185905 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma321@ Re[1]:与一温泉 2019.11(11/04) kiki ☆さんへ こちら、ご存知でしたか。さ…
kiki ☆@ Re:与一温泉 2019.11(11/04) 一度しか訪問した事がありませんが、大好…
araiguma@ Re[1]:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) うしまるさんへ  五重塔にも造詣が深い!…
うしまる@ Re:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) 日本国内に現存する五重の塔が80以上 その…
araiguma@ Re[1]:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) kiki ☆さんへ ブログ、拝見してます。台…
kiki ☆@ Re:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) 岡山もいいですね^_^ 高速使って片道7時間…
araiguma@ Re[1]:吹屋 銅山と弁柄の産業盛衰史(10/16) うしまるさんへ  おっしゃるとおりの登…
うしまる@ Re:吹屋 銅山と弁柄の産業盛衰史(10/16) 高梁市の山の中に、突如現れる赤い町並み…

Favorite Blog

盛岡開運橋沿いの沢… New! ちゃげきさん

学芸大学駅のラーメ… New! ささだあきらさん

箱根 New! momo、ときどきモモ夫さん

伊豆下田の「相玉温… ばあチャルさん

福島 まんさく農園食… kiki ☆さん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん
Canon Boy のブログ CANON BOYさん
うしまる日記帳 うしまる@さん
のほほん一人旅行記 のろっこ3さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(65)

温泉

(95)

Jan Garbarek

(174)

(12)

映画

(27)

(168)

poem move

(3)

コンビニ

(3)

ラジオドラマ

(1)
Dec 14, 2015
XML
テーマ:私の読書(24)
カテゴリ:
収容所から来た遺書 辺見じゅん 1989年

 隠岐・西ノ島出身でロシア語を東京外大で学んだことのある一等兵は、文書情報班に所属し、敗戦でシベリアに抑留され、収容所での壮絶な囚われの生活を課せられた。スパイとの戦犯扱いとなり重労働25年の一方的判決により矯正労働収容所にいれられてしまう。1000人ほど収容されており、団長は瀬島龍三中佐であったそうだ。
 飢餓、栄養失調、極寒、不衛生、過酷労働、拷問、監視、思想教育、密告、私刑、懲罰、衰弱死、これらが支配した生活で、そんな中でも、人間らしく、句を詠み、語り合い、情勢を分析し、人々に未来を信じさせる主人公の生き様は、静かで強靭で囚われぬ精神の体現だ。その人柄により階級を超えて周りに人が集まったそうだ。「事実を通じて真実を、現象を通じて本質を」と生きたそうだ。
 病に倒れ、死を迎えても、残した親兄弟妻子を想い、子供たちへの教育に日本の未来が賭かるとの決意を遺書に託し、没収されぬように仲間に記憶することを頼み、仲間はそれに応え、シベリアの土となっても遺書は日本の遺族に確実に届けられた。
 遺書を読むと、愛情に溢れ、胸に迫る人の道を説くものだ。日本人に囚われぬ精神を教えるかのようだ。悲劇の極みだが、清々しい精神が溢れだす、日本人に宛てたかのような尊い永遠の遺書だ。

 子供たちへの遺書の一節
「日本民族こそは将来、東洋、西洋の文化を融合する唯一の媒介者、東洋のすぐれた道義の文化---人道主義を以って世界文化再建に寄与し得る唯一の民族である。この歴史的使命を片時も忘れてはならぬ。
 また、君達はどんなに辛い日があろうとも、人類の文化創造に参加し、人類の幸福を増進するという進歩的な思想を忘れてはならぬ。偏頗で矯激な思想に迷ってはならぬ。どこまでも真面目な、人道に基く自由、博愛、幸福、正義の道を進んで呉れ。」

 残された夫人は、隠岐から教職を求めて松江、大宮と移り、4人の子供を養育し、東大、東京芸大、東大、東京外大へ進ませたそうだ。


生きて帰ってきた男 小熊英二 2015年

 早稲田実業卒の二等兵が庶民の冷めた見送りの中で出征し、敗戦によりシベリアに抑留され、なんとか生還する。収容所は、食料、寒さが極限状態で、さらに精神的にも民主運動なる転向同胞からの思想教育、反動摘発、密告と厳しいものであったそうだ。
 窮状は極限にあったが、所外の労働時にロシア人家庭に泊めてもらった時、日本では見られないほどの貧しい状況にロシアの家庭があることを知ったと。一方、ロシア軍では日本のように上官が殴るようなことは見受けられず、上官と兵がフランクに話す姿が印象的であったと。日本が、士官学校、帝国大学など学歴による階級社会で差別社会であることを痛感したと。
 普通の庶民が否応なく戦争の惨劇に巻き込まれてしまうのであるから、巻き込まれた者は、何かに意気込むような生き方はせず、命を永らえるのが精一杯であったらしい。何かに囚われる精神は、胡散臭く、疎まれたのだろう。
 1948年に帰国すると、収容所よりも日本の食事は貧しいものであったと。職を求め転々としながら生活を築いていく庶民に、頼れる支柱などなかったようだ。囚われず銘々が生き抜いた時代のようだ。






Last updated  Dec 22, 2015 03:25:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.