映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

インド映画

May 2, 2022
XML
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。今年のGWは海外に行かれる方も多いみたいですね。今日もインド映画を紹介します。

ガリーボーイ
GULLY BOY

出演
ランヴィール・シン シッダーント・チャトゥルヴェーディー アーリヤー・バット

監督
ゾーヤー・アクタル

 大学生のムラドは、ムンバイのスラム街に生まれた。彼は学費を送ってくれる両親に黙って裕福な家の娘と交際し、地元の悪友とつるんでいた。ある日、大学のキャンパスでフリースタイルのラップパフォーマンスをする学生 MC Sherと出会ってラップに魅せられた彼は、フリースタイルのラップ大会での優勝を目指す。

 ムラドの家庭は父親が公然と若い第二夫人を連れ込み、ムラドの母親に世話をさせるという時代に逆行するかのような男尊女卑が行き渡り、表立って非難する人は誰もいない。狭い家に歪な家族が住まい、父親はいつも怒鳴ってばかり。母親はムラドに優しいが、海のものとも山のものともつかないラッパーという職業を選ぶ息子を受け入れるほど心に余裕がない。恋人はいてもやはり公然と会うことはできない。

 貧困が主な原因である世の中の不条理に怒る若者はどこにでもいる。考えてみれば、人口爆発で貧しい人々が多くスラムもあるインドにも、いてもおかしくない。はけ口を見つけ、更に表現方法まで取得したムラドは幸運な方だったのだ。

 インド音楽というと、やたら長いインド映画で音楽が流れてきたら「おっ!インド映画だ!」とすぐわかる節回しと「いつまで続くんだよ」と言いたくなるリフレインがお約束…と思っていたら、彼の国からラッパーが登場していた。

 従来のイメージを覆すといえば、ヒロイン像もそうだ。では従来のインド映画ヒロインとは?というと感情を表に出さずひたすら夫に従順で貞淑。だがムラドのGFサフィナは両親に隠れてスラム出身のムラドと長年付き合い、厳格な母親より甘い父親に取り入るちゃっかりした所もある。感情ははっきり表に出し、キャットファイトも辞さない。彼女と並ぶとむしろムラドの方がおとなしく見える。だからこそ普段おとなしいムラドがラップでだけ感情を吐き出せる設定が説得力を持つ。

ムラドが村にやってくる場面など、大方のシーンは実際のスラムで撮影されたそうだ。「スターがスラムで何かあったらどうしよう」とスタッフは心配したそうだが、意外と地元民たちは関心がなかったとか。




ガリーボーイ【Blu-ray】 [ ランヴィール・シン ]​​楽天ブックス







最終更新日  May 2, 2022 03:14:30 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 1, 2022
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。岸田首相は新潟県の「佐渡島の金山」について世界文化遺産への登録をユネスコに推薦する方針を表明しました。今日から二日間インド映画を紹介します。
インド映画​あなたの名前を呼べたならを見ました。

あなたの名前を呼べたなら
SIR

出演
ヴィヴェーク・ゴーンバル ティロタマ・ショーム

監督
ロヘナ・ゲラ

2018年カンヌ国際映画祭GAN基金賞

 農村で生まれたラトナは、ムンバイで建設会社の御曹司アシュヴィンの家で住み込みのメイドとして働いていた。ファッションデザイナーを夢見る彼女は、挙式直前に婚約者の浮気で破談になった傷心のアシュヴィンを気遣いながら身の回りの世話をしている。あるとき、ラトナがアシュヴィンにあることを頼んだのをきっかけに、二人は親しくなっていく。

 ラトナ「Sir, you must be aware that four months after my wedding, my husband passed away. ご主人様、結婚式の4か月後に、私の夫が亡くなったのです。」
アシュヴィン「すまない。知らなかった。Sorry... no... I didn't know.」
「He was sick. He didn't tell anyone. Parents are always in such a hurry to get us married. It's the same in the village. I wanted to study, but the groom's family were willing to take me without any dowry, so my father didn't ask any questions. I became a widow at the age of 19. Do you know what that means in the village ? 彼は病気でしたが誰にも言わなかった。両親はいつも私たちを結婚させるのにとても急いでいた。村でも同じです。勉強したかったのですが、花婿の家族が持参金なしで連れて行ってくれたので、父は何も質問しませんでした。私は19歳で未亡人になりました。それが村で何を意味するのか知っていますか?」
「何だい?What ?」
「あなたの人生は終わった、ということです。Your life is over.」

