映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

カレンダー

コメント新着

お気に入りブログ

ポーラー・エクスプ… New! おいら♪♪さん

4日の日記 小烏丸の”てる”さん

3サイズもアップす… 天野北斗さん

テーマは宇宙 ちーこ♪3510さん

いもたこなんきん クロ麻呂さん

プロフィール


hoshiochi

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

全て | 料理&お菓子&旅&演劇&その他2 | アメリカ映画 | 日本映画 | イギリス&アイルランド映画 | フランス映画 | 韓国映画 | 中国&台湾映画&中国ドラマ | ドイツ映画&ドイツドラマ | イタリア映画 | 北欧映画 | 東欧・ロシア映画 | オランダ映画 | カナダの映画&ドラマ | その他の地域の映画 | ジェイク・ギレンホール | 吉田鋼太郎 | 大杉蓮 | 香川照之 | 堺雅人 | 松山ケンイチ | 真田広之 | ムロツヨシ | 新井浩文 | 林遣都 | 内野聖陽 | 長谷川博己 | 韓国ドラマ | 韓国ドラマ・赤と黒(ナップンナムジャ) | アメリカドラマ | イギリスドラマ:SHERLOCK | ベネディクト・カンバーバッチ | ホロウ・クラウン | イギリスドラマ | 日本ドラマ | 日本ドラマ:歴史ドラマ&時代劇 | よしながふみ:大奥 | 三浦しをん:まほろ駅前シリーズ | 実験刑事トトリ | 山田風太郎 | 日本の作家が書いた歴史小説 | 日本作家によるノンフィクション&エッセイ・その他のジャンル | 日本のミステリー小説 | 日本の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | 日本のファンタジー小説 | その他のジャンルの日本の小説 | 海外のミステリー&ファンタジー小説 | 海外の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | 海外のノンフィクション・エッセイ・その他のジャンル | 海外の作家が書いた歴史小説 | その他のジャンルの海外小説 | ローズマリー・サトクリフ | 漫画 | 塩野七生

吉田鋼太郎

March 17, 2019
XML
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。
今年還暦の吉田鋼太郎さんが出演しているドラマを紹介します。
まず、正月時代劇家康、江戸を建てるを見ました。

原作:門井慶喜  
脚本:八津弘幸(「半沢直樹」「陸王」他)

市村正親 佐々木蔵之介 生瀬勝久 優香 千葉雄大 高嶋政伸 松重豊 藤野 涼子
矢島健一 マギー 今井 朋彦 勝野洋

前編「水を制す」
徳川家康は、低湿で水浸しの大地(今の東京)に、人が住めるようにするには、どうすれば良いか?と考えた。海水が流れ込んでくる関東の低地では井戸から水を得難く、人が生きるための清水の確保が急務であった。いわゆる上水の整備を命じられたのは、家臣・大久保藤五郎。若き日、戦場で傷を負い、馬にもまたがれぬ身となり、家康のための菓子作りを長年してきた大久保は、現在の井の頭池から江戸の町に上水を通すという一世一代の大仕事に取り組む…

大野治長が井伊直政に北条氏政が大久保長安に べっぴんさん パパが名主になるなど朝ドラ& 真田丸&おんな城主直虎 キャストがお揃い。長安というと山田風太郎の不運キャラを思い出す。今晩は おっさんずラブ 宿命のライバル対決か?3度めの無理チューはあるのか?時代劇なのに

後編「金貨の町」
市村正親 吉田鋼太郎 柄本佑 高嶋政伸 高橋和也
広瀬アリス 林遣都 伊原六花 吹越 満

家康が目指したのは、全国共通貨幣「小判」を一手に製造する首都・江戸の建設である。この頃、日本の経済の中心は、豊臣家の拠点・大坂であった。大坂に物が集まり人も集まり、発展を遂げる。江戸を大坂以上の経済都市にする。そのためには日本全国に流通し、安心して利用される日本初の流通貨幣を「江戸」で、製造しなくてはならない。家康が抜擢したのは、褒賞の品としての大判の金貨作りを牛耳ってきた京の名家後藤家の一職人に過ぎない橋本庄三郎であった。

悪事をしたら必ず大きな瞳の動きでバレる人を演じたらぴかいちの林遣都くん。高札を抜くか抜かぬかで絶叫&懊悩シーンがやっぱり舞台っぽかった 吉田鋼太郎 さん。綺麗な婚約者より家康を選ぶ正月から おっさんずラブ な時代劇。


家康、江戸を建てる [ 佐々木蔵之介 ]​​楽天ブックス

吉田鋼太郎さんはこちらもレギュラー出演です。
日曜劇場グッドワイフを見ました。

出演
常盤貴子 唐沢 寿明 小泉 孝太郎 滝藤 賢一 吉田鋼太郎 野間口 徹 水原 希子
賀来 千香子

第一話 家族の裏切り
ゲスト:武田 鉄矢 泉澤 祐希
オリジナル版では最初に浮気された妻が夫を豪快に平手打ちしていたのに日本ではまさかそこまでやりませんか。じめじめしてそうですね。検察サイドは光がブルーっぽくて人数も限定していて裁判サイドと対照的。滝藤さんと吉田さんの演技の違いが面白い。

第二話 その男、黒か白か
ゲスト:橋爪 功 松本紀保 村上佳菜子 木本武宏 矢柴俊博
事務所の名誉顧問であり神山佳恵の父、神山大輔が事務所を尋ねてくる。大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。
大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。
その弁護を杏子は大輔から依頼される。多田は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。自由奔放な大輔に翻弄される。しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。

何だよ!人情家の銀行員を演じてた 矢柴俊博 さんがもはや日曜劇場の伝統となりつつある顔芸も披露する検察に転職しているなんて!来週の妊娠している弁護士はオリジナル版でマーサ・プリンプトンが演じている子連れ弁護士のアレンジ版?


