1281079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

▲▼▲▼▲ 一方的に語るの大好き ▲▼▲▼▲

全8件 (8件中 1-8件目)

1

脳梗塞になった父

2018年04月24日
XML
カテゴリ:脳梗塞になった父

10日ほど前に母から聞いた話で、

その時は、
“いろいろ迷ってる” らしかったので、

まぁ、とりあえずどう決めたのか連絡は ちょーだい。 
と、母には言ってあって・・


ワケありで断れない、中学校 (母は山陰出身) の同窓会、
当時、1学年が20人という田舎で、
高校へ進んだ人すら数人で、
今回の参加者も女子ばかりで7人、
ほとんど山陰から出たことがない人ばかりで、
普段、交流があるわけでもなく、
久しぶりに電話で話してみると、話のテンポもまるで違い、
共通の話題もなさそうで、

でも、
ワケありだから、
断ったらかわいそう、
会うの最後になるかもしれないし、
でも、
行くとなると1泊になるしで、

父が脳梗塞になる前から、「行く」 と約束してはいたけど、
病人を置いてなあ・・
でも、
私に一緒に留守番を頼むほどではないらしく、
24時間もかからず帰ってこれるし、

・・とにかく、迷ってるらしかった母でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それが昨日、
私が自閉くんと出かけてる途中にメールが来て、
どうやら行くことにしたみたいで、

私は、
「じゃあ、夜と朝に生存確認メールをしとくね」
ということで(笑)


昨夜は、
退院後、買ったiPhoneに、未だ慣れれずに四苦八苦してる様子をメールで やりとり ( ̄∇ ̄;)
(私はAndroidだから、わからんのだよ~)

朝は、
何時に起きるものなのかわからないので、とりあえず7時半にメール、

私は昼前からパーマ屋さんだったから連絡もとれなくて、
雨が降る前に、一人で散歩に行っちゃったりしないといいけど・・と思ったりしたけど、

パーマ屋さんの帰りに寄ったら、
留守番な父も、帰ってきた母も元気で、
ハァ、よかったです。

rblog-20180424184425-00.jpg






最終更新日  2018年04月24日 18時45分36秒
コメント(8) | コメントを書く
2018年01月30日
カテゴリ:脳梗塞になった父

*父に告ぐ*
「                   」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんか、
こういう勢いで伝えたいことがある気がするのですが、

いざ、まとめようと思うと、
ぽっ浮かばないです。


そこにあるものを使って、ベッド周りを自分仕様にしてました(≧∇≦*)
すごい考えて作ったから、外すのもったいないねえ(笑)

rblog-20180129155929-00.jpg

父を迎えにいきました。

治った部分、残った部分、新たに判明した部分、
なんか、いろいろですが、
本日、とにかく退院しました手書きハート


もう、あそこへは戻らない生活ができますように。
しぶとく生きてください。









最終更新日  2018年01月30日 17時19分18秒
コメント(10) | コメントを書く
2018年01月18日
テーマ:たわごと(22134)
カテゴリ:脳梗塞になった父


昨日は、
私が行った時間と父のリハビリのタイミングが合わなかったので、
空っぽのベッドのそばで待っていたのですが、

なかなか戻らないのでおかしいなあと思っていたら、
看護師さんがやってきて、
なんと、“禁煙教室” に参加していることが判明!!

脳梗塞になっても まだタバコはやめない意思を表明していたので、実は内心呆れていたのですが、
禁煙教室に参加してみたいと看護師さんに話したことがあったそうで、
びっくりうっそぉ!! 信じられない。

でも戻ってきてぐったりしてました(^_^;)
吸いたい人間が、
“毒だ”と、ただただ主張する医者の講義を長々と聴くのは、かなりの苦痛らしい。


でも。
でもです。

小さい頃、「タバコやめたら」 と、なんとなく言ってた私とは、もう違う。
こっちだって、それなりの気持ちで時間を作って日々通っているわけで、
(母には「アンタ暇なんやなあ」と ( ̄∇ ̄;))
もう、一人で生きてるつもりになってもらっては困るわけで、
元気で、この体でしぶとく生きてもらわないと困るわけで、

