3822569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

日本の旅

2019年09月25日
XML
カテゴリ:日本の旅

約7週間の日本滞在が今日で終わり

今から、福岡を発って、ニューヨークに戻ります。

数日前の9月22日は、おさむの誕生日だったので

高千穂と阿蘇に2泊3日のドライブ旅行に行く予定にしていて

ホテルも取っていたのですが

あいにく22日は、九州は台風が直撃。

先日の東京での修のコンサートの日も、東京に台風が直撃だったし

「つくづく、嵐を呼ぶ男ね~」と言いつつ

高千穂と阿蘇は取りやめて、博多の街でおさむのバースデーを祝いました。

天神のソラリアホテルに泊まったのですが

ソラリアは、昔、私がシンセサイザーのデモンストレーターをしていた頃

ここのステージで演奏をしていた場所だったので、懐かしかったのですが

ホテルの中は、改装してきれいだったし、便利も良くて良かったです。

同じビルの中に映画館もあり、そこで映画をみて

(見たのはハローワールドというアニメ)

ランチも夕食もソラリア内のレストランで取ったので

台風の中、一歩もソラリアから出ずに過ごせました。

ということで、おさむと別れ(今から空港で会うけど)

昨日は、一人で宗像大社に行ってきました。

今回、おさむのバースデーに高千穂に行く途中に

久々に幣立神社にお参りしようと思っていて

それで、昔、幣立神社のお札と伊勢神宮で購入した

天照大御神のお札を神社に返そうと、日本に持ってきていたのですが

今回、台風で行けなかったので、このまま、またニューヨークにお札を持って帰るのも何だし

どこかお札をお返しするのにいいところは?と思いついたのが

昔、何度か訪れたことがある宗像大社。

世界遺産になっている神社です。

母は

「わざわざ宗像大社まで行かなくてもいいんじゃない?

すぐ近くにお社があって、そこで古くなったお札とか取り扱ってくれるから

そこで処分して貰えばいいから、預かっておくよ』

というのですが、何となく、自分で行って、神社にお返ししたかったし

また、日本の神々、特にアマテラスに今回の日本でのお礼をしたいなあと

思っていたので行くことに。

それにしても、母の両親、つまり私の祖父母は、二人とも神主だったのですが

何という、こだわりのなさ。

この母のこだわりのなさやいい加減さが、私に取って、ほんと楽だったのだなあ

と改めて思うこの頃です。

ということで、宗像大社に到着。

昨日は、とてもいいお天気でした。

朝は、まだ人が少なくて、気持ちいい。





さて、日本の神様へのお礼としてのお賽銭、いくらにしたらいいかな?

出かける前に、ふとそう思って、筋反射で聞いてみました。

どなたに聞いたらいいかわからなかったので

とりあえず、私のハイヤーセルフと日本の神様に聞いてみると

出てきた答えが

5555円

でした。5のゾロ目、エンジェルナンバーの意味を見てみると

「重大な変化が訪れるでしょう。

信じらないぐらい人生が好転して行きます。

これまでのあなたの努力が実を結びますから、そのまま続けてください」

わ~。

もう十分に、満足の人生ですが、これからさらに変化するのは

何が待ち構えているのかしら。

ということで、お賽銭箱に入れるために

封筒に5555円を入れて、持って行きました。

本殿に到着して、二つのお札を巫女さんに手渡し、引き取ってもらいます。

そして、お賽銭箱の前へ。

ここはカランカランと鳴らす鐘などはなく、下においてあるお賽銭箱を覗いてみると

何となく、この封筒が引っかかって下に落ちないのではないかしら?

と思えてきました。

それで、この5555円、一緒に出した方がいい?と筋反射で聞いてみると

一緒に出す必要はないとのお答え。

それで、ふと思いついて、555円だけお賽銭箱に入れて、お参りし

残りの5000円は、祈祷殿にて、ご祈祷してもらうことにしました。

祈祷殿に入ると、受付に、住所や名前、祈祷の理由

を書き込む紙に記入します。

祈願の理由を何にしようか?と思ってみてみると

交通祈願や安産、お祓いなどの項目の他に

「神恩感謝」という文字が目に入りました。

神様の恩に感謝。

まさに、今日、私がここにお参りに来ている目的だわ~と

記入を済ませて、受付に行きました。

この時点では、祈願の料金はわかってなかったので

固定の金額なのか、それともこちらが希望する金額でできるのかしら?

と思いつつ、記入した紙を提出すると

巫女さんが

「神恩感謝ですね。5000円になります」

と言われたので、内心

「おぉ~、これでちょうど’5555円だ~」と嬉しくなりました。

待合室で5分ほど待ってから、名前を呼ばれ

祈祷殿に入りました。

祈祷殿は、神聖なエネルギーで満ちていました。

私の他には、ご夫婦が1組で、祈願祭り?(と宮司さんが言ったので)

が始まりました。

宮司さんが低く太い声で、大祓祝詞を唱えます。

私は、子供の頃から何度も唱え、慣れ親しんでいる祝詞です。

それを聴きながら、なぜか静かに涙が流れてきました。

そして、その涙が止まらないのです。

筋反射で確認しなくても、そのエネルギーを感じていました。

それは、多分、アマテラスだったと思います。

それは、例えば「すごい感動」とか「バーンとハートが開く感じ」とか

そういう感じではなくて

言葉で表せば「感謝」とか「祝福」という言葉しか思い当たらないのですが

ただ、静かに満たされている感じでした。

こんな気持ちになった御祈祷は、初めてだったような気がします。

ああ、最後にここに来て本当によかった。

今回の長野のクラスも予想していた以上に

実り多いものとなりました。

昨日は、それに対してのお礼のつもりでいたけれど

思い返せば、いつも、ずっと守られていたのだなあと。

エジプトからずっと走り続けてきたけれど、それが今回の日本へと

つながっていたのをひしひしと感じています。

スケジュール的にはハードでしたが、無理してでも6月に

エジプトに行く必要が私にはありました。

きっと、高次元の世界では、日本の神様もエジプトの神様も他の神様も

関係なく、守ってくださっているのでしょうね。

ちなみに、エジプトは、まだ私の中では終わっていなくて

エジプトの最終日に伝えられた課題は、まだ私の

これからの大きな課題として残っているし

ここ最近、エジプトの神々やアセンデッドマスターとのつながりは

さらに強くなっているような気がします。

(なので、エジプト最終日の日記は、まだアップできないのだけど)

昨夜は、母と二人での今年最後の晩餐でした。

母の好きな野球を一緒に見て、毎晩のように、ワインで乾杯し

話をしました。

母が元気で、楽しく暮らしていることも

私にとって、大きなギフトだなあと。

今回2回だけ、母にセッションをやったのですが

テーマは記憶力の調整ということで、脳の調整メインでやったのですが

もちろん、宇宙系遺伝の影響も出てくるので

それを見ていくと、なるほどな~と。

落ち着きのないアニマル系遺伝も多かったのですが

Felineなど、ライトサイドのサイキック系遺伝もあり

母のオーガナイズが苦手で、トンチンカンなところも多いのだけど

妙に感が鋭いところもあるのが、よくわかります。

親の遺伝を見ていくと、自分自身の遺伝がどう影響しているかも

よくわかって面白いです。

先日、母と話していて、笑ったのが

母が年に一度受けているという、健康診断でのこと。

尿検査をする時になって、母は直前にトイレに行ってしまい

いざ、尿を取るという段階になって、全く出なかったそう。

わ~、困った~、トイレに行かなければよかった~

と後悔するも遅し。

それで母は、何を思ったのか

「隠しカメラはないわよね」と、キョロキョロとあたりを見渡し

その後、尿を入れる紙コップに、水道の水をジャーっと入れて

それを看護婦さんに渡してしまったそう。

それで健康診断の結果が、変なことになったらしく

看護婦さんに

「いつもは問題ないんですけどね~。今回は変な結果なんです」

と言われたとのこと。

母曰く

「ごまかすのは得意なんだけどね。

これじゃあ、健康診断の意味がなかったな~と反省したのよ」

あり得ん。。。ショック

さすがにこのいい加減さは、私も受け継いでないわ。

ということで、ニューヨークへの出発の時間も迫ってきたので、このあたりで。







最終更新日  2019年09月25日 08時41分54秒
コメント(8) | コメントを書く


2019年09月16日
カテゴリ:日本の旅

今日は、日本での旅日記を。

飯綱高原にある水輪を発ってから、私とおさむは、数日間のバケーションを取るために

長野の白馬に行きました。
長野駅からレンタカーを借りて、1時間半ぐらいで到着です。
白馬には、おさむと2泊した後、母が福岡から出てきて、2泊しました。

曇り空のお天気の中

最初に向かったのは、白馬五竜高山植物園。

リフトに乗って、上まで行くと、少し青空が見えてきました。

    

時期的に、今は、もう高山植物の時期は終わっていましたが
まだ少し残っている植物を見ながらのお散歩コース。



                  