第三話 隠された罠
ゲスト:高木 渉  江口のりこ
回送列車の脱線事故が発生。死亡した運転士の遺族代理人として、杏子、多田、朝飛が担当することになった。相手の東神鉄道の代理人を勤めるのは河合映美。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。
一方、杏子は拘置所にいる壮一郎と面会し、過去の幸せだったころの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。そんな杏子を見て多田ははがゆい思いだが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。その過程で、杏子はある違和感に気づき…。

タイトルがうまいですね。最初は持ち込まれた事件絡みかと思ったら別の動きに関するタイトルでもあったと。元ネタは「TheGoodWife 」第五話Crash。オリジナルでも夫はこの後州検事以上のステータスを狙うなど妻よりよっぽどしたたかだったので日本版でも踏襲したのかと。

第4話「過去との決別」
ゲスト:佐藤緋美 須藤理彩 水沢林太郎 前田旺志郎 中村育二
杏子が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚。一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田だった。

ネタはオリジナル第三話でタイトルも同じ「過去との決別Home」オリジナルがどれだけ優れていたかということですね。米国版オリジナルもぜひ見て欲しいです。オリジナルのカリンダとアリシアの関係性が良かったのですが日本版では出せない所もあるでしょう。

第5話「夫婦の条件」
ゲスト:峯村リエ 芦名星 銀粉蝶 宇崎竜童 松本まりか
資産20億のロックスター東城数矢の離婚訴訟を巡り、妻のちなみの代理人として担当することになった杏子。数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈と結婚するつもりだという。杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲は、6千万円が妥当だと主張。法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。しかも美咲は多田の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。
一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂の妻・怜子が現れる。脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。しかも怜子は、壮一郎に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…?

そして、壮一郎も、自らが逮捕された収賄事件の真相にたどり着きつつあった。遂に事件を画策した人物の正体を突き止めたのだ。その男とは一体…?
あの 吉田鋼太郎 さんがぐうの音も出ない奥様役として峯村リエ さんぴったりだったのでは。あの「民王 」でも長身エンケンさん演じる首相の妻役でしたし。「花子とアン」 以来どうして皆吉田さんに荒れて物に当たり散らすシーンを演らせるのか。それもわざとらのスローモーション演出で。

第6話「崖っぷちの選択」
ゲスト:春風亭昇太 温水洋一 今泉佑唯 嶋尾康史
多田けて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。
杏子と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎。佐々木と共に、南原を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇坂が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる。

今回の春風亭昇太 さんの元ネタはパーキンソン病を患うマイケル・J・フォックスが演じたケニング弁護士。アリシアを遅刻させるエピまで踏襲。製薬会社を相手に薬害集団訴訟する件が健康被害に対する集団訴訟に。それにしても弁護士にしては本心がバレバレすぎる多田。

第7話 消された真実
ゲスト:浜野謙太 前野朋哉 田中要次 丸山智己 相武紗季 松尾貴史
杏子への多田の告白を聞いてしまった夫・壮一郎は、怒りに満ちていた。しかし、多田の告白自体を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになる。
1年前、特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家・南原
の汚職のタレコミが入った。佐々木
と共に極秘捜査をし、匿名の情報提供者から汚職を証明する決定的な “ある文書” をもらう約束を取り付けたが、その直前に逮捕されてしまっていた。南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるのだが…。
一方、神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持から大きな案件が持ち込まれ、多田、杏子、朝飛の3名で担当することに。剣持は SNS を駆使し、自らが広告塔となり若くして成功を収めている人物。最近、彼がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開されたうえ、剣持を誹謗したかのような内容だった。自分のイメージも、さらには企業イメージまで下がったと憤慨し抗議するが、映画会社は一貫して剣持をモデルにしたことを否定。剣持は名誉毀損で映画会社を訴えることにしたのだ。のらりくらりとかわす映画プロデューサーらを相手に杏子たちは裁判に臨むが、思うようにいかず窮地に追い込まれる。
そんなとき、杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせる…!

今日はヘンリー6世 千秋楽の 吉田鋼太郎 さん部下をもう一人つけて滝藤賢一 さんを追い込む。(別画像ではめっちゃ仲良しじゃないですか!)。夫に煽られて本気を出す多田。オリジナルのダイアン・ロックハートより賀来さんの方が強かさがない感じ。

第8話『裏切り者』
ゲスト:相武紗季 松尾貴史 丸山智己
杏子は壮一郎のスキャンダル相手である遠山亜紀に会いに行くが、亜紀は何も話そうとしない。
そしてついに、壮一郎の裁判が始まる。検察側は賄賂の証拠を揃え、さらに証人にトミオカ精工の社長も呼び、すべて壮一郎の指示だったと証言させる。検察側の絶対的有利な状況で裁判が進んで行く中、壮一郎は事件の “本当の情報提供者” を見つけることが、事件解決に繋がると杏子たちに説明する。一方で、脇坂が円香に接触。脇坂は木内と円香に関して何かを掴んでおり、円香を利用しようと画策している。そんな折り、多田が蓮見家を訪ね、壮一郎に、このままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛との正式採用争いにも破れると言い、ある衝撃的な宣言をする。杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司・上森から亜紀の隠された過去を聞き出す。そして、再び亜紀の元へ。そして、壮一郎たちはついに “本当の情報提供者” にたどり着く… その正体は !?

オリジナルを知っている人はこれで夫の不倫疑惑が晴れたわけではないことを知ってるはず。そういえば何度か意味ありげなショットが。伝言を消したのを知るのはオリジナルではもっと後の方だったけどこのシリーズの中でやってしまうのか。女子は小泉孝太郎 さんにみんなやられてますね。

第9話「堕ちた正義」
壮一郎の一連の事件を計画した “裏切り者” の正体がついにわかった。その “裏切り者” は、壮一郎に衝撃の理由を語る。そんな中、法律事務所では、円香のある秘密が波紋を呼び、円香は事務所を辞めることを決意していた。また、杏子と朝飛の本採用を懸ける争いも、ついに決着がつく。果たしてどちらが採用されるのか !?一方、一連の事件が解決した壮一郎だったが、あることがきっかけで多田からの留守電を消したことが杏子にばれてしまう。そのことで言い合いになり、夫婦の間に亀裂が…。さらに、壮一郎は、多田に関して何か仕掛けようと画策していた。
そんなある日、多田の想いを改めて聞いた杏子は多田と二人きりになり、急接近する…


あれだけ番宣で出ていた番組で「殺さないで下さい」と言っていた滝藤賢一 さんがラスト前で退場。ここはオリジナルのアラン・カミングとは違っていたか。1度目の告白は旦那に消されて2度目もかわされてショックの多田先生。まあタイトルがグッドワイフだから日本版では戻れないか。

最終回「最後の審判」
壮一郎の指揮により、神山多田法律事務所に現れた脇坂は、多田を贈賄容疑で逮捕する。
壮一郎の私情が絡んでいるのではないかと、神山に指摘される杏子だが、多田は、過去に担当した案件の判決から、小宮裁判官との関係を怪しまれていたのだ。負ければ、神山多田法律事務所が潰れてしまいかねないと、神山と杏子を中心に、事務所一丸となり、検察を相手に裁判で戦うことに。一方で、朝飛は不穏な動きを見せる。そんな中、いよいよ多田の裁判が始まる。
しかし、多田にとって不利な証拠が次々と出てくるばかり。さらに検察側はさらなる隠し玉を控えていて…。さらに、杏子との関係が悪いままの円香は、脇坂と会っていた。そして、思わぬ行動をとってしまう…。次々と追い込まれていく中で、どん底だった自分を救ってくれた多田を信じ、杏子は多田のピンチを救うことができるのか?そして、亀裂が入った壮一郎との夫婦関係はどうなるのか?妻として、女性として、杏子がする決断は…?