って、
わからんかなあ・・
わからんかもなあ・・

(* ̄∇ ̄)ノ これまで知らなかった親の性格をいろいろ垣間見ちゃったから、
なんか、いろいろ思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


廊下から聞こえてきた、知らない脳卒中患者さんと看護師さんとのやりとり。

外を眺めている患者さん、どうやらそこに通りかかった患者さん。

看護師さん 「雨やんだみたいですね」
  
患者さん 「気持ちも心も晴れ晴れや」

看護師さん 「元気出るね」

患者さん 「さびしーて さびしーてなぁ」

看護師さん 「え、何を言わはるんですか~ これまでいつも誰かが近くにいてくれてたんですか」

患者さん 「いいや。 嫁さんもおらん 一人もんやからなぁ」

看護師さん 「お友だちは いてはるんですか?」

患者さん 「友達は いてる」

看護師さん 「だいぶ良くなってはるじゃないですか。今はリハビリ頑張りましょか。」

患者さん 「そうやな。 頑張りますわ。 ありがとう。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


入院してからずっと気になっていたことがあって、
というか、こんなこと気にする必要もないのかもしれないけど、

ウチはこうして、さびしくない時間をできる限り作ることができるけど、
そうでない人がほとんどで、
明らかに人が訪ねてきたのを見たことがない人も沢山いて、

だから何だ、というわけではないけど、

なんか・・・
皆さん、強いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


母も私も、
なんか、これまで思わなかったようなこと、
口に出さなかったようなことを遠慮なく言うようになったり、
父は父で、
許可をもらいたい項目を書き出して、
回診に来る先生に質問をしようとしていたりして、

だんだんと気持ちが、病院から外の世界へ向いてきた気がしています。










最終更新日  2018年01月18日 16時34分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2018年01月11日
カテゴリ:脳梗塞になった父

「さむ」
と言いながら出かけた、ウチの高校生2人ですが、
制服に重ねられるものって限られているし、寒いでしょうねえ。

(娘はついに観念して、寒い > ダサい になったらしく(笑)
昨日から、例の学校指定の24000円のコートを着ていってます大笑い)


当時、割と自由な公立高校だったので、私は制服ブレザーの下にピンクのトレーナー(笑) を着ていて
あれを思うと、今の娘のコートより、当時の私の方がよっぽどダサいです(≧∇≦*)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


家から見えている遠くの山、“この標高から上!” な境目から上、雪で白くなっていました。
今日みたいな日こそ、車で移動したいものですが、
午後、進路関連の説明会があったので、
きちんと公共交通機関で自閉くんの学校に行ってきました。

なんか、名付けたいくらい、遥か彼方まで吹きっさらしな場所に建っている学校なので、
(たぶん私が名付けなくてもきっと名前は ある気がします)
朝、苦労して直した寝癖、強風で、意味なかったです(笑)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



昨日、1/10(水) 
脳梗塞で入院中の父、
車椅子を押してもらって、1階のコンビニに降りてもいい、という許可が出たそうで、
そこへ私がやってきたもんだから、えらくwelcomeでした(笑)

看護師さん以外と車椅子、というのが新鮮みたいです。

ブラックならOK、と、コーヒーも許可が出たので、
セブンでカップを買って、コーヒーを飲みましたが、
父はアメリカン派なので、「濃いぃな」 と(^-^;

入院して51日なので、それくらいぶりのコーヒーでした。

母は来ない日だったので、私と2人だったのですが、
5階と1階の往復だけで、3回も車椅子を衝突させてしまいました(≧∇≦*)

車椅子って簡単に押せるけど意外と縦に長くて、
エレベーター内で1回、コンビニで1回、コーヒーのコーナーで1回、
ぶつけた私も悪いけど、
思っていたよりずっとずっと小回りの利かない、
(というか、狭すぎるんです。どこもかしこも。病院なのに。)
とても不便な乗り物だなあと感じました。

