4215206 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

秋に咲くヒマワリ・・なのかもね。

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

Favorite Blog

鉄拳が浅田真央さん… あんずの日記さん

コレ、いいかも☆ natsu。さん
ハワイアン生活  … hayatoman20さん

Freepage List

2019.01.18
XML
テーマ:三浦綾子(1)
カテゴリ:読書 Reading
アマゾンkindle unlimited読み放題から

著者名と題名からすると、中高年の女性向けの本のように思えますが、読んでみると三浦綾子さんの著作から引用した人生、信仰、恋愛、男女、家庭、家族、愛とかに関する名言が紹介されていて、男性、それもこれから家庭を築く若い男性が読むと大変参考になるように思いました。三浦さんの考えがすべての女性の考えではないでしょうが、女性の本音を覗いた感じがします。

1年に1度くらい読み返して、自分の生き方を補正するのに良いと思いました。


愛の名言集 あなたへの囁き (角川文庫) Kindle版三浦 綾子 (著)


いろいろな人間に会うんですがね、そのたびに思うのは、立派な男には立派な女房がいますよ。女房に死なれて、からっきし意気地のなくなるのもみますし。(中略)だからどんな男だって、女なしでは仕事ができないっていうことです。「残像」

"最近私は、こんな意味の言葉を聞きました。「男はその母によって育てられ、妻によって人間になる」 この言葉は、男を女に、妻を夫に置き替えることも出来ると思います。「藍色の便箋」

狭き門から入るとしあわせの国に入れるのよ。但し、狭い門だから、自分も細くならなきゃいけないの。自分をかわいいという思いや、傲慢や、いろいろな執着や、そうした不要なものを脱ぎすてて細くなるのよ。「泉への招待」

挨拶がきっかけで出会った二人の間に何が展開するか、わからないのだ。良くも、悪くも、かかわりが生ずるということなのだ。 挨拶の目的は、つまり人間は人間とかかわり合って生きて行くという姿勢にさせることにあるのであろう。「生きること思うこと」

★人間はどちらかというと、体の弱い者を軽蔑する。ところが吉田兼好は、健康な者を友には選ばなかった。病んだことのない者は、憐れみの情が薄いと思ったのであろう。この発想は、私には甚だ新しいものに思われる。「わが青春に出会った本」★涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の味はわからない。──ゲーテ(独)

★人間の力が尽きて、もうこれ以上どうしようもなくなった時に、初めて神の力が働らいてくださる。「天の梯子」★絶望している小舟に、神は港を見つけてくださる。──イタリアのことわざ

★物をくれるということは、心をくれるということでもある。物によって、慰めを与え、励ましを与え、希望を与えるということもある。物には必ず言葉が添えられてくる筈だ。この世には、言葉だけ、口先だけの人がいるが、物は心を形にしたと言えるだろう。「わが青春に出会った本」★私は贈り物の価値は気にしないが、贈り物をする人の心を重視する。──マルグリット・ド・ナヴァール「エプタメロン」





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2019.01.19 11:20:55



© Rakuten Group, Inc.