それぞれに欲も罪もあり自分自身から逃れることはできないけれど、最後は自分の信じる道を行くしやった結果は受け入れる。オリジナルドラマからうまく毒を抜いて収めたエンディング。オリジナルドラマはもっとどろどろしているけれど面白いのでこちらで興味を持った方はぜひご覧に。


グッドワイフ Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 常盤貴子 ]​​楽天ブックス







最終更新日  March 17, 2019 11:03:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 16, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
皆さん、こんばんは。今日は大河ドラマ最終回ですね。こちらで大久保利通を演じている瑛太が出演している映画を紹介します。

映画​ミックス​を見ました。

ミックス。
Mixed Doubles

脚本
古沢良太

監督
石川淳一

出演
新垣結衣 瑛太 広末涼子 遠藤憲一 蒼井優 真木よう子 永井 芽都
池上 季美子 田中 美佐子 小日向 文世 生瀬 勝久 吉田 鋼太郎 瀬戸 康史

 幼いころには天才卓球少女として名をはせた富田多満子は、恋愛と仕事に挫折して帰郷する。亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、活気もなく部員もさえない面々ばかり。しかし多満子は、クラブを再建し自分を捨てた元恋人ペアを倒すため、元プロボクサーの萩原久とペアを組み、全日本卓球選手権の混合ダブルス部門に出場することを目指す。

 テレビドラマ「リーガルハイ」の脚本家・古沢良太と石川淳一監督が再び組んだロマンチックコメディ。モデルとして綺麗な服を着せればスタイリッシュに決めるのに、わざわざ足が見えるミニスカはかせたり、クリスマスの着ぐるみきせたり、いかにかわいいガッキーをかっこ悪く見せるかということに前半は腐心。それもこれも後半の巻き返しがあるから。「迎えに来たよ。マイパートナー」と言いながらキスするのは元ボクサーという設定の瑛太。背が高いしカッコいいですね。お父さん役が小日向文世さんと聞いて最近のドラマの役柄から「途中で性格が豹変するのだろうか」と期待していたが、フツーのいいお父さんだった。早くに亡くなったとはいえスパルタお母さんを演じた真木よう子さんを際立たせるために、敢えて抑えめのキャラにしたのか。朝ドラで何かと注目を集めた永野芽都さんが多満子の年下の恋敵役。メイクのせいかもしれないがはっとするほどの美人。やはり華があるけれど、強引な悪役の方が今ははまっているのかも。そして吉田鋼太郎さん。たった2シーンの登場ですが、最初と最後ではペアを組む相手との役職の上下関係が逆転しているという設定で、対応の仕方、声の出し方に変化をつけて、わずかの出番でも印象を残してくるところはさすが。張り上げた彼の声が体育館で響くまくっていたのは言うまでもない。

そして何といってもうまかったのは中国人を演じた蒼井優ちゃん。若手実力女優の本領発揮。映画「フラガール」の時も猛特訓していましたが、今回も卓球王国中国出身という設定のため特訓してたいそう褒められたとか。エンケンこと遠藤憲一さんは悲しい過去を共有する妻と戦う役どころ。前半試合を逃げまくるのはコメディなのか?と思わせて後半伏線回収してくるところは福田脚本ですね。

あと、ここだけの話ですが池上季実子さんの変わりっぷりにはちょっとびっくりしました。



ミックス。 通常版DVD [ 新垣結衣 ]​​楽天ブックス








最終更新日  December 16, 2018 01:05:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 22, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。カンヌでグランプリを獲得したからなのか比較的地上波放送が早かった映画​三度目の殺人​を見ました。

三度目の殺人
The Third Murder

出演
役所広司 福山雅治 広瀬すず 品川 徹 橋爪 功 吉田 鋼太郎 市川 実日子 
斎藤 由貴 根岸 季衣

監督&原案&脚本
是枝裕和

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。

「『万引き家族』がカンヌでグランプリを獲ったから異例のスピードで上映されたが、本来ならこんな時間に放送される映画じゃない」というTLを見かけてなるほどな、と。まず冒頭シーン。役所広司演じる三隅がいきなり男性を後ろから殴るシーン。それからご丁寧に死体に火をかけて燃やす。よほど恨みつらみが溜まっていたのだろう、とこの時点では考える。

 通常ならばこの場面は、視聴者にだけ与えられた神の視点の物語だ。しかし今回の場合神視点は存在しない。なぜならば、このシーンはもう一度繰り返されるが、その時には被害者の娘咲江もいて、隣で血を拭っている。冒頭のシーンに彼女の姿はなく、再度登場するシーンでは、もう一度冒頭と同じシーンを映してアングルを徐々に変えていくと咲江が映っている、というパターンの映像でもなかった。

 重盛にとっては彼が犯人であろうとなかろうとどうでもよかった。それはつまり、真実など裁判では大した意味を持たないということでもある。死刑よりも無期懲役で抑えようと自分で落としどころを決めた重盛は、その筋書きに沿うように被告人を誘導していく、その理想だけが見えていた。

 ところがそんな彼が、終わる頃には誰よりも真実にこだわっている。最初は誘導する側だった重盛が、いう事をころころ変える三隅に翻弄される。そのきっかけは壁ごしに手を当てただけで娘がいること、離れて暮らしていることを言い当てられたことだ。雪の中で三隅と咲江、重盛が寝っ転がっている映像が出てくるが、重盛自身にそうした不思議な力があるのか、それとも三隅なのか、映画が終わるまで説明はされない。

 きれぎれに登場する娘とのシーンも、重盛が真実を追求する姿勢を後押しするためだろうか。最初の方のシーンで娘に呼び出されて店の人に一緒に謝った重盛は、「こんなに簡単に涙を出せる」という娘のウソ泣きを見せられる。そして中盤では、娘から「何かあったら助けてくれるか/信じてくれるか」と言われる。「自分は嘘つきだ」と言いながら「信じて欲しい」と願う。こんな矛盾した感情も、娘から父に対してなら当たり前なのかもしれないが、同じ思いを三隅も重盛にぶつけていたような気がする。

