2147083 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

楽天プロフィール

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ Yoichiroさん コメント残してくださって、ありがとうご…
Yoichiro@ Re:キネシオロジーの感想から  シリウスと女性性(08/12) シリウスが強く出てしまっているいまの私…
norico1@ Akikoさん そうなんです、そうなんです! 宇宙人云々…
norico1@ あやこさん はい、それが1番のテーマですね! どこか…
Akiko@ Re:最近のセッションのあれこれ(08/07) norico1さんへ セロトニンの他には有害物…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全9件 (9件中 1-9件目)

1

スペイン

2014年09月25日
XML
カテゴリ:スペイン
 
スペイン9日目。

前日の夜からバルセルナに3泊したのですが
今回は2日分まとめてアップします〜。

今回のバルセルナはホテルではなくアパートメントでした。
グラナダでの宿泊も、アパートメントタイプだったのですが
普通のビルディングをホテルとして使っているだけで
一般のホテルと同じく、~~ホテルという表示もあり
1階には受付もありましたが
ここは、一般の人たちが澄んでいるアパートの一室を
オーナーが貸し出しているというものでした。
Booking comでは、そのあたりの違いがよくわからず
到着した日の夜は、管理の人が来るのを待っていなければならなかったり
けっこう面倒でした。
部屋は2ベッドルームで6人まで泊まれるので
広くてきれいでしたが、内装はごく普通のアパートという感じです。
料金は前回、バルセロナで泊まった4つ星のホテルよりも高いので
これなら普通のホテルの方がよかったかもですが
バルセロナに住んでる気分にはなれました。

DSC_0291.JPG

そうそう、グラナダで日本人ギタリストの人と広場で出会い
少し話をしたのですが、彼曰く
「バルセロナが東京なら、グラナダは鳥取ぐらい物価が違いますよ」
とのことでした。
ちなみに、その方はフラメンコのギター修行にグラナダに住まわれているそう。
とても親切にいろいろ教えてくれました。

さて、この日の朝はお昼近くになって、ゆっくり起きてから
近くのフレンチ風のカフェへランチに行きました。
カフェと言っても、ちゃんとしたレストランで
サービスもよく料理も凝っています。
前菜のキッシュとメインのたらとポテトのグラタン。

CSC_0308.jpg CSC_0305.jpg

それから、タクシーでミロ美術館へ、
ミロは昔、たくさんの作品を見ていたせいなのか
それほどの感動はなかったのですが
のんびり見て回ることができました。

それから再び、タクシーで戻り
夕方、ネットで見つけたバル、Ciudad Condal に出かけます。
カウンターに魚介やピンチョスや様々なタパスが並んでいます。

DSC_0412.JPG

DSC_0314.JPG

テーブル席もあるのですが、ちょうどカウンター席が空いたので
カウンター席に座り、オーダーすると
貝や魚などはそれから調理してくれます。
私たちは、イカのグリルや、マテ貝
ししとうのようなピミエント パドロンという野菜
いわしの酢漬けやフライなど頼みましたが、どれも新鮮でおいしい。

CSC_0357.jpg DSC_0318.jpg

CSC_0356.jpg DSC_0414.jpg

特にマテ貝を焼いたのは、とてもジューシーで味付けもよくて
普段、貝はあまり食べない私ですが
これを食べたくて、次の日もまたこの店に来てしまったほど。

この日のバルセロナはメルセ祭りという大きな祭りの日で
その一環として、カテドラルの前に特設ステージができていて
リセウオーケストラの演奏が始まっていました。
身動きが取れないほど、たくさんの人が集まっています。

DSC_0344.JPG

この日の夜はカタルーニャ音楽堂で、フラメンコ&オペラのチケットを取っていたので
オーケストラは30分だけ聴いて、それから音楽堂へ。
ここはNYで言えば、カーネギーホールという感じかしら。
建築家モンタネールの作品です。

