000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジージの南からの便り

PR

全123件 (123件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

つれづれ

2020.10.22
XML
カテゴリ:つれづれ
もう10月も22日だという。
今年はあと2ヶ月少し残っているが、このような閉塞した気持ちのままで終わってしまうのだろうか。

 コロナに明けたとは言わないまでも2月に入るとダイヤモンドプリンセス号での新型コロナウイルス疾患が判明、その頃はまだいくらか遠いところの出来事というような感じていた。
ところが福岡で患者発生、それからは当地でも次々にクラスター発生など慌ただしい世の中になっていった。
その間、私たちのおじさん合唱団の合唱活動も停滞し2月7日の日置市の「石谷小学校」でのスクールコンサートを最後に10月14日の薩摩川内市「東郷学園義務教育学校」でのマスク着用のコンサートが開かれるまで対外的な活動はストップしてしまった。加えて今後予定されていたこれからの2つの行事も休みとなった。毎週日曜日の練習も3月から7月まで休みとなったが、東郷学園の演奏会に備えて8月から大ホールを借りて練習再開。これも終わってとりあえず10月は休みである。11月以降は未定だが、大きな口を開けて声を出す合唱が文化活動の中でも一番問題があるとされているので完全解放の見通しが立たない。

 グラウンドゴルは、学校が休校になったこともあり、自粛しようと4月末から5月末まで約1ヶ月間休止した。

 旅行らしきものは、コロナ禍の最中の3月27、28日、孫の高校卒業と大学入学を祝って娘一家4人とジジ・ババの6人で島原・長崎・阿蘇の一泊したことくらいか。少し良心が痛んだが年来の約束だったからと自分にいい解釈で乗り切るしかなかった。阿蘇の宿で鹿児島での患者発生第1号を知って深雑な心境だった。
もう一つは高校同期の歴史愛好仲間4人での日帰り「えびの市への旅」だった。
主に島津義弘に関する史跡を訪ねるのが目的だったが、その他の史跡もたくさん見学することができた。

 久々の緊張の日々をおくったのは国勢調査員をしたおかげである。
8月18日の打ち合わせ会議に始まり実務は9月9日くらいから始まった。
その間、適当に気を抜きながらの作業だったが前にも書いたように久しぶりにテストを受けるような気持ちを持った。紆余曲折しながら今日やっと最終報告書を書き上げた。しかし、これも最終的に指導員さんが合格をだしてくれるかどうか。来週の期末テストを待っているところだ。

 明日は合唱団の会計引継ぎである。
会計は10年前に卒業したが、その後は監査である。会計が変わるのでその立会ということで出かけなければならない。

 明後日24日から1泊で宮崎への歴史旅である。またいつもの4人組の珍道中になるだろう。






Last updated  2020.10.22 21:54:07
コメント(6) | コメントを書く


2020.09.07
カテゴリ:つれづれ


 世の中と私の心をこれまでないほど騒がせた台風10号は少し心を騒がせて音をを立てながら去っていった。
2,3日前からのテレビ等での前触れが「台風の特別警報発表」がされるかもしれないということや「瞬間最大風速85m」などと伝えられ、心が騒ぎ構えざるを得なかった。

 前日から、我が家の今や雑草園と化した狭い庭を妻と片付けて、風で飛ぶようなモノの場所を移したり昨日は朝から雨戸を閉め切るなどいつになく準備をして台風を待った。

 鹿児島に最接近するといわれた午後11時頃に近づくとそれまで920hpaあったものが少しづつ上がってきて945hpaまでなってきた。進路も心なしか更に西の方にいったようなふうにみえた。

 9時30分くらいに一回目の停電があり、2,3分で回復、そういうことを2,3回繰り返していたが11時頃の停電を最後に今朝の8時30分まで回復しなかった。昔は台風銀座といわれた鹿児島だがここまで長い時間の停電は記憶がない。

 11時頃の停電でちょうどその頃が風もピークだったが、雨戸のガタガタする音を聞きながらいつの間にか寝入ってしまった。午前2時半頃目が覚めるともう風はほとんど治まっていた。思った程のこともなくホッとして朝6時過ぎまでまた寝てしまったが、起きだしたときは雨戸のない台所の窓からさす光で明るくなっているのがわかった。

 外に出て家の周辺を見ると我が家の前にある「ゴミステーション」が上のような有様である。
これを復元しようとゴソゴソやっているところに、若者がごみ捨てに来合わせて加勢してくれた。
ここは、私たち3班と隣の4班の「ゴミステーション」だが、このステーションは近所の人と私たちが組み立てたものだったので、このまま放っていく気にもなれず、なんとかしようと思っていたところに好青年の登場で助かった。

