601386 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

青 天@ 気持ちは通じる New! 佐藤さん、ありがとうございます。 早速…
青 天@ 巡り逢う記憶の刹那つむぎをり New! 》》私は記憶に「時間を超越して留まり存…
CLG2009@ Re:記憶・進化・時間から見た人の「生き死に」について(09/19) New! 青 天さんへ クロと聞いて、思い出した…
CLG2009@ Re:記憶・進化・時間から見た人の「生き死に」について(09/19) 青 天さんへ まだ、どのような形になる…
CLG2009@ Re:分かりやすい書き方(09/19) ともちゃんさんへ 私は多分、ともちゃん…

Freepage List

Headline News

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

記憶科学

2017.03.03
XML
カテゴリ:記憶科学
外国に住んでいると、日本の情報のかなりをインターネットに頼ることになる。インターネット検索というのは、数語のキーワードを使って「記憶喚起」をする行為である。この場合の「記憶」というのは、インターネット上にアップロードされた情報のことである。

つまりここには、人類全ての記憶があるわけではない。そこには所謂「フェークニュース」も少なくない。しかし、様々な情報をアップロードし、その情報をインターネットユーザーがダウンロードすることで、今までは不可能であったリアクションを可能にしている。実際私も、子供の時から植え付けられてきた「自虐史観」の呪縛から逃れられたのはインターネットのおかげである。

自分が欲しい情報を数語で検索するだけではない。それに関連した情報も同時に提供されるし、他人の関心事にアクセスすることにより、自分では絶対に検索しないような情報に触れることもできる。ツイッターのハッシュタグ(#)も、それに関連する情報にいち早くアクセスすることができる。その拡散のスピードは、場合によるが、以前に比べたら非常に早いものがある。

人類は様々な記憶媒体を発明してきた。その代表的なものが言語だが、それを表す、絵や文字、そしてそれを広めるための活版印刷、写真、ラジオ、テレビ等、多岐に及ぶ。しかし、これらの場合、一方的に情報が発信されるだけで、それに対して反応することがあまりできなかった。ラジオやテレビの参加番組などがあるが、それも放送時間は一定で限られていた。

それがインターネットになって一変した。ライブでメッセージのやりとりをすることもできるが、「いいね」やメッセージを残したりすることができ、それに時間差はあるが反応しあうことができるようになったのだ。

「1984」の作者、ジョージ・オーウェルは、「テレスクリーン」を予言した。一方的に情報が流されているように見える画面が、実はそれを見る人間を監視しているというものだ。彼はインターネットの持つ特性を予言していたと言えるだろう。

今、正に、人類は「記憶革命」のまっただ中にいる。今までは10年かかって変化していた世論が、数カ月や数日、いや数時間で達成できたりする。人類の意識の更新のスピードが加速されたのだ。

記憶科学にとって、これが追い風となるかは分からない。人類はまだまだ、記憶科学を理解できるようなレベルまで成熟していない可能性が大だからである。






Last updated  2017.03.16 20:51:41
コメント(148) | コメントを書く
2017.01.17
カテゴリ:記憶科学
旅行先から今日の朝、フランスに戻ってきた。

行きと帰りの飛行機で、新海誠監督の「君の名は。」とクリストファー・ノーランの「インターステラー」を観たのだが、とても上手に感動的に嘘をついているなと感心してしまった。

といっても、私は批判をしているわけではない。映画という娯楽である以上、皆が信じることができ、しかも感動させることができるSFというのは、素晴らしい作品であるからだ。

この2つの作品には、時間がテーマになっているという共通点がある。

私も記憶科学という分野を作り、そこで時間について語ろうとしているのだが、私の場合、自分の語ることが「嘘」では困る。しかし、まあ、どんなに一世を風靡した科学理論であっても、新しい理論が登場すると「嘘」になってしまうのだから、あまり嘘になることを恐れすぎてはいけないと思うが、せめて多くの人が納得できる嘘にならないとはいけないだろう。

記憶の進化という視点では、科学は嘘の連続である。しかし、単なる嘘ではない。事実に基づいた確信のある嘘であり、想像力だけに立脚したファンタジーではない。パラダイムと呼ばれる科学的世界観の推移が記憶の進化となるのだ。