次の日は、白馬岩岳マウンテンリゾートへ。

まずは、森の中のトレッキング。

面白い形のネズコの木。

                  

そして、ここの絶景カフェは

何とニューヨークのユニオンスクエア近くにあるシティベーカリーでした。

昔から、ニューヨークにあるカフェですが
こんなところに店を出していたのですね。



今日は、あいにく山に雲がかかっていましたが
このカフェからの眺めは、北アルプスの山々が連なって、素晴らしかったです。



次の日の朝。

あいにくの天気。

リフトに乗って、栂池高原に行ってみましたが、雲でほとんど見えず。
もっと早い時期に、晴れている日だったら
きっと植物や山々が美しく見れたことでしょう。

  


午後には、福岡から白馬にやってくる母を迎えに

信濃大町の駅まで、修が運転して車で迎えに行きました。

私と母をホテルに送ってもらってから、おさむと別れ、おさむだけ東京へと向かいます。

私たちは、白馬のラネージュ東館というホテルへ。




お部屋は、クラシカルで可愛い内装で、森に囲まれたバルコニーと
ジャグジー付きのバスタブも広々で、母も気に入っていました。

このホテルのレストランは、フレンチのコース料理。

    


次の日は、母と二人で、白馬八方尾根へ。

ホテルの人にリフト乗り場まで送ってもらいます。

まずはゴンドラに乗り、それからリフトに乗り換えて

さらに、また別のリフトに乗り換えて行きます。

母はリフトに乗るのは、生まれて初めてだったそうですが

とても楽しんでくれて、すっかりリフトがお気に入りになったとのことで、よかったです。





リフトから降りたところにある八方池山荘から、八方池までは
3、3kmの距離ですが、結構な登りの斜面です。

多くの人たちが登山用の靴を履き、登山スティックを持って歩いている中

私たちはスティックも持たず、普通のスニーカーで登ります。

母のために、スティックを借りておけばよかったと、後から思ったのですが

私もここに来るまで、登山をするとは思っておらず
82歳の母にはちょっと大変だったなあと。

ホテルの人も、母を見て

「八方池までは無理だと思いますから、リフト乗り場の周りで、引き返した方がいいですよ」

と言われていたので

私も途中で引き返そうと思っていたのですが

母は山歩きは、ほとんどやったことがないものの

毎日、プールで1000メートル以上泳いでいるだけあって

体力は80代にしてはあるので、結局、なんだかんだと歩き続けて

八方池まで登ることになりました。

途中の道は、木のトレッキング道になっていて、歩きやすかったです。



 


最後の方は、また石がゴロゴロの登り道になりましたが

何とかクリアして、標高2080メートルにある、八方池に到着。



ここで、朝、ホテルで作ってもらっていた、おにぎりを頂きました。
やっぱり、こんな場所で頂くおにぎりは最高。
雲が少し切れて、氷河が見えてきます。

母も「ここまで来てよかった~」と大満足。



でも、帰りは、母は靴が滑りやすく、転んでしまいそうで

登りより下りの方が怖かったとのこと。

それでも何とか到着して、ホテルの人にリフト乗り場まで、迎えにきてもらいました。

このホテルのスタッフの方はとても親切で
とても居心地の良いホテルでした。
ただ、一つだけ難点と言うか
このホテルにはフランス料理のコース料理しかなかったので
二日目は、他のホテルのレストランに行きました。
和食やアラカルトでオーダーできるレストランがあったら、もっといいのになあと。

次の日は、久々の晴天。
ホテルの人曰く、数ヶ月ぶりの晴天だそう。
朝食は、バルコニーで頂きました。



       


朝食の後、ホテルから歩いて10分もかからないところに北尾根高原への
リフト乗り場があったので、再びリフトで上がってみると
素晴らしい光景が広がっていました。






前日は、ゴンドラとリフトを乗り継いだ後、かなり歩きましたが
この日は一つリフトで上がっただけで
こんな近くに、北アルプスの山々が見られるなんて。

このあたりで働いている方たちがみんな
「今日は、今年一番の晴れですよ。ラッキーですね〜」
と声をかけてくれて、母も嬉しそうに
「福岡から来たんですよ〜」と答えていました。

それにしても、福岡から、白馬まで、結構、遠いので
海外旅行に行けるぐらい、時間がかかるんですよね。

こうして、おさむと2泊、母と2泊した白馬を発って
私と母は、松本に寄り、そこで1拍しました。
松本では、ホテルから歩いて数分のところに松本城があったので
行ってみたのですが、私も母も、日本の城には全く興味がないことが判明。泣き笑い
城に入ってすぐに、もう出ようと母が言い出し、すぐに退散しました。
それから、城下町をプラプラ歩き、夜は居酒屋に入って、食事しました。

次の日、私はこの日、東京でのおさむのコンサートのため
母と別れ、東京へと向かいました。

そして、東京でのコンサート当日は、東京に台風が直撃した日となりました。
(よりによって、この日に重なるなんて、おさむの日頃の行い、かしらね〜あっかんべー

でも、電車が夜は止まるということで、何人もの方が、来られなくなってしまった中で
40人ぐらいの方々が、来てくださって、とても嬉しかったです。
ここでお礼も何ですが、台風の中、お越しくださった方々
本当にありがとうございましたハート(手書き)
おかげで、無事コンサートも終えることができて
おさむも、私も、とても感謝しています!

こうして、次の日、私は福岡に戻り
その次の日から、実家にて、セッションを行っています。
それも、あと4日で終わり、その後は、おさむと2泊の小旅行の予定。
そして、来週には、ニューヨークに戻ります。







最終更新日  2019年09月16日 16時30分50秒
コメント(3) | コメントを書く
2018年10月02日
カテゴリ:日本の旅

早いもので、長野のクラスが終わってから、もう2週間が経ちました。

その間、あちこちと小旅行して

福岡に戻ってからは、ほとんど休むことなく、セッションをやっていましたが

それも昨日で終わりました。

明後日には、日本を発って、ニューヨークに戻ります。

 

クラスのことなども、まだ書きたいことはあるのですが
とりあえず、水輪を出た後の日記です。

私とおさむは、水輪を発った後は、軽井沢に向かいました。

軽井沢は、私は10年ぐらい前に一度訪れているので2回目なのですが

その時はグループでの滞在で、どのあたりに行ったのかもほとんど覚えておらず

初めて訪れる気分です。

軽井沢の駅からレンタカーで、白糸の滝へ。




ここはたくさんの観光客がいたので、写真を1、2枚撮って、すぐに

その近くの、辰の滝というところへ。

森の小道が気持ち良いお散歩コース。

 

         


それからここからすぐ近くの宿にチェックイン。

川沿いに建てられた、古い日本の旅館で、部屋の窓からの緑は心地よかったのですが

館内は古いこともあって、結構どこも霊的なエネルギーがあって

おさむは夜中に起きて、クリスタルボールや惑星チャイムやスプレーなどで

部屋の浄化をしていました。

      




貸切露天風呂は気持ち良かった。




イギリスの旅から以降、ずっと休んでなかったこともあり
この日は、さすがの私も、久々にやる気ゼロ。
何もしたくない〜、という感じだったのですが

おさむが、今回、水輪のストーンサークルでアチューメントを受けたこともあり

なんだかんだと(ダークサイドが泣き笑い)出てきていたこともあって

次の日の朝は、おさむのセッションをやりました。

そして、午後からは、軽井沢の星野エリアに行って

ランチを取ったり、ぷらぷら見て回ったり。
でも、どうも気持ちが乗らず。
このところ、ずっと、感動することが多かったので「感動疲れ」みたいな感じなのか
何を見ても、何を食べても、心が動かない感じ。
こんな状態も珍しいかも。

そして、次の日は、新幹線で新横浜へ向かいます。

新横浜駅のステーションホテル、アカシア。

ここは、居心地がよいホテルで、久々に霊的なエネルギーもなくグッド

 

ホテルにチェックインして、荷物を置くと同時に

神奈川のちずちゃんの実家へと向かいます。

ちずちゃんが6月に亡くなってから、一度も訪れることができなかったので

今回の日本で訪れる約束をしていました。

駅で、みゆきちゃんと合流し、ちずちゃんの弟さんが

車で迎えに来てくれていました。

その後、ちずちゃんの実家で

ちずちゃんにそっくりなお母さんとお会いして

ちずちゃんの思い出話をしました。

この家に到着した途端

「ちずちゃん、ここに来てる」となんとなく感じていたのですが

弟さんが「実は、昨日あたりから、何かざわついていて

姉が戻ってきている感じがしていたんです」

と言われていて、さすが、ちずちゃんの弟さん、鋭いなあと。

弟さんのお姉さんへの思い、そしてお母さんの思いが伝わってきて

涙が止まらなかったけど

私が描いたちずちゃんの絵を気に入って

部屋に飾ってくださっていたので、それを見ていると
なんだかやっと、お別れを見届けたような感覚になりました。
ああ、ちずちゃんと話したいなあ。

この日の夜は、みゆきちゃんと3人で食事をし

次の日、21日の朝、新横浜を出発して、山中湖へと向かいました。

新幹線の新富士の駅で、はるまくん、ゆうきちゃんと久々の再会です。

9月22日はおさむの誕生日で、おさむは以前から

富士山を見たことがないので、誕生日に見たいということで

今回、富士山の麓で過ごすことにしたのですが

同じ9月22日にはるまくんも誕生日なので

今回は合同のバースデーを祝うことになりました。

と、あいにく、この日は1日中雨。

今回、富士山が真向かいに見える部屋を取っていたのですが

残念ながら、、全く何も富士山は見えず。

松茸のカプチーノ風スープなど、フレンチの食事は美味しかったです。


 