 我が家は雑草園に置いていた鉢植えの「ブーゲンビリア」が倒れていた。トゲがあるのでバッサリ切り刻まなくてはと思っている。玄関先にもどこからか木の枝が飛んできていた。
これくらいのことで済んでほんとによかった。







Last updated  2020.09.07 11:06:47
コメント(14) | コメントを書く
2020.06.01
カテゴリ:つれづれ


 いつまでも届かいないと思っていたコロナの贈り物が5月末になって相次ぎ届いた。

 5月30日(土)、夕方 郵便受けに「特別定額給付金のご案内」の封書が入っていた。
当地では6月になるとのことだったので、その心づもりだったが、5月中に届いたのでちょっと以外ではあった。すぐ開封して、どのようなものかザッと目を通して「10万円の申し込み」であることを確認した。夜、落ち着いたところで『特別給付金』給付申請手続きのご案内 を見て記入した。

 5月31日(日)、午前11時頃、この日 開催の合唱団の会計監査に出かけるために家を出て郵便受けを見ると、テレビで見ていた「アベノマスク」(今や国民からの愛称になった?)らしいものが入っている。手に取ると間違いなく「アベノマスク」である。
我が家では、この騒ぎの前からいくらかの使い捨てマスクのストックもあったし、コロナ騒動が勃発してからは妻が布製マスクを手作りして家族で使っている。
今となっては、我が家で使うこともないだろうし、さて、捨てるわけにもいかないし、どこかに寄付でもしようかと思っている。ただ先日テレビで「北野たけし」が「アベノマスクを見たとき、眼帯かと思った」とギャグを飛ばしていたくらいだから役にはたつまい。

 先ほど、ヤフー・ニュースを見ていたらマスクの予算は、当初の466億円から260億円に収まりそうだということだ。ただ、配達は5月末までには1億3000枚予定が4800万枚しか出来ておらず、残りは6月中旬までかかるそうだ。全く呆れたものである。やれやれ!






Last updated  2020.06.02 06:32:22
コメント(10) | コメントを書く
2020.05.14
カテゴリ:つれづれ


 鹿児島市の吉野公園にこの日はバラを見に行ったのだが、その他にもいろいろなものを見ることができた。何よりも良かったのは、ここからの桜島の眺望である。私もこれまで数え切れないほどここを訪れているが、展望台から眺めるこの日の桜島は最高だった。
鹿児島市の市街地からはほぼ正面に見える桜島もここからではちょっと左からの眺めになる。

 下の写真は、鹿児島湾(錦江湾)の出口に向かう方角でありここを出て行くと南の種子島、屋久島、奄美大島諸島、沖縄へと繋がる。



 この写真はちょっと絞って写したものだが、真ん中より左に見える山が「薩摩富士」と呼ばれている「開聞岳」である。この山も近くで見てもほんとに富士山にそっくりで美しい。



 左を見ると湾の奥の方、霧島市などが望める。
この写真もちょっと絞って写したが、霧島連山を望むことができた。



 吉野公園の正面に広がる花壇



 その日見かけたバラ以外の花々















Last updated  2020.05.14 14:09:29
コメント(12) | コメントを書く
2020.05.13
カテゴリ:つれづれ


 昨日の新聞に先日、高校同期の友人たちとコロナに負けじとこっそり? 桜を見に行った鹿児島市の吉野公園のバラの記事と写真が掲載された。

 「バラ見頃 甘い香り 吉野公園」という記事である。
それを見た連れ合いが「明日吉野公園に行きましょうか」とのたまう。まだコロナ騒ぎは続いているが「天気も良さそうだし、これくらいは許されるだろう」と勝手に決めて初夏の吉野公園に向かった。







 我が家から歩いて2分くらいのバスの終点から吉野公園行きの直行バスがある。
午前10時発のバスに揺られて55分、終点の吉野公園に到着。
先日の花見の時より人出は少し多い感じがした。それでも広い公園なので、3蜜とは程遠い感じである。



 バラ園みたいに大きなスケールではないが、写真にあるように美しいバラが咲いていた。
(個々のバラの名前は見てこなかったのでゴメンなさい)
桜島もいつもにも増してくっきり見えた。













Last updated  2020.05.13 17:02:23
コメント(10) | コメントを書く
2020.04.20
カテゴリ:つれづれ


 先日、久ぶりに歯科クリニックの診察券を取り出して出して、近所の病院に行った。
ここは、若い先生だが、私の高校の同期生の息子さんで、評判のクリニックである。
2015年2月4日、初診とある。
そのときは、かなりの痛み具合で様々な治療に数ヶ月を要し、治療が終わってからも定期的な歯石取りなど手入れを勧められて一ヶ月1回の通院をしばらく続けた。しかし、2016年9月27日を最後に10月に風邪をひいたのでそれをきっかけに、いつもの不精が出て、それっきり通院を止めてしまった。