今回の旅行で頭の転換ができたのか、全てのことが記憶というキーワードで勝たれる自信が更についた。これから、少しずつ書いていこうと思う。






Last updated  2017.01.17 02:22:52
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.01
カテゴリ:記憶科学
記憶言語学における記憶には、個人の記憶と集団の記憶という二面性がある。

個人の記憶は、言語で表現されなければ、それを行動から推察する以外知りようがないが、それを進化するシーニュとして表現することで、同じ言語を共有している他の個人に伝えることができる。こうして、個人間の記憶の共有、そして世代間の記憶の共有ができることによって、一つの大きなアイデンティティーが成立することになる。

ここまでは、それほど理解が難しくはないと思うのだが、その先の記憶科学に足を突っ込んだ途端、記憶の主体が人間ではなくなってしまう。個人でも集団でもないとすると、いったい誰がということになるのだが、そこで「それは記憶自体です」と言ったところで、まともに取り合ってもらえるかということだ。しかも、その記憶とは「宇宙の記憶」であるとほのめかしたらそれこそ相手にしてもらえそうもない。

少なくともFractalemodeさんは、これに食いついた。ともちゃんさんは食わず嫌いのようである。このパラダイム転換を飲んでもらうための何か妙薬はないのかと、今必死に考えている。






Last updated  2017.01.01 21:07:43
コメント(112) | コメントを書く
2016.11.14
カテゴリ:記憶科学
ネットで見つけた動画。

〔日本の技術〕水から生まれた新燃料 酸水素ガス

https://www.youtube.com/watch?v=6Ts8CQNnjMw

なにやら今の科学では、その性質がよくわからないらしい。

記憶科学でそれを説くことができないだろうか。






Last updated  2016.11.14 07:48:45
コメント(59) | コメントを書く
2016.07.28
カテゴリ:記憶科学
将来、記憶科学と脳科学との間にきちんとした相関関係が確立されることがあれば、記憶科学を人格のコントロールにまで応用することが可能ではないかと思う。

我々の人格やアイデンティティーは、全て記憶からできているのであるから、脳への直接的間接的刺激を使って、人格やアイデンティティーを意のままにコントロールするという発想だ。精神病とか、鬱病とかには効果があるかも知れない。もしかしたら自閉症などにも有効かもしれない。

そして、私がその先に考えているのは、記憶科学とオカルトとの融合である。既に、脳科学者の中には、我々の意識は脳にあるのではなく、別のところにあってそれを脳という器官を使って受信しているだけだという人達がいる。脳科学とオカルトは、実は既に隣同士なのである。しかし、それを確実に結びつける「物的証拠」が今のところ存在しないから、それぞれの科学者が自分の持論を展開して、結構カオスになってる。

まあ、記憶科学とオカルトとの融合は、近い将来には起こらないだろうからあまり考える必要はないだろうが、確実にやってくるだろうと思う。その時、多分私の肉体は存在していないかも知れないが、意識と言う形で現在に戻ってこれるのかも知れない。

ただ、こういうのは人間の目から見た場合であって、記憶の側から見たら全く違う絵を描くことができる。記憶自体に「意志」のようなものがあるとは思えないが、同じことをずっとくりかえいていることの意義をもっとよく理解したい、そう考えている。








Last updated  2016.07.29 00:54:29
コメント(4) | コメントを書く
2016.07.10
カテゴリ:記憶科学
昨日、いつも議論に付き合ってくれるフランスの友人と久しぶりに話をしたのだが、やはり「記憶」という用語の問題が再燃した。

彼は、学校では数学を専攻しており、研究対象に選んだのはフラクタル。まだ、フランスでは風当たりが強かったときのことで、先生の抵抗もありなかなか大変だったらしい。

彼のフラクタル研究者としての目から出てきたのが「進化的再帰性(Reccurence evolutive)」と「進化的反復(Iteration evolutive)」だ(フランスのアクセント記号はこのブログでは使えないので無視)。私の考えている「離散融合更新循環」とかなり通じるところがある。

