映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

インド映画

June 1, 2020
XML
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。遂に6月になりましたね。北九州でクラスター発生ですね。
さて、久々にインド映画を見ました。

マッスル踊る稲妻
I

主演
ヴィクラム

音楽
A・R・ラフマーン

 まずは結婚式。美しい花嫁をほめそやす招待客たち。するとそこに謎の人物が現れ花嫁を攫って廃屋に拉致。その人物と花嫁との関係は?そして狙いは?

 まぁぁ、何だか美女と野獣みたいじゃないか。しかし美女野獣は少なくともおとーさんが薔薇を手折っちゃったという美女側に何らかの失点があった。今回はただ“綺麗だから攫った”のか?
いえいえ、そんなはずは。ここで物語はチェンナイの下町で暮らすボディビルダーのリンゲーサンに移る。ボディビルダー界の頂点“ミスター・インディア”を目指す彼の生き甲斐は、スーパーモデルでCM女王、高嶺の花のディヤー。ある年、地元のボディビルダー大会で優勝した彼はローカルCMに出演するようになる。一方で、CMの定番共演相手で売れっ子タレントのジョンからのあからさまな誘いを断ったことで仕事を邪魔されるようになったディヤーは新たな相手役にリンゲーサンを指名。リンゲーサンは迷いながらも憧れの彼女とロケ地中国へ。結果、彼は瞬く間に大スターとなり、彼の純粋さに魅せられたディヤーと婚約することに。幸せの絶頂の最中、リンゲーサンは何者かに恐ろしい薬を投与され、彼は醜い姿へと変貌していく…。

 物語はリンゲーサンとディヤーの誤解から始まった真実の愛を堂々とお花畑で歌い上げる。そりゃあもうインド映画なのでこっぱずかしいほどに。だがこれは全て映画から見れば過去。現在パートはひたすら謎の人物がターゲットとした人物に復讐する。なぜ復讐されるかというヒントは過去パートに分かれている。その傍らで廃屋では美女と野獣かノートルダムのせむし男かみたいな謎のラブシーン&求愛シーンが繰り広げられている。復讐はかなりえげつないのでダンス場面で弱めようという魂胆か群舞シーンよりも二人が踊るシーンが多い。

 インド映画だと何でも“踊る”をつければいいと思っているらしい。何だ踊る稲妻って。稲妻踊りませんからね。だいいちどうやって踊るんだか。


マッスル 踊る稲妻 [ ヴィクラム ]​​楽天ブックス







最終更新日  June 1, 2020 08:12:36 AM
コメント(0) | コメントを書く


April 26, 2020
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。おしどり夫婦で知られる岡江久美子さんが亡くなりましたね。
長い間かかって自分の家族を見つけた実話をもとにした
映画​​ライオン ~25年目のただいまを見ました。


LION/ライオン ~25年目のただいま
LION

出演
ニコール・キッドマン デブ・パテル ルーニー・マーラ

 オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す」と。

ノンフィクション本『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』を原作

 私達も使えるGoogleEarthで実家を探し当てた男性の実話。映画の中でも恋人が言うように「もし引っ越してたら?」使えなかったと思うが幸いにして母親は息子達が戻るまで引っ越さないと決めていた。今、息子“たち”と書いたが同じ夜にもう一人のこの家の息子も姿を消した。