接見室での二人のシーンが頻繁に登場するが、壁を隔てた二人はそう大した違いはないのではないかというメッセージにも見える。三隅や検察官は法という名のもとに死刑という形で殺人を犯せるが裁かれることはない。一方三隅の行為は、例え苦しむ人を救うためだったとしても罪として裁かれる。どこかにスタンダードがなければ無法地帯になるからとりあえず司法があり専門家がいる。ただ「とりあえず」というスタンスになれば、重盛のようにビジネスライクに徹して救おうとする人を見なくなる弁護士もいる。司法は絶対ではないし、警察も常に正しくはない。事件の真相と共に、じゃあ何が一番正しいんだろう?とずっともやもやさせる作品だった。



三度目の殺人 Blu-ray スペシャルエディション【Blu-ray】 [ 福山雅治 ]​​楽天ブックス








最終更新日  October 22, 2018 04:39:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 7, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。数々の話題を呼んだドラマおっさんずラブが終わりましたね。
スペシャル版の頃もツイッターはあって呟いてたんだけど、ここまでの反響はなかったなぁ。

二週連続でツイッター世界一だったそうですね。SNSとインスタの盛り上がりもすごいものでした。SP版からまさかここまでくるなんて。本当にみなさんお疲れさまでした。
いいものを見せて頂きました。

スペシャル版をただ伸ばして使うのかな…だったら嫌だな~と思っていたら2話くらいでSPのエピソードを全部使ってきて、かつ「親への挨拶とかやる」というコメントが入ってきたので、これはSPより深い所に入ってくるんだな、と思いました。

それぞれの登場人物について、おくればせながら書いてみます。

★春田創一………田中圭
ダブルファンタジーの番宣映像と今回の春田とは全く違ってました。見事に色気を消してました。ラストシーンの「んなわけないだろっつぅの」はサービスかな。鼻にかかった声がセクシーです。
こちらは主人公だけど受けの芝居が多い。母一人子一人で多少甘やかされて育ち、近くに心憎からず思う幼馴染もいる。仕事はいまひとつだけど誠実で顧客の受けはいい。異性愛メインのラブストーリーの主人公の基本要素を持っています。

ですが一方で、BLお馴染みの魔性のノンケの要素も持っています。考えたらすごい話です。
それまでノンケだった部長を10年間片恋させ、かたや年上の恋人を持っていたゲイの牧にも好かれる。本人より容姿や能力が上の男たちがなぜか彼にひきつけられるというのはBLの定番。本人が無意識なだけで、見る人が見れば魅力があるわけです。今回の場合の春田の魅力は「ピュア」でしょうか。それは良くも悪くもであって、優柔不断は優しさに繋がり、何でもストレートに言って時には牧を傷つける言動があっても、嘘はない。長所と短所は表裏一体ですね。
でも、へたれな男の何でもないひとことが、思い人の心臓を打ち抜いてしまうのですから、やはりヒーロー、いいとこ持っていきます。

★牧凌太…………林遣都
営業成績もよく、家事もできて、多分セックス経験も豊富でうまい。ルックスもいい。あの目でうるうるされたら、その辺の女子は敵ではないはず。端から見れば「どこに不満(不安)が?」と思いますが、驚くほど自己肯定感が低い。それは、人に見せている部分というより、見せていない部分に原因がある。幸いにして家族は現在、牧がゲイであることに対して特に違和感も嫌悪感も抱いていないようです。でも、最初からストレートに受け入れられたわけではないでしょう。これまでにもいた恋人と続かなかった理由の一つは、自己肯定感の低い牧が一歩引いてしまったからでは。当然相手は牧の気持ちを尊重して引いていくでしょう。恋愛に関しては不器用です。
だからこそ、同性愛経験の先輩でもある(という言い方は変でしょうか)武川は放っておけなかったのでしょうし、可愛かったのだと思います。
林遣都くんの芝居は素晴らしかったです。春田と違って部長と牧は内面の声を出しません。それだけ表情演技が肝になるのですが、彼が出てくると思わず画面に見入ってしまいました。
ほとんど本心を出さずに、こらえて、こらえて、ずっと耐えてきた牧だからこそ、最高の幸せを手に入れた時の笑顔が輝いて見えました。

★荒井ちず………内田理央
異性愛恋愛ドラマだったら間違いなくヒロインでした。鼻っ柱が強くて、しょっちゅう主人公と喧嘩していて、でも周囲は「喧嘩するほど仲がいい」と間違いなく思っている、友達以上恋人未満の安定のポジションです。春田の母親は「いつか二人が一緒になってくれれば近くに住んでくれるかも」くらいの事は考えていたかもしれません。ちずも周囲の空気は何となく感じていたはずです。お互いのいい所も悪い所も知っているから隠すことはないし「向こうから頼んでくるなら結婚してやるか」くらいは。牧の登場さえなければ、もう少しモラトリアムを楽しんでいたでしょう。
牧に「告白してもいい?」と聞くシーンは「ちゃんと断ってから告白するのはいい」という意見もちらほら見受けましたが、私はちょっと意地悪に見ていました。告白はあくまでちずと春田の問題なので、牧を巻き込む必要はなかったと思うのです。わざわざ恋人に断るというのは、いくら「気持ちの整理をつけるだけ」と言っても、宣戦布告と同じです。断るかな、と一瞬ちずは思ったのではないでしょうか。つきあいが始まってそう長くはないのですから、牧の立場なら、「彼はもう僕とつきあってるんだからやめてくれ」と言ってもよかったのです。ですが優等生の牧は「いいですよ」と言います。その時のちずの台詞は「やっぱり完璧だね。牧くんは」これは決して牧をほめた言葉ではないと感じました。牧の強がりを見抜いていて、一発勝負に出たと思います。主任が言っているように、恋愛って、そんなに綺麗なものではないです。
ただ、振られてからの思い切り方はさばさばして良かったですね。理想の恋人も現れてめでたしめでたしです。

★栗林歌麻呂……金子大地
連続ドラマ版からの登場です。春田が苦労させられる新人枠として投入したのかな?と思っていましたが蝶子さんとの出会いでオトコマエ度が一気に上がりました。年上の女性と恋愛できるイケメン男子って最高じゃないですか。職場の長の元妻とつきあうことに何のこだわりも恐れも持っていない、若さがあるから出来るのかな。

