映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

韓国映画

October 14, 2021
XML
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。白鵬が引退するようですね。今日も韓国映画を紹介します。
韓国映画​​ファイティン!を見ました。

ファイティン!
CHAMPION
 
出演
マ・ドンソク ハン・イェリ クォン・ユル

監督
キム・ヨンワン

    アメリカ・ロサンゼルス。子供の頃に韓国から養子に出されたマークは、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、八百長疑惑をかけられて除名され諦め、今はクラブの警備係として働いていた。そこにスポーツエージェントを名乗るパク・ジンギが現れ、マークを韓国で行われる大会に誘う。考えた末に韓国へ向かったマークは、ジンギから教えられた実母が住む家の住所に向かうが、家の反応はなく、やむなく立ち去る。それを部屋の中から見ていたのは、ジュニョンとジュニの二人の子供とその母親のスジンだった。

 アームレスリング=要は腕相撲。『オーバー・ザ・トップ』でシルベスター・スタローンが演じていたが、今回のオ・マンソクは随分小粒だ。顔も小粒で、必死になった顔がなんだか可愛いのは反則。『新感染』にも出演していたが、強面なのに憎めない。「この映画は、マ・ドンソクがアームレスリングをしたら面白いだろう、というシンプルなアイデアからスタートしました。」とは監督弁。自分ありきの企画だからリキ入れて上腕筋随分鍛えたんだろう。いやぁ、ぶち切れるんじゃないかと素人はハラハラしましたぜ。『白頭山大噴火』では科学者の役をやっていて逆に似合わない!と思ってしまった(失礼)。

  お約束のようにマークは(この英語名前も似合わない!)次々と勝っていく。韓国映画なので情は絡む。こすっからい奴、“札びらで頬叩けばお前は言う事聞くんだろう?”とマウンティングする悪い奴など、悪役は大変わかりやすい造形。絶対子供が見てもわかる。金と義理とどちらを選ぶかという定番のテーマが出てくるが、特にドキドキハラハラしなくても見ていられる。要はヒーローものだから安心して見ていられる映画。


ファイティン! [ マ・ドンソク ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 14, 2021 12:03:25 AM
コメント(0) | コメントを書く


October 13, 2021
カテゴリ:韓国映画
みなさんこんばんは。真子様と小室さんの結婚反対のデモ行進が銀座であったみたいですね。今日も韓国の映画を紹介します。
映画​安市城グレートバトルを見ました。

安市城グレートバトル
THE GREAT BATTLE

出演
チョ・インソン  ナム・ジュヒョク ソン・ドンイル パク・ソンウン ペ・ソンウ

監督
キム・グァンシク

 西暦645年。朝鮮半島の支配をもくろむ唐の皇帝・太宗は、20万人を超える大軍を率いて高句麗へと攻め込み、都の平壌を目指そうとしていた。高句麗の宰相ヨン・ゲソムンは15万人の兵士を送って遼東で唐と対戦するが惨敗を喫し、高句麗の命運は風前のともしびに。ヨン・ゲソムンは、この戦いへの召集に応じなかった安市城の城主ヤン・マンチュンを裏切り者とみなして、部下のサムルに彼の暗殺指令を下す。かくしてサムルは安市城へ向かう。各地の城が次々と陥落していく中、安市城の城主ヤン・マンチュンは、国、そして高句麗の民を守るため、わずか5,000人の兵を率いて戦いに挑む。

人呼んで韓国版「300」。大国唐に対して高句麗の全軍ではなく山城の城主と住民が抵抗し続けた逸話が元になっている。朝鮮半島の三国時代は、高句麗・百済・新羅のうち結局唐と組んだ新羅が三国統一を果たす。しかし最も領土が大きく唐と国境が接していたのは高句麗で、唐が最も手を焼いていたのもまた高句麗だった。だから高句麗をベースに国造りを行っていれば、現在の韓国の歴史は変わっていたのではないかという説が根強い。本作の韓国でのヒットもそうした感情と無縁でない。

  籠城戦というのは、兵糧やメンテナンスを考えると、あくまでも援軍が来るまでの期間を見込んで行うものだ。ところがマンチュンは高句麗の中でも裏切者扱いされ、唐が攻めてくれば山をバックにするとはいえ、武器や食料のメンテナンスも期待できない。兵士が減り敵兵が攻めてくれば、村民も戦わなければならなくなる。