 インドの待ち続ける母親も凄いがオーストラリアのサルーの養母も慈愛に満ちている。おそらく視聴者もサルー同様、二人は子供が持てないから養子を迎えたのだと思っていたはず。しかし彼等には信念があった。それが明かされるのは、サルーともう一人養子に貰われたマントッシュがぶつかった時。
「I'm sorry you couldn't have your own kids. 自分の子供でなくてごめんなさい」 「What are you saying?何を言ってるの?」「 We... we... weren't blank pages, were we? Like your own would have been. You weren't just adopting us but our past as well. I feel like we're killing you. 僕たち二人には過去がある。過去は消すことはできない。僕たちがママたちの寿命を縮めているようで。」 「子供は持てたのよI could have had kids. 」「What? 」 「子供は持つまいと決めた。私達はあなたたち二人を望んだ。そうしたかったから。あなたのお父さんも同じ意見だった。世の中には人が溢れている。子供を持つよりもあなた達のような苦しんでいる子供を助けたかった。世の中にチャンスを与えたかった。We chose not to have kids. We wanted the two of you. That's what we wanted. We wanted the two of you in our lives.That's what we chose. That's one of the reasons I fell in love with your dad. Because we both felt as if... the world has enough people in it. Have a child, couldn't guarantee it will make anything better. But to take a child that's suffering like you boys were. Give you a chance in the world. That's something. 」

デイヴ・パテルはサルーを演じるために髭を生やしオーストラリアアクセントを身に着けた。実在のサルーがラストに登場するが、デイヴ・パテルの方がスリム。4000人の少年が若きサルー役のオーディションを受けた。ルーニー・マーラが演じた人物は実在せず、サルーの何人かのGFのキャラクターを織り交ぜて作った。


LION/ライオン 〜25年目のただいま〜【Blu-ray】 [ デヴ・パテル ]​​楽天ブックス







最終更新日  April 26, 2020 12:15:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 10, 2019
カテゴリ:インド映画
皆さん、こんばんは。元日産会長ゴーン氏の会見を見ていかがですか?
「自慢ばかり」という意見もあるようですね。

そこへいくとこの映画の主人公は謙虚ですよ。

PK ピーケイ
PK

出演
アーミル・カーン

 留学先のベルギーで恋に破れ、祖国インドのテレビ局に勤務するジャグーは、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着け、チラシを配布する男と出会う。PKというその男は神様を探しているらしく、興味を持ったジャグーは彼を取材する。しかし、PKが語る話は途方もない内容で……。

 本編に入る前のエピソードとしてジャグ―と恋人サルファラーズの恋愛がある。二人は敬愛する詩人のチケットを巡って知り合い結婚の約束までするが、ジャグ―はヒンドゥー教徒でサルファラーズはイスラム教徒だったため、ジャグ―の父親が猛反対する。反対を押し切ってでもジャグ―は結婚しようとするが、結婚式場にジャグ―は現れず代わりにメッセージを受け取る。

 まず、宗教が若き男女の幸せを阻む存在として登場する。そして我らがPKの登場。
地球人からPK(酔っぱらい)と呼ばれる彼は実は宇宙人。砂漠に降りた時は身にまとうもの一つない姿。これはガタイがよくないと受けられない役。ちなみに大事な所は隠している。地球に降り立ったPKは人を疑う事を知らない。そのため突然現れた男に大事なリモコンを奪われてしまう。返してもらおうと出会う人出会う人に頼むが誰も戻してくれず、「そんな事は神様にお願いしろ」と言われる。だから神様にお願いしようとしたのに、神様のメッセンジャーたる教祖様はPKを鼻にもかけない。さあここでも宗教=神が登場する。

 世俗の宗教や教祖は大勢の宗徒を持ち、利害関係も生じるため教えはお題目と化している。そうした欺瞞が地球の常識を一切知らないPKによって暴かれていくと共に「宗教って人間にとってどんな存在なんだろう?」という根本的なテーマが浮かび上がる。

 インド映画お決まりの群舞シーンもある。冒頭のジャグーとサルファラーズの恋愛エピソードといい、細かいところまで伏線回収が行き届いている所が素晴らしい。













最終更新日  January 6, 2020 09:45:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 24, 2016
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。結構前ですがインド映画がブームになりました。長くてダンスシーンがやたら長くて、濃ゆいキスシーンがないインド映画は独特の魅力がありました。さて、こちらの映画も結構長いですよ~。

