538506 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

2009年09月06日
XML
カテゴリ:闘病の頃のこと4
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、1999年を振り返っているところです。

基本的に日々、完結ですが、

一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





新婚「茨城編」 6



さて、雪の夜桜の後、正式に手術が必要であると結果も出ました。


そんな時、夫は会社に「辞表」を提出しました。


完全に私に付き添って、一緒に病気と闘うつもりです。



えぇぇぇえええ!!

周囲驚く。…もちろん、私も。

夫は言います。

大丈夫だから。心配するな。



会社側は執拗に引き止めて下さいました。


転勤で東京勤務に戻すから。とか、

3ヶ月長期休暇をやるから。とか………。


今思うと本当にありがたいことです。




夫が会社とそんなやり取りをしている間、

私も病院と手術の時期について話し合いました。



私は頑なに「今は受けたくない」と言っていました。

今はやだ。と。

0232やだ.jpg

秋になってから手術を受けたいと言いました。



ドクターは、今回は、ずっと検診していて見つかったんだし、

緊急ではないし…そんなには急がなくてもいい…とは

おっしゃってはいましたが…それにしても……秋…??








何故、秋…?









だって…1999年だよ。





ノストラダムスは7月に地球が滅びるって言ってるんだよ!!

どーせ7月に滅びるかもしれないのに、

なんでこの時期に掛けに出なきゃいけないの。







どうせ滅びるなら、地球と一緒に………と。
0233やだ.jpg





今でこそ「あほかっ!?」…って思うかもしれないけど、

当時はみんなそう思ってたでしょ?

まさか、と思いながらも心のどこかで「もしかして?」って。

そう思ってたよねっ!???





つづく












楽天ブログランキング

ポチポチってして頂けると嬉しいです。
いつも本当にありがとうございます。







最終更新日  2009年09月30日 07時55分04秒
コメント(14) | コメントを書く
[闘病の頃のこと4] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.