DSC_0346.JPG

DSC_0349.JPG

音楽は、男女のオペラ歌手、男女のフラメンコ歌手
チェロ、バイオリン、ギター、カホン、フラメンコダンサー3人という組み合わせ。
意外にも音響が悪くて、ボーカルとギターだけ、などの時はいいのですが
グループで音を鳴らすと、音がダマになってクリアに聴こえてこない。
トマティートの時は、とても音響がよく、すべてがクリアに聴こえていたので
この差は歴然でした。
アレンジも今ひとつで、みんなが一斉にソロを取っているかのような
よくわからない感じ。
オペラのカルメンの『ハバネラ』を、最初オペラ歌手に合わせてクラシックで演奏して
次にフラメンコ歌手に合わせて、フラメンコで演奏するなど
試みとしてはおもしろかったし
フラメンコの踊り自体は素晴らしかったのですが。
全体としては、今一つでした。
トマティートを見た後なので、そう感じてしまったのかもしれませんが。
でも会場はとても盛り上がっていたので、人気のショーなのでしょうね。

DSC_0367.JPG

そして、スペイン10日目、最終日。

この日は朝、早起きして、タクシーでガウディのグエル公園へ。
去年から入場料を徴収するようになったとのことで
事前にネットで予約して行きましたが、私たちが着いた時には
誰もいなかったので、特に予約する必要はなかったです。

入り口のメルヘンの建物。

DSC_0373.JPG

DSC_0400.JPG

有名なトカゲ(イグアナ?もしかしてカメレオン?)
スペインのあちこちで、このトカゲの置物がおみやげに売られていました。

DSC_0372.jpg

すべて斜めになっている柱。
この中を歩いていると、私の身体まで斜めになりそうです。

DSC_0385.JPG

上からの眺め。
タイルの模様が全部違っています。

DSC_0377.JPG

DSC_0376.jpg DSC_0406.jpg

DSC_0379.JPG

有料エリアだけでなく、無料エリアも広い。
予想に反して、ここは観光で写真をバチバチ撮るというよりも
半日ぐらい本でも読みながらのんびり過ごすような公園だなあと。

DSC_0407.JPG

タクシーで戻り、ランチした後はアイシャンブラ地区でショピング。
いつも旅先で洋服を見たりしないのですが
(試着したりする時間がおしいので)
この日は時間もあったので、洋服や雑貨店を見て回ります。
ある小さな服屋さんに、他には見ないとても素敵な
オリジナルプリントの服やバッグがあって
おさむがバッグとシャツを買ってくれましたハート(手書き)

それから、前日のバルに再び行って、軽く飲んで食べた後
ボルン地区をぶらぶら。
古い建物や石畳の道に、新しいカフェやお店が混在していて
ほんと歩いていて楽しい。

DSC_0421.jpg DSC_0431.jpg

DSC_0426.jpg DSC_0423.jpg

路地でトリオが演奏していました。
ちょうどスティングの「SHape of my Heart」を演奏し始めて
この場所の雰囲気と溶け込んで
あまりにも美しくて泣けてきそうでした。

DSC_048.JPG

ここは、1851年から創業という乾物屋さん。
店内を見ていたら、ここの店員さんにペラペラの日本語で話しかけらました。
日本に11回も行ったことがあるのだそう。
この古い機械で、毎日様々なナッツを挽くんだよ
と説明してくれました。
ここで挽き立てのアーモンドや、オリーブオイルやチョコレートなどを買いました。

DSC_0435.jpg DSC_0438.jpg

それからボルン地区のバルへ。
ここで食べたフェデウアというパエリアのパスタ版という感じの
イカスミのパスタが印象深かったです。

こうして、バルセロナの2日間は過ぎてゆきました。
10日間のスペインの旅は、あっという間でしたが
充実していたし、それでいてのんびりできたし楽しかった〜。
(パワースポットもあったし♪)
音楽もアートもいろんな意味で刺激を受けました。
(食事も。早速、家でいくつかタパスを作って頂きました)

ということで、先日、わが町、ニューヨークのブルックリンに戻ってきて
また新たな日々のスタートです。
(やっぱり家にいるのもいいね〜♪)

旅日記、駆け足で綴ってきましたが、おつきあいくださってありがとう〜♪






最終更新日  2014年09月30日 10時34分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月23日
カテゴリ:スペイン