 昔インドでは夫が亡くなると未亡人(この言い方は嫌だが)は夫の亡骸と共に火で焼かれた。いわゆるサティーだ。インドでは夫がいなくなると女性の人生が終わってしまう。女性はずっと男に支配され続ける。結婚するまでは父親の支配、結婚後は夫の支配、そして亡くなった後-今ではもうサティの習慣はないので―は婚家の支配、子供が成長すれば子供(息子)の支配下に。自立を認められていない。封建的にもほどがある。

 そのような環境下でメイドとご主人様の恋が始まる。周囲-とりわけアシュヴィンの友人はラトナを愛人にしてしまえ、というが本当に彼女を愛してる彼ができるはずもない。愛しい相手の名前を呼びたいのは当たり前なのに、身分制度が許さない。今回の邦題はどんぴしゃだったと思う。ラトナが念願叶って彼の名を呼ぶ瞬間をお見逃しなく!



あなたの名前を呼べたなら [ ティロタマ・ショーム ]​​楽天ブックス







最終更新日  May 1, 2022 07:41:46 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 1, 2021
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。選挙から一夜明けましたね。
映画​パッドマン 5億人の女性を救った男を見ました。

パッドマン 5億人の女性を救った男
PADMAN

主演
アクシャイ・クマール

監督
R・バールキ

  北インドの貧村で小さな工房を共同経営するラクシュミは、新妻のガヤトリが生理の際に古布を使っていることを知る。ラクシュミは、市販のナプキンが高くて買えない妻のために清潔なナプキンを作ろうと研究に没頭するが、周りの人々から非難されてしまう。不衛生は万病の元。市販の生理用ナプキンを「高価すぎる」と妻に拒否されたラクシュミは、安価なナプキンを自作しようと思いつく。都会に出たラクシュミは、ある素材の存在を知る。

  夫が妻のために安くて安全な生理用品を作ろうとする実話が元。生理用ナプキンの話もインドにかかるとダンス&歌込みになる。インドでは生理中の女性は室外の檻に隔離されて過ごすというのが、つい最近、2001年の話、この当時、インド女性のナプキン使用率はたったの12%。21世紀になっても、雑菌がつきまくる布を、人目につかない所で洗濯&干しして良しとしていたなんて。世界は広い。村から一歩出た人達の中では、ラクシュミの清潔に関する強い意識こそが正しいのに、自ら実験する彼は変人扱い。何よりも開発目的だった妻が夫のことを“恥ずかしい”と言い、実家に帰ってしまう。一方で学者の父に育てられた聡明なバリーはラクシュミの思想と才能に共鳴し、彼を支援する。タイプの異なる二人の女性がラクシュミを支える。アメリカ映画ならバリーと再婚というパターンになりそうだが、お堅いインド映画。やはり妻の元に戻ってくるのがほろ苦い。

 ラクシュミが偉いのは、ただ安価なナプキンを女性たちに提供するのではなく、女性達を働き手として雇い、彼等の社会進出を助けたことだ。やがてはインド全体の経済・社会を押し上げる大きな力となっていくサクセスストーリー。



パッドマン 5億人の女性を救った男 [ アクシャイ・クマール ]​​楽天ブックス







最終更新日  November 1, 2021 12:12:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 31, 2021
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。仁徳天皇陵が世界遺産登録後初めて10月に発掘調査されることになりました
今日もインド映画を紹介します。

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル​
JUNGLEE

出演
ヴィドゥユト・ジャームワール

監督
チャック・ラッセル

 ムンバイで獣医業を営むラージ。インド武術カラリパヤットの使い手で強く魅力的な彼は、母の10周忌の儀式に参加するため、故郷のチャンドリカへと赴く。そこは象の聖域と呼ばれる山奥で、父ディパンカルは野生インド象保護公園を運営していた。幼い頃から公園の野生の象と戯れて育ったラージだったが、母の死で父との確執が生まれ故郷を長い間離れていたのだった。そんな彼を幼なじみのシャンカラや「親友」象のボラは温かく迎え入れる。だが、公園の象たちには危険が迫っていた。素晴らしい象牙で一攫千金を得ようとする野生動物ハンター一味がこの地に狙いを付けていたのだった。仲間の象たちに加え父親をも襲われたラージは、幼なじみの腕利き動物保護官デーヴたちととも象を守るため一味と闘うことを決意する。

