼かれた人たちの魂)が浮かんでいたシーンがぞっとした。


花へんろ特別編 春子の人形 DVD​​NHKスクエア キャラクター館








最終更新日  May 5, 2022 04:42:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 2, 2018
みなさん、こんばんは。
正月一日目は穏やかに終わりました。やけに救急車と消防車が行きかってた気がしますが…。

正月時代劇風雲児たちを見ました。
見事に大河ドラマ『真田丸』のキャストが揃いましたね~。懐かしいです。

原作:みなもと太郎「風雲児たち」
脚本:三谷幸喜
音楽:荻野清子
演出:吉川邦夫(NHKエンタープライズ)
制作統括:陸田元一(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK)

キャスト
前野良沢:片岡愛之助
杉田玄白:新納慎也
平賀源内:山本耕史
田沼意次:草刈正雄

長野 里美 小日向 文世 高嶋 政伸 遠藤 憲一 村上 新悟 栗原 英雄
阿南 健治 高木 渉

前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”。史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ二人は、鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げます。しかし、刊行された『解体新書』になぜか良沢の名は載らず、名声は玄白だけのものとなりました。二人の間にいったい何が起きたのか…。

娘の臨終にも立ち合わず打ち込んだのに名前が載らない事への妻の怒りも、名前が載らなくても良沢の仕事である事をわかっている藩主の労いも、いずれも良沢への愛から来ていてつまりは周囲から大変愛されている良沢。

お互いの信念が同じであっても、名誉名声を求めているのでなくても、分かり合っていても決別する。だけど同じ所がある故にいつか必ずわかりあうことも出来るしわかってくれる人もいる。それは獄死したとされる源内であっても賄賂政治の田沼であっても同じ。



[DVD] 風雲児たち 蘭学革命篇​​ぐるぐる王国DS 楽天市場店







最終更新日  March 4, 2018 12:40:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 29, 2017
みなさん、こんばんは。今日は中国の旧正月ですね。町で沢山中国人を見かけましたが、昔ほど爆買いはしてないそうです。

池波正太郎さん原作の時代劇雲霧仁左衛門3の放送が始まりました。

これまでの1、2で池波さんの原作は終わっており、今回からはオリジナルです。


出演
中井貴一 國村隼 春風亭小朝 内山理名 板尾創路 モロ師岡 大東駿介 松田悟志
近藤芳正 手塚とおる 村田雄浩

第1回「嵐の予感」
藤堂家への復讐を果たし、雲霧仁左衛門が姿を消してより1年。江戸では雲霧を名乗る残虐な盗賊一党が世情を騒がせていた。これを偽者の仕業とにらんだ安部式部がニセ雲霧捕縛を命ぜられるが、この騒動は仁左衛門をおびき出そうとする藤堂家江戸家老・磯部主膳の策略だった。再び集まった雲霧一党はニセ雲霧の正体を暴こうとするが、お千代が捕らえられてしまう。その窮地に現れたのは――。

それにしても手塚とおるさん随分と古株となったなぁ。遂に登場、おかしら!中井さんが随分と貫禄が出たこと。

第2回「新たなる盗(つと)め」
仁左衛門への復讐を誓う磯部は、剣客・関口雄介に雲霧一党の隠れ家を襲わせ、藤堂家を探ってきた定七が命を落とした。仇を討つべく盗(つと)めを再開した雲霧は、磯部の資金源となっている大店を狙う。動きに気付いた式部は雲霧を追うが、仁左衛門は新たに仲間に加わった大工小僧七松の腕を生かした一計を案じる。

第3回「ほおずきの調べ」ゲスト出演:松井玲奈
仁左衛門が次に標的としたのは味噌醤油を扱う大店・豊田屋。だが金は特注の錠前がつけられた味噌醤油蔵にあるらしく、容易に手が出せない。雲霧の狙いが藤堂家懇意の大店にあると察知した式部は、配下の高瀬を職人として豊田屋に潜入させる一方、七松に幼なじみのおさきを近付けて動きを探る。