  映画自体は途中ちょっといなくなるがヨンゲソムンの密命を帯びて安市城にやってきて、やがてマンチュンの人柄を知り彼を慕うようになっていくサムルの視点で描かれている。演じているのが若手のナム・ジュヒョク。もっと前ならば、この役をマンチュン役のチョ・インソンが演じていただろう。『バリでの出来事』で怒れる若者を演じていたインソンが、カリスマ性溢れるリーダーを演じる年代になるとは。マンチュンの妹とその恋人、ソン・ドンイル演じる認知症の母と暮らす職人、高句麗が滅びると予言する巫女、反目し合うがいざ戦いとなればお互いを助け合う斧の使い手と剣の使い手のぐっとくるエピソードを挿入しながら、量で押す唐の大軍を知略で跳ね返す攻城戦を描く。



安市城 グレート・バトル【Blu-ray】 [ チョ・インソン ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 13, 2021 12:07:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 12, 2021
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。病気療養のため伊東祐親役でのご出演を辞退された辻萬長さんが逝去されましたね。
韓国映画サムジンカンパニー1995を見ました。

サムジンカンパニー1995
SAMJIN COMPANY ENGLISH CLASS

監督
イ・ジョンピル

出演
イ・ソム コ・アソン パク・ヘス

百想芸術大賞作品賞&青龍映画賞助演女優賞&音楽賞&美術賞

  1995年、ソウル。大企業サムジン電子に勤めるジャヨン、彼女の同期で推理小説マニアのユナ、数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部のボラムは、雑用ばかりさせられる状況にうんざりしていた。TOEIC600点獲得者を昇進させるという会社が打ち出した方針に色めき立つ3人だが、ジャヨンは自社工場からの汚染水が川に流出しているのを目撃。隠蔽しようとする会社に怒りを覚えた彼女らは、汚染水流出の真相を探ろうとする。

  ドラマ「応答せよ」シリーズでよく取り上げられる1990年代前半。それもたいてい「昔は良かった」的なイメージで描かれる。なぜかというと、この時代の韓国は、まだIMFの寒波に見舞われる直前だった。1988年のソウルオリンピック、1993年の大田(テジョン)国際博覧会(万博)が行われ、アジアの小国が世界から人を招けるほどになった。まるで1964年の東京オリンピックを迎えた時の日本のようだった。個性と個人主義が花咲きはじめ、おしゃれと自由を謳歌し、これまでの世代とは異なったライフスタイルの若者たちがX世代と呼ばれていた。つまり「夢を持って将来を描けばかなえられる」という理想が当たり前のように信じられる時代だった。

  だから理不尽な会社の制度に向かって立ち上がりつつも、会社自体をつぶそうとは考えない女性社員たちの奮闘が温かく迎えられたのかもしれない。男性社員からバカにされていたが、意外な特技が推理の役に立ったり、反発しているように見えて実は裏で手を組んでいたりと彼女達を応援したくなるツボが随所にある心憎い構成。

   実際に某大企業で商業高校卒の社員のためにTOEICクラスが開設されていたことや、1991年に起きた、斗山電子のフェノール流出による水質汚染事件がモデルとなっている。また、本作のジャヨンにもモデルが存在すると監督が韓国の取材で語っており、現パリバゲットのイム・ジョンリン支会長が若い頃に経験した会社での不当な扱いに立ち向かったエピソードをもとに制作をスタートした。


サムジンカンパニー1995 [ コ・アソン ]​​楽天ブックス








最終更新日  November 24, 2021 07:10:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 11, 2021
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。 歌手のGACKTが、神経系疾患と重度の発声障害のため、芸能活動を無期限休止するそうです。今日から韓国映画を紹介します。

新感染 ファイナル・エクスプレス​
TRAIN TO BUSAN

出演
コン・ユ チョン・ユミ マ・ドンソク

別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになったファンドマネージャーのソグ。夜明け前のソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込むが、発車直前に感染者を狂暴化させるウイルスに侵された女性も乗ってくる。そして乗務員が彼女にかみつかれ、瞬く間に車内はパニック状態に。異変に気づいたソグは、サンファとその妻ソンギョンらと共に車両の後方へ避難する。やがて彼らは、車内のテレビで韓国政府が国家非常事態宣言を発令したことを知り……。