・・と、家に帰って、体験談を娘に話すと、
「大丈夫。私もぶつけた。」と、中学時代、病院の職場体験での経験を話してました(^-^;

次は気をつけて回数を減らそうぐー













最終更新日  2018年01月11日 17時16分46秒
コメント(12) | コメントを書く
2017年12月24日
カテゴリ:脳梗塞になった父

そこそこ、とか、ほどほどに、とか、

人と基準が違うことって、私は苦手です。

私の そこそこ、
私の ほどほどに、

は、実母の基準と違うみたいです。

母の基準の、
そこそこ、ほどほどに、に合わせると、
私は完全に消化不良、不完全燃焼です(笑)


結婚する前は気がつかなかったのか、気がつく必要もなかったのか、
それとも、
そのあとでお互いが変化したのかわかりませんが、

父が入院したことで、それはそれは、発見が沢山あって、両親と会うたびに驚きです。 
(いえ、市内だし これまでも たびたび会ってはいたんですが、そこでは知ることがなかった部分)


他人の反応や表情には、割と関心が高い私ですが、
身内は、特に親は、気がついたら一緒に住んでいたわけだし、
考えが合わなくても別にそういうもの、ぐらいにしか思っていなかったので、
わざわざ観察することもなく、
なので、
今になって、初めて知ることが多すぎます(^-^;


で、
所詮 私は一緒に暮らしていくわけではないので、
母の基準の
そこそこ、とか、ほどほどに、とかに合わせた方がよさそうだな・・
と感じることが最近は多くて、

(そもそも、父の為に病院に足しげく通っているというより、母の負担軽減のつもりでもあり)

ぼちぼち、私は引いていくかな~ と思ったり。

でもでも、別の日にはまた別の考え方が浮かんできたり。

母が聞いたら仰天して怒ること間違いない、
“ゴルフができるか試したい。
そのためには打ちっぱなしに行きたい。
そのためにはバイクに乗りたい。
ゴルフができるのなら車を運転したい”

・・こんな話をできるのは、
やっぱり、聞くだけの役の私かな、と思うので、
行ってる意味は無いことはないよなぁ・・とも思ったり。


弟とのLINE。
いいヤツです。
rblog-20171212182935-00.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



あ、今日はクリスマスツリープレゼントお誕生日クリスマスイブでしたね(^-^;

朝イチ、散髪に行った自閉くんとダンナに、ケーキを頼んだら、
自閉くん、ぷりっぷりに怒って帰ってきて、

失恋自分でケーキを選ぼうと思ってたのに、パパが勝手に小さいやつにした怒ってる
とか。

( ̄∇ ̄;) また・・そんなレベルの怒りかぃな・・


失恋クリスマスは怒らないと決めてたのに、怒ってしまった自分
っていうのも嫌みたいで・・

ダンナはというと、気にも留めずに、涼しい顔で洗車を始めてました(´△`)
ほんまにも~しょんぼり


今も、皆おなかペコペコで、
お昼ご飯をがまんして、洗車が終わるのを待ってます・・雫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クリスマスイブと関係あるかどうかわかりませんが、(ないです大笑い)

昨日、卓球で、
「僕、実は若い頃から競馬が好きで・・」 
な話を、30分以上、ずーっと聞いていたのですが(^-^;
(全く競馬を知らなかったので、すごい詳しくなった気分です(笑))

その人、60歳で、
若い頃、子守りも兼ねて子どもを競馬場に連れていってたので、
今は成人しているその子どもたちも競馬が好きで、
遺伝じゃないけど、
競馬は家系で受け継がれていく、という結論に至りました (^-^;

#有馬記念
でもあるのですね馬ダッシュ







最終更新日  2017年12月24日 13時23分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年12月14日
カテゴリ:脳梗塞になった父