しかし、いずれにしても、我々が日常的に使っている「記憶」の概念とは程遠い。ただ、最近は「場所の記憶」とかというコンテクストでも使われることがあるので、十分な説明をすれば使えないことはないとは思う。

ただ、彼の数学者としての指摘は、こういう数学的な用語を使う場合、それを使うだけの数学的なバックグランドが必要であるということだ。単に、単語を選んでも、その正当性を証明しなくてはならないからだ。

ただ、こういう単語を使うことで、逆に数学的な思考に持って行くこともありかもしれない。これは数学に全く明るくない私の妄想に過ぎないのだが。






Last updated  2016.07.10 20:26:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.18
カテゴリ:記憶科学
お二人の、述語と主語の論争を見ていて、今一度、私の考える記憶について再考してみました。

少し前に、記憶と進化は同じものであると書いたことがあります。もう少し遡れば、アイデンティティーも同じと言ったと思います。

私が使う記憶というものには、確かに主語がありません。これは、一種の自動メカニズムで、そこから生まれるものが物質であり、それが進化して生まれるのが、認知であり、言語であるということになります。だから、私にとって、記憶と進化とアイデンティティーは同じものの別の側面に過ぎないのです。

多分お二人は、記憶を「思い出すもの」として捉えていると思います。つまり、記憶というのは人間が操作するものということです。これは言語の段階では当てはまりますが、それ以前の認知/生命と物質には使えません。思い出す主体がいないからです。

あえて主体を探そうとすれば、それは科学をする人間です。宇宙の遥か彼方から来る電波を解析したり、地層の化石を発掘したり、遺伝子の構造を解読したりという形で、それぞれの記憶が蘇ります。

私が「進化記憶」という概念に達したのは、日本語が述語言語であることが重要であるかも知れません。これを英語やフランス語に訳そうと思ったら大変です。








Last updated  2016.06.18 19:48:24
コメント(32) | コメントを書く
2016.05.24
カテゴリ:記憶科学
ある意味、行き着くところまで来てしまった気がする。

このブログを始めたことロは、まだ自分が探しているものに確信が持てなかった。ただ、自分のもつ言語学に関する疑いを書き綴るだけだった。しかし、それが突破口になったのは事実である。

今私が確信していることは、ある日突然、全てがインスピレーションが降りてきたわけだはない。小さな疑問に1つ1つ答えていくことで、ようやく全体像が見えてきたのだ。ジブソーパズルのピースを1つ1つ集めている感覚があった。1つ見つかると、そこからその周りが見えてくる。これを、ここ数年続けてきたことになる。

そして今、大分全体像が見えてきたのだが、これを伝える手段を私は持っていないということに気がついた。というか、気付かされた。「離散」という概念1つにしても、今の私には的確に説明するすべがない。

もし、伝える手段が今のところないとするのなら、それは当面諦めるということも考えられる。それよりは、自分自身のこの宇宙の理解を進める方が先なのかもしれない友思う。

もうひとつ考えられるのは、記憶言語学を少しでも具体的に記述するということ。まだ、足りないピースは多いが、今あるピースだけで勝負をかけてみるということだ。そこからまた新しいピースが見つかるかもしれない。







Last updated  2016.05.24 08:06:49
コメント(10) | コメントを書く
2016.05.19
カテゴリ:記憶科学
我々は「記憶」にアクセスできることを当たり前の様に思っているが、少なくともこの太陽系における記憶の進化に関して、人間が初めて記憶を自分の意志で想起することができるようになり、そのけっかとして離散融合更新循環により、記憶の進化が始まったのである。

つまり、人間こそ、進化する記憶の塊であると言える。






Last updated  2016.05.19 08:30:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.18
カテゴリ:記憶科学
最近のフランスではテロ事件、日本では熊本での地震と、大事件が起きる度に我々の日常がいかに脆いものであるかを思い知らされる。

日常というのは、平穏な毎日がくり返し訪れるということである。日常が訪れるということは、毎日、記憶が更新していると言い換えることができないだろうか。

まだ「記憶」に関して、決定的な定義ができないでいる状態だが、これも1つの鍵になると思う。







Last updated  2016.05.19 01:17:09
コメント(0) | コメントを書く

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.