カンヌ国際映画祭やシッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となったパニックホラー。本編は、ウィルス感染者が時間と共にどんどん増えていく→一般人がゾンビに侵食されていくホラー風味のパニックものであり、『大陸横断超特急』のように上記の理由で釜山まで暴走列車を扱った列車パニックものでもある。

映画では“ウィルスにかかった人間がゾンビ化する”という形でウィルスを可視化していた。しかし現実のウィルスは、見えないからこそ怖かったのだと今ならわかる。ゾンビのように見えていれば“それ”から逃げればいいだけなのに。とはいえ理性を失ったゾンビは残酷度をパワーアップさせてくるため、逃げるのも一苦労だ。逃げ惑う中で明らかになるのは人間のエゴだ。「自分だけ助かろうとする者」は相応の報いを受けるが、他者のために犠牲になろうとした「善き人」もやはりゾンビ化するので勧善懲悪のセオリーは当てはまらない。やはりウィルスは無差別である。何せ主演俳優のコン・ユですら生き残れない。醜くゾンビ化した姿を見せないのがせめてもの主役感である。

「今まで感染もの映画をたくさん見てきたけどリアルは全然違ってたね!」と同僚と話をしていたのだが、まさにこのタイミングで放送されたか。



新感染 ファイナル・エクスプレス【Blu-ray】 [ コン・ユ ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 11, 2021 12:01:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 6, 2021
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。元関脇勢が引退するそうです。
今日は韓国映画を紹介します。原作は日本の小説ですよ。

Be With You ~いま、会いにゆきます​
BE WITH YOU

出演
ソ・ジソプ ソン・イェジン コン・ヒョジン キム・ジファン コ・チャンソク

監督
イ・チャンフン

 スアは、夫のウジンに雨の日に戻ると言い残して亡くなってしまう。ジホは1年前に亡くなった母・スアの形見である絵本を大事に持っていた。絵本にはスアの遺言「雨の季節になったら、会いに来る」が書き込まれており、ジホは梅雨に入ったとのニュースを見て、母に会えると胸を高鳴らせていた。1年後の梅雨入りのころ、約束通りスアは昔と変わらぬ姿でウジンの前に現れるが、彼女の記憶は全て失われていた。ウジンは、自分のことを思い出せなくても、彼女がそばにいてくれるだけで幸せだった。

 2004年に竹内結子と中村獅童の共演で映画化された『いま、会いにゆきます』のリメイク版。
夫のウジンの設定や、日本版では夫からの目線で描かれていた物語を、韓国版では前半はウジンの目線、後半はスアの目線と構成、さらに日本版には出てこない、ウジンの良き理解者である親友を登場させている。高校時代水泳選手だったという設定は水泳選手として国代表にも選ばれたソ・ジソプの特徴を生かしたものである。どじっこウジンがデートで失敗しても変な恰好で待ち合わせにやってきてもスアが実はベタぼれだったことが明かされるなどダブル視点での構成が生きている。原作では夫が脳内で化学物質が異常分泌される奇病という設定だったが、映画版では突然倒れるなど病気らしいことは明かされているが詳細の説明はない。

 韓国ではどんな美人女優さんでも吐くシーンを演じたり体当たりが多いが今回もドーン!と車に轢かれるシーンや学生時代で鼻血を出すシーンが出て来る。記憶がなくても再び恋に落ちてゆく二人の現在と、過去の二人のなれそめが交錯して描かれる。事実が分ってみると全てを知りながら二人の元にいたスアが何とも切ない。


Be With You~いま、会いにゆきます 通常版Blu-ray【Blu-ray】 [ ソ・ジソブ ]​​楽天ブックス







最終更新日  July 6, 2021 12:03:11 AM
コメント(2) | コメントを書く
July 5, 2021
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。またセルビア人選手団の中に陽性者がいましたね。きっとこれから毎日こんなニュースばかりでは。