昨日。 学校行事の なんちゃらウォークに行く前の娘に、
「年間予定表に明日(12/14) 休みって書いてあったけど、ホンマなん?」 と聞くと、

「えーっ。びっくり知らーん。 今日は全体集合せえへんから、クラスのしっかりした子に聞いてみるわ」

(p_-) なんじゃそら。

・・ということで、今日は、お疲れさま休み みたいな娘です。
昨日も全く疲れていなさそうだったんだけど大笑い
(あ、疲れてはるのは先生かも(^-^; )


コメダかどこかで帰りに お茶しいひん?
と釣って、今日は娘も病院まで連れていくことにしました~。

どうも、非現実な場所にいる時間が長く続くと、
妙に、人がいる場所に紛れたくなります(^-^;



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



入院している父が、
「枕元に置く小さな時計が欲しい」 と言うので、
(携帯やラジオについてる時計は夜中に見づらいとかで)

私 「前の前の部屋の時に 私が持って行ったら、“使わんから要らん” って言うたやん」

まあ、段々回復してきたら、同じ入院でも生活スタイルが違ってくるものなんでしょう。

私 「まあええわ。ほんならまた持ってくるわ」

使っていない、アナログの新品 電波時計がありました。

母 「あんまりいい物持ってくると盗難に あうよ」

盗難!?びっくり 考えもしなかった!!


考えてみたら、
最初は集中治療室で、せいぜい30度ぐらいまでしか体を起こせず、
広い部屋には看護師さんも沢山いて、
↓ 
次の四人部屋へ移ってからは45度ぐらいまで起こす許可が出て、

次の六人部屋へ移ってからは、看護師さんに車椅子を押してもらい、ベッドからおりることができ、

今の四人部屋では、看護師さんに付き添ってもらいながら歩くことができ、

そうか~
最初は、盗難なんて有り得なかったけど、
元気だと、いろんなことができてしまうわけか~(@_@)


元気でないと悪いこともできないのね・・
と、へんなところで納得してしまいました。

rblog-20171214114347-00.jpg










最終更新日  2017年12月14日 12時31分09秒
コメント(6) | コメントを書く
2017年12月01日
カテゴリ:脳梗塞になった父


それぞれ事情は違っても、重なるときは重なるのですねぇ。

一昨日、主人が絶不調、
昨日は娘が学校を休み、
夜に自閉くんが、てんかんの前兆、受診。

なんか、
ドキッ!ギクッ!の連発で、髪が真っ白になるか、抜けちゃうか、してもおかしくないくらいです・・

笑えるのが、
一番の不安だった筈の父が、
昨日から、病室の外でのリハビリを始めて、快調、という(^-^;

ああ、みんな人間なんだなと、
へんなところで実感しました~ぽっ



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



私は、というか、ウチの家族は、誰も、まくらにこだわりがなくて、
というか、
好きな高さはあっても、まくらが原因で寝れない、みたいなのはありません。
なので、
そういう人がいる、とは知ってても、
「たいへんだなー」 ぐらいしか思ったことがなかったのですが、

知らなかったのですが、父が、その、"まくらが原因で寝れない" 人だとわかり、
ありゃまあ~ で、
この病院は、中身がパイプのタイプのまくらだそうで、父はこれが合わない(;^_^A

作業療法士さんが、「おうちでお使いのまくらを持って来てもらってもいいですよ~」
あら、よかったやん。
が、なんか、スッキリしない表情の父。

私が冗談で、
「もしかしてさぁ、外に持ち出せないくらい、みすぼらしいやつ・・とか??」
と言うと、
まさかの、それ、だったみたいで(笑)


どうやら、こだわり低反発まくら、にプラスして、
みすぼらしいやつをたたんで、さらに好きな高さにしているとか。

うわあ・・たいへん。 というか、理解できん~。
(まくらがこだわりの方、すみません)


母にそれを伝えると、「ええっ・・・」 
持ち出すことに、母も困って(笑)
それ用サイズのカバーを作るのもためらわれるほどみたいなので受け取りに行ってみると、
「おおおおお。想像以上の劣化・・・・・」