スペイン8日目。

前日からグラナダに宿泊した私たちは
この日の夕方の便でバルセロナに戻ることになっていたので
この日の朝がアルハンブラ宮殿を見る最後のチャンスでした。
でも、数日前にチケット予約のサイトにアクセスしてみたら
既にこの日は完売。
旅行会社が持っている特別枠や
ツアーのチケットも完売とのこと。
こんなにアルハンブラ宮殿って人気の場所だったのね〜と感心しつつ
グラアダに来て、アルハンブラを見ないで帰るのも何だけど
もう充分他のところを楽しんだからいいねと
半ばあきらめていました。

と、ネットで調べたら、当日券を確実に購入する方法があったので
朝7時に、タクシーでアルハンブラ宮殿へ。
8時から当日券の販売がスタートですが、既にチケット売り場は、長蛇の列です。
その列には並ばず、そこから先に歩いて行くと
自動販売機の前に10人ほどが並んでいます。
ネットに書かれてあった方法というのは
この自動販売機は、クレジットカードでの購入のためのもので
その存在をみんな知らないので、並ぶ人が少ないとのこと。
確かに、もし私たちが何も知らないでアルハンブラに着いたら
入り口近くのチケットオフィスにみんなが並んでいるのを見て、そこに並んだだろうなあと。
なぜわかりやすく明記していないかは謎ですが
ともかく、8時の販売開始と同時にチケットを購入できて
すぐに宮殿内に入場することができました。

まずは、美しく手入れされた庭園。
その当時はどんな植物が植えられていたのかしら。
噴水や水路などの作りから、当時の華やかさを思わせます。

DSC_0037.JPG

DSC_0057.JPG

噴水や水路は、庭園だけでなく、宮殿内のあちこちに張り巡らされていました。
当時、この高台まで水を行き渡らせる技術というのは
特別だったそう。

DSC_0042.jpg DSC_0076.JPG

DSC_0060.JPG

DSC_0065.JPG

それから要塞のアルカサルへ。
青空に映える城塞。

DSC_0095.JPG

塔に上る階段の窓から。

DSC_0118.jpg DSC_0120.jpg

ベラの塔の鐘。

DSC_0121.jpg

塔の上からのグラナダの街。

DSC_0099.JPG

DSC_0128.jpg

ワインの門。

DSC_0094.jpg

カルロス5世の宮殿。

DSC_0089.JPG

DSC_0131.JPG

この中のミュージアムで、小さな日本展が開かれていて
フィルムが上映されていたので見てみると
1965年のオノヨーコの作品でした。

DSC_0138.JPG

それから、ナスル宮殿へ。
ナスル宮殿は、入場制限があり、入場時間が’決まっていて
私たちは10時30分から入ります。

花や星や幾何学模様の美しいタイルの壁。

DSC_0171.jpg DSC_0159.jpg

DSC_0172.jpg DSC_0199.jpg

DSC_0158.JPG

星や宇宙をイメージしたという天井。

DSC_0202.jpg DSC_0224.JPG

DSC_0175.JPG

精巧に細工された壁や柱。

DSC_0070.jpg DSC_0214.jpg

DSC_0213.jpg DSC_0173.jpg

DSC_0176.JPG

DSC_0167.JPG

アラヤネスの中庭。

DSC_0177.jpg

ライオンの中庭。

DSC_0198.JPG

DSC_0191.JPG

DSC_0205.jpg

ここに入ったら一瞬、別世界のような感覚。

DSC_0181.jpg

周りに観光客は多いのだけど
ここで水の音を聴いていると静寂を感じます。
この水の流れは、長い時を経て、今も変わらないものであるかのよう。

DSC_0210.jpg

予想していた以上にアルハンブラ宮殿は美しくて感動でした。
見学することができて、ほんとよかった〜。

8時20分に入り、出たのは11時すぎ。
急いでタクシーでホテルに戻り、チェックアウトします。
一旦、荷物を車のトランクに入れた後、ランチにレストランへ。
それから、カテドラル周辺をぶらぶらと散策。
ストリートで売られているお茶の香りがいい〜。