インド映画神さまがくれた娘を見ました。

神さまがくれた娘
Deiva Thirumagal
GOD'S OWN CHILD

 クリシュナは6歳の知能しか持ち合わせていないが、チョコレート工場で働きながら、亡き妻との娘ニラーを育て、周りの誰からも愛されていた。ニラーは5歳になり、学校に通い始める。そんなある日、ニラーと学校の事務局長シュヴェータが親しくなる。その後シュヴェータは、ニラーの母が自分の姉であることと、父親の知能のことを知り……。

 インド版ロバート・デニーロとも言われている俳優ヴィクラムが6歳の知能しかない主人公を演じる、ショーン・ペン&ダコタ・ファニング共演の『アイ・アム・サム』のような作品。「の・ような」とつけたのは、意外と常識的な似て非なる結末や、インド映画らしいダンスと歌が挿入されているからだ。

 やはりインド映画、長い。冒頭で裁判所にやって来たクリシュナは、傍聴経験しかない弁護士アヌラーダー・ラグナーダン(アヌ)役の元を訪れるが、身振り手ぶりと片言だけの彼の話は要領を得ない。しかしたどたどしくも彼が話した娘との経緯+ダンス&歌の場面が、何とここから1時間30分までだ。映画自体の尺は2時間20分で残りの50分がストーリー。ダンス&歌&馬に乗っての戦闘シーンはクリシュナがニラーにせがまれて話をする場面で登場し、ヴィクラムは話中の王―アラビアの王、ある時は西欧の王―に着せ替えする。ここでヴィクラムの素顔が拝めるが、イケ面で体格も良く、王役にもぴたりと嵌る。もしかしたらファンが多い彼のヒーローっぷりを見せるためのシーンだったのか?

 では、ダンスや歌に押されてしまった分、ストーリーがしっかりしていないかといえばそんな事はない。クリシュナ&ニラーのどんな妨害にも揺るがない親子愛や、経験値の少ないアヌが同僚達の助けを借りて、百戦錬磨の弁護士と渡り合う法廷ドラマがしっかり描かれており、法廷部分は幾分コミカルな味付けがなされている。ヴィクラムが知的障害者である事がわかってしまうとインドでは養育権がもらえないため、アヌ側は彼を出廷させまいとするが、老練な弁護士バーシャムがクリシュナを誘拐して自宅に監禁してしまう。
このバーシャムとクリシュナとの関係もプライベートでは共感し合うところがあっても法廷では「知的障害者が娘の保護者になれるのか」「娘の望む暮らしを与えられるのか」という社会の常識を背負って戦うことになり、一体どのような結末になるのか先が読めない。ストーリーとして親子の情愛は認めつつも、常識的な決着に落ち着いたところが、ダンス&歌の非現実的なところとうまくバランスを取っていたようだ。


神さまがくれた娘
映画「神さまがくれた娘
この作品情報を楽天エンタメナビで見る




【楽天ブックスならいつでも送料無料】神さまがくれた娘 [ ヴィクラム ]楽天ブックス







最終更新日  January 6, 2020 09:46:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 24, 2016
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。ベルギーでの空港テロ、怖いですね。
最近この手のニュースが多くて海外に行くのが怖くなります。

こちらは底抜けに面白いインド映画です。

きっと、うまくいく
3 IDIOTS

インド映画

 行方不明だったランチョーが街に戻ってくると聞き、ファルハーンとラージューは母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいながら成績優秀で、学長からいまいましく思われていた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピアが接近し、ある事件が起こったことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。

  インド映画の特徴はとにかく長いこと。映画館に見に行くとあまりに長くて中休みがはさまれる作品もあるほど。しかしこの映画は長さを感じさせなかった。三人の友情が育まれる山あり谷ありの学生時代と、行方不明になったランチョ―の謎を追う現在パートが並行して進む。学歴偏重の学長と3人の攻防戦が繰り広げられる学園コメディ、ダンス映画、学長の娘とランチョ―の恋愛ストーリーなど様々な要素が入れ替わり立ち替わり現れ、「学歴偏重への警鐘」「勉強することの意味」「友情とは」「幸せな人生とは」という普遍的なテーマが浮かび上がる。