とりあえず、それでも、家で使っているものを受け取って、
さらに、ウチにある、"じゃあこれは??" と思えるようなものを持って、

まくら各種の出張販売みたいな、
そんな状態で父の所に行きました(笑)


両手が使えたら、折りたたもうが巻こうが自由なのですが、
体も起こせず寝たままで、片手でどうにか丸めて、好きな高さに調節する・・・
・・・それだけで血圧が上がりそうです(-_-;)

人って、いろんなこだわりがありますが、
思わぬこういう形で人に知れてしまい、
でも、その割には、なかなかこだわりどころが伝わらず( ̄▽ ̄;)

rblog-20171129191151-00.jpg


なんだか、
病院に行くようになってから、
これまでとの差に笑えるくらい、私の生活が規則正しくなりました。
感謝です(^-^;

rblog-20171130154642-00.jpg

昨日から、外もピカピカやってます。








最終更新日  2017年12月01日 17時45分33秒
コメント(10) | コメントを書く
2017年11月30日
カテゴリ:脳梗塞になった父


11/21(月) に、市内に住んでいる父が脳梗塞で入院しました。

私が毎日日記の更新をしていたのは、父が読んでくれているからでした。
送信し忘れていると、「今日はまだですか?」 とメールが来てました(笑)


一度、はずみで、
父が孫(ウチの娘)に日記の存在を暴露してしまい、(娘のネタのことで)
怒った私は、「名前を変えて別のところで改めてスタートする」だの、
「読んで私の生活に不安になるなら、別のところで書くから探さないで」だの、
エラソーに言ったこともありました。


入院しても、まだ進行しているのを感じる日、そうでない日、いろいろで、
昨日の父でなくなっていくのを見るのはつらく、
11/24まで、なんとか書きましたがもう限界。
気持ちに向き合う気には とてもなれず、お休みをしました。


再び父が読むことがあったときのために言い訳しておくと・・

お父さんも結構私と似たハートの厚さ?薄さ?なので、
そこのところはわかってくれるだろうと思う(笑)
似た者同士やと思うから (^m^ )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コメントありがとうございました。
なのに、いただきっぱなしですみませんでした。

ベッドを30度→45度→60度に起こしてもいい、という許可が出たのと、
おかゆの次の段階に移ることができて、
少しホッとして日記を送信します。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



お休みをしても、習慣は変わらず、
というか、お休みを忘れて書いてしまって・・(≧∇≦*)

“サッカー スパッツ 懇談 白髪” 

いつものようにキーワード(?)だけ書いて、
時間ができたら、あとで、文にするつもりでぽっ


11/25(土)
自閉くんが実習でいない間に いろんなことが進んでいて、
貸し切りバスで兵庫県までサッカーの試合が決まっていました。
この試合は関西の知的の支援の高校生の試合みたいで、

体操服ではダメらしく、ユニフォームが作られ、
(元PTAから見て、予算なかったんちゃう?)
なんか、いつもと違うことだらけ。


「ユニフォームはペラペラの半袖半ズボン?なので、下に黒のヒートテック的な長袖は着てもいいですし、
ズボンの下にもそういうものを履いてくださるのは全然オッケーで、
各自で防寒をしっかりとお願いいたします」

って、先生、
確かに実習中で連絡はとれなかったですが、
試合前日の晩に電話もらっても、どうしようもないですがな(≧∇≦*)


黒の長袖はあるけど、ズボンの下に履くものなんて、普通持ってます???
仕方ないので、
娘が制服のスカートの下に履いている、スカート下みたいなのを1枚借りて、(二分丈スパッツ?)