DSC_0262.jpg DSC_0275.jpg

DSC_0243.jpg DSC_0280.jpg

カテドラル。

DSC_0248.jpg

中は白い柱、黄金の装飾、天井のステンドガラスなど
荘厳な雰囲気でした。

DSC_0249.jpg

DSC_0253.jpg

カテドラルを出て、たまたま私たちが休んでいた広場で
一人のおじさんがフラメンコを弾き始めました。
と、何気に上手い〜♪

CSC_0289.jpg

おさむが近寄って話をすると
パコデルシアなどとも深い交流がある人だそうで
腱鞘炎か何かで指をだめにして
もう舞台には出れないので、ここで弾いているそうですが
それでも、とても上手いし音に深みがあります。
おじさんと話し込むおさむ。

CSC_0268.JPG

スペインは音楽、特にギターののレベル高い〜。
まさにギターの王国ですね。

こうして私たちはグラナダで素敵な時間を過ごした後
夜の便でバルセロナに向かいました。

DSC_0228.JPG






最終更新日  2014年09月28日 02時29分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月22日
カテゴリ:スペイン

スペイン7日目。

前日、フリヒリアナの山の上のラブリーなホテルを満喫した私たちは
この日は、午前中にホテルをチェックアウトして
そこから車で山を下り、フリヒリアナの街に向かいます。
びっしりと縦列駐車しているストリートに
何とか一台駐車するスペースを見つけて車を停め
そこから歩いて街を回ります。

この日は快晴。
フリヒリアナは、とても素敵な白い街でした。

DSC_0976.JPG

DSC_0933.jpg DSC_0998.jpg

DSC_1016.jpg DSC_1018.jpg

観光客はメインストリートにはたくさんいますが、ミハスよりも少なくて
街がざわざわしておらず、ゆったりと時間が流れている感じです。
狭い通りに入れば、誰も歩いていなくてとても静か。

DSC_0964.JPG

DSC_0949.jpg DSC_0989.jpg

DSC_0999.JPG

街のあちこちでギターを弾いている人がいました。
白い街の風景にギターの音色がとけ込んでゆきます。

DSC_1006.jpg

ブルーのドアを見るとつい撮ってしまう。

DSC_0946 2.jpg DSC_0973.jpg DSC_0956 2.jpg 

DSC_1001.jpg DSC_1013.jpg DSC_0983.jpg

DSC_1004.jpg DSC_0963.jpg DSC_1009.jpg


店の奥から聴こえてくる音楽に誘われて入ってゆくと
フリヒリアナの街を見渡せる素敵なカフェだったので
ジュースを頼んで休憩しました。

DSC_0997.jpg DSC_0996.jpg


それから、フリヒリアナを出発します。
グラナダにすぐに向かう前に
海岸沿いまで行ってみようか、ということになり
そこから車で10分のネルハに立ち寄ります。

そこはもう地中海が広がっていました。
ビーチもそれほど人がおらず、地元の人だけという感じです。

DSC_1031.JPG

DSC_1028.JPG


ビーチの端まで歩いてゆくと
反対側には、別のビーチがありました。
まさに地中海のリゾートという感じ。
エメラルドグリーンの海が美しい♪

DSC_1033.JPG

DSC_1048.JPG

しばらく潮風に吹かれて、すっかりリラックスした後
再び、グラナダに向けて出発です。
そこから車で約1時間半で到着(私は移動はひたすら寝てたけど)
今日のホテルは、先日歩いたアルバイシン地区の川沿いにあるホテル。
今回は、それほど迷うことなく、駐車場を見つけて
車を停めることができます。

ここも最初のグラナダのホテルと同じく、とても広くて
スタイリッシュなホテルでした。
ここにもウェルカムワイン。
(でも結局、毎回、外で食事をしたので、部屋で飲む暇はなかったのですが)

DSC_1065.jpg

DSC_1055.JPG

部屋からアルハンブラ宮殿が見えます。

DSC_1058.JPG


この日はおさむの44歳のバースデーです。
アルハンブラ宮殿が見えるレストランを見つけたので
ホテルのレセプションの方に電話してもらって、予約しました。
予約時間まで2時間ほどあったので
まずは、近くのバルで軽く一杯。

