2517445 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Y.IKEGAMI@ Re:ワタアブラムシ(成虫:有翅形、無翅形、幼虫)(11/15) こんにちは、こちらの素晴らしく綺麗に撮…
shimanuki@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
srpfly@ Re:ショウジョウバエの1種(07/28) I suggest Acletoxenus sp (Drosophilidae…
特命処理班@ Re:ギンメッキゴミグモ(銀メッキ塵蜘蛛)(11/04) うちの外灯の所に3匹居ますよ ギンメッキ…
三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
2016.07.07
XML
カテゴリ:昆虫(甲虫)
 今回も、前回と同じく、4年前の6月に撮影した虫を紹介する。
 虫屋の大敵、ヒメマルカツオブシムシ(Anthrenus verbasci)である。この虫、この辺りでは春に咲くハルジオン等の花に良く見られるが、今日紹介するのはイタリアンパセリの花に来たものである。


ヒメマルカツオブシムシ1

ヒメマルカツオブシムシ(Anthrenus verbasci
イタリアンパセリの花の上に16頭も居る
(写真クリックで拡大表示)
(2012/06/08)

 前年に植えたイタリアンパセリが年を越して開花し、それに集っていた。もう紹介済みだと思っていたのだが(実は別のWeblogであった)、余りに沢山来ているので、つい写真を撮ってしまった。上の写真中に16頭も居る。


ヒメマルカツオブシムシ2

ヒメマルカツオブシムシ.触角がぼけている
(写真クリックで拡大表示)
(2012/06/08)

 体長は2.5mm前後、色や触角の形状は異なるが、体の輪郭はルリマルノミハムシに似ている。ルリマルノミハムシの方が少し大きい。
 保育社の「原色日本甲虫図鑑III」に拠れば、体長は2.0から3.2mm、個体差が大きい。これは、一枚目の写真を見ても良く分かる。この手の虫は、餌が少なくても途中で死なないで何とか成虫になる様で、それで幼虫時の栄養状態によって大きさに大差が出る。


ヒメマルカツオブシムシ3

ヒメマルカツオブシムシ.色がかなり違う
(写真クリックで拡大表示)
(2012/06/08)

 カツオブシムシ科(Dermestidae)、マルカツオブシムシ属(Anthrenus)に属す。上科については、上記図鑑ではカツオブシムシ上科(Dermestoidea)となっているが、どうも現在ではナガシンクイムシ上科(Bostrichoidea)に入れるのが普通らしい。この上科には、以前紹介した我が家の大害虫ジンサンシバンムシが属すシバンムシ科(Anobiidae)、乾燥標本を食害するその名もヒョウホンムシ科等、乾燥動植物や木材の大害虫がゴロゴロしている。


ヒメマルカツオブシムシ4

横から見たヒメマルカツオブシムシ
(写真クリックで拡大表示)
(2012/06/08)

 この手の屋内害虫に付いては、別のWeblogで少し詳しく書いたので、興味のある方は此方をどうぞ。






最終更新日  2016.07.07 17:52:30
コメント(2) | コメントを書く
[昆虫(甲虫)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07)   kisaji さん
この1枚目の画像が、今まで沢山みてきたヒメマルカツオブシムシの写真の中でもとくに素敵なのでコメントを残して帰ります。
こんな風に外で花に集まっている虫なのに、どうやって屋内に入って、どのようにお洋服に卵を産むのでしょうか。また、たんすの中で成虫になり、またお外へ出ていくのでしょうか?
とても不思議な気がしますね。 (2017.07.14 23:17:52)

Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07)   shimanuki さん
初めてご連絡させて頂きました。
私、株式会社スプリックスの島 貫と申します。
突然のご連絡で大変失礼致します。

管理人様のブログを拝見させていただきました。
数多くの動植物の画像、とても興味深いです。
普段、あまり目にしない種類も多く、とても勉強になります。
管理人様の詳しい解説も分かりやすくて、素敵ですね。

さて弊社では、学校の先生方向けに授業準備のための無料情報サイト
「フォレスタネット」を運営しております。
この度、貴ブログに投稿されている記事の数々を拝見し、
是非私共にお力をお貸し頂けないかと思いご連絡致しました。

「フォレスタネット」は全国の先生方が実践等を共有し合うことで
先生方の授業準備をご支援するサイトです。
総数10万点以上の教材や実践例等の情報を掲載させて頂いております。
他にも、授業内で使える小噺、小ネタ、資料やプリントに利用できる素材となる
画像やイラスト、写真も掲載しております。
また、近年学校現場では、理科の授業のみならず、様々な場面で、
自然に触れる教育として、植物を育てたり、動物と触れ合ったりする時間があり
そのような情報も掲載しております。

しかし、全国の先生をご支援する為に
より多くの情報を揃えていきたいと思っております。
つきましては、貴ブログにございます記事について、
是非フォレスタネットへ掲載させて頂けませんでしょうか。
掲載作業の一切は全て我々の方で進めさせて頂き、管理人様のお手間はとらせません。
また、記事を掲載する際の名義は管理人様の名義のまま掲載させて頂きます。

若手の先生方や都市部で育ってこられた先生方ですと、先生自身が
自然や動物と触れ合う機会がなく、それらの体験を子ども達に伝えられない
ということもございます。そんな中、管理人様の記事は、先生方にとっても
大変勉強になるお話しばかりだと思いました。

ご不明な点も多々あるかと存じますので、何なりとご質問頂ければと存じます。
この度は突然の不躾なお願いとなり、大変申し訳ございません。
ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ご連絡いただける際は下記のメールアドレスまでお願い致します。
r.shimanuki@sprix.jp
(2018.09.05 11:07:16)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.