 「やり過ぎか!」というくらいギャグやリアクションが大げさなことや、そしてちょっぴりお下劣なことも特徴の一つ。冒頭早々に、ランチョ―が自分の部屋におしっこをかけようとした上級生をこらしめる道具を即席で作るが、そのやり方もちょっと口では言えない。また、10年前にランチョ―達は、点取り虫の学生サイレンサーが読む論文に手直しを加えるが、その内容もお下劣なもの。彼等が座ってテーマソングを歌う時の椅子がお尻の形をしていたりと、お下劣シーンには事欠かない。それなのにキスシーンやベッドシーンなどラブシーンへの厳しい規制がかかっているのも変と言えば変。

 インド映画には欠かせないダンスシーンも勿論登場、それも唐突に。めがねっ子だったピアは当然眼鏡をはずし、ランチョ―と次々服装を入れ替えてダンスシーンを延々と繰り広げる。大ざっぱに作られた映画かと思いきや、張り巡らせた伏線を丁寧に拾っている点も良い。「宇宙飛行士に貰ったペン」を自慢する学長に対して、ランチョ―が「どうして宇宙船にペンでなく鉛筆を持って行くのか?」と揶揄半分で尋ねたシーンがある。
この答えを、ある決定的な場面で学長が口にするのだが、「自分は賢いと思っていてもまだお前は子供だ!」という事を伝えてもおり、やられっ放しの学長にもいい所があるのだな、と感じさせるいいシーンになっていた。











最終更新日  January 6, 2020 09:46:26 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 19, 2015
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。連休初日はいかが過ごされましたか?台風はいってしまったというのに風は強かったですね。
こちらは一時期一世を風靡したインド映画です。映画館で観たのですが長かったです。

『映画「アルナーチャラム 踊るスーパースター」』 スンダルC /

Arunachalam
脚本
スンダルC
主演
ラジニカーント サウンダリヤー

インド映画

豊かな自然に抱かれた田舎インド・タルミドゥ州のアランダナッルール地方。村一番の富豪アンマイヤッパン家の長男アルナーチャラムは、2人の弟と1人の妹と共に宮殿のような屋敷に住んでいた。妹アルンダティが結婚することになり、大都会マドラスからアルナーチャラムの従姉妹ヴェーダヴァッリがやってくる。二人の間には愛が芽生えるが一族のご意見番おばあちゃんの爆弾発言が。「実はあんたは孤児」傷心のアルナーチャラムは、屋敷を出てマドラスへ。彼の目の前でバッグをひったくられた美女ナンディニを救い、大財閥であるミーンナクシ社を訪ねたアルナーチャラムは、そこで思いがけない出逢いをする。

ヒロインでもないのに58回も着替えている、ラジニカーント演じる主人公の俺様映画。登場パターンもいつも通り。「噂をすれば影」の諺通り、まず周辺の人々がアルナーチャラムの噂をしていると、おもむろに彼が登場し、「♪そうだそうだ アルナーチャラムは俺だ タミルの国のみんなの味方」と歌い始める。「シバ神みたいに2つの顔 クリシュナ神みたいな青い肌 女心を笑ってつかむ」と皆最大級の褒め言葉を進呈するが、本人は「お前も俺も 血は一つ 肌の色 性格は一つ」と至って謙虚(その割には態度がデカいが+笑)。肝心な所になるといつも猿が登場したり、「そんなんありか?」と突っ込みたくなる御都合主義的偶然は、もはや確信犯。一人の男性をめぐる三角関係が登場し、主人公は大胆にしてアクションを決める割にはキスされて半ベソをかくという純情さを持ち合わせている。こうして書くと韓国ドラマと共通の要素があるのに、切ないというより、「ひたすら濃い!」と思うのは、クセのある音楽と華麗なる群舞、そしてヒゲのせいかも。「いつか欧米の映画に出てトム・クルーズと共演したい」と語っていたサウンダリヤーだが、2004年飛行機事故でこの世を去った。 