CSC_1072.JPG

それから、前回のように迷路のような狭い路地をくぐりぬけるようにして
アルバイシンの坂道を登ってゆきます。

DSC_1076.jpg DSC_1074.jpg

El huerto Juan Ranas というレストランで、サンニコラス広場のすぐ近くです。
8時オープンで、8時の予約だったので
私たちが店に入った時には、まだ誰もいませんでした。
私たちはテラスではなく、室内の席でしたが
窓際のテーブルで、目の前にアルハンブラ宮殿が見えたのでラッキー♪
テラスの方は、予約は1ヶ月前ぐらいでないと取れないそう。

DSC_1093.jpg DSC_1092.jpg

おさむのバースデーを祝って、乾杯ワイングラス
ライトアップされたアルハンブラがよく見えて、最高のロケーションでした。
食事もどれもおいしい。

DSC_0010.JPG

DSC_0014.jpg DSC_0011.jpg

帰りにサンニコラス広場から見た夜景。
広場のすぐ下にある門がレストランの入り口でした。

DSC_0024.JPG

DSC_0028.JPG

おさむのバースデーをここで祝うことができてよかった。
きっと忘れられないバースデーになったよね。
(私は忘れるかもだけどあっかんべー
 






最終更新日  2014年09月25日 11時59分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月21日
カテゴリ:スペイン
 
スペイン6日目。

この日、パラドールで朝食を取った後
ロンダを発って、車で1時間半のミハスに向かいます。

ミハスは、アンダルシアの白い村の中で最もポピュターな村なのだそうですが
この日もたくさんの観光客が訪れていました。
ギリシャのサントリーニのように、家々が真っ白。
街はどこも坂道で、狭い路地に入ってぶらぶらと歩いたり
おみやげ屋さんでオリーブオイルやオリーブのせっけんなどを買ったり。

DSC_0805.jpg CSC_0835.jpg

DSC_0815.jpg CSC_0837.jpg

DSC_0832.JPG

DSC_0826.jpg DSC_0820.jpg

ミハスの家々。

DSC_0828.JPG

カフェで休憩をした後、再び、車で出発です。
この日泊まるホテルは、ミハスから約1時間半のフリヒリアナの村近くにある
ホテルです。

もう4時頃になっていたので、フリヒリアナの村は
次の日にまたゆっくりと見ることにして
この日は、そのままホテルに向かいます。
フリヒリアナの村を過ぎて、15分ぐらい走っても
なかなかホテルは見つからず、別のホテルの人に場所を聞いて
山の上の方まで車を走らせて到着したのが
ホテル ルーラル ロスカラコレス。

ここからの眺めは素晴らしい。
向かいの山の中腹にあるのは白いフリヒリアナの村々。
空と海が一緒になって境目がよくわかりませんが、地中海が見えます。

DSC_0841.JPG


建物が丸くてかわいいホテルでした。
ホテルのレセプション。

DSC_0868.JPG

中は洞窟の雰囲気。

CSC_0844.JPG


ここは一つ一つの部屋が独立していて、別々の建物になっています。
全部で部屋は5棟しかないようです。
私たちが泊まった部屋、

DSC_0866.JPG

DSC_0929.JPG

部屋の中もかわいい♪

DSC_0855.JPG

DSC_0856.jpg DSC_0862.jpg

DSC_0861.jpg DSC_0859.jpg

バスルームはバスタブが丸い形で広くて、二人で入っても余裕なサイズ。
(ふふ、もちろん二人で入りましたハート(手書き)

DSC_0848.jpg DSC_0849.jpg


しばらく、のんびり部屋で過ごした後
このホテルのレストランで食事をしました。

CSC_0903.jpg

DSC_0895.jpg DSC_0897.jpg


食事中にちょうど虹が出ていました。
(すっかりらぶらぶモードの二人赤ハート

DSC_0914.jpg

ここは、この旅、一番のお気に入りのホテルになりました。
このホテルのサイトを最初に見た時には、すでに予約が埋まってしまっていて
この日の予約は取れなかったのですが
出発の10日前ぐらいに再びチェックしたら
たまたまキャンセルが出ていて
しかも空いたのが、スィートルームだったので、ラッキーでした。
(しかも、今回泊まった他のホテルの半分ぐらいの料金なのよ)