    


次の日の朝、天気予報では雨でしたが

雨は降っておらず、曇りになっていました。

ホテルを出発し、この日は河口湖に向かいます。

途中の湖で、遊覧船に乗ったり、ドライブ’したり。

だいぶ晴れてきたところ。
頂上にまだ雲がかかっています。



この日のホテルは、河口湖近くにあるラビスタという
南フランスをイメージしたという洋風なホテルで、いい感じでした。

  


部屋のテラスから、富士山が見えます。
まさに、ホテルに到着した途端、一気に頂上にかかっていた雲が晴れて

富士山が頭を顔を出しました。




テラスで、神々しい富士山を拝見することができて、ご満悦の一行ウィンク


    

                

      


この日の夕食は、おさむとはるまくんの合同バースデー祝い。
ちょうど、10年違いの同じ日が誕生日なんて、本当、縁が深いよね。
ここのコース料理も美味しかったです。

 

b


次の日の朝。
帰り道にある富士山の白糸の滝へ。

         




いつもこの二人の笑顔に癒される。
 
      

   

それからハルマくん、ゆうきちゃんとお別れ。

本当の妹、弟のような二人とは、きっとまた近いうちに会えることでしょう。

私とおさむは、新幹線に乗り、おさむは小倉の

私は福岡のそれぞれの実家に戻ってきました。

さて、福岡の実家に着いて、次の日から、実家でのセッションがスタートしました。
今回、日本でセッションを受けたいというメールを何人もの方に

頂いたのですが、滞在の日程が限られていることもあって

希望者の中で、これまで私のセッションを受けたことがある方のみ
何人かに行うことに
なったのですが、なかなか面白かったです。

実家は、福岡のはずれ、奈多というところの田舎なのですが

今回、2階の部屋をセッションルームとして使っていて

ごく普通の畳の部屋から、ごく普通の家々と海が見える景色を眺めつつ

そして近くの小学校で運動会の練習が行われていて、その子供達の声援を聞きながら

宇宙遺伝やインプラントのセッションをやっていると

この今ここの空間だけが、異空間みたいな、何とも不思議な気分になるのです。

私とおさむが住んでいるニューヨークのセッションルームだと

何も違和感は感じないんですけどね。



そして、先日、Sifyunからのメッセージを選んでみたら

「私は、パートナーとロマンティックな時間を持てます」

というのが出てきました。
そして「もっと、リラックスする」とも。

ああ、やっと、おさむとロマンティックな時間を持てるのだなあと。
こんなメッセージをSIfyunから受け取るのは、初めてかも。

イギリスの旅の後から、日々のセッションやテキストの作成に追われつつ
Sifyunから、徹底的に私の持っている宇宙系遺伝を調整するように
指示され、
ほとんど休む間もなく、自己ヒーリングしてきて

ギリギリ準備ができて、長野でのクラスが始まり
長野のクラスの間は、全く休めなかったけれど
今から、しばらくは、リラックスの時間が持てるのだなあと思うと
ここまでの激動の流れを振り返ってみて、感慨深く
やっと心がここに戻ってきた感じです。
モチベーションもいつものごとく上がって
ようやく、メールのお返事を出したり、これからのスケジュールを決めたりしています。
(お返事がまだの人は、もうすぐお送りしますので。ごめんなさい〜)

そして、やはり、Sifyunに従って、自己調整してきて良かったなあと思うのは
長野での人へのセッションのなかで、宇宙系のエネルギーの影響を
ほとんど受けることはなくなり、おかげで
ずっと人にセッションをやっていても、終わった後、自己調整もほとんどいらず
身体がとても楽なのです。
ここまでの状態になったのは、私が宇宙系遺伝の調整をスタートしてから
初めてのこと。

とはいえ、福岡に戻ってから、
クライアントさんへのセッションで
新種の宇宙系遺伝を発見して
そのうち一つは、私が持っている遺伝で、その影響を受けたのですが
それも、新たな気づきがあって面白かったので
そのあたりの話もまたおいおい書いていきたいです。


ということで、昨日は、母と二人で福岡の原鶴温泉の六峰館で1泊しました。
(一応、浄化スプレー持参でウィンク

露天風呂付き特別室を選んだのだけど
16畳+6畳+リビングという広さと、目の前に流れる筑後川の風景が良かったです。
(でも、食事は、一見豪華だけど、古いスタイルの会席料理で、お味も今ひとつ)






日本出発の前は、クラスの準備に追われているので、
日本での旅の計画を、立てる余裕は全くなくて
日本に来てから、いきあたりばったりで決めることになるのですが
次回からは、あらかじめ、日本の自然を満喫できるような場所を調べて
予約しておこう、と心に決めたのでした。
(と確か、去年もそう思っていたような)










最終更新日  2018年10月03日 01時38分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月21日
カテゴリ:日本の旅

京都には、弟夫婦と2歳の甥っ子が1、2年前から住んでいることもあり

今回は、京都の紅葉の時期に、甥っ子に会いに行こうと

母と2泊3日のショートトリップに出かけました。


この紅葉の時期の京都は、ものすごく人が多いということで

弟夫婦ができるだけ人が少ない、穴場的な場所を案内してくれました。


着いたその日は、日本庭園、無鄰菴へ。

ここは明治時代の別荘だそう。

手入れされた苔。小川の優しいせせらぎが落ち着きます。

(と、2歳の甥っ子がいると、慌ただしくなるけど雫 )

 

今回の日本は、荷物が多かったこともあって

一眼カメラを持ってこれなかったのが、とても残念。

これは、水中カメラでカメラ

 

PB120284.jpg 

 

PB120294.jpg

 

PB120300.jpg PB120287.jpg

 

PB120286.jpg 


そして、すぐ近くにある南禅寺へ。

ここはやはり人が多かったです。

風格のある三門の前で、艶やかな着物姿の方たちが写真を撮っていました。 

 

 PB120305.jpg

 

PB120311.jpg

 

明治に建てられたという趣のある水路。

(に向かって、元気に走る、甥っ子)

 

PB120324.jpg

 

 

この日は、弟夫婦がこじんまりした京料理の店に連れていってくれました。

今回、京都プライトンホテルに泊まったのですが

落ち着いていて、部屋の使い勝手もよくて、とても良かったです。

評価が高かった朝食も美味しかった~。


そして、次の日は世界遺産、仁和寺へ。

巨大な二王門。

 

PB120343.jpg


紅葉真っ盛りの五重塔。

そして、ここはどこよりも人が少ない〜。

まさに最高の穴場でした。

 

PB120350.jpg

 

PB120367.jpg 

 

 PB120356.jpg

 

PB120366.jpg 


南庭の石庭。

この方は、ゆっくりと砂紋を描かれていました。

多分、瞑想のような効果があるのだろうなあと。

きっとこれも修行の一つなんでしょうね。


PB120396.jpg


そして、ここの北庭も素晴らしい~~。

この池の風景を一目見て、思わず私も母も「わ~🎵」と声が出ました。

この写真では、あの空気感は伝えられないのが残念。

 

PB120382.jpg


ちょうど、法事に向かう途中の僧侶。

「傘持ちの人は大変だね〜」なんて話していました。

 

 PB120370.jpg

 

仁和寺、素晴らしかったです。

これを見れただけでも、京都を満喫した感が満載。

世界遺産なのに、信じられないほど人が少なかったのも◎


それから、路面電車で嵐山へ。

まずは、嵐山の駅周辺は、お土産物屋さんや食べ物屋さんが

立ち並んでいて、多くの観光客で賑わっていました。

そこを通り抜けて、竹林へ。

私たちが訪れたのは昼間でしたが、夜は照明が綺麗なのだそう。


PB120407.jpg

 

 

それから常寂光寺へ。

ここも紅葉が真っ盛りでした。

 

PB120419.jpg 

 

PB120444.jpg ’’

 

PB120420 (1).jpg 

 

PB120435 (1).jpg 

 

2日間、お天気にも恵まれて、最高の紅葉日和でした。

嵐山の通りなどは人が多かったですが

訪れた場所は、比較的、人が少なくてゆっくり見れたし

何よりも、京都で母と弟家族と過ごせて、良かったです。

 