★瀬川舞香………伊藤修子
連続ドラマ版からの登場です。職場に必ず一人はいる噂好きの世話焼き女性の典型。やや二次元的でもあります。人は悪くないが余計なことを言ったりして言った相手を混乱させる。そんな彼女にも恋愛が用意されていました。
ちなみにこれだけセクハラおっさんずがリアルタイムで騒動を起こしているにもかかわらず、天空不動産のこの営業所はそういう心配がなくていいですね。女性にとって理想の職場です。まあ、トップが部長だからでしょう。

★荒井鉄平………児嶋一哉
連続ドラマ版からの登場だと思います。スペシャル版ではおにいちゃんいたっけ?くらいの印象しかない。
連続ドラマではだまされてしまい、窮地を牧と春田が救ってちずがぐっとくる、というエピソードを作るきっかけになっていました。妹思いの優しいお兄ちゃんです。

★武川政宗………眞島秀和
連続ドラマからの登場です。最初は二次元的キャラだなーと思いました。
「牧は俺がいないとダメなんだよ」と言ったそばから「俺は牧がいないとダメなんだ!」と本音を告白して春田に土下座するまでのタイミング早!もう少しタメを取ればいいのに!
「相手の幸せのためなら自分は引いてもいいとか…どっかのラブソングかよ…ッ!!」と言いながら自分のやってることがまんまラブソング。

テーブルの下で牧に手を絡めたり、いきなり自分のおでこで熱を測ったり、
見えない所で恋人にはベタベタしたいタイプ。むっつりスケベ…なんてところが二次元的だなと。

ただ…なんだかんだいっても不動産業界って保守的だと思うんですね(あくまでも想像ですが)。なのでクローズドゲイにならざるを得なかったはず。だから一方的に春田に交際宣言された牧の気持ちを思いやることもできたんでしょう(まあ牧は自分より春田の事を心配していたようで、杞憂でしたが)。相手を探すのにハッテン場行くようなタイプにも見えないので恋人は多くはなかったと思う。なので、こっぴどく怒ったのに真面目に仕事をする様子を見れば人柄はわかりますから、就活生の牧は可愛くっていろいろ教えてあげたんだろうなぁ、うん、いろいろ(笑)。

ラスト近くになって、主任は年齢相応の三次元の人に帰っていったように思います。それは演じている真島さんの匙加減でしょう。「ダブルファンタジー」でまたもや妻を田中圭に取られるなんてお気の毒で見てられない。

★黒澤蝶子………大塚寧々
連続ドラマ版からの登場です。吉田鋼太郎さん主演の「東京センチメンタル」で元妻役をやってたのがはまったかな。
第一話に二人の結婚記念を祝う会食が出てくるのですが、その席で蝶子さんは「これからもよろしく」と言うのに武蔵は言い淀む。ああ何かあるんだ、と視聴者にだけ思わせる演出です。
SP版でははじめから離婚していたので、これから彼女が事実を知っていく過程を一切見なかったのです。

今まで30年間夫婦として連れ添ってきた人が、その10年間は別の人をずっと恋し続けてきた。それも男性を。すんなり離婚してくれたはずがないな、と思いましたがやはりその通りで、憎しみが夫ではなくライバル・春田に行くのも当然でした。どんなにいい人でも、やはり憎しみは奪った相手に向かいます。それだけではなく、生活はどうするか、とか離婚にあたって本当にいろいろ考えたはず。子供がいるのかどうかは話が一切出なかったのでわからないですが、老後を二人で過ごすことを考えていたはずなのにそれも白紙。自分で店をやっているようですが、その収入だけではあのマンションには住めないから家を探すわけで、慰謝料はもらってもいつかはなくなる。
これから体力が落ちていく一方なのに、いきなり生活、人生、という敷かれているはずの道がどちらも先が見えなくなってしまい、相当消耗したはずです。それでも恋する夫を送り出したり応援できたり慰められる貴方は本当に強い。いい夫婦関係を築いてきたのだな、と思わせます。もっと嘘つきでずるい夫ならよかったですね。

★黒澤武蔵………吉田鋼太郎
難しいキャラクターだったと思います。漫画みたいな二次元キャラクターなら「仕事の時はきりりと理想の上司」「好きな男性の前では乙女」なんて破天荒なキャラも、背景や効果音などで目立たせることができたと思うのですよ。それが実写で出てこなければならない。
59歳で髭もあってガタイのいい男のまま、吉田さんは、仕草や声音で見事に乙女を演じていました。

10年前にシンデレラ体験をしたことから激しい恋に落ちた武蔵。でも、その思いは妻にも会社にも秘めておかなければならないものだった。初めて男性を好きになった武蔵の混乱ぶりは、牧とはまた別の苦しみがあったことでしょう。武川のように相談する相手もいない。

春田に一方的に告白し「妻とはちゃんとするから待ってくれ!ありがとう!」と後を振り返らずに去っていく。当初はコメディシーンと受け取りましたが、本当は一気に言ってしまわないと勇気が持たなかったのでは?そう考えると、いろいろな事を派手にしたのは、一歩後ずさってしまったら、もう二度とできないと思っていたのではないか。何せ、今回が初めての男性への恋なのだから。手順は踏むけどマニュアルはない。ダメなら相手が反応するだろう、くらいの気持ちで。ただ、部長にとって想定内だったろうけど、春田は拒絶しない人だった。

そこまでわかっていたのなら、なぜ一年間プラトニックだったのか?それこそ誰かではないけれど
襲うチャンスはいつでもあったはず。部長があくまで春田の前では乙女(受け)だったからなのか。まあ、部長の配慮ということにしておきましょう。

人生経験を経ている人って損。いろんな事が見えてしまう。その人に見えていないことすら全部。牧は「長さより深さ」と言ったけれど、長い人生ならではの経験値も捨てたものではない。牧の事も春田の事も部長には全部見えていた。それでもかすかな希望を消せなくて、披露宴はキャンセルしないで結婚式までこぎつけた。せめぎあっている部長の心を思うと切なくて仕方がない。でも選んだ相手はいずれも素敵な人だったのだから、人を見る目はあるはずです、部長。
同棲発覚した六話のラストでは架空インスタが炎上したそうですが、最終回の部長の決断で株は爆上がり状態でしょう。

ああ、こうしてみると、みんな本当に愛すべき人たちだった。映画化や続編を希望する人もいるだろうけど、この気持ちのまま終わりたい。スピンオフだったら見たいかな。

さて、ここからは7話。
episode7 Happy Happy Wedding!?
物語は1年後。春田創一と黒澤武蔵はなぜか同棲生活を送っていた。

 そんなある日、本社から黒澤のもとに「上海を拠点とした新規プロジェクトのメンバーに、春田を指名したい」との打診が舞い込む。驚きながらも、転勤を決意する春田。ところが直後、そんな春田がさらにふっ飛ぶ、驚きの展開が起こる。なんと黒澤が、一世一代のフラッシュモブ作戦で春田にプロポーズ!?