最終更新日  January 6, 2020 09:46:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 6, 2014
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。オリンピックで期待されながら望んだ結果を得られなかった選手の方が多いですよね。
本編の主人公ミルカも、優れた能力を持ちながら本番でまさかの事態を起こしてしまいます。でも、それには深い事情があったのです…。

ミルカ
BHAAG MILKHA BHAAG/RUN MILKHA RUN

 1960年のローマオリンピックで、インド人選手ミルカ・シンには400メートル走でのメダル獲得の大きな期待が掛かっていた。だが、彼はあろうことかゴールを目前にして後ろを振り返ってしまったため、4位という結果に終わる。その時ミルカが振り向いたのは、コーチがこう言ったからだった。「BHAAG MILKHA BHAAG=英語にするとRUN MILKHA RUN」その後、パキスタンとのスポーツ大会が催されることになり、ミルカは団長に選ばれるものの、辞退すると言ってきかなかった。

 ファルハーン・アクタルが体脂肪率を5パーセントにまで落とし、インドの国民的英雄で“空飛ぶシク教徒”と呼ばれた実在の陸上選手ミルカ・シンを演じる。高地トレーニングの場面なども、実際に数千メートルの高地に行って撮影したそうだ。彼は映画監督から俳優に転向したというあまりない転職を行っている。

 物語は、ネルー首相直々のご指名により、出場を渋るミルカを説得に行く政府関係者に、ミルカの最初のコーチとオリンピックのコーチがミルカの来し方を語るところから回想シーンへ入る。インド映画なので長い。そして、アスリートの一代記という比較的真面目なテーマなのに、やはりダンスシーンもある。凄いな、伝説のアスリートも特別扱いはしないのか。

 ガンジーらによってインドはイギリスから独立したが、同時にパキスタンと別れてしまった。いわゆる分離独立である。イギリスという共通の敵が倒れたのに、宗教上の対立は両者の間に深い溝を生む。勇敢な父、優しい母、美しい姉とその伴侶に囲まれて、英語を勉強していた賢いミルカ。お団子ヘアがちょこんと乗っていて少年時代のミルカは本当にかわいい。ささやかな幸せは国家の一大事により一変する。義兄との確執、孤児達とストリートチルドレンとして暮らす毎日、町一番の美女との恋愛、スカウトされた陸上チームで受けた差別、過酷な訓練と、決して恵まれたものではなかった人生を、人に支えられ、たゆまぬ努力で輝かしいものに変えていったミルカの偉業は、国も宗教も越えて人々を魅了する。マサラムービーには珍しいスポ根場面も登場。


ミルカ [ ファルハーン・アクタル ]​​楽天ブックス







最終更新日  January 6, 2020 09:47:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 29, 2014
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。
インドに旅したことはありますか?私はまだありません。
本日紹介する映画はインド映画なのですが、
よくある歌って踊るシーンが多い映画ではありません。

聖者の谷
VALLEY OF SAINTS

 カシミール地方で暮らす青年グルザールは、結婚式に出席する年老いた叔父をボートで街に送る。そこで彼は親友アフザルと再会、2人で故郷を捨てて大都会のムンバイかデリーへ立つつもりだった。ところが当局が分離独立派のデモを理由に外出禁止令を発令したため、彼らは1週間の暇をつぶすことになる。そこへ、ダル湖の汚染調査にアメリカから若い女性研究者アシファがやって来る。グルザールは彼女を手助けするうち、好意を抱くようになるのだが。