 インド映画といえば群舞とコメディが二大柱で、主演俳優の名前が映画最初にばーんと出る。本作はラジニカーント主演映画で見慣れていた感じではない。なぜなら撮影監督も監督もハリウッドだから。製作陣が作品のテーマである野生動物の密猟問題の普遍性・重要性をラッセル監督に直訴、監督が快諾し実現。主人公が使う武術“カラリパヤット"もあまり日本ではなじみがないだろう。

 そして動物を使った映画は難しいといわれる中、今回の主役は地球上最大の動物、象。いやどうやって演技指導を?そもそも演技ってわかってる?何かに驚いたら暴走するんじゃなかったっけ。タイトルロールのガネーシャは映画中に登場するが、太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、事業開始と商業の神・学問の神とされる。今回の映画で肝となるのは【障害を取り去り】のところかな。


ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル [ ヴィドゥユト・ジャームワール ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 31, 2021 09:55:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 30, 2021
カテゴリ:インド映画
みなさんこんばんは。オリックス優勝しましたね。今日から3日間インド映画を紹介します。

映画マダム・イン・ニューヨーク​​を見ました。

マダム・イン・ニューヨーク​
ENGLISH VINGLISH

監督
ガウリ・シンデー

出演
シュリーデヴィ

 専業主婦のシャシは、2人の子どもと忙しいビジネスマンの夫サティシュのために尽くしてきたが、事あるごとに家族の中で自分だけ英語ができないことを夫や子どもたちにからかわれ、傷ついていた。ニューヨークに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、渡米したシャシは、「4週間で英語が話せる」という英会話学校を見つけ、姉にも内緒で英会話学校に通うことを決める。仲間とともに英語を学ぶうちに、次第に自信を取り戻していくシャシだったが。

 後の反転を生かすためだろうが、娘と夫がシャシを馬鹿にする序盤描写が酷い。夫の「菓子作るしか取り柄がない」発言は世界中で巻き起こっているフェミニズム運動に喧嘩売ってるが、将来自分だって同じような立場になるかもしれない娘が、英語がしゃべれないだけで母親をバカにするなんてけしからん。自分がきれいな身なりをして学校に行けているのは、父親の稼ぎだけだと?

 NYの店に入ってコーヒー一つ頼むのに、言葉が出なくてまごまごしてしまうシャシ。日本にも外国人が多く働いている。「日本にいるんだから日本語が話せて当たり前だろう」のような態度を私達も取っていないだろうか?「英語を学ぶ」という行動に出たことで知り合いが増え、自信を取り戻していくシャシが素晴らしい。夫と娘をとことんこらしめることなく、スピーチの内容で自分の主張を堂々と述べる件は溜飲が下がった人もいたのでは。

 ところで秘密の英会話学校通いだが、姪に話すならなぜその母親で自分の姉には話さなかったのだろう?NY在住も長いのだし応援してくれたのでは?それともNYに住んでいても頭の中は昔の価値観?いやいや、娘の結婚相手は西欧人なのだしそれはない。どうやって家族に秘密で英会話学校に行くかというフックにはなったけど。

 インド映画なので歌と踊りは必須。大都会NYでももちろん踊るが42番街は踊らなかった。男性主人公の映画が大半なのに女性が主人公なのも貴重。ただ主人公の設定は良妻賢母の枠を出ないわけだね。


マダム・イン・ニューヨーク【Blu-ray】 [ シュリデヴィ ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 30, 2021 12:12:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 1, 2020
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。遂に6月になりましたね。北九州でクラスター発生ですね。
さて、久々にインド映画を見ました。

マッスル踊る稲妻
I

主演
ヴィクラム

音楽
A・R・ラフマーン

 まずは結婚式。美しい花嫁をほめそやす招待客たち。するとそこに謎の人物が現れ花嫁を攫って廃屋に拉致。その人物と花嫁との関係は?そして狙いは?