 この話はまたたく間に、春田と1年前別れを決めた牧凌太や幼なじみの荒井ちず、そして黒澤の元妻・蝶子や牧の元彼・武川政宗らも知るところとなり…!? 混乱の中、春田の頭に素朴な疑問が浮かぶ。

「結婚って……何!?」

 だが、考えても考えても、明確な答えは見つからない。一方、彼を取り巻く人々の胸にも、さまざまな思いが交錯し…。

 まっすぐな恋にときめき、戸惑い、時に涙しながら、それぞれの道を進んできた登場人物たち。33歳ダメ男・春田が、未曽有のモテ期を経て、最後に選ぶ答えとは…。

春田創一………田中圭
牧凌太…………林遣都
荒井ちず………内田理央
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香………伊藤修子
荒井鉄平………児嶋一哉
武川政宗………眞島秀和
黒澤蝶子………大塚寧々
黒澤武蔵………吉田鋼太郎








披露宴会場に一人でキャンセルの話をしに行った部長を見た時「ああキャンセルしたっていうのは春田を行かせるためのウソか」と。11年上司で1年同棲して押しに弱い春田の本心がわかっていても、やはり一縷の望みを抱いていた部長が切ない。





恋敵にも思い人にも優しすぎる大人の二人でした。二人が屋上で手を触れたショットと意味ありげな部長の視線で「あれっ!?」と一瞬思わせる演出も良かった。











最終更新日  June 7, 2018 12:00:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 28, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。ドラマおっさんずラブ第六話視聴しました。

ドラマの結末に架空インスタグラム武蔵の部屋が荒れてるようですが、大変ですね…。

春田創一………田中圭
牧凌太…………林遣都
荒井ちず………内田理央
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香………伊藤修子
荒井鉄平………児嶋一哉
武川政宗………眞島秀和
黒澤蝶子………大塚寧々
黒澤武蔵………吉田鋼太郎

episode6 息子さんを僕にください!
「俺と牧は…付き合ってます」
 春田の唐突すぎるカミングアウトを受け、激震が走る「天空不動産」第二営業所。ところが…先に口説いてきたはずの牧凌太の様子はなんだかおかしい。「ちょっと僕には意味が分からないです」と、そのまま営業所を出て行ってしまう。“えええええっ、お前の方が意味分かんねぇよ!”と動揺する春田をよそに、営業所の面々は“牧に片想い中の春田が、決死の覚悟で公開告白をして、撃沈した”と誤解をしてしまう。

 かたや、自分がフラれた理由が“男だから”ではなかったと知った黒澤武蔵は、春田への愛をメラメラと再燃させ、「打倒・牧凌太」を宣言! 離婚話を受け入れてくれた妻・蝶子とまさかのタッグを組み、起死回生のアプローチに乗り出す!
 その頃、春田に恋する自分に気づいてしまった荒井ちずは、自分の気持ちにひと区切りをつけるために、春田に告白しようと決意するのだが…!?

そんな中、突然牧が春田に対し、衝撃的な行動に出る。なんと「“交際相手”として自分の両親に会ってほしい」と言い出したのだ! 「えっ、それ俺はどういうテイで行けばいいの?」と慌てふためく春田だが、流されるがままに牧の実家へ…。さらには、様子がおかしかった牧が、突然倒れてしまい…?

牧は一人で、何度も彼氏を連れてきていて母と結婚しても両親の面倒を見てくれそうな妹が自分の性的嗜好を理解している牧家と、母一人子一人で一人っ子で母親が息子が男性と交際する事など少しも考えたことがない春田家の事情を考えてしまったんだろう。せつない。






この本「桐島、部活やめるってよ」と林くんがドラマ主演した #火花 のパロディですね(徳永は林くんが演じた役名)、遊んでますね~








おっさんずラブは部長の片恋発覚から始まった。けじめをつけるために離婚を申し出てライバルのみならず登場人物全員の恋心に火をつけて、物語を引っ張った部長は間違いなくラブストーリーのヒロインでした。お疲れ様でした!

















最終更新日  June 3, 2018 01:50:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 21, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。ロイヤルウェディング中継見ましたか?きれいでしたね~。お兄ちゃんがベストマンだなんて。

ドラマおっさんずラブ第五話視聴しました。

春田創一………田中圭
牧凌太…………林遣都
荒井ちず………内田理央
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香………伊藤修子
荒井鉄平………児嶋一哉
武川政宗………眞島秀和
黒澤蝶子………大塚寧々
黒澤武蔵………吉田鋼太郎

episode5 Can You Coming Out?
同居を解消しようとする牧凌太を、思わずバッグハグで引き留めた春田創一。本能的に取った己の行動に混乱していると、牧から突如、直球ストレートが投げ込まれる! 「春田さん、俺と付き合ってください」――牧の言葉に、春田はうっかり「はい」と返答。まさかのどんでん返しで、2人は“付き合う”ことになる! ところが…。良くも悪くも鈍感&ふわっふわしている春田は、この場合の“付き合う”がどういうことか、イマイチ把握できないまま。初めての経験にどうしていいか分からず、ひとまず通勤時間をずらしてみるなど、内緒で付き合いだしたクラスメート・カップルのような行動を取り始め…。

 一方、幼なじみの春田が牧をバッグハグする現場を目撃した荒井ちずは、恋愛対象としては「ないわ~」と斬り続けてきた春田を、急に意識し始めた自分に気付いてしまう。彼女の揺れる心は、最近いい感じの関係になっていたマロこと栗林歌麻呂にも伝わって…!?

 そんなある日、春田にフラれたおっさん部長・黒澤武蔵が、春田にトップシークレットの依頼を託す。バラエティーで人気沸騰中の俳優・剣崎達巳のマンション探しをアテンドしてくれ、というのだ。いつもの“デキる上司ぶり”を発揮する黒澤を見てホッとし、意気揚々と任務にあたる春田。だがその裏で、失恋した黒澤は来る日も来る日も自宅で涙にくれていた…。そんな黒澤を目の当たりにした妻・蝶子は遂に“一世一代の決意”をする!