レストランで食事をしていた人たちもみんなカップルでしたが
ここはカップルには最高のロケーションです。
できれば、もう一泊したかったな〜♪






最終更新日  2014年09月24日 19時36分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月20日
カテゴリ:スペイン

スペイン5日目。

この日の午前中に、セビーリャを発って、崖の上の街ロンダに向かいます。
セビーリャから、車でくねくねと曲がった山道を走るのですが
私は相変わらず車の中で熟睡。
(いまだに乗り物に乗ると、必ず寝てしまう癖ありあっかんべー
気がつけば、ロンダでしたが、セビーリャからは約1時間半で到着です。
今夜のホテルはロンダのパラドール。
パラドールは、もともとは古城や貴族の館などの文化財を
改装して、国営ホテルとして宿泊に使っているところです。

意外に部屋の中は、シックでシンプル。
私たちは予約したのがもう遅かったので
崖の見える部屋は満室で予約できなかったのですが
部屋によっては、眺めがいいのだろうなあ。

DSC_0706.JPG

早速、ホテルを出て、ホテルの周りを散策します。
ホテルの前からの眺め。右側の展望台まで、歩いてすぐです。

DSC_0709.jpg

展望台から見た風景。左にあるのがパラドール。

DSC_0713.JPG

ちょうどここで、一組のカップルが演奏を始めました。
ここの開放的な雰囲気に二人のナチュラルな音が合っていて、一気に和みます。

DSC_0727.JPG

DSC_0714.JPG

女性はハープとボーカル、男性はオカリナやギターやボーカルで
音楽は、全くフラメンコとは違って
例えば、私が昔よく聴いていたNARADA系ミュージックのような
ニューエイジミュージックなのですが、スペイン語で歌っていて
より素朴な感じの音楽でした。
二人のハーモニーがとても美しくて、ここでこの音に出会えたのは
またラッキーでした。

CSC_0744.jpg

CSC_0745.jpg

私たちはロンダに着いていきなり
彼らの音楽を聴き入って「ここって、癒しのスポットだったね」と
すっかりまったりリラックスモード。
このまま、いつまでも聴いていそうな雰囲気でしたが
そう言えば朝から何も食べていなかったことを思い出し
彼らのCDを2枚購入してから、街にランチに出かけます。

左の建物は闘牛場。

DSC_0738.JPG

こんな小さな街なのに、観光客がとても多い。
お腹が空いていたので、探す間もなく近くのレストランに入ります。

DSC_0740.JPG

ランチは魚介のフライやサーモンなど(もちろんワインも♪)
お味はまあまあでした。
それから、ぶらぶらと歩いて、ヌエボ橋を渡ります。
新市街と旧市街を結ぶ橋。
これは橋の下から見たヌエボ橋。

DSC_0769.JPG


DSC_0785.jpg DSC_0784.jpg

DSC_0782.jpg DSC_0753.jpg 


下の方から見上げたパラドール。
DSC_0763.JPG

それにしても、こんな崖の上によく街を作ったよね〜。

DSC_0749.JPG


DSC_0759.JPG

DSC_0789.jpg


街をしばらくぶらぶらした後は
ホテルに一旦戻って、2時間ほどシエスタ。
(軽く飲んでシエスタ。これが気持ちいいのよグッド
そして、夜になって起きて、バルへ出かけます。
タパスを出しているところはどこも満席でなかなか座れません。
しばらく歩いて、ようやく地元の人たちが多い小さなバルに入ります。
ここはタパスは、一皿1〜2ユーロ。
ワインも2ユーロぐらいでした。
お腹一杯に食べて飲んでも一人10ユーロ(15ドルぐらい)にもならないという安さです。

ということで、この日もまたあっという間の1日でした。
それぞれの場所では、割とゆっくりのんびり過ごしているのだけど
グラナダ以降、毎日移動していることもあって、時間が矢のように過ぎてゆく感じです。