 まぁぁ、何だか美女と野獣みたいじゃないか。しかし美女野獣は少なくともおとーさんが薔薇を手折っちゃったという美女側に何らかの失点があった。今回はただ“綺麗だから攫った”のか?
いえいえ、そんなはずは。ここで物語はチェンナイの下町で暮らすボディビルダーのリンゲーサンに移る。ボディビルダー界の頂点“ミスター・インディア”を目指す彼の生き甲斐は、スーパーモデルでCM女王、高嶺の花のディヤー。ある年、地元のボディビルダー大会で優勝した彼はローカルCMに出演するようになる。一方で、CMの定番共演相手で売れっ子タレントのジョンからのあからさまな誘いを断ったことで仕事を邪魔されるようになったディヤーは新たな相手役にリンゲーサンを指名。リンゲーサンは迷いながらも憧れの彼女とロケ地中国へ。結果、彼は瞬く間に大スターとなり、彼の純粋さに魅せられたディヤーと婚約することに。幸せの絶頂の最中、リンゲーサンは何者かに恐ろしい薬を投与され、彼は醜い姿へと変貌していく…。

 物語はリンゲーサンとディヤーの誤解から始まった真実の愛を堂々とお花畑で歌い上げる。そりゃあもうインド映画なのでこっぱずかしいほどに。だがこれは全て映画から見れば過去。現在パートはひたすら謎の人物がターゲットとした人物に復讐する。なぜ復讐されるかというヒントは過去パートに分かれている。その傍らで廃屋では美女と野獣かノートルダムのせむし男かみたいな謎のラブシーン&求愛シーンが繰り広げられている。復讐はかなりえげつないのでダンス場面で弱めようという魂胆か群舞シーンよりも二人が踊るシーンが多い。

 インド映画だと何でも“踊る”をつければいいと思っているらしい。何だ踊る稲妻って。稲妻踊りませんからね。だいいちどうやって踊るんだか。


マッスル 踊る稲妻 [ ヴィクラム ]​​楽天ブックス







最終更新日  June 1, 2020 08:12:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 26, 2020
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。おしどり夫婦で知られる岡江久美子さんが亡くなりましたね。
長い間かかって自分の家族を見つけた実話をもとにした
映画​​ライオン ~25年目のただいまを見ました。


LION/ライオン ~25年目のただいま
LION

出演
ニコール・キッドマン デブ・パテル ルーニー・マーラ

 オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す」と。

ノンフィクション本『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』を原作

 私達も使えるGoogleEarthで実家を探し当てた男性の実話。映画の中でも恋人が言うように「もし引っ越してたら?」使えなかったと思うが幸いにして母親は息子達が戻るまで引っ越さないと決めていた。今、息子“たち”と書いたが同じ夜にもう一人のこの家の息子も姿を消した。

 インドの待ち続ける母親も凄いがオーストラリアのサルーの養母も慈愛に満ちている。おそらく視聴者もサルー同様、二人は子供が持てないから養子を迎えたのだと思っていたはず。しかし彼等には信念があった。それが明かされるのは、サルーともう一人養子に貰われたマントッシュがぶつかった時。
「I'm sorry you couldn't have your own kids. 自分の子供でなくてごめんなさい」 「What are you saying?何を言ってるの?」「 We... we... weren't blank pages, were we? Like your own would have been. You weren't just adopting us but our past as well. I feel like we're killing you. 僕たち二人には過去がある。過去は消すことはできない。僕たちがママたちの寿命を縮めているようで。」 「子供は持てたのよI could have had kids. 」「What? 」 「子供は持つまいと決めた。私達はあなたたち二人を望んだ。そうしたかったから。あなたのお父さんも同じ意見だった。世の中には人が溢れている。子供を持つよりもあなた達のような苦しんでいる子供を助けたかった。世の中にチャンスを与えたかった。We chose not to have kids. We wanted the two of you. That's what we wanted. We wanted the two of you in our lives.That's what we chose. That's one of the reasons I fell in love with your dad. Because we both felt as if... the world has enough people in it. Have a child, couldn't guarantee it will make anything better. But to take a child that's suffering like you boys were. Give you a chance in the world. That's something. 」

デイヴ・パテルはサルーを演じるために髭を生やしオーストラリアアクセントを身に着けた。実在のサルーがラストに登場するが、デイヴ・パテルの方がスリム。4000人の少年が若きサルー役のオーディションを受けた。ルーニー・マーラが演じた人物は実在せず、サルーの何人かのGFのキャラクターを織り交ぜて作った。