柄本佑さんが演じていた因果小僧六之助の代わりに、大東駿介さん演じる大工小僧七松が加わりました。若くて元気が良くて小回りがきくけれど、精神的に脆く利用されることもある。
雲霧一党の大人達との対比を効かせるためのキャラクターですね。

第4回「忘れ形見」ゲスト出演:春本由香 櫻井淳子 森下能幸
下駄雪駄商・丸子屋の様子を探る雲霧一党の小頭・伝次郎は、店で働くおなみを見かけ、動揺する。おなみは伝次郎の昔の仲間で別れた恋人だったが、ひとり娘・お志乃の祝言のために再び盗賊の引き込み役をしていたのだ。だが金の所在がなかなかつかめないことに苛立つおなみの頭・平助は、おなみ母娘を人質に伝次郎から金のありかを聞きだそうとする。

こちらも新しく加わった小頭・伝次郎。以前は小頭・木鼠の吉五郎を伊武さんが演じてました。
「真田丸」でするめかじってる賤ヶ岳の七本槍の一人、平野長泰を演じていた近藤さん、今回はプライベートと一味の間で苦悩する渋い役です。

第5回「奪還」ゲスト出演:渡辺哲 黒沢あすか 柄本明
雲霧一党を捕縛することの出来なかった安部式部は、ついに奥の手を繰り出す。以前捕えた一党の富の市とおかねをあえて死罪でなく遠島に処し、奪還に来るところを一網打尽にしようというのだ。仁左衛門はこの挑戦を敢えて受けるが、江戸市中での計画はハプニングが起きて中止のやむなきに至る。そして最後のチャンスとなる浦賀での出航待ちの夜、偽の人別帳を紛れ込ませて番所を混乱させた一党は、まんまとふたりを救出した。だがこれを読んでいた式部は街道を2方向から進み、逃げる一党を挟撃する。

アクシデントにもめげず奪還を成し遂げてしまう雲霧チーム、さすがです。柄本さんのキャラは次回に続きますね。

第6回「月下の誓い」ゲスト出演:柄本明
雲霧一党を救ったのは、仁左衛門の兄貴分の大盗賊・暁星右衛門だった。後日訪ねてきた星右衛門は、仁左衛門に最後の盗めへの協力を依頼する。狙いは日本橋・松井屋。かつて仁左衛門が指揮をとったものの、ことを急いで満月の夜に押し込んだだめしくじり、星右衛門に傷を負わせてしまった因縁の大店である。他の組織とは組まない仁左衛門だが、押し込み先の名を聞いて囮役を引き受けるのだった。だが安部式部は過去の記録から真の狙いに気付き、駆けつける。

朝倉あきちゃんが潜入捜査に。案の定松田さんがメロメロです。かわいいですもんね。
中井さん演じる雲霧が星右衛門を見送る瞳の悲しいこと。手塚さんはすっかりベテランですね。

第7回「凶刃」ゲスト出演:柄本明
雲霧一党はかろうじて火盗の手を逃れる。暁星右衛門が仁左衛門を裏切ったのは、藤堂家の藩医となっていた息子の立場が危うくなると磯部に脅されていたためだった。星右衛門は一万両の受領と息子の身分を担保する証文を受け取るが、磯部の命を受けた関口に殺されてしまう。一方、火盗の一員・高瀬の道場に潜り込んだおようは関口の正体に気付き――。








最終更新日  October 11, 2018 09:29:26 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 14, 2016
みなさん、おはようございます。今日は雨ですね。

月曜日から始まっているNHKスペシャルを見ています。
Tokyo Trial
東京裁判

70年前の東京で、11人の判事たちが「戦争は犯罪なのか」という根源的な問いに真剣な議論で取り組んだ東京裁判。NHKは世界各地の公文書館や関係者に取材を行い、判事たちの公的、私的両面にわたる文書や手記、証言を入手した。浮かび上がるのは、彼ら一人一人が出身国の威信と歴史文化を背負いつつ、仲間である判事たちとの激しいあつれきを経てようやく判決へ達したという、裁判の舞台裏の姿だった。11か国から集まった多彩な背景を持つ判事たちの多角的な視点で「東京裁判」を描く。人は戦争を裁くことができるか、という厳しい問いに向き合った男たちが繰り広げる、緊迫感あふれるヒューマンドラマ。

