182204 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Favorite Blog

かたばみ会ウォーク… New! himekyonさん

先週は仙台で仕事で… New! ちゃげきさん

超有名店にあえて行… New! ささだあきらさん

『復活の条件』森村… New! ばあチャルさん

台風19号 kiki ☆さん

国立故宮博物院(中華… たけB777さん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
うしまる日記帳 うしまる@さん
のほほん一人旅行記 のろっこ3さん
オフミの温泉メロディ 杜のオフミさん

Comments

araiguma321@ Re[1]:Zopf カレーパン 2019.9(09/23) ちゃげきさんへ 盛岡の様子、いつも拝見…
ちゃげき@ Re:Zopf カレーパン 2019.9(09/23) これは絶対食べてみたいですね。
araiguma@ Re[1]:Zopf カレーパン 2019.9(09/23) うしまるさんも、やっぱりカレーパンファ…
うしまる@ Re:Zopf カレーパン 2019.9(09/23) 関西の方へ行った時に、スーパーの普通の…
araiguma321@ Re:Zopf カレーパン 2019.9(09/23)  おとうふ、美味しいですよねぇ。出来立…
kiki ☆@ Re:Zopf カレーパン 2019.9(09/23) 都内ですか! カレーパン、美味しいですよ…
araiguma321@ Re[1]:真賀温泉館 幕湯 2019.8(08/15) うしまるさんへ うしまるさんのおかげで…
うしまる@ Re:真賀温泉館 幕湯 2019.8(08/15) 幕湯だー!ヽ(o’∀`o)ノ この辺りの温泉は…
Sep 29, 2014
XML
テーマ:私の図書(48)
カテゴリ:
高熱隧道 吉村昭 1967年

 黒部第三発電所の第三ダム建設用の資材運搬用軌道トンネル、水路用トンネルの削岩工事の苛烈記録。
 昭和11年に軍国主義、全体主義に変質しかける民族意識を背景に、関西での軍需産業電力の確保に向けて国家目的完遂の号令の下、新聞社が煽りきる異常な雰囲気の中で、技術者と労働者と切羽を仕切る人足頭が高賃金のみを支えに同床異夢の生死を賭けた格闘を繰り広げ、犠牲者延3百名を超えながら、最期には完工成就させた記録。
 貫通が近づく程激しさを増して行く人足達の狂ったような奮闘と、遂になしえた時の狂喜の爆発に、高密度に練り込まれた暴発寸前の怨念を自らの心の中から恐怖して、暗い長い坑道を足早に山麓に向かって急ぎ出す技師、人足頭の怯えが、読んでる幸せな者に冷たく響きます。
 恩讐の彼方の会得とは全く違う、貫通完成による恩讐の爆発、勝者なき成功を仕上げきる人間集団の所業記録と思います。まさに戦争です。


死の淵を見た男 門田隆将 2012年

 福島第一原子力発電所を冷却し東日本の壊滅を生死をかけて回避させた電力人たちの奮闘記録。
責めるべきは、通商産業省、土木学会、原子力学者、原子力発電製造業者、歴代与党、新聞社、そして最大責任の東京電力歴代経営者と歴代技術者達。歯止めを誰もかけず、気づかず、気づいても自ら拾わず、状況に短絡してきたことがよくわかる。なおさら、絶命危機に立ち向かった現場の使命感と成し遂げた成果は尊い。
 高熱隧道を完成させた人々と何か似たようなやるせないものを感じます。


電力と震災 町田徹 2014年

 東京電力福島第一原発と同じ規模の津波を受けたのになぜ東北電力の女川原子力発電所は事故をおこさなかったのかがよくわかりました。東北電力の経営者が正しい原子力発電所を建築していたからだということがよくわかります。
 正しい企業判断ができた企業風土の源流の説明には、東北振興電力として地域のためを理念に発足したことが説明され、企業理念の形成には、松永安左エ門、白洲次郎も登場し、驚きますが、震災回避できた最大功労者は、1968年に海抜15メートルへの設置を意見具申した平井弥之助とそれをいれた経営者にあるそうです。郷土愛が真摯な技術的結論に信念を持たせ、短絡収益思考に勝ったのだと思いました。
 新潟県知事は、東京電力の新潟刈羽原子力発電所が再稼働するには、東北電力が運転するのであるならば検討できると言ったそうです。
 東北電力は、震災後にIAEAの立ち入り調査を自らの発案で招き、外国の調査員にオープンに丁寧に説明し、成功事例として開示できたとの記事を読んだことがありましたが、この本をよんで、東北電力では、理念が脈々と受け継がれているんだなと思いました。






Last updated  Nov 18, 2014 11:08:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.