LION/ライオン 〜25年目のただいま〜【Blu-ray】 [ デヴ・パテル ]​​楽天ブックス







最終更新日  April 26, 2020 12:15:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 10, 2019
カテゴリ:インド映画
皆さん、こんばんは。元日産会長ゴーン氏の会見を見ていかがですか?
「自慢ばかり」という意見もあるようですね。

そこへいくとこの映画の主人公は謙虚ですよ。

PK ピーケイ
PK

出演
アーミル・カーン

 留学先のベルギーで恋に破れ、祖国インドのテレビ局に勤務するジャグーは、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着け、チラシを配布する男と出会う。PKというその男は神様を探しているらしく、興味を持ったジャグーは彼を取材する。しかし、PKが語る話は途方もない内容で……。

 本編に入る前のエピソードとしてジャグ―と恋人サルファラーズの恋愛がある。二人は敬愛する詩人のチケットを巡って知り合い結婚の約束までするが、ジャグ―はヒンドゥー教徒でサルファラーズはイスラム教徒だったため、ジャグ―の父親が猛反対する。反対を押し切ってでもジャグ―は結婚しようとするが、結婚式場にジャグ―は現れず代わりにメッセージを受け取る。

 まず、宗教が若き男女の幸せを阻む存在として登場する。そして我らがPKの登場。
地球人からPK(酔っぱらい)と呼ばれる彼は実は宇宙人。砂漠に降りた時は身にまとうもの一つない姿。これはガタイがよくないと受けられない役。ちなみに大事な所は隠している。地球に降り立ったPKは人を疑う事を知らない。そのため突然現れた男に大事なリモコンを奪われてしまう。返してもらおうと出会う人出会う人に頼むが誰も戻してくれず、「そんな事は神様にお願いしろ」と言われる。だから神様にお願いしようとしたのに、神様のメッセンジャーたる教祖様はPKを鼻にもかけない。さあここでも宗教=神が登場する。

 世俗の宗教や教祖は大勢の宗徒を持ち、利害関係も生じるため教えはお題目と化している。そうした欺瞞が地球の常識を一切知らないPKによって暴かれていくと共に「宗教って人間にとってどんな存在なんだろう?」という根本的なテーマが浮かび上がる。

 インド映画お決まりの群舞シーンもある。冒頭のジャグーとサルファラーズの恋愛エピソードといい、細かいところまで伏線回収が行き届いている所が素晴らしい。













最終更新日  January 6, 2020 09:45:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 24, 2016
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。結構前ですがインド映画がブームになりました。長くてダンスシーンがやたら長くて、濃ゆいキスシーンがないインド映画は独特の魅力がありました。さて、こちらの映画も結構長いですよ~。

インド映画神さまがくれた娘を見ました。

神さまがくれた娘
Deiva Thirumagal
GOD'S OWN CHILD

 クリシュナは6歳の知能しか持ち合わせていないが、チョコレート工場で働きながら、亡き妻との娘ニラーを育て、周りの誰からも愛されていた。ニラーは5歳になり、学校に通い始める。そんなある日、ニラーと学校の事務局長シュヴェータが親しくなる。その後シュヴェータは、ニラーの母が自分の姉であることと、父親の知能のことを知り……。

 インド版ロバート・デニーロとも言われている俳優ヴィクラムが6歳の知能しかない主人公を演じる、ショーン・ペン&ダコタ・ファニング共演の『アイ・アム・サム』のような作品。「の・ような」とつけたのは、意外と常識的な似て非なる結末や、インド映画らしいダンスと歌が挿入されているからだ。

 やはりインド映画、長い。冒頭で裁判所にやって来たクリシュナは、傍聴経験しかない弁護士アヌラーダー・ラグナーダン(アヌ)役の元を訪れるが、身振り手ぶりと片言だけの彼の話は要領を得ない。しかしたどたどしくも彼が話した娘との経緯+ダンス&歌の場面が、何とここから1時間30分までだ。映画自体の尺は2時間20分で残りの50分がストーリー。ダンス&歌&馬に乗っての戦闘シーンはクリシュナがニラーにせがまれて話をする場面で登場し、ヴィクラムは話中の王―アラビアの王、ある時は西欧の王―に着せ替えする。ここでヴィクラムの素顔が拝めるが、イケ面で体格も良く、王役にもぴたりと嵌る。もしかしたらファンが多い彼のヒーローっぷりを見せるためのシーンだったのか?