出演:ジョナサン・ハイド(豪・ウエッブ裁判長役)、ポール・フリーマン(英・パトリック判事)、マルセル・ヘンセマ(蘭・レーリンク判事)、イルファン・カーン(印・パル判事)、マイケル・アイアンサイド(加・マッカーサー)、塚本晋也(日・竹山道雄) ほか
*NHKの企画原案による、カナダ、オランダとの国際共同制作
*判事役を演じる俳優たちは、それぞれの判事の母国出身

テーマ音楽 中島ノブユキ  題字 赤松陽構造  語り 草笛光子

【ドラマあらすじ】
1946年の春。東京の帝国ホテルに戦勝国11か国の判事たちが集まった。日本の戦争指導者を裁く「東京裁判」を開くためだ。裁判の焦点になったのは、ナチスを裁くニュルンベルク裁判と同時に新しく制定された「平和に対する罪」。それまで国際法では合法とされていた「戦争」そのものを史上初めて犯罪とみなし、国家の指導者個人の責任を問う新しい罪の概念であった。この「平和に対する罪」を弁護側は事後法として否定する。判事室では各々の判事の意見が鋭く対立、最初は短期間で決着がつくと思われた裁判は、混迷と長期化の様相を見せてゆく。
裁判の舞台裏の攻防に、日本滞在中の判事たちの私的な行動や、周辺に現われる人物の思惑が混じり合う。1948年の秋、ついに11人の判事たちは2年半に及んだ東京裁判の結論となる判決を出すべく、最後の評議の場に臨むのだった。被告たちの生と死が分かれる瞬間。それは、「人は戦争を裁けるか」という、人類の根源的な問いに答えが出されるときでもあった。

第一回
ああ敗戦国なんだな、と一番分かるのは食べ物。占領国の判事達が食べている帝国ホテルの豪華な食事と実映像のアルミ椀いっぱいの食べ物を喜ぶ子供。これ弁護側のドラマも見てみたい。結果ありきの裁判なら絶対圧倒的不利であり日本側の弁護人に立つ事自体圧力がかかりそうだ。
そもそも戦争は個人を裁けばそれで済むのか、という問題は、個人を倒せば戦争はそれで済むのか、という問題に繋がる。済まないのは突撃作戦をやってもISが跋扈している現在を見れば明らかで、でも裁かなければ何らかのけじめがつかないから裁く、つまり結果ありきだった、と。

第二回
裁判の舞台裏もパワーゲームだ。植民地として支配下にあり宗主国と現在も戦っているインドのような国と、帝国主義の名残の国が争っている。戦争は集団で起こした罪のようなものであるのに、個人を裁こうというのがどだい無理な話で、政治と法はやはりなじまない。

第三話
パル判事「正義を拙速に運ぼうとするとよくない」という意味の事を言っていたけれどまさにその通り。「これで罪に問わないとニュルンべルグ裁判の結果がひっくり返るから罪に問う」と最初から結果ありきで法の解釈をねじまげようとする国家とそれに乗っかろうとする法の番人。
ドラマでは登場しなかったけれどしごくまっとうな理論ですね東条英機元首相。「戦争は相手がある事であり、相手国の行為も審理の対象としなければならない。この裁判は、勝った者の、負けた者への報復と言うほかはない」報復と裁判を分けるものこそ揺るがぬ法の原則であるのに。

第四話
戦勝国の判事として敗戦国かつ帝国主義の日本を裁いた共産主義国の中国とソ連の判事が政争に巻き込まれて失脚とは何とも皮肉な。「われわれはまだ戦争を悪として裁くことができない」予言めいた言葉はこれからすぐ隣の国の戦争や、そののちの東西冷戦へと繋がっていくわけで。







最終更新日  October 4, 2019 12:40:37 PM
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


© Rakuten Group, Inc.