 
素敵な二人を見ているとテレビ東京放送の元夫婦を演じた『東京センチメンタル 』が被って「そうかそれで久留里卓三は離婚を!」と(違います)。始めた所で終わるなんて何て漢前(オトコマエ)と思ったらみんな自分の前から去っていく好きな人の前では強がって見せたがるんですね。

 かたや、春田は剣崎を連れて、マンションを内見に行く。するとそこへ、本社からの密命を受けた牧が清純派朝ドラ女優・室川檸檬を連れて登場! 実は、剣崎と檸檬は密かに付き合っており、マスコミの目をごまかすため同じ物件に引っ越そうとしていたのだ。絶対にバレてはいけない“熱愛スクープ”に気を引き締める春田と牧。ところが、この案件が巡りめぐって“とんでもない事態”へと発展し…!?





春田の周りには絶叫する上司しかいないのか。会社の中であんなに足を高く上げる人を初めて見たよ武川さん。弁当のおかずに拘る所は予想通りのキャラかも。ちずとは意識せず町で二人歩けるのに牧と歩く時は周囲の目が気になる…から突然の職場カミングアウトまですごいフルスイング。











最終更新日  June 3, 2018 01:49:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 20, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。最近露出が多い吉田鋼太郎さんが出演した映画帝一の國を見ました。

帝一の國
Teiichi:Battle of Supreme High


出演
菅田将暉 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大 吉田 鋼太郎 榎木 孝明 山路 和弘
井之脇 海 岡山 天音 吉田 鋼太郎

国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。首席で入学を果たした新入生の赤場帝一には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。

 古屋兎丸の人気漫画を映画化。旬の若手俳優が多数出演。「おんな城主直虎」「民王」でも演じてましたが菅田 将暉くんの演技は顔芸がすごいですね。振り切れてます。漫画のキャラなのでデフォルメしてちょうどいい位なのですが皆も振り切っていたと思います。朝ドラ「半分、青い」でも糸電話会話していた永野芽都さんが主人公の彼女役。ほとんど女性が登場せず、美少女なのに帝一よりも喧嘩が強いという少年漫画ではおいしいヒロイン。最後にはやはり殴り合いが登場するところが少年漫画っぽい。「自分の国を作るためには手段を選ばない」はずが、彼女やまっすぐ過ぎる学友の影響を受けて善性(でも真っ白な善性ではない)に目覚めていく所は王道パターン。

 同日放送されていた深夜ドラマ「おっさんずラブ」との落差がありすぎる吉田鋼太郎さんは帝一の父親で官僚にして家では今はなかなかいない威圧的で自分の主義主張を家族に徹底させる親父役。奨学生枠で入学した生徒との実力を比べるために、息子と科目&点数を読み上げる件は真面目にやればやるほど笑える。首相や東郷の父など大人キャラが真面目な場面ばかり演じているのでこういうコメディシーンは印象に残る。こういうテンション高めの演技に吉田鋼太郎さんはまるんですよね。



帝一の國 通常版Blu-ray【Blu-ray】 [ 菅田将暉 ]​​楽天ブックス







最終更新日  May 20, 2018 12:24:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 14, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。神奈川や千葉では洪水警報が出ています。
また雨のようですね。

ドラマおっさんずラブ第四話視聴しました。

春田創一………田中圭
牧凌太…………林遣都
荒井ちず………内田理央
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香………伊藤修子
荒井鉄平………児嶋一哉
武川政宗………眞島秀和
黒澤蝶子………大塚寧々
黒澤武蔵………吉田鋼太郎

episode4 第三の男
乙女部長・黒澤武蔵が離婚話を突如切り出したのは、春田創一に恋したからだった――! 完全に想定外の衝撃事実を突きつけられ、黒澤の妻・蝶子は最上級のパニック状態に…。春田も人生最大の修羅場にオロオロする。なにせ誰かに相談しようにも、頼りになる同居人の後輩社員・牧凌太とは冷戦中。牧が上司・武川政宗に連日絞られているのを見て心配した春田が、余計なお節介を焼いたばかりに、怒らせてしまったからだ。八方ふさがりになった春田は、ただただ頭を抱えるばかりで…。

 そんなとき、春田をさらに動揺させる出来事が起こる。あの謎めいたケッペキ上司・武川が単なる偶然なのか…!? マウスを操る春田の手に、自らの手を、そっと重ねてきたのだ! え、何? 武川政宗、お前もなのか? ああ神様、この状況を僕は、どのように解釈したらよいのでしょうか…? ―――その後も武川は大した理由もないのに春田を呼び出すわ、やたらとトイレ・タイミングまで一緒になるわ、ビックリするほど顔を近づけてくるわ…。春田はその真意も掴めぬまま、途方に暮れてしまう。

 やがて春田は“未曽有のモテ期”に悩んだ挙句、幼なじみ・荒井ちずに“ある頼み事”をする。折しも、ちずとその兄・鉄平が営む「居酒屋わんだほう」が近隣一帯のタワーマンション建設に伴い、閉店することが決定。春田が勤める「天空不動産」の社員らも来る閉店パーティーで、彼女のフリをしてほしいという頼みだ。やがてパーティー当日――ちずに首尾よく“彼女っぽい行動”を取ってもらい、なんならドキドキしちゃう春田。しかし、そんな春田の目に“胸をざわつかせる衝撃の光景”が飛び込んできて…!

 一方、腹の虫が治まらない蝶子は春田に「あなたを訴えます」と宣戦布告! 春田は黒澤にハッキリ、恋愛対象ではないと告げようと決意し、ある場所に呼び出すことに。号泣して暴れる部長に、真摯に気持ちを伝えようとするのだが…。さらにそんな中、ちずと鉄平が血相を変える事件まで勃発し…!?

泣き叫びながら後ろに倒れ込んでそれでもずっと声量が続くってさすがです 吉田鋼太郎 さん。舞台俳優、喉鍛えてますね。割れていくハートマークの中でひとしきり号泣した後はきりりとした上司モードに戻って去っていきながらも(ずるいなーとか言われてそう)視聴者だけには涙を見せる、と。




なるほどそれでこの時の台詞が「部長に春田さんは守れません」だったと。ライバルへの告白にしては不自然で単なる「好きです」だけでいいのに。守るって誰(何)から?恋愛で攻められることが過去にあった?と思ってた。以前同性との恋愛経験を経て出てきたのかなと。





部長の失恋は千切りキャベツの味(おかわり自由)。泣きながら食べる夫を無言で見つめる妻のシーンに既視感があると思ったら 「リップスティックグラフィティ」で 失恋したと言わない親友を主人公が喫茶店に連れていって二人で泣いてしまうシーン。長年連れ添った夫妻は親友みたい。

