今日は韓国映画を紹介します。
映画空と風と星の詩人 尹東柱の生涯を見ました。

空と風と星の詩人 尹東柱の生涯
DONGJU: THE PORTRAIT OF A POET

監督
イ・ジュニク

脚本
シン・ヨンシク

​出演
カン・ハヌル パク・ジョンミン

 1917年北間島(中国吉林省東南部)の同じ家で生まれ育った、いとこ同士の尹東柱と宋夢奎は中学を卒業すると共にソウルの延禧専門学校へ進学する。尹東柱は医者になってほしい父を説得して選んだ文学部への入学だった。二人は同級生姜処重やイ・ヨジンらと共に、夢奎の散文や東柱の詩を載せた同人誌を編集発行する。東柱はヨジンの紹介により、長年憧れていた鄭芝溶詩人に出会い、詩人になる夢をさらに膨らませる。1941年延禧専門学校を卒業した尹東柱は、日本への留学の必要からやむなく創氏改名に応じ、一家は「平沼」姓となり、夢奎も「宋村」と創氏する。二人は揃って日本へ渡り、夢奎は京都帝京大学へ、東柱は東京の立教大学に入学するが、戦時体制の気風が激しくなり後に京都の同志社大学に転学する。翌年、独立運動を主導した嫌疑により宋夢奎は逮捕され、帰郷しようとしていた尹東柱も捕らわれてしまう。

 韓国の詩人・尹東柱の生涯を、詩とモノクロ映像でつづる伝記ドラマ。物語は牢で尋問を受ける【現在】と創氏改名を強いられ日本に移る学生時代の【過去】を交錯させて描く。

 本作の監督が撮る 『王の男』も、強大な権力を持つ王に芸人が歯向かう物語だった。今回歯向かう相手が日本軍なのは痛しかゆし。尹東柱の名を聞いたことはあっても生涯は知らなかった。韓国に詳しい年配者の中には彼のファンがいた。反革命分子とは決して言えない風物を謳った詩がいいらしい。自身が疑われたというより、危険思想を持つ従兄に加担したと思われ引っ張られたという方が正しい。もう少しで英訳され世に出るはずだった彼の詩は、危険思想を伝播するなどといういわれのない疑いで握りつぶされる。映画では彼以外にも、戦争を快く思わない日本人知識層が排斥される様も描いており、彼の詩を世に出そうと尽力する日本人の活動も描いている。決して全ての日本人=悪と断じてはいないところが、見やすかった理由だろう。


空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜 [DVD]​​ぐるぐる王国DS 楽天市場店







最終更新日  July 5, 2021 04:51:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 21, 2020
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。文科省が全国の国立大に中曽根元首相への弔意を強制するなんておかしくない?
今日から4日間韓国特集で韓国の映画や小説を紹介します。

映画82年生まれ、キム・ジヨンを見ました。

82年生まれ、キム・ジヨン
KIM JI-YOUNG: BORN 1982

出演
チョン・ユミ コン・ユ キム・ミギョン

監督
キム・ドヨン

 結婚を機に仕事を辞めたジヨンは育児と家事に忙殺され、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。夫と共に新年実家に帰った日、ジヨンは「ジヨンを家に帰してください」とまるで自分の母のような事を言う。家に帰るとさらにその時の記憶は全くなくなっていた。夫のデヒョンはジヨンにその真実を告げることができずにいた。

 映画と原作ではラストが異なる。原作は一切救いがない。結局男性の女性観は変わらないという現実を見せて終わる。映画の方が多く救いの手が差し伸べられている。娯楽作として大勢の人に見てもらうための改変か、製作者の願いなのか。

 コン・ユが夫役を演じるというので、絵にかいたような残念な夫を演じるのかと思っていたが、こちらもかなり妻を想う夫になっている。記憶のない妻が職場で突拍子もないことをしでかしては本人が可哀想だという思いから再就職にも消極的なのだが、事情を知らないジヨンには非協力的な夫に映る。

 大きく変わっていたのはジヨンの家族だ。バスでいやな思いをしたジヨンに父親が注意する件は憶えているが、確か原作では母親はあんなに協力的ではなかった。映画では母親の歴史も描いており、祖母の頃に比べて大きく経済成長を果たしたにも関わらず、女性に対する社会の見方―特に男性の見方が変わらない現実をつきつける。

 「韓国って酷いんだね」と他人事で見ていられるほど日本女性もいい想いをしているわけではない。そもそも閣僚に「女性活躍」なんていうのをわざわざ作るのは、それだけ社会が対応できてないからだ。スローガンに利用されるのが落ちで、コロナ禍の際学級閉鎖にして最も多く影響を受けたのは、やはり働く母親だった。2020年の日本の“最も多い姓名の女性”は、まだ幸せではない。だが、決して幸せになれることを諦めてはならない。それだけは確かだ。

 韓国でベストセラーとなり、日本でも販売された小説を映画化。キム・ジヨンは1982年に生まれた女性で最も多い名前。主演のチョン・ユミと夫役のコン・ユが『トガニ 幼き瞳の告発』や『新感染 ファイナル・エクスプレス』に続いて共演。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