何年もの間、病気の父の世話で、母は旅行には行けなかったので 

父が亡くなった今、ようやく母もこうして旅ができることも良かったなあと。

母は、福岡を出る前に、ご仏壇に向かって

「お父さん、ごめんなさいね、私だけ、京都、行ってくるわよ」

と父に報告していました。

 

ふふ、きっと父も「お前だけ行って、楽しんでこいよ」

と喜んでくれたかしらね。







最終更新日  2017年11月22日 11時50分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月16日
カテゴリ:日本の旅

今日、ニューヨークに戻ってきました。

とりあえず、日本日記の続き。

 

長野から福岡に戻ってからの2日間は、実家でのんびり過ごしました。


と、のんびりしていると、不要なものが雑然とある実家のエネルギーが

気になってきて、母に「片付けしよう」とたきつけて、断捨離をスタート。

(結局、のんびりしてないか。。あっかんべー )


父のゴルフのトロフィーとか、父の薬を入れていた、もう使っていない引き出しや

父が物を入れていた棚や、父の愛用の大きくて古い一人用のソファーなど

まずは、父に関するものをどんどん処分。

一度、やりだすと、もっとやりたくなって

不要な食器や、押入れの中にあった大量の不要なものや

読んでいない本など、母に聞きながら、捨てて行くと

大きなゴミ袋がいくつも一杯になりました。


私たちの両親の世代は、物を捨てれなで溜め込んでしまう人、多いですね~。

特に父は何でも物を溜め込む人で、入れ物や引き出しなどの収納を買ってきては

何年も使ってない物をしまいたがる人で

すっかり「物を置くための家」となっていたので

中身だけでなく、棚や収納ケースごと捨ててゆきました。


その点、母は昔から片付けが苦手な人なのですが

思い出や物に執着することはない人で

「これ捨ててもいい?』と聞くと大抵は「捨てていいよ」

とあっさりなので、このガラクタ処分祭りも

スムーズにはかどりました。

「これはもったいないから、誰か使える人がいるかも」など言ってると

永遠に処分できないので、捨てるに限ります。


ニューヨークでは、家具などの大型ゴミは

週に1回の決められた曜日に、家の前に出しておけば

無料で持っていてもらえるので、とても楽なのですが

日本では、大型のものは、電話で予約して、引き取りに来てもらわないとダメなんですね。

まだ、応接間の古いソファーや誰も使っていない古い机、飾り物用のガラス棚など

大型家具で不要なものがあるので、できればすべて処分したかったのですが

すぐには運び出せないものもあり、とりあえず、今回はここまでにして

後は弟夫婦に任せるか、来年私が戻った時に処分することにしました。

でも、2、3日間、片付けただけでも、かなり家がすっきり。

 

古い家具や道具は、処分したり整理していると、そこから出てくるエネルギーがすごいので

オーラソーマやアロマやサウンドなどで浄化しながらやらないと

ふらふらして、気分が悪くなってきます。

母は昔から、体力があって、いつも元気というイメージが強かったので

気づかなかったのですが

昔は人込みの中にいると頭が痛くなっていたそうで
今も片付けをすると頭が痛くなるというのは

なんだ、実は母もエンパスだったのね〜と、今回、初めて気付きました。

人の感情やエネルギーと共鳴しやすいのは父の方だったので

私のエンパス体質は、父譲りだと思っていたのですが。


さて、それから何日かは、キネシオロジーのセッション。

今回は滞在日数も少ないし、予定も立てれなかったので

ご連絡を下さった方みんなには、セッションを行うことはできなかったのですが

福岡在住の方で、以前、私のセッションを受けられたことがある方限定にして

何人かにセッションを行いました。

久々に本格的なセッションをやりましたが

やっぱり、いつでもセッションをするのは楽しいなあと。

時間が許すならば、希望された方たちみんなにやりたかったです。


さて、おさむが私の実家にやってきて1泊した後

二人で大分の由布院へ。

博多から、由布院の森号に乗ったのですが

これはこれは観光列車なので

通常博多から由布院まで、2時間ちょっとで着くところが

5時間もかかってしまうとは知らず、

列車に乗ってから「これって、ものすごく遅いよね?」と気づきました。

どうりで、日本人はほとんど乗っていなくて

韓国人や中国人観光客が多かったわけです。

まあ、たまには列車の旅もいいか~と、寝て過ごし

昼過ぎに由布院に到着しました。


由布院は、多分、かれこれ15年以上ぶり。

おさむと訪れるのは、初めてです。

旅館に荷物を預けてから、金鱗湖へ。

紅葉が始まっていて、綺麗でした。 

 

PB070222.jpg 

 

PB070224.jpg 

 

由布院で有名な旅館、亀の井別荘の近く。

 

PB070226.jpg 


PB070266.jpg PB070267.jpg

 

PB070258.jpg 

 

それから湯の坪街道をぶらぶら歩きます。

お土産物屋さんや、お菓子屋さんが並んでいて

甘いもの好き、お土産物好きのおさむには、この通りは、たまらない様子。

 

PB070233.jpg  PB070247.jpg

 

夕方、旅館にチェックイン。

離れの部屋で、源泉かけ流しの露天風呂がついていたので

早速入りました。

遠くに由布岳が見えます。

 

 PB070238.jpg

 

部屋にお食事を持ってきてくれたので

湯上りにワイン片手に、懐石料理を頂いて、まったり。

やっぱり、日本の温泉は最高だなあワイングラス



次の日はあいにくの小雨でした。

湯けむりの朝の金鱗湖。


PB070276.jpg 

 

この日も湯の平街道をぶらぶら。

とても可愛い雑貨屋さん「HOMME BLUE CAFE」で

陶器のお茶碗や月型のお皿や調味料入れなどを購入しました。

普通は、こういうお店は男性はあまり興味がないと思うのですが

基本が女子高性感覚のおさむは、こういう店が大好きなので

あれこれ一緒に見ながら、自分でも星模様の片口や

自分の部屋用にキャンドルスタンドなどを買っていました。

こんな雑貨屋さんはニューヨークにはないので、二人とも大満足。

 (そこで買ったもの、ニューヨークの自宅のテーブルに並べてみた♪)

 

 PB070251.jpg  IMG_1488.jpg

 

さらに、甘いもの好きのおさむはこの日の朝から

焼いたカスタードの店が気になっていて

そこに行くまで、落ちつかない様子で

雑貨屋さんの後に直行。

本当、おさむって、見ていて飽きないわ~。


これは由布院の駅で、帰りの電車を待っている間、入った足湯。

 

PB080283.jpg

 

 

福岡から一泊二日の温泉旅行には、

由布院は、ちょうどいい感じでした。


さて、それから数日間はまたセッションして

その後、母と二人で京都を訪れました。


ふふ、まるで「夏休みの日記」だわねウィンク









最終更新日  2017年11月18日 01時43分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月14日
カテゴリ:日本の旅

今日、母と京都から福岡に戻ってきました。

明日は、福岡最後の日で、明後日にはニューヨークに発ちます。


今回の日本滞在は約1か月。

長野のクラスが2週間の後、その後もう2週間が経ちました。

長野のクラスが終了してからも、何だかんだと忙しかったので

まだ、メールのお返事などもできていない状態ですが

とりあえず、忘れないうちに、今回の日本滞在で訪れた場所を

ざっとアップしておこうかと。


まず、長野のクラスが終わった次の日は

長野のパワースポットと言われている戸隠神社を訪れました。


戸隠神社は、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の5つの社があって

平安時代は、修験道の場として知られた霊場だったとのことで

最近は、パワースポットとして、日本各地から訪れているとのことでした。


最初に訪れたのは、水輪から、タクシーで20分ぐらいのところにある

火之御子社。

ここは、水輪のオーナーである塩澤さんと

娘さんさおりさんのことを書かれた本「早穂理。ひとしずくの愛」によると

あの奈良の天河神社と繋がっているのだそうで

柿坂宮司が「火之御子社は、天河神社の裏神社です」と言われたとのこと。

天河神社も芸能の神さまですが、火之御子社も芸能にご縁がある神社です。

 

最初にみどりさんがこの社を偶然、見つけられた時には

打ち捨てられて荒れた社で

みどりさんは、そこで緑の衣を着たお婆さんが、舞を舞っているのを見たそう。

(そのお婆さんが、ここに祀られている天細女命『あまのうずめのみこと』

だったのかどうかは、お聞きしませんでしたが)

それから、そこを塩澤夫妻が大掃除して、奉納を行い

以来、柿坂宮司もお越しになって行事を行ったり

毎年、水輪が主催で、奉納を取り行っているとのことで

水輪とご縁が深い神社ということでした。


訪れてみると、火之御子社は、予想以上に小さなお社でした。

 

PA290151.jpg

 

この日はみぞれが降っていたこともあり

タクシーの方に待っていてもらったので

参拝してから、すぐにタクシーに戻りました。

 