最終更新日  June 3, 2018 01:49:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。一週間が始まりましたね。ちょっと疲れました。
そして雨でちょっと寒かったです。


ドラマおっさんずラブ第三話視聴しました。

春田創一………田中圭
牧凌太…………林遣都
荒井ちず………内田理央
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香………伊藤修子
荒井鉄平………児嶋一哉
武川政宗………眞島秀和
黒澤蝶子………大塚寧々
黒澤武蔵………吉田鋼太郎

episode3 君の名は
 春田創一に恋するおっさん部長・黒澤武蔵の妻・蝶子が「天空不動産」に、一人暮らし用の物件探しを依頼。よもや黒澤の妻だとは思わず、接客した春田は蝶子を物件内覧へと案内する。そんな春田に、蝶子は理由をごまかし、社内に「ハルカ」という子がいるか調べてほしいと依頼。お人よしの春田はうっかり引き受けてしまう。そう、それがまさか戦慄のドロ沼離婚騒動に足を突っ込む自殺行為になるとは知らずに…。というのも、蝶子は黒澤が寝言で口走った「はるたん」を「ハルカ」と聞き間違え、“不倫相手の女と思われるハルカ”を探し出そうと企んでいたからだ!

 一方、「天空不動産」では、蝶子の正体に気づいた武川政宗らが「別居か!? 熟年離婚か!?」 と大騒ぎ。彼らから事実を知らされた春田も愕然となる。離婚原因は…間違いなく部長から告白されたオレ。部長の奥さんが探してる「ハルカ」も…オレ!――前代未聞の状況にパニくった春田は思わず、同居人でもある後輩社員・牧凌太にすがろうとするが、どうも牧の様子がおかしく…。その矢先、春田は牧と武川が何やら言い争っている場面を目撃。その後も何かと武川に絞られる姿を見て心配した春田は、自分のことはそっちのけで、牧の相談に乗ろうとする。だが、牧は何も打ち明けてくれず…。

 そんなある日、蝶子が春田に“離婚危機にまつわる事情”をすべて明かし、「ハルカ」探しへの協力を正式依頼してきた! さらに、黒澤の手帳に「デート」の文字を見つけた蝶子は、黒澤を尾行しようと決意。春田も尾行に巻き込むが、実はその「デート」の日時と場所は、黒澤が春田に「宣伝戦略の話をしたい」と指定してきたものと同じ…。つまり、「デート」の相手は春田だったのだ! どう考えても全員無傷では帰れない展開にヒヤヒヤしながら、春田は蝶子と共に、自分との待ち合わせ場所にウキウキと出かける黒澤を尾行するのだが…!?

乙女キャラという設定ながらこのシーンは愛しい人を抱くヒーローそのものの吉田鋼太郎さん。シェークスピア劇の一幕かと。ためらいながらも妻と春田の前でカミングアウトするシーンは溜めといい視線といい見事でした。




毎回面白いドラマですが今回個人情報で気になったことが。顧客情報を誰でも見ることができるラウンジに置きっぱなしにしていた事と、部長の妻から「女性社員の名字を調べてもらえないか」と言われる所。ダメ社員というキャラ付けでも今の時代ちょっと無神経。















最終更新日  June 3, 2018 01:49:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 1, 2018
カテゴリ:吉田鋼太郎
みなさん、こんばんは。GW前半戦は良い天気でしたね。昨日は暑いくらいでした。
逃亡していた受刑者がつかまりましたね。
それでも22日間逃げおおせていたとは。やはり泳いでいたんですね。

ドラマおっさんずラブ第二話視聴しました。

春田創一………田中圭
牧凌太…………林遣都
荒井ちず………内田理央
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香………伊藤修子
荒井鉄平………児嶋一哉
武川政宗………眞島秀和
黒澤蝶子………大塚寧々
黒澤武蔵………吉田鋼太郎

episode2 けんかをやめて
「春田さんが巨乳好きなのは知ってます…でも、巨根じゃダメですか?」
 バスルームで告白してきた同居中の後輩社員・牧凌太に、唇まで奪われた春田創一はすっかり気が動転。ところが翌朝、牧は何事もなかったような顔で、春田に朝食を作り、サラッと出社する。え? 昨日のは無かったことになってんの!?――春田の混乱は加速する一方で…。その矢先、春田が務める「天空不動産」に、小説家になった地元の後輩・棚橋一紀と陽菜夫婦が来店。春田は張り切って2人の新居探しを担当する。ところが…物件を下見するたび夫婦の意見が衝突! 春田はひたすら夫婦の板挟みとなり、物件探しは難航してしまう…。

 そして…よりによって同時期に、世を忍ぶ乙女心を秘めた敏腕部長・黒澤武蔵と牧から愛を告白された春田は、プライベートも相変わらず難航…。おっさんとイケメン男子の板挟み状態で、気持ちが乱れっぱなしの春田は思わず、上司の武川政宗に友達の話だと誤魔化しつつ、牧とのキスについて相談するのだが…!?

 そんな中、黒澤がランチミーティングという名目で、美味でかわいいキャラ弁を作り、春田をランチデートに誘ってきた! しかも、それを知った牧が呼ばれてもないのに、2人のランチタイムに参上。愛しの春田を巡って、男同士の激しすぎるバトルが開幕し…! 一方その頃、結婚30年目にしていきなり黒澤から離婚を切り出された妻・蝶子も、原因を激しく暗中模索。不倫が原因に違いないと考えた蝶子は、不倫相手を特定すべく、突如「天空不動産」に乗り込んできて…!?

うまいですね。サイネージ広告に出てた牧が冗談でごまかすシーン。視聴者だけには春田が言う無意識のひとことひとことが、牧にぐさぐさぐさぐさささっていることが分かる心憎い演出。それにしても前話紹介のBGMがまるで戦隊ものでした。

第一話の営業日報の文字に続いてキャラ弁の部長の文字にスタッフ愛が。年賀状の宛名を未だに筆ペンで書いてそうな部長ならばフォントはこれであろう。あの一瞬のために。スタッフグッジョブ。

一話めのハート型ライトと言い今回のしゃぼん玉といい部長の頭の中にはやけにロマンティックな音楽つきで
どんな妄想お花畑が広がっているのだろう。見たくもあり見ればホラーでもあり。





難航する夫婦の家探しを通じて「価値観の違う者どうしが一緒に生きていけるか」という自分に突き付けられたテーマを反芻する春田。他人には容易くアドバイスできるがそれを自分にどう落とし込むことができるか。今回業種を不動産業にしたのはいいアイデア。















最終更新日  June 3, 2018 01:48:46 AM
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.