82年生まれ、キム・ジヨン[DVD] / 洋画
価格:4752円(税込、送料別) (2022/8/6時点)













最終更新日  August 6, 2022 04:39:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 8, 2020
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。
映画悪の偶像を見ました。
遅い時間帯だったとはいえ広い会場に観客は私ともう一人だけ。
まだ出足は戻ってないんでしょうか。都内は避けたのに。

悪の偶像
IDOL

出演
ソル・ギョング ハン・ソッキュ

監督
イ・スジン

 市議会議員のク・ミョンフェは、息子のヨハンが飲酒運転で人をひき殺したことを知る。自身の政治生命が危ういと考えた彼はもみ消そうとするが、事故現場に居合わせた被害者の新妻リョナの行方がつかめなかった。口封じをするためにミョンフェがリョナを捜す中、被害者の父ジュンシクも彼女が妊娠中だったことを知り後を追う。

 監督は最初ハン・ソッキュをジュンシクに想定してシナリオを渡したが、彼はミョンフェ役を希望。後に出会ったソル・ギョングもミョンフェを希望していたとか。共感を集めそうなのは常に虐げられ搾取される庶民サイドのジュンシクだが、変わってゆく姿が劇的なのは、なるほどミョンフェだ。

 職業が医師。「医は仁術」というくらいなので人々の抱く印象も良い。空港から戻って来る場面が初登場だが、迎える党の重鎮たちの意向に逆らってでも原発反対を通す筋の通った政治家である。ところが他でもない息子の事故により、“見える”外のイメージを守るために“見えない”ところでえげつない事に手を染めていく。駐車場の澱んだ水を抜くシーンがあるが「全て水に流して見えないようにする」=罪を亡き者にするという比喩だろう。偶像としての自分を守るために、周り全てをなぎ倒してゆくミョンフェには、息子さえも大事な存在ではない。

 政治家の欺瞞を暴く立場に立つのは庶民という定説がある。被害者筆頭のジュンシクのモノローグから本編は始まる。彼は最後まで利他の人である。息子を想い、彼のためにいかがわしい場所から嫁になる女性を見つけるために大金を払い、嫁リョナが妊娠中だとわかると大量の栄養ドリンクを運び込む。こんな献身的な男性が報われずにいるはずがないと思うし、鉄槌を下すなら彼だ。しかし本編では違う。

 偶像の付属品にされてしまうジュンシクとも甘んじて偶像を守ろうとするミョンフェとも一線を画する存在がリョナだ。彼女の心情は「やられたらやり返す倍返し」のどこかのドラマの主人公そのもの。中国からやってきて家族も少なく、金もない。そして妊娠中。最も弱き虐げられる者が最も強き者に刃を振るうが、その刃は正義の名をもたない。彼女だけが偶像から解放されるが、民衆は偶像だけを見つめている。

 社会風刺にしたいのか、単純なサスペンスにしたいのか迷うし、「実際ここで終わってもいいんじゃないか」という節目をいくつかすっ飛ばして長い印象もある。監督自身映画を単純にジャンル分けして欲しくなさそうだ。


悪の偶像 [ ハン・ソッキュ ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 21, 2020 08:11:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 24, 2020
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。今話題の映画パラサイト 半地下の家族を見ました。ちょうど監督と主演のソン・ガンホが来日中ですね。

パラサイト 半地下の家族
Parasite

出演
ソン・ガンホ イ・ソンギュン

監督&脚本
ポン・ジュノ

カンヌ国際映画祭パルムドール
アカデミー作品賞&監督賞&脚本賞&国際長編映画賞
ゴールデングローブ外国語映画賞

 半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウが家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョンその家に足を踏み入れる。

 韓国旅行に何度か行き、ボランティアガイドとプロのガイドを頼んだことがある。ボランティアガイドはリタイアメントした初老の男性で、江南に家を買ったと言っていた。プロのガイドは5年前に40代後半だったが、ツアーの入った時にだけ契約を結ぶ不安定な雇用だった。初老の彼が退職した頃と40代の男性が不安定な雇用に入った時期は一致している。IMF通貨危機である。海外支援を得るために、韓国政府は構造改革を進めることを約束し、現在に至る大企業優先の方針が取られた。中小企業は軒並み潰れ、リストラが頻繁に行われ家父長制で父が持っていた権威は地に落ちた。