この写真で見ると、何だか上から光が降り注いでいる感じに

写っていて面白いなあと。

実際にその場に入ると、ちょっとうらびれた感じで

ひっそりと佇んでいるお社でした。

 

それから、次に向かったのは奥社。

タクシーで鳥居のある入り口近くまで送ってもらい

そこから、奥社までは、徒歩で45分です。

この道をひさすら歩いて行きます。

 

PA290154.jpg

 

途中にある随神門。


PA290156.jpg

 

この門からエネルギーが変わって、まさに霊場という雰囲気です。

(それにしても、吹雪。。。やっぱりここは修行モードかしら) 

 

PA290158 (1).jpg

 

この門から先は、樹齢400年の杉の道が続いています。


PA290160.jpg 


しばらく歩いていて、途中から頭がぐらんぐらんしてきました。

 

何なの〜、このエネルギー!ショック

これは、人間由来のエネルギーではないなあと感じたのですが

調べてみると、いわゆる物の怪というのか

4次元~6次元の存在たち、エンティティ系のエネルギーがうじゃうじゃいて

松果体がブロックされる感じです。


歩きながら、そういうエネルギーを外しつつも

フラフラになって、辿り着いた九頭龍社。

ここもエネルギーが渦巻いている感じ。

 

PA290167.jpg


そして、奥社は、この九頭龍社から少し階段を上ったところにありました。

お参りは出来ましたが、工事中だったので、写真は撮りませんでした。

 

 

PA290170.jpg

 

それから、また歩いて奥社の入り口まで戻り

お蕎麦屋さんで、長野の美味しい蕎麦を頂いて、温まりました。


それから、バスに乗って中社へ。

ここは戸隠神社の中で一番、大きなお社で

ここでおみくじやお守りなどを売られていました。

ここの美しい三本杉。

 

PA300178.jpg 


ここからまたタクシーを呼んで、乗りこんだら

行きの水輪から奥社まで送ってくれたタクシーの運転手と同じ人で

「実は、さっきのタクシー運賃、水輪さんとの契約で固定料金だったのに

普通にチャージしてしまって、取りすぎてしまったんですよ。

ですから、その代わりに鏡池に行きましょう」

と言ってくださって、鏡池に連れて行ってもらいました。

(あいにく、吹雪で、ほとんど何も見えない状態でしたが泣き笑い )


戸隠神社、とても興味深い場所でした。

今回は途中から、かなりの吹雪だったので

いつかまた暖かい季節に訪れてみたいなあと。


さて、その日の前日に、塩澤夫妻と夕食を頂いて

お話する機会があったのですが

塩澤研一さんの方は、初日に参加者の方々の前で

水輪の成り立ちをお話ししてくださったし

その後も、レストランでよくお見かけしていたのですが

みどりさんの方は、この日がお会いした初対面だったのですが

お会いして、びっくり。

なんというか、とてもオーラが大きい感じというか

第6チャクラが開いてサイキック的というか

サイキックと言っても、怪しい霊能者ということではなくて

洞察力やビジョンに長けたシャーマン、巫女という感じの方でした。


実は、この塩澤夫妻との夕食の前に、(軽率な発言が懸念される)おさむに

「ねえ、この多次元クラスで、霊外しなんてプログラムがあること

普通の人は意味が理解できないのだから、絶対、余計なことを言っちゃあダメよ」

と釘を刺しておいたのですが、おさむも

「もちろん、わかってるがな~。そんなこと言うわけないじゃん」

と言っていたわけです。

でも、みどりさんにお会いした途端

「この人なら何を話しても大丈夫だなあ」と感じて

食事をしながら、みどりさんの体験した様々なお話を聞きながら

結局、おさむが言うまでもなく、私の方から

ぶっちゃけいろいろお話していましたウィンク


塩澤夫妻は「自分たちで何かを目指してやったことは何一つなかった。

すべては動かされてきた」

と言われていましたが

そういった意味で、娘のさおりさんは、神からの使者そのものであって

その声なきメッセージを聞き続けてこられた、巫女的なお役目のみどりさんと

それをサポートする研一さんという存在

そして塩澤夫妻と出会った、全ての人たちが

この場を生み出してこられたのだなあと

壮大な物語の一端を垣間見た感じでした。

気さくなお二人との夕食は、とても楽しい時間でした。


そして、物語はいつも多次元。

例え、同じ出来事でも、人によって捉え方は違いますし

またそのストーリーも、時が経つにつれて、変化して行きます。


今回のクラスも、そして、この水輪のことも

このブログに書いたことは(私にとっての)ある一つの見方からのストーリーであって

様々な物語があるし、また別次元から感じてみると

全く違ったストーリーが観えてくるわけです。

それは、今回の私やおさむにとっては

例えば、ネイティブアメリカンの迫害の歴史や

人類の歴史の中で、抑圧されてきた多くの人々の意識

ひいては正義と悪、光と闇、清いものと邪悪なもの、という私たち人間の二元性が

これからどう変化してゆくのか

というテーマを改めて感じることにもつながってゆきました。


ということで、このあたりの話は長くなってしまうので、またいつか~マラソン

(っていうか、今回、感じたことを言葉にまとめるのは難しすぎるので

とりあえず、今日はここまでにしておこうかと) 







最終更新日  2017年11月14日 22時50分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月25日
カテゴリ:日本の旅

昨夜、日本からニューヨークに戻ってきました。
今回も、またいろんな発見やストーリーがあって、おもしろい旅でした。

その話はまた後ほどすることにして
まずは、いくつかの写真をアップして振り返ってみようかと。

東京でのクラスが終わって次の日は
ゆうきちゃん、はるまくんと一緒に、明治神宮へ。
ちょうど日曜日だったこともあって、たくさんの人が訪れていました。
ここの木でできた鳥居は、周りの木々と溶け込み
とても雰囲気がありました。

PA152604.jpg 

明治神宮の御苑。
遠くに止まっているのは、ルリビタキという鳥なのかな。
一眼を持って行かなかったので、遠すぎて撮れなかったですが。

PA152597.jpg

 

この日は表参道にある「やさい家めい」という農家から直送の野菜を使った
野菜料理の店でランチ。
新鮮な生野菜をフォンデュー風のたれで頂く「農園バーニャカウダ」と
様々な珍しい野菜料理の秋御膳がおいしかった〜。
東京に行った際には、また訪れたいお店です。

PA152607.jpg  PA152610.jpg


次の日、東京での1週間が終わり、私はおさむと別れて、実家の福岡に戻りました。
数日間は、甥っ子と遊んだり、弟のおくさんと母と3人で飲んだり
一緒にショッピングしたり。
あ〜、久々にこんなのんびりと時間を過ごしたな〜と。

というのもつかの間、それからまた4日は実家で
フィボナッチとIHキネシオロジーのセッションの日々。
今回もまた手強い相手ばかりでしたウィンク
計9回のセッションの中で、いろんな冒険の旅を一緒に行うことができて
おもしろかったです。
その話もまた次回。

そして、次の日は、おさむとレンタカーで阿蘇へ向かいます。
これは、途中で寄った鍋ヶ滝。
ここが意外によかった〜〜。
 

PA252636.jpg 

滝を裏側に回ってみたところ。

 PA252628.jpg

 

PA252639.jpg


それから、今年3月から阿蘇に暮らしているよしこちゃんと再会し
よしこちゃんの彼と初対面で、4人でランチしました。

ここ阿蘇での地震が起こったのが、よしこちゃんが神奈川から
引っ越してきた後2週間後の4月。
家が全壊して、被災して、避難所生活を送り
その後、阿蘇神社のすぐ隣の家に引越し。
そして、ボランティアの場でこの彼と出会い、すぐにつきあい初めて
二人で今の家に引っ越してきたのが1ヶ月前。
この怒濤の半年を思うと、ほんとすごいな〜と胸が熱くなります。
でも、その地震のおかげ?というべきか、この地で二人で
運命的に出会ったのだから、やっぱり彼女がこの時期に
阿蘇に移住してきたのも必然だったのだなあと。

それから、よしこちゃんの紹介で、今回、おさむが奉納演奏をすることになった
阿蘇神社へ。
阿蘇神社は、二度目の地震で、楼門、拝殿ともに倒壊してしまったとのこと。

その後、約2週間で建てられたという借拝殿にて
宮司さんがきちんと儀式を執り行ってくれて
その後、おさむが奉納演奏を行いました。

PA262646.jpg 


いつものように、クリスタルボール、ゴング、惑星音叉、ティングシャ、カシシ
ネイティブアメリカンフルート、ギターなどを使った即興演奏でしたが
この神前での奉納演奏としても全く違和感がなく
音が響いていて、演奏が始まってすぐに場のエネルギーが変わるのが
感じられました。
最初は、一体、どんな演奏が始まるのだろう、という感じだった宮司さんも
終わった後、演奏をとても気に入ってくれたようで
それぞれの楽器や由来をいろいろ質問されていました。
凛としたエネルギーの目力のある宮司さんで
それでいて、とても気さくな方だったので、本当によかったです。