自閉くん嫌がるだろうなあと思ったら、まさか女子用だとは思わず、(飾りもないやつだったし
むしろ喜んで(笑)
「ナイスやん!dokidokiちゃんありがとう!!」

娘、苦笑 ( ̄∇ ̄;)

私は娘の高校の学年懇談があったので、応援に行けず、
主人にお願いしました。。。


こっちはこっちでピンチで(笑)

ずっと、自閉くんの実習の方に気持ちが行っていて、(私は働いたわけでもないのに(笑))
2週間ろくに自分の身なりに意識が向かなくて、
前日に気付けば、ああ、白髪だらけ~ (>_<)
(増えましたよ~すごいですよ~)

まぁ、白髪でも守衛さんは他の方と同じ様に迎えてくださいましたが(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11/26(日) “大阪マラソン ランナーズアイ テレビ 前科”

友人Bさんが、大阪マラソンを走ったのですが、
自閉くんと、「今年は以前とは違う場所で応援しようよ」 とか相談していたのですが、
さすがに断念。

気になるのは やっぱり病院の方なので、
マラソンはランナーズアイで応援しました!

一般病室に移ってないからテレビもないんですよね~・・
体も起こせず、暇だろうなあ~・・

なんか、動けないのに看護師さんの目を盗んであれこれやろうとするので、(前科いろいろあるとか)
ちょっとでも動くと、キッ! と、看護師さんの目が光るのが面白いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11/27(月) “腕時計 チープカシオ”

自閉くんの腕時計のベルトが切れてしまいました。
9月に電池を換えたばかりだったので、なんとか、ベルトだけ換えたかったのですが、
ネットで調べても、電話で聞いても、買った方が安くて、(CASI◎チープカシオのシリーズ)
樹脂のベルトは耐久性がダメなのだと知りました。 

毎日、登下校時だけの使用で2年半。寿命短かすぎるやろ。


父の病室が普通の四人部屋に変わりましたが、
前のSCUの部屋がいっぱいになっただけで、
単に押し出し式らしい。 がっかり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11/28(火) “離す 持参 私だけ”

恐らく、父のことが引き金になっての私の更年期症状。

さすがに1週間もすると、「お、今日も来たね、逆らえない気持ちの波のヤローが」
みたいな迎え方ができるようには なったけど、
晴れていくまでは、のまれ放題、やられ放題で、日々格闘。 なかなか手ごわい。

1つづつ周りに伝えて、いろんなことを一時的に離させてもらっています。
それだけでこんなに気分的に軽くなれるとは。


それから、
ただの様子見で父のところへ行くのはもう嫌なので、
私なりに目的を作ることにしました。
病院がどういうことは してくれて、どういうことはしてくれないところなのか、
なんとなくわかってきたので。

今日は持参物と共に。 
そして、母が来れない日だから私だけ。 

考えてみたら、
自閉症は脳、てんかんも脳、脳梗塞も脳、ダンナの会社も脳梗塞の薬を作っていて、
普通の人よりは、脳が身近にある、んだな。と。
しかも、
自閉くんと私は、偶然にも、脳卒中で障害者になった人々から卓球を教わっている。
気持ちが落ちていくようでは あかんね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11/29(水) “聞いた”

昨日、今日は母が来れないので、
かーなり気合いを入れて行きました。
安静が続いているので、“昨日と比べてどうなのか” を見に行く感じです。(それと洗濯物(^-^; )


脳のどこがやられたかで、麻痺する場所、程度、進行、
もう、様子を見るしかないそうで、

昨日はラッキーで、言語と作業療法士さんに会え、寝たままリハビリの様子を見ながら、
ブログにでも書くんかい! と思うほど、沢山の質問をしたdokidoki1234。
帰ったらクタクタでした。


でもやっぱり、前の日より元気そうなのは、こちらも元気が出ます。
泣き言 言わんと頑張らんかい!! と、言いたくなりましたから大笑い

作業療法士さんが父に、
「娘さんに言われ放題やないですか(≧∇≦*)」

(* ̄∇ ̄) どうやらもっと優しく励ますものらしい(笑)
いや、
「なにくそ!」と思ってもらわんと あかんのよ~(^-^;


脳卒中の後遺症らしき様子の方をそこら辺でよく見かけますが、
あれは、ものすごい努力の賜なのだとわかります。
さらに、卓球を教えてくれるって、どんだけ!!!!!

びっくりあのおじいさんたちはスーパーマンだったんだ・・














最終更新日  2017年11月30日 14時02分24秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.