 その後、2017年の4月から町内会長をやることになり、忙しさを口実に通院復活もせず、今日に至っていた。
ところが、2年くらい前から右上の奥歯が少しづつ動き出して、最近は右奥で食べ物を噛むことができないくらいになってきた。最近に至ってはもうグラグラという状況で、たまには奥で噛むと大きな痛さを感ずるようになっていた。それでも自然に抜けるのをしばらく待っていたが、食事をしてもよく噛むことができなくなり、ついに意を決して、3月19日の予約を入れて門を叩いたのだった。

 麻酔注射をして抜歯はあっけなく終了。こういうことならもっと早く抜いてもらえばよかったと思うのはいつものこと。(まこてたまっの入らんもんじゃ)

 その後は一週間に1回の通院で右上半分、次に左上半分、今日は右下半分、来週は左下半分の歯石を取ってもらって、次の治療に入るそうだ。つまりは、ほとんどの人が罹るという歯周病のようだ。
治療が終わっても、今度こそは月一回の通院で歯の健康を守っていきたい。

 イラストはネットから拝借した。ただ私の頭はここまでは後退していないので念のため(爆)






Last updated  2020.04.20 17:03:03
コメント(10) | コメントを書く
2020.04.14
カテゴリ:つれづれ


 昨日と打って変わって今日は快晴である。
朝起きた時の室内温度は14,5度 湿度60%。 この一週間ではもっとも冷え込んだ。
体調も万全なので満を持して、8時5分にウオーキングに出た。
今年は1月~3月中旬までは、特別病気でもないが、少し歩くとこれまでより少しだけだが息が上がったりしていたので、週2回のグラウンドゴルフ以外は歩いたりすることが少なかった。
それでも1月2日~3月の3ヶ月間に26日は歩いている。週2回のグラウンドゴルフと合わせるとそう気にするほどの運動不足でもないなと自分を納得させる。一回のウオーキング量も歩き過ぎると足を痛めるという話もあって、30分~50分くらいに留めてきた。

 今朝は歩き始めると思ったように快調である。私は元々せっかちなこともあり、歩くのも速い。
歩数が記録されるスマホや万歩計など一切持っていなので、一分間の歩数を測ったことがあるが、120歩前後歩くことがわかっている。

 今朝も近所の公園の桜の前や、グラウンドゴルフをする人々を足早に歩きながら見たりして、歩を進めた。コースは概略は同じだが、時間や気分で突然変えたりする全く気ままなものである。
途中から汗ばみ始めて、家に帰りつくとシャツは汗でびっしょりである。
結局今日は65分歩いていた。久しぶりに1時間を超えたが、明日からはまた元に戻そうと思っている。

 朝風呂に飛び込んで、♪ いい湯だな♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
 






Last updated  2020.04.14 17:29:22
コメント(6) | コメントを書く
2020.02.24
カテゴリ:つれづれ
連日の「新型コロナウイルス」騒動には恐怖を感じている。
九州でも福岡に続き、熊本でも患者発生!
もう隣の県まできてしまった。
新幹線ではアッという時間で行き来が出来る距離になってしまった今、鹿児島でもいつ発生してもおかしくないような状況ではある。

 サンデー毎日の私には取り急ぎ街に出る用事もないのだが、毎週日曜日のコーラスの練習だけは鹿児島市の中心街に出かけることになる。街のど真ん中に練習会場があるからだ。
昨日もそうだった。妻にマスク着用を命じられて素直に従って、マスク着用でバスに乗って出かけた。
日頃着けならないマスクをしたせいか、いつもより息が上がるような、息苦しいような気分であった。
バスが中心街・天文館に到着。降りて5分くらい歩くのだが、日頃は気にもしないマスク着用者に目が向く。ちょっと見たところでは着用率は5分の1くらいか。鹿児島ではまだまだ切迫感を感じていない人が多いのか。老若男女のカップルを見ても一人は着用、もう一人は着用せずという組も多い。

 日頃は、気にもしなかったことを考えたり、見たりしたせいか、息苦しさはますます募ってきた。
そして、練習会場着。ここでもマスク着用者は数えるほどである。マスクを外して練習開始。ところがその辺から少し寒気もし始めた。練習の前半が終わる頃には、少し震えも来るような感じになってきた。
その頃から、練習の前半が終わるハーフタイムの休憩時間には家に帰ろうと思い始める。
やっと前半終了。いつものように会長からの伝達事項が終わって5分くらいの休憩時間になって、同じパートの責任者や周辺のメンバーに「ちょっと用事があるから早退します」と皆に心配をかけないようにして練習会場を抜け出した。