その後、宮司さんが、私たち4人を全壊した阿蘇神社を案内して
説明してくださいました。
この日まで、ビニールシートがかけられていて
外から見られなかったそうなのですが、たまたまこの日から
計測が始まるため、ビニールシートがはがされたのだそう。
最後のお姿を拝見できてよかった。

PA262653 (1).jpg


この日は、よしこちゃんのところに泊まり
おいしいお酒や料理を頂いて、夜中まで語りました。
(おさむはすぐに酔っぱらって、寝てしまったけどね)

次の日。
南阿蘇のギャラリーで、おさむのサウンドヒーリングが行われました。
東京や知多半島で行われたサウンドヒーリングより
人数は半分ぐらいですが
鹿児島からやってきてくださった方もいました。
それぞれ今回の熊本地震での想いや経験などを語ってくれたのですが
それを聞きながら、もともと私も熊本生まれだし
何か言葉にはできない想いが溢れてきていました。

PA272662.jpg 


それからよしこちゃんと別れて
この日は、おさむと二人で南阿蘇の旅館、別邸 蘇庵へ。
一棟ごとに分かれていて、私たちの部屋は、一階は半露天風呂と純和室
二階は、寝室と阿蘇を一望できるラナイがある広いお部屋でよかったです。

PA272677.jpg PA272674.jpg


南阿蘇は、メイン道路の橋が壊れていて、通行できないとのことで
そのため、観光客がかなり減っているそう。
この日、広い旅館に滞在しているのは、私たち二人だけで
旅館の方から、至れり尽くせりでサービスしてくださいました。
この美しい南阿蘇に、また再び、活気が戻る日が
早く訪れますように。

次の日は、あいにくの雨だったので
雑貨屋や店めぐりをしました。
阿蘇神社の周りの家や店には、たくさんのわき水が出ていました。
アンティーク屋さんやおいしそうなお店さんが並んでいて
小雨の中、ぶらぶら歩くだけで、楽しかったです。

    
PA272685.jpg

 
これは元女学校だった場所に、去年オープンしたインテリアショップ。
お店の方と話したら、ボストンでステンドグラスを学ばれていて
福島の震災から、日本に戻って来られたのだそう。

PA272687.jpg

PA272689.jpg  PA272688.jpg

 

帰りは、たまたま見つけた、山の上にある豆腐料理の店
花唐符(はなとうふ)でランチ。
木造りのナチュラルな店内に雰囲気のある和食器や
自然食材などを販売されていたので
コーヒーカップやお皿や佃煮などを購入しました。
おからコロッケなど、食事もおいしかった〜。
まさに私が阿蘇に求めていたお店ハート(手書き)

福岡に戻った次の日は、日本滞在最後の日。
最後に父のお見舞いに行き、それから母と天神でランチした後
夜もまた乾杯しました。
今回、実家では、毎晩、母のおいしい手料理を酒のつまみに
よく飲みました。

結局、今回、福岡に滞在している間、入院している父のところへは
訪れたのは2回だけでしたが
食欲があって、思ったよりも元気そうでした。
母の話では、毎日、病院で飲まされている薬の副作用で、記憶が曖昧になっていて

トンでもないことを言い出すそうですが
私がいた時には「仕事は順調か?』とか
「おさむちゃんは元気?』などと私に質問をして
ちゃんとわかっているようでした。
でも、時々、自分がどこにいるのかわからなくなるようで
「ここも住み心地がいいよ」とか
「今日は温泉に行こうかな」などと言うのが
おかしいのと同時に、何だかちょっとほっとしました。
記憶が曖昧になる、というのは、人によっては
けして不幸なことではないなあと。

最後に「また来年来るからね」と言ったら、父が
「来年、来た時には、俺はまだ生きているだろうな」
とポツリと言ったのが、心に残りました。

「また来る時まで生きていてね」

昨日の夕方、ニューヨークのJFK空港に降り立った途端
少し肌寒いけれど、クリアな青空が広がっていました。
おさむが
「ニューヨークに着いた途端、ほっとするね」
と言っていましたが、確かにもう長い間、馴染んでいるから
というのがあるけど
このニューヨークのすっきりした空気感と
清々しいエネルギーが好きだな〜と。

ということで、日本でのストーリーの続きはまた〜。


 







最終更新日  2016年11月01日 21時57分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月23日
カテゴリ:日本の旅
さて、今回、知多半島を訪れたのは
この冬、ハワイで出会ったゆうきちゃんとはるまくんのご縁です。
ハワイのマカハで一緒に過ごした1ヶ月間、そして、その後のハワイ島で過ごした数日間も
本当にこの二人とは深いご縁を感じていたし、二人の話を聞いて
ぜひ知多半島のエコな暮らしを見てみたいなあと
今回、彼らの家に2泊させてもらうことになりました。

名古屋から電車でさらに1時間。
二人は、内海という駅に迎えにきてくれました。

そして、ここが二人が改造した森の中のエコハウス。

IMG_0480.jpg

電気は太陽パネルで、お風呂は薪で炊き
水は雨水を貯めて、浄化して使っています。

IMG_0460.JPG

IMG_0475.JPG


トイレはコンポストトイレ。
ハワイ島のけいこさんのところは、トイレの中で電気がつかなかったので
夜は怖くて入れなかったのだけど、ここは電気もつきます。

IMG_0458.jpg

ここは私とおさむが泊まったログハウス。
小さいけれど、朝起きると、ガラス張りの部屋から木々が見えて
とても心地よかったです。

IMG_0477.jpg

さて、それから二人が、いつも行っている場所に案内してもらいました。
ここは二人が、仲間たちとみんなでやっている田んぼ。通称、イモタン。
のどかで温かなエネルギー。
今はまだ苗床を作っていて、6月に田植えなのだそう。

IMG_0485.JPG

この田んぼの裏は、また雰囲気が変わって、森が広がっています。

IMG_0503.JPG

ここは、二人と仲間たちが建てたツリーハウス。
上まで上ってみましたが、けっこう広くて
ここで宴会したら楽しそう〜という感じでした。

IMG_0497.jpg

それから、知多半島のビーチに行った後
二人が以前住んでいた森へ。
この近くに、二人がみかんの収穫を任されている森があり
自然の夏みかんがたくさん実っていました。

IMG_0512.JPG

IMG_0519.jpg

森の中を歩いているだけで、エネルギーチャージされます。

IMG_0524.jpg


この日、夕方からは、はるまくん、ゆうきちゃんの仲間たちが集まってくれて
私たちの歓迎会を開いてくれました。
はるまくんのお兄さんやその奥さんや子供
そして、二人の親しい友人たちが何人も来てくださり
みんな私とおさむを古い友人のように歓迎してくれて、
ほんとうれしかったな〜。
子供たちもほんと昔の子供のような素朴さ。
お料理もどれも自然なもので作られたものばかりで、おいしかったです。
素敵な古民家の家で、家の持ち主チャボも
自給自足の生活をして、自分たちで何でも作っているのだそう。
家の中は、手作りのランプや家具があって、とても素敵。

IMG_0532.JPG

こうして写真で見ると、とっても昭和な雰囲気♪

DSC09899.JPG

ゆうきちゃんとはるまくんが深くつながっている仲間たちは
みんなやさしいエネルギーの人たちばかりでした。
はるまくんとゆうきちゃんが、いかにみんなに愛されているかもよくわかったし
そして、二人がいかにみんなを大切に想っているかもよくわかって
こういった仲間たちとつながりながら、エコライフを送っているのは素敵だなあと。
もちろん、大変なことも多いでしょうが
支え合い、いろんなことをシェアできる仲間がいるというのは
天の祝福ですね。

チャボの作ったどぶろくが、また上手い〜〜ダブルハート
私は調子に乗って飲んでいて、いつのまにか大酔っぱらい。
しゃべりまくって、大フィーバーしてしまいましたあっかんべー
(途中で記憶を失いましたがほえー

そして、次の日の朝は、二日酔いというのか、朝からふらふらして起きれず。
昼頃になって、ようやく起きて、二人の友人が最近開いたばかりという
マクロビレストラン「雨風食道」へ。
メインストリートに何の看板もないので
通りがかりの人が入っているくるような感じではなく
知る人ぞ知る、古民家を改造して作った、素敵なレストランでした。

IMG_0540.jpg IMG_0533.jpg


それから、南知多の方を回ります。
ここは知多半島の最南端。

IMG_0546.JPG

IMG_0544.JPG

浜辺に漂っていたくらげ。
(くらげ好きなのよ)

