1399413 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2008/05/05
XML
カテゴリ:男の豚肉料理
今日はこどもの日
それにしても最近、こどもの日なのに“鯉のぼり”をあまり見かけなくなったよ。
やっぱり少子化の影響なのかなぁ。上げるのが面倒くさいだけなのかなぁ。。。

上げるのはパンツ
私は最近腹が出てきたからなのか?安いパンツをはくからなのか?
パンツのゴムがすぐゆるむのはなぜ?これじゃピンポンパン体操だな!
♪トラのプロレスラーはシマシマパンツ、はいても、はいてもすぐぬげる~。 がんばらなくちゃ~ がんばらなくちゃ~・・・懐かしいな!
でも「おはよう子供ショー」「ママと遊ぼうピンポンパン」をはじめとする子供番組も少なくなっちゃったねぇ。

やっぱり、少子化か・・・
昭和の小学校は“ハナタレ小僧”や“提灯パンツ少女(ワカメちゃんだな)”が1クラス50人以上いたんだよね。そして1学年も今よりずっと多く、教室が足りなくてプレハブ教室も当たり前だったな。

みんなクソガキだった頃
ファッションなんて無縁だったあの頃・・・オシャレといえば、たまにお出かけの時の一張羅は、半ズボンに蝶ネクタイ、そして野球帽(すごい組み合わせだな!)
今の「こじゃれた」少年少女達を見ると、時代は変わったなぁ~なんて思いますね。

こじゃれた???
こじゃれた【小じゃれた】(コは接頭語)ふざけた。(出典:広辞苑)
最近“こじゃれた=ちょっとオシャレな”なんて勘違いして使っていること多くない?

「今日のランチは“こじゃれた”レストランでお食事。内装も店員も“こじゃれて”いたよ!“こじゃれた”ランチは盛りつけも!こじゃれて“いて・・・」
という会話は、

「今日のランチはふざけたレストランでお食事。内装も店員もふざけていたよ!ふざけたランチは盛りつけもふざけていて・・・」
という意味になるんだよ!これじゃクレームマニアの会話だなぁ

オヤジの“あげあし”取り
どうも年をとると、些細なことに文句を言いたくなっちゃうのは悪いくせ。
あげるのは“鯉のぼり”と、旗日の“国旗”・・・そしてカツレツくらいにしておかないとな!

今日の料理は“ミラノ風ポーク・コトレッタ”
ちょっと“こじゃれた”感じの料理でしょ?「コトレッタ」とはイタリア語で「カツレツ」の意味なんですねぇ。
この“こじゃれた”は“ふざけた”ではなく“オシャレな”という意味ですよ~。

本来は薄く伸ばした牛肉をパルミジャーノ風味の衣をつけ、オリーブ油で揚げるというより焼くのがミラノ風コートレット。
油が少なくてすみ、簡単で美味しんですが、今日はカジュアルにトンカツ用の豚肉で作ってみましたよ。これが旨いのなんのって!ぜひ試してみてくださいな!

<幸福の料理レシピ>
(2人分)
ポークロース(トンカツ用) 2枚
塩胡椒 少々
小麦粉 少々
卵 1個
パン粉 1カップ
パセリ 適量
粉チーズ 大さじ2
○オリーブオイル 大さじ1
○玉ねぎ 1/2(みじん切り)
○にんにく 1片(みじん切り)
○ホールトマト 1/2缶
○コンソメ 小さじ1
○ケチャップ 大さじ2
○醤油 小さじ2
○塩胡椒 適量
○ワイン 50cc
○水 50cc
○バジル 適量

豚肉を2倍くらいになるまで叩きのばす。パン粉・パセリ・粉チーズを混ぜる(この時パン粉を擂りつぶすと本格的)
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ香りが出るまで加熱。玉ねぎ・ホールトマト(潰す)・水・ワインを入れ煮込む。ケチャップ・醤油・バジル・コンソメ・塩胡椒で味を調える。
肉に塩胡椒し、軽く小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、パン粉をたっぷりつけ、多めの油で揚げ焼にする。
皿にトマトソースを敷き焼き上がったカツレツを盛りつける。ジャガイモなどのガルニ、バジルの葉、レモンなどを添えて出来上がり。

↓ ↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
↓ ↓

にほんブ<br />
ログ村 料理ログ 男の料理へ



料理レシピ集 byブログでCookin'! 豚肉(ロース/ヒレ)切り身







最終更新日  2008/05/06 07:27:14 AM
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.