 では、ダンスや歌に押されてしまった分、ストーリーがしっかりしていないかといえばそんな事はない。クリシュナ&ニラーのどんな妨害にも揺るがない親子愛や、経験値の少ないアヌが同僚達の助けを借りて、百戦錬磨の弁護士と渡り合う法廷ドラマがしっかり描かれており、法廷部分は幾分コミカルな味付けがなされている。ヴィクラムが知的障害者である事がわかってしまうとインドでは養育権がもらえないため、アヌ側は彼を出廷させまいとするが、老練な弁護士バーシャムがクリシュナを誘拐して自宅に監禁してしまう。
このバーシャムとクリシュナとの関係もプライベートでは共感し合うところがあっても法廷では「知的障害者が娘の保護者になれるのか」「娘の望む暮らしを与えられるのか」という社会の常識を背負って戦うことになり、一体どのような結末になるのか先が読めない。ストーリーとして親子の情愛は認めつつも、常識的な決着に落ち着いたところが、ダンス&歌の非現実的なところとうまくバランスを取っていたようだ。


神さまがくれた娘
映画「神さまがくれた娘
この作品情報を楽天エンタメナビで見る




【楽天ブックスならいつでも送料無料】神さまがくれた娘 [ ヴィクラム ]楽天ブックス







最終更新日  January 6, 2020 09:46:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 24, 2016
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。ベルギーでの空港テロ、怖いですね。
最近この手のニュースが多くて海外に行くのが怖くなります。

こちらは底抜けに面白いインド映画です。

きっと、うまくいく
3 IDIOTS

インド映画

 行方不明だったランチョーが街に戻ってくると聞き、ファルハーンとラージューは母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいながら成績優秀で、学長からいまいましく思われていた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピアが接近し、ある事件が起こったことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。

  インド映画の特徴はとにかく長いこと。映画館に見に行くとあまりに長くて中休みがはさまれる作品もあるほど。しかしこの映画は長さを感じさせなかった。三人の友情が育まれる山あり谷ありの学生時代と、行方不明になったランチョ―の謎を追う現在パートが並行して進む。学歴偏重の学長と3人の攻防戦が繰り広げられる学園コメディ、ダンス映画、学長の娘とランチョ―の恋愛ストーリーなど様々な要素が入れ替わり立ち替わり現れ、「学歴偏重への警鐘」「勉強することの意味」「友情とは」「幸せな人生とは」という普遍的なテーマが浮かび上がる。

 「やり過ぎか!」というくらいギャグやリアクションが大げさなことや、そしてちょっぴりお下劣なことも特徴の一つ。冒頭早々に、ランチョ―が自分の部屋におしっこをかけようとした上級生をこらしめる道具を即席で作るが、そのやり方もちょっと口では言えない。また、10年前にランチョ―達は、点取り虫の学生サイレンサーが読む論文に手直しを加えるが、その内容もお下劣なもの。彼等が座ってテーマソングを歌う時の椅子がお尻の形をしていたりと、お下劣シーンには事欠かない。それなのにキスシーンやベッドシーンなどラブシーンへの厳しい規制がかかっているのも変と言えば変。

 インド映画には欠かせないダンスシーンも勿論登場、それも唐突に。めがねっ子だったピアは当然眼鏡をはずし、ランチョ―と次々服装を入れ替えてダンスシーンを延々と繰り広げる。大ざっぱに作られた映画かと思いきや、張り巡らせた伏線を丁寧に拾っている点も良い。「宇宙飛行士に貰ったペン」を自慢する学長に対して、ランチョ―が「どうして宇宙船にペンでなく鉛筆を持って行くのか?」と揶揄半分で尋ねたシーンがある。
この答えを、ある決定的な場面で学長が口にするのだが、「自分は賢いと思っていてもまだお前は子供だ!」という事を伝えてもおり、やられっ放しの学長にもいい所があるのだな、と感じさせるいいシーンになっていた。











最終更新日  January 6, 2020 09:46:26 PM
コメント(2) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.