 そこから商店街を抜けてバス停へ歩いたのだが、寒気が一気に押し寄せ、バス停でも待っている10分くらいの間、小刻みに震えていた。足を動かしたりして誤魔化したり、マスクもしていたので周りの人にも不思議がられずに済んだと思う。家に帰ると旦那のいつもより1時間くらい早いご帰館に妻もびっくりして「どうしたの?」とのたまう。私「カクカクシカジカ」。
ということで、午後6時前にはベッドに入った。震えはすぐに収まったが、少し熱が出てきた。
この時、頭の中は、毎日刷り込まれた「新型コロナウイルス」のことでいっぱいである。体調の悪い時はロクなことは考えないもので「新型だったらどうしよう」という思いが去来する。
しかし、いつしか眠りに落ちたようで2時間くらいして目覚めたが、汗ビッショリ! 全てを着替えてしばらく休み、30分くらいして居間に降りた。この時はだいぶ気分も良くなっていたので食事を摂る。無理していつもの3分の2くらい食べる。熱を計るが、体温計が古いのか、何回計っても37度1分くらいしか測定されない。
妻の触診では「38度くらいはあるよねぇ」という。

 それから、一夜、その後、発熱もなく、今朝は先ず先ずの状態で目覚めた。
今、思うと昔やった「熱中症」と同じような経過をたどったようだ。ホッ!
かくして、私の「新型コロナウイルス」騒動は終幕を迎えた。でも、これからも気をつけよう。






Last updated  2020.02.24 13:16:18
コメント(10) | コメントを書く
2020.02.01
カテゴリ:つれづれ
今朝の新聞を見て驚いた。
鹿児島県の人口が遂に160万人を割ってしまっというのだ。
今年の1月1日時点の県内推計人口は159万9779人だという。

 更に驚いたのは、記事によると、私が生まれた1940年の国勢調査(158万9467人)以来だという。ちょうど私が生まれた年と同じ人口に戻ってしまったことになる。

 私は1981年に20年間の県外生活に区切りをつけて、鹿児島に帰ってきた。
そして仕事をやる上の必要性から県の人口や産業構成などいろいろなことを調べたが、その当時は180万人近い人口だった記憶がある。

 記事によると、県人口のピークは1995年の204万人だったという。
ピーク時との比較では44万人も減ったことになる。寂しい限りである。

 今後の見通しはどうか。
国立社会保障・人口問題研究所が2018年3月に公表した「日本の地域別将来推計人口」によると、県人口は2025年に151万1千人、2030年には143万7千人に減るとみられているという。

 孫たちの世代が次々に社会人になって、世の中に出ていく頃の鹿児島は、日本はどういう世の中になっているのだろうと思うことしきりである。






Last updated  2020.02.01 09:26:23
コメント(8) | コメントを書く
2019.11.15
カテゴリ:つれづれ
それまではやったり、やらなかったり気の向くままにやっていたウオーキングを、きっちり始めたのは昨年の11月のことだった。グラウンドゴルフで動く水曜日と土曜日はとりたててウオーキングはやらないことにしてのことだ。ところが、ちょっと気負いすぎて、気が向くままに歩きすぎて、1時間くらいをほとんど競歩みたいな感じで歩いていたら夜ベッドに入ってから右足が少し痺れるような現象が起こってきた。家人いわく「お父さん、歩き過ぎよ! 歳のことを考えたら」というお叱りのような、助言のようなことをのたまう。歩き過ぎはいけないという。

 それからは歩くピッチを落とし、時間も40分~50分くらいに抑えて今年の歩くことを心がけて7月中旬まで続けてきた。さすがに8月、9月、10月は全くのマイペースにし、熱中症にならないようにできるだけ歩かないようにしてきた。ただ10数年続けている近所の仲間たちとのグラウンドゴルフは暑いも寒いもなく、一年中天気さえ良ければやってきた。

 そういう中で、やっと日中の暑さも和らぎ始めた11月になって、歩き始めた。歩く時間はこれまでと同じ40分~50分。今日は1時間歩いた。コースはだいたい決めているが、その日の気分でいろいろ模索しながら歩くこともある。もともと歩くのは大好きなので、歩き始めると今日みたいに調子に乗ると歩きすぎてしまうことになる。用心、用事 もういい歳なんだから! といい聞かせながら歩こう。






Last updated  2019.11.15 17:09:24
コメント(9) | コメントを書く

全123件 (123件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.