 本編に登場する二組の家族は日本で言うところの分かりやすい勝ち組と負け組だ。序盤はひょんなことからチャンスを手にしたギウ、目の利くキム家の長女のアイデアが次々と当たり、負け組一家がうまく世渡りしていくコメディだ。確かにコメディは間口を広くして観客を呼ぶにはいい。後からどんな事が起こって「えっ、こんな類の話だったのか!」と逃げ出そうと思っても、その頃にはどっぷり映画に浸かっているアリジゴクのような映画だ。

 私達日本人から韓国と言えば「キムチの匂い」なのだが、韓国の中では匂いにも格差があるらしい。確かに匂いは遮断するものがなければ容易くどこへでも入り込む。同様のものが水だ。水は高きから低きに流れ、どん底まで行けば溢れ出す厄介な代物だ。しかし高き場所でしか暮らさない人からすれば、時折降る大雨ですら、湿気があっていい天気になる恵みの雨になる。同じ現象であっても、同じ韓国人であっても、境遇によって全く異なる感想を抱く。一致団結して軍事政権に立ち向かい、民主化を実現した韓国国民は、日本からすれば些か羨ましい。しかし、裏ではじわじわと格差が広がっており、何かのはずみで両者の衝突を招きかねない一触即発の事態が進んでいるのだとしたら、それは何とも恐ろしい。

 ネタバレ禁止令がパンフレットで2頁に亘り書かれている念の入れようだった。


パラサイト 半地下の家族【Blu-ray】 [ ソン・ガンホ ]​​楽天ブックス







最終更新日  July 7, 2020 02:56:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 28, 2019
カテゴリ:韓国映画
みなさん、こんばんは。1997年韓国に通貨危機が起こったのを覚えていますか?
その時のことを映画化した作品
国家が破産する日を見ました。

国家が破産する日
Default

出演
キム・ヘス ユ・アイン ホ・ジュノ ヴァンサン・カッセル

  1997年の韓国。韓国銀行のハン・シヒョンが通貨危機を予測し政府は非公開の対策チームを招集するが、国家の破産までわずか7日に迫っていた。同じころ、危機の兆候を独自に察知した金融コンサルタントのユン・ジョンハクは、一獲千金をもくろむ。一方、町工場の経営者ガプスは、大手百貨店との大型取引を手形決済の条件で引き受ける。

韓国を震撼させた1997年の通貨危機の裏側を暴いた、史実に基づくドラマ。史上最悪の通貨危機に立ち向かった人々を描く。

理性の人、情の人、どんな時でも韓国の事を考える理想の人を体現するのがキム・ヘス演じるハンン・シヒョン。リーマンショックを予測して大儲けしたアメリカ映画『マネーショート華麗なる大逆転』の男達のように、韓国破産に賭けて大当たりする人―危機をチャンスに変える人の代表がユ・アイン演じるユン・ジョンハク。最後まで政府によって情報を隠された事により、対応が後手後手に回り、最も大きな痛手を被る庶民代表がホ・ジュノ演じるガプス。

“立ち向かう”とあるが実際にはほとんどの人は危機に負けた。韓国は一度破産してIMFに助けを求めたのだ人はウォンを売るのでウォンの値打ちがどんどん下がりまともな貿易ができなくなる。聡い人はドルに換える。困った人々が売る土地や家を雀の涙のような金額で買い叩く。以後、韓国では土地の再開発が始まる。。IMFは資金援助をするがこれは紐付きの金だ。金を出すなら口も出す。韓国の社会構造にまで口を出しドラマや映画で何度となく叩かれる大企業の台頭、政治がらみの汚職はここから拡大する。

隣の国の物語、他山の石ではない。日本の借金も膨れ上がる一方なのに、見せかけの豊かさに目を晦まされて拡大する一方の国家予算に誰も危機感を抱かない。円の値打ちが下がることなどない、日本の国が倒れることなどない、と無責任な自信によって未だ国際はほとんど国内で買われているが、日本にも“その日”はやってくる。映画のラストで生き残ったユン・ジョンハクの教訓は国家を信じないことだそうだ。さて、日本はいま、どれほどの国民に信じられているのか。


国家が破産する日 [ キム・ヘス ]​​楽天ブックス







最終更新日  July 5, 2020 02:00:17 PM
コメント(0) | コメントを書く

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR


© Rakuten Group, Inc.