IMG_0550.jpg

この近くの魚市場で魚介類をいろいろ買ってから
夜は豪華な海鮮バーベキューでした。

こうして、2泊3日の知多半島の旅は、あっという間に終わりました。
エコライフと一言で言っても、それぞれみんな取り組み方は違っていいわけですし
その中で、共鳴し、サポートし合ってつながってゆくというか
はるまくんとゆうきちゃん、そしてその仲間たちとの出会いは
古い時代の日本にあったような素朴で自然な暮らしも感じられたし
一方で、新たな時代のエコライフの方向性も感じられて、よかったです。
そして、これからさらにそれぞれが変化しつつ
また新たなコミュニティをクリエイトしてゆくのだろうなあと。
帰り際に、はるまくんが「知多半島にも帰る家ができたと思って、いつでもまた来てください」
と言ってくれましたが
またいつかここに戻ってきたいな〜。

そして、今日のお昼にははるまくん、ゆうきちゃんの二人と別れて
名古屋から東京入りしました。
私の30年以上前からのの古い友人二人がホテルに来てくれて
久々の再会。
近況報告や懐かしい話をして、あっという間に時間が過ぎてゆきました。
リーさんが私は恩人みたいな友人が多い、と言ってくれましたが
この二人も、何年ぶりに会っても、変わらず暖かく迎えてくれる友人たちです。


そして、二人と別れた後は、入れ替わりで
ハワイのリトリートにも来てくれたよしこちゃんが
おさむにマッサージベッドを貸してくれるので、再会。
あ〜彼女のピュアなエネルギーにいつも癒されます♪

今日一日だけでいろんな友人に出会いましたが、
本当にみんな愛がある人たちばかり。
新たなご縁もあり、そして古くから続いているご縁もあり。
つくづく人に恵まれているなあと。

出会ってくれて、つながってくれて、ありがとう〜〜どきどきハート






最終更新日  2015年05月26日 01時07分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月20日
カテゴリ:日本の旅
さて、5時すぎにあんでるせんを出た後、佐賀の蟹御殿という温泉旅館へ向かいました。
あんでるせんからは、約1時間かかりましたが
とても満足の旅館でした。
私たちが泊まったのは、離れのアジアンスィートというお部屋で
リビングの外には露天風呂がついていて、内風呂もありとてもきれい。

IMG_0375.JPG

IMG_0372.JPG

食事は本館で頂きますが、個室になっていて
私たちのお部屋は有明海の雲仙岳が見えるところでした。

IMG_0377.jpg

露天風呂つきのお部屋でなくても、貸し切りの露天風呂も
何種類かあったので、その中の一つ岩風呂に行ってみました。
小さいながらも海を見ながら、気持ちよかった〜♪

IMG_0381.jpg

食事もとてもおいしかったです。
蟹御殿だけあって、蟹づくしのコースですが
コースの半分ぐらいで、ギブアップしそうな量でした。

次の日の朝食もおいしく、のんびり、露天風呂に入ってから出発。
おさむと温泉に来るのは、今回が初めてでしたが
やっぱり日本の温泉は最高ですね。

それから向かったのは、佐賀の武雄神社にある武雄の大楠。
まずは、神社にお参りした後、竹林を歩いてゆきます。

IMG_0402.jpg

そして、これが大楠。
樹齢3000年の大樹で、中の空洞は畳12畳の広さだそう。
まさにご神木にふさわしく、神聖な気が辺り一面に漂っています。

IMG_0411.jpg


それから、さらに車で40分ほどの唐津方面の「見帰りの滝」
ここは、あじさいの名所なのだそうで、残念ながらまだ咲いていませんでしたが
咲いたら、きっとさらに美しいでしょう。

IMG_0448.jpg

IMG_0437.jpg

IMG_0432.JPG


帰りは唐津でおみやげを買った後
糸島に寄って、雑貨屋さん「糸島くらしXここのき』へ。
私は、多肉植物と苔(モス)が大好きなのですが
ここで、とってもかわいい多肉植物を見つけてしまったので
ニューヨークまで持って帰るのは大変と思いつつ購入。
糸島は今、他にもたくさん素敵な雑貨屋さんがあるそうで
またいつかぜひ行きたいです。


さて、先日は福岡のイエスカで、ゆみちゃんの
クレイセラピーのクラスを受けてきました。
前回、書き忘れましたが、イエスカは、薬院にあるショップで
小さい店内には、所狭しとヒーリング’グッズや身体にいいものや
スピリチュアルなものが置かれてあります。
こちらが、イエスカのHP。
http://www.ieska.co.jp

クレイは、フランスのアロマフランスというメーカーが出しているもので
美容効果だけでなく、内臓やリンパのケアや
身体のデトックスにもいいとのこと。
クラスを受けながら、ゆみちゃんに1時間ぐらい、背中と腰のパックをやってもらったのですが
終わった後、しばらくふらふらになりました。
かなりのデトックス効果です。
5色のクレイがあって、それぞれの効能や使い方を教わりました。
調べてみると、アメリカではアロマフランスのクレイを購入できないようなので
5色、全部買ってニューヨークに帰りたいところでしたが、一つが1kgもあるので
3つだけ購入。
顔を洗うのさえ面倒くさくてやらかった私なので、果たして
クレイパックなんて面倒なことをやるかしら?と最初は思っていたのですが
パックとして使うだけでなく、洗顔としても使えたり
お風呂に入る前にさっと塗って、入ったり、気軽な使い方もできるそうなので
私でも使えそうです。

ゆみちゃんはクレイセラピーのクラスを定期的に行っているので
興味のある方はぜひ。
彼女はIHキネシオロジーのセッションもできますので
IHのセッションも受け入られますし
また、セッションだけでなく、イエスカにある
ヒーリングや身体によい製品の中でどれが
自分に合っているかも筋反射で選んでくれますよ♪

それからゆみちゃんお勧めの歯医者さんへ。
福岡の筑紫郡というところにある、せき歯科です。
ここは、ただ歯を治すということでなく
歯は身体のすべてとつながっているというコンセプトのもと
歯や顎と舌の位置や姿勢や呼吸との関連を
先生が詳しく説明してくれます。
歯医者に行って舌の位置とか、舌の筋力がどれぐらいあるかなどを
検査されたのは初めて。
平井先生が言われていたように、舌は口蓋に上にぴったりくっついているのが
正しい位置だそうが、舌の筋力が発達していないとできないのだそう。
せき先生に
「3歳児ぐらいの舌の筋力しかないですよ〜」と言われてしまい
舌の筋力を高めるための運動など教えてもらいました。

今回の福岡は、ゆみちゃんがあれこれアレンジしてくれて
ほとんどお任せ状態でしたが、どれもおもしろかった〜。
彼女との出会いは、2011年に
彼女が福岡からニューヨークにIHを受けにきてくれたのがきっかけ。
最初に出会ってすぐに、彼女の感性と直感力、クリエイティビティや
ヒーラーとしての資質に感動したのですが
なぜかそういう人に限って、ヒーリングの仕事をすることへの
潜在的な抵抗があり、なかなかやらなかったりするのですよね〜(>たかしくんウィンク
今回、彼女は私のIHキネシ+フィボナッチを受けてくれたのですが
これから、さらに大きく羽ばたいてゆきそうです。
(イエスカのHPで彼女が、私とのことをアップしてくれました♪)
http://www.ieska.co.jp/archives/18147

さて、イエスカに行った翌日から、私とおさむは知多半島に行き
そこで2泊3日過ごした後、今、東京行きの新幹線の中でこれをアップしています。
知多半島でのご縁のお話は、また〜。






最終更新日  2015年05月25日 18時23分14秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年05月19日
カテゴリ:日本の旅
先日は、おさむと二人で長崎、佐賀に1泊2日の小旅行をしてきました。

今回の目的は、あんでるせん。
あんでるせんのことは、NYに住んでいる私たちは、ゆみちゃんに教えてもらって
最近知ったばかりですが
私の周りで、昔からあんでるせんに行ったことがあるという方はけっこう多かったので
有名なのでしょうね。

あんでるせんは、長崎の川棚町という小さな田舎町にある喫茶店で
ここのマスターは、サイキックというか、マジックのようなショーを見せてくれます。
私たちは博多駅からレンタカーをして、1時間半で到着しました。

それが、この「あんでるせん」

IMG_0357.JPG

ここが、全国から人がやってきて、何ヶ月前から予約で一杯になるところだなんて
とても信じられない、普通なら、誰も入らないような古い寂れた喫茶店です。
「4次元パーラー」「マジックパーラー」の文字が、さらに怪しさを引き立てています。

11時開店なので、その前からだんだん人が集まってきました。
開店と同時にみんなが一斉に入り、25名ぐらいの人たちで
一気に店内は満席になりました。
定員は30名だそうですが、この日は数名のキャンセルが出たとのこと。
ところ狭しと、いろんなものが置かれてある店内。
時計の文字盤が逆になっていて、針も逆回りになっています。
壁に張られているのは、ここに来た有名人の写真。

IMG_0358.JPG

おばさん(これも不思議な感じの方です。マスターの奥さんだそう)が
みんなの席を割り当てた後、
一人で、この25名の注文を取ります。
ここは、ショーのお金は取らないのですが、一人800円以上の注文が必要なのです。
だいたいカレーやハンバーグやサンドイッチなど、昔の喫茶店の定番メニューはあります。
私たちは、母が作ってくれたお弁当を食べたばかりだったので
(ここの料理の評判があまりよくなかったこともあり)
メニューにあったケーキと飲み物を頼もうとすると、
この日はケーキは一つもないとのこと。
でも800円分は頼まなければならないので、私は飲み物を二つ分注文しました。