 サンダンス映画祭ワールドシネマ部門ドラマ観客賞など2部門受賞作品。地元のボート漕ぎであるグルザール・アーメド・バットを主要キャストに起用し、彼の他にモハメド・アフザルとニーロファル・ハミッドを起用。役名はそのまま彼等の名前を使っている。そのため、あまり役を演じている感覚がないのでは。アシファ役の女性のみ俳優。

何度も繰り返される台詞がある。「聖者の谷には聖者はいない」救ってくれる相手は一生懸命に祈る神でもなく特別に選ばれた人でもない。アメリカのことわざの如く、自分で自分を救うしかない。だからグルザールは都会に出て一旗揚げようとする。

 外出禁止令が出てしまい、湖以外に行き場がなくなった二人は、観光客相手のガイドもできなくなり、不法な仕事に手を出さざるを得なくなる。アシファは「不法投棄が湖を汚す」と正論を述べるが、彼女は土地の人々の生活改善まで考えて言っているわけではない。「学者のきれいごとだ」という意識があるから、早くからグルザールの友人アフザルは彼女に反発する。彼女は湖の水を浴びたくらいで気分が悪くなってしまうが、おそらく地元の人達は何ともないのでは。

 それでも彼女が提案したコンポストトイレを一生懸命に作るグルザールは、聖者のいない谷で生きていこうと決めたようだ。「自分一人が何かをやっても湖は変わらない」「今を生きるので精一杯できれいごとを言ってられない」と諦めるのではなく、少しでも変えていきたい方に舵を切る。踏み出す勇気を与えてくれたのは、アシファの別れ際の言葉。この思いはこの時だけのものなのか。それとも繋がっていくのか。



聖者の谷 [ グルザール・バット ]​​楽天ブックス








最終更新日  January 6, 2020 09:47:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 27, 2013
カテゴリ:インド映画
TBSの日曜ドラマ『半沢直樹』が朝日新聞の月曜日の天声人語で語られていて、ここまで来たか!と思いました。前に文化欄で特集組んでたんですけどね。それにしても嫌味ったらしい香川さんがうまいなぁ。

さて、ひところブームになったインド映画ですが、今は数えるほどしか上映されていません。
こちらは映画館に見に行ったものです。


『ジーンズ~世界は二人のために~』 シャンタル / ポニーキャニオン

Jeans
脚本シャンタル
音楽A・R・ラフマーン
出演アイシュワリア・ライ(ミスワールド) プラシャーント 
  ラクダ他多数←とパンフに書いてある(笑)

正月ということで、ビール入の福袋をもらいました。
『踊るマハラジャ』シリーズの歌詞カードも入っているのですが、
突っ込みが笑えます。
「クレイジーキャッツの歌の調子で(知らないよぉ)」
「婆さん←出た!」とか。
こいつぁ春から縁起がいいわえ、ってなところでしょうか。
会場はほぼ満員。

LAの医大に通う双子の兄弟ヴィスとラムーの父ナーチャッパン
は高級レストランを経営し、成功しているインド人。兄弟は父の仕事
を手伝っていた。ある時LAX(ロス国際空港)に配達に来た兄弟のうち
ヴィスは、入国審査ゲートで立ち往生しているインド人一家に声をかける。
滞在先の住所をなくしてしまったという一家に、同郷のよしみで家に
来るよう誘う。祖母と孫娘マドゥ・その兄マデッシュらは、祖母の手術のためやってきた。祖母の手術は兄弟の通う大学の病院だった。
ところが他の人のカルテと間違えて手術を受けてしまい、
ヴィスが医師会に責任を追及しに乗り込む。その凛々しい姿に
一目惚れのマドゥ。ヴィスもマドゥを愛していたが、二人の結婚には障害が。父親ナーチャッパン自身の哀しい経験から、彼等は双子の姉妹としか結婚させないと決めていたのだった。祖母が言い出したのは「マドゥには双子の妹がいる」という新事実!ところが…