絶景の街ロンダでも、素敵な音楽に出会うことができて
ここは私たちにとってのパワースポットだったかも。
 






最終更新日  2014年09月23日 07時41分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月19日
カテゴリ:スペイン
スペイン4日目。

この日はセビーリャに向けて出発です。
最初はグラナダに続けて2泊する予定だったのですが
セビーリャで2年の一度のフラメンコの祭典が、この時期行われていて
9月19日におさむの好きなフラメンコギターのトマティートが演奏する
ということで、この日はセビーリャに行くことになりました。
グラナダはまた後日戻ってくることに。

と、この日の朝、起きたら、何とすでに11時半。
9時間以上(おさむは12時間!)も眠っていました。
ずっと睡眠不足だったので、身体が睡眠を欲していたのでしょうね。
起きてすぐに支度をして、セビーリャに出発し
グラナダから、車で2時間ちょっとで、セビリア市内へ到着。
が、グナナダの時と同じく、道が迷路のように入り組んでいて
ホテル近くの狭い路地を車でうろうろ回ってみても
通りの名前も書いていなかったり、どこをどう行っていいのか全くわかりません。
とりあえず、一時停車する場所を見つけて、車を止め
そこから歩いて、また狭い路地をさまよって、ようやくホテルを見つけました。
ホテルは駐車場がついている、という話だったのですが
結局一杯でないということで
おさむはまた駐車場を探しにまた出かけます。

ホテルの部屋は、一応ベッドルームとリビングとが分かれていて
そこそこ広く、広いバルコニーもついています.
(ひさしがなかったので、暑くて出れなかったけど)

DSC_0560.jpg  DSC_0557.jpg

おさむがやっと駐車場を見つけて戻ってきてから、食事に出かけます。
このあたりもいい雰囲気。
とりあえず、すぐに開いているレストランに入りました。

DSC_0576.jpg DSC_0563.jpg

もう夕方5時になっていて、ようやくこの日、最初の食事です。
お店はきれいで、前菜、メイン、デザート、ワインがセットになっている
セットを頼んだのですが、お味はまあまあでした。
この時間に開いていることもありますが
まさに観光客向けの店という感じです。

それから街をぶらぶらと歩きます。

DSC_0583.jpg DSC_0581.jpg

ヒエルダの塔。
スペイン最大級の大聖堂だそう。

DSC_0695.JPG

DSC_0613.JPG


時間になると、鐘が一斉にこのあたり一帯に鳴り響きます。
DSC_0694.jpg

世界遺産の宮殿、アルカサルの入り口。

DSC_0599.jpg

アルカサル近くで歌っていた女性。
とてもきれいな歌声。

DSC_0607.jpg

一心に絵を描いていたおじさん。

CSC_0609.jpg

まだ開演まで時間があったので、近くのカフェで時間をつぶしていたら
近くでフラメンコの演奏が始まりました。

DSC_0621.JPG


ギターの演奏もダンサーも上手いです。
昨日のタップ中心の踊りとは違って、優雅に舞うようなフラメンコ。

CSC_0660.JPG


DSC_0641.jpg

開演は9時30分なので、9時頃アルカサルへ行くと
もうすでに半分ぐらいの人が中に入って、座っていました。
宮殿の庭に舞台が作られています。

DSC_0651.JPG

この2年に一度、セビリアで開かれるフラメンコの祭典は、ビエナルの祭典。
(なぜか無限大の印)
DSC_0657.JPG

ショーが始まると、色とりどりの照明がつきます。
ペルーやメキシコの世界遺産で見たナイトショーを思い出しました。

DSC_0669.JPG


開演の合図で、出演者が出てきました。
ギターのトマティートの他は、2人のギタリスト、2人のパーカッショニスト
2名の男性ボーカル、1名の女性ボーカル、そしてダンサーの合計9人です。
最初の2曲は、例えて言えば、ジプシーキングスの曲のような
比較的、典型的なフラメンコのリズムの曲でしたが
やっぱりトマティートがすごすぎる。
私は前日、グラナダで見たフラメンコのギターの人がとても上手かったので
おさむに「トマティートって、このギターの人より上手い?」
などと質問したのが、いかにアホな質問だったのかが、最初の音を聴いてわかりました。
なんと言っていいのかわかりませんが、上手いとか、そういう言葉で表現するものを超えています。
音も全然違うのですが
この人の存在そのものが神がかっている、というのか
発しているエネルギーそのものが違うという感じです。