そして、25名分のオーダーが、できあがった順で、運ばれてきます。
(テーブルごとではないので、二人で来ていても一人分だけ出てきたりします)
どうやらマスターが一人で作っているらしく
私の飲み物がようやくやってきたのが2時間後ぐらい。
そして、すべての人が食べ終わって、会計が終わったのが2時近く。
11時に店に入って、2時まで、約3時間を
ただひたすら待って過ごさなければなりませんから
みんな、それぞれ雑誌を読んだり、携帯を見たり、ボケーとしたりして
まったりと過ごしていましたが、この空間、何とも不思議です。

食事を出さないで、ショーのお金だけ取って、すぐにショーが始めたら
時間の無駄もないし、お客も特に食べたくないものを頼む必要もないので
お客にとっても、マスターにとっても楽でいいのに
と普通なら考えると思うのですが、ショーとしてお金を取りたくないという
マスターの意向なのか、このシステム、何とも効率が悪い。
そこがまたここが不思議な場所になっている要因でもあるのでしょうが。
聞くところによると、マスターはテレビの取材なども一切お断りしているそう。

さて、2時になって、このカウンターの周りの5席だけ座ることができて
それ以外の人たちは、みんな立ち見です。
予約した順番に並んでいき、後ろの列の人たちは、椅子の上に立ちます。
これもどうして、みんなが座って見れるようにしないのか
よくわからないのですが、みんなで立ち見で見ているのも
演出の一つなのか、何ともレトロな感じで、妙な盛り上がり感があります。

そして、ようやくマスターの登場です。
ここからは写真撮影禁止。
マスターは、息もつかせず、次々とマジック、というか、超能力を見せてゆきます。
いや、話には聞いていましたが、とにかくすごすぎ〜。
この狭いカウンターの上で、様々なマジックならぬ
サイキックショーが繰り広げられてゆきます。

IMG_0367.jpg

スプーン曲げは、今時、誰も驚かないでしょうが
このマスターの場合は、全くスプーンに手に触れず
お客が持っているスプーンに息を吹きかけて、曲げてゆきます。
お客の手の中で、スプーンが「勝手に」曲がってゆくのです。
スプーンだけでなく、くぎでも、そして、ガラスでも
曲げたり、潰したりしてゆきます。
小さな頃からこんな遊びばっかりやっていた、と言われていましたが
ガラスのビンが、ぺっちゃんこになるのです。
そのスプーンやくぎをお客も触ってみますが、ごく普通の堅いものです。

また、一万円札や千円札が、マスターの指の上で空中で立ちます。
お札が立つというのは、初めてみましたが
すぐ間近で見ていても、糸や何かがあるわけではないことは確かです。
そして、お札が立つだけではなく、お札が空中で生き物のように自自由在に動くし
空中に浮くのです。

そして、恐ろしいほどの記憶力。
お客がランダムに切った52枚のトランプを並べて
ざっと見ただけで、一瞬ですべての順番を覚えてゆきます。
右脳開発の七田真さんがここに来られたそうで、彼の写真もありましたが
いわゆる、右脳の訓練でやるように、絵やイメージで覚えるやり方なので
一瞬見ただけで、覚えてしまうとのことですが
すごいのは、覚えたものを順番に言って当てていくわけではなく、お客が何番目のカード、と言うと
すぐに「ハートの5」などと、覚えたカードを記憶の中から出してくるところです。

お客に適当に崩してもらったルービックキューブも、一目で、あと何手で色が揃うかと当てて
さらにすごいのは、ルービックキューブを全く見ないで
目を閉じて、頭の上でかちゃかちゃまわして、揃えてしまうのです。
ルービックキューブの世界記録は8秒とのことですが
その8秒でやすやすと揃えた後、今度は
「本気出してもいい?」と言いながら、1秒に挑戦します。
1秒でそろえるのは、正統なやり方では絶対に無理なので
時空を変える、と言われていましたが、本当にたった1秒の間に
一瞬で揃えてしまいました。
しかも、すごいのは、普通は崩れたものを元に戻しますが
マスターの場合、二つのルービックキューブを用意し、一つはお客が適当に崩してもらって
もう一つの揃っているルービックキューブの方を回して
お客が崩したルービックキューブと全く同じ配置に一瞬で変えてしまうのです。
あり得ない〜。

そして何よりもすごいのは、相手の頭の中を読み取る力と予知能力。
お客の職業を当てたり、若い女性の方では、その人の彼の名前を当てたり(漢字まで)
誕生日を当てたり、またそのお客が悩んでいることまでも当てます。
お一人、ランダムに当たった女性の悩みに関してマスターは
「旦那さんが、俳優なんだね。あなたの悩みは旦那さんの仕事がこれから
上手くいくか、ってことでしょう?」
と当てた後「周りにどう見れれるか?認めてもらおうとせずに
ただ自分の演劇をやっていきなさい」とアドバイスされていました。

私も1回、くじが当たったので、簡単な予知をやらされましたが
蓋の中を(私の思いつきで)適当に言うと、マスターが蓋をあけると
それが入っていました。

例えば、ある参加者の女性が、6人の男性の写真を見て
好きな順番(嫌いな順番でもいい)に頭で浮かんだ番号を
誰にも見えないように紙に書いてゆくのですが
マスターはその彼女が適当につけた順番を当てるだけでなく
予知として、その日の朝にすでに紙に書いているわけです。
誰が当たるかは、その時々にお客がくじを選んで選ばれるので
全くわかりませんし、その人が、その瞬間、適当に順番をつけたのを
事前に予知しているのです。
そして、何よりもすごかったのは
くじで当たったお客が、紙に好きな絵を書いたのですが
マスターは、お客が描く絵を予知して、事前にその日の朝に紙に
全く同じ絵を描いていました。

マスター曰く「あまりこういうことやると、引かれてしまうんだよね」と言われていましたが
実際、マスターがお客の中で、一人の若い女性の考えたことを当てた時に
「気持ち悪い〜」と彼女は思わず声が出ていました。
サイキック的なものを信じないような方にとっては
理解できないことは、気持ち悪いことに
なってしまうのですね。
それだからか、いかにも種があります、みたいなマジックも取り入れつつ
普通の人もマジックとして楽しめるように
マジシャンのセロのようなマジックもありました。

マスターは様々なギャグを飛ばしつつ
サイキックショーだけでなく、人生哲学みたいなお話を
いろいろしてくれますが、それもまたおもしろい。
実は、私はショーを見ながら、マスターのチャクラは、どのぐらい開いているのかしら?と
つい好奇心が湧いて
普通はそんなことはやらないのですが
ちょっとだけ遠隔でマスターのエネルギーにアクセスしてみたのですが
第6チャクラは異常というレベルで開いていて
ハートチャクラもかなり全開状態で
第1チャクラも安定して、グラウンディングしていました。
でも、第6チャクラが異常に開いているためか
全体としては、何か落ち着かない感じがあって
ほんと宇宙人みたいです。

3時間息をつく暇もなく、楽しませてくれました。
それにしても、3時間立ちっぱなしで見るのも疲れますが
マスターもこれを1日2回、やっているのだそうですごい集中力。
これはショーとしてではないですが、店内に折り紙で折られた動物や様々なものが置かれてあって
それが、全部マスターが折ったそうで、それらもすごいのです。
とても複雑な形でも、はさみを使わず、一枚の紙で折るのだそうで
微分積分を使って図面を引き、それで折ってゆくのだそうで
「これは像のしっぽを折るための、図面」などと言ってみせてくれました。
一体どんな脳の作りになっているんだか。
人は能力が開発されれば、ここまでできるのか~と。

最後に希望者はマスターがぐちゃっと曲げたスプーンやフォークを
300円で購入できます。
購入する人には、マスターは、一人一人にスプーンにサインを書いてくれて
そして『エネルギーを入れときますね〜」とか
『疲れを取っておきますね〜」などといいながら
マスターが一人一人頭に手をかざしてくれます。
すると、じゅっという電気が走る音がして、頭がびりびりとしびれるのです。
見ていなければ、何か特殊な機械を使っているんじゃないかと思いますが
マスターが何も使っていないで、手を当てているのは
誰もがはっきりと見えるので、疑いようがありません。

行ったことがない方は、ぜひ一度、あんでるせんに行ってみて、体験してみてくださいね。
できればカウンター席がいいですが
カウンター席は予約が数ヶ月先まで埋まっているのだそう。
他の席だったら、当日のキャンセルなど入ることがあるそうなので
上手くすると当日などに連絡しても入れることもあるそうです。
(電話予約のみだそう)






最終更新日  2015年05月22日 06時49分47秒
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.