音楽&ファッションにマイケル・ジャクソンの影響がよく出ているなぁと思いました。冒頭、空港でバーバリーのスカートを履いたアイシュワリアのスタイルの良さに呆然。足細くて長~い、さすがミス・ワールド。
どちらかというと今回は、アクションを楽しむというよりもダンス
を楽しむという感じの物語。おばあさんを励ますためにこっそり
病院を抜けだし、レストランで満腹状態のみんなに、
「お腹いっぱいになったら、踊るしかないでしょう」という台詞が。
そして、「踊れないわ~。」と渋るおばあちゃんに「歌だけでも。」
と、なおもせがむ一同。
すると…というおなじみのダンスシーン展開。
そこそこのユーモアあり。しかしカルテ取り違え事件って実際に
起こっているから、笑えんぞ。
数々のダンスシーンの中でも、見せ場はラスト近く、二人が世界各地で踊りまくるシーン。もちろん衣装を替えながら。
ディズニー映画「アラジン」の「A Whole New World」でアニメの
主人公がやったこと(歌いながら世界を回ってしまうこと)を、
実写でやってしまった。凄い凄い。
ピラミッドあり、グランドキャニオン
あり、コロッセオあり、ピサの斜塔あり、万里長城あり
(ちゃんと『ウォアイニー』とコーラスしている)
何気に写っているギャラリーが笑えたりします。
がんこなおとうさん役の役者さんはバートランカスターに、
孫娘思いのおばあさんは、三林京子さんに似ていました。

でも、何で『ジーンズ』?











最終更新日  January 6, 2020 09:48:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 9, 2013
カテゴリ:インド映画
みなさん、こんばんは。インド映画って長いのが特徴ですよね。そしていちいちリアクションがオーバーです。

インド映画恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームを見ました。

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
OM SHANTI OM

出演
シャー・ルク・カーン

 1970年代のボンベイ(現ムンバイ)で、端役の青年オームはスター女優のシャンティに思いを寄せる。実は彼女は極秘で結婚していた。売れっ子プロデューサーのムケーシュが、その相手だった。映画界でのさらなる成功を求める彼はシャンティを疎ましく思い始め、遂に殺意を抱く。ある日、ムケーシュから呼び出されたシャンティを心配して、オームはその後を追った。ムケーシュの罠にはまり、炎にまかれるシャンティ。彼女を助けようとしたオームもまた、命を落としてしまうのだった。 それから30年、インド映画界の頂点にひとりの大スターが君臨していた。その名はオーム──奇しくも、あの炎の惨劇の夜に生まれた男の子の成長した姿だった…。

 キング・オブ・ボリウッドのシャー・ルク・カーンが端役俳優と俳優二世で売れっ子俳優の二役を演じる。端役俳優の時は服装も冴えないし皆の中に混じってしまえばわからないくらいオ―ラを消している。とはいえ妄想シーンでヒロインとダンスを繰り広げているからこちら側(観客)にはわかってしまうのだけれど。後者の売れっ子俳優は、過去の因縁(端役俳優の生まれ変わり)を知ってから、かつての役に少しずつキャラが寄っていくので、都合3つのキャラを演じ分けることになる。

 理由もないのに胸をはだけて踊るシャー・ルクや露出度高い女性の衣装があるのにインド映画は濃厚なベッドシーンが登場しない。盛り上げておいて中身は健全。そして同じような節回しのメロディでダンスシーンが長い。悪役は最初からわかりやすいザ・悪役の演技をしており、あれこれと悩む必要はない。善人は必ず幸せになるというまるで韓国ドラマのようなわかりやすいストーリー。

 エンディングは映画のプレミアのように俳優やスタッフ達が登場。スタッフなのになぜか多くの女の子達を引き連れてくる、という訳のわからない登場の仕方をしているが皆楽しそうだ。




【楽天ブックスならいつでも送料無料】恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム【Blu-ray】 [ ディーピカー・パードゥコーン ]楽天ブックス










最終更新日  January 6, 2020 09:48:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.