2曲が終わって、トマティートと他の2人のギタリストのみを残し
他の人たちは一旦、舞台から退いて
3人での演奏が始まりました。
二人のギタリストの控えめなアルペジオに合わせて
トマティートがソロを取って、スローなメロディーを弾き始めた途端、
私はもう涙がボロボロと止まらなくなりました。
音楽を言葉ではとても表せないですが
シンプルで哀しみを帯びた美しいメロディーと
心の奥底まで響いてくるような深いギターの音色に
完全にノックアウトされた感じです。
これまでの人生で、たくさんのギタリストの演奏を聴いてきたけど
こんなギターの音は、聴いたことなかったなあと。
彼の演奏はもちろんですが、音響も素晴らしくよかったということもあるのですが。
CDではどうやっても、あそこまでの深い厚みのある音を聴くことはできないですから。

その他、私の好きなピアゾラのミロンガをアレンジした曲や
パットメセニー&チャーリーヘイゲンのミズーリスカイのアルバムの中の曲など
(名前がわからないけど)
私が好きな曲を何曲か演奏したので、さらに幸せでした。

またトマティート以外のミュージシャンもまた素晴らしい。
ギタリスト二人は、伴奏に徹している感じでしたが
ボーカルもパーカッションもよかった。
ダンサーが踊ったのは、全部の曲の中で3曲のみでしたが
これまたすごいタップのテクニックで、まるで機会仕掛けで動く人形のような足と
美しい舞とで、すべてが完璧すぎるぐらい完璧でした。

最初にトマティートのことをおさむから聞いた時には
フラメンコギターにそこまで興味がなかった私は
「パコ・デ・ルシアは聞いたことがあるけど
トマトみたいな名前の人がそんなにすごいの?」
という感じだったのですが
(トマティートとは小さなトマトという意味)
おさむが
「のりこ、すごいなんてもんじゃないよ、トマティートよ、トマティート。
トマティートが世界遺産アルカサルで演奏するのよ」
というので、おさむがそこまで言うのだから
きっといいんだろうな、ぐらいの感じでした。
おさむがトマティートはフラメンコフュージョンと言っていたのですが
確かに、これはフラメンコというジャンルを超えているなあと。

おさむと「もう天国だね」「最高に幸せだね」と何度も言い合いましたが
本当にこんな音楽にセビーリャで出会えるなんて
なんという幸運なのかしら。

写真撮影は禁止だったので、アンコールの時に一枚だけ撮ったトマティート。

CSC_0681.JPG


ということで、夢のようなコンサートが終了し、興奮もさめやらぬまま
バルに飲みに行きました。
もう11時近くになってましたが、どこの店も外まであふれるほど
人が一杯です。

DSC_0692.JPG

スペイン人ばかりがいる小さなバルに入って
タパスをつまみにワインを飲みます。
赤ワインが上手い~~

DSC_0682.jpg

バルの壁一面に飾られていたアンティークのラジオ。

DSC_0690.JPG

帰りも迷路のような道を歩いて、ホテルに戻ります。

こうして、一夜だけのセビーリャの夜は終わりました。
またいつか、この街に来ることがあったらいいな。

夜のヒエルダの塔。
DSC_0678.JPG
 






最終更新日  2014年09月24日 19時33分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月18日
カテゴリ:スペイン
 スペイン3日目。

2日間バルセロナで過ごした私たちは
バロセルナにはまた最後に戻ってくることにして
この日からスペンン南部のアンダルシアへ向かいました。
今回の旅では、バルセロナ以外の土地はレンタカーで回ります。

この日、朝早くにホテルをチェックアウトして
タクシーでバルセロナ空港へ向かいました。
朝7時すぎの便で、バルセロナからグラナダへ。

私たち二人とも時差の影響なのか、スペインに着いて2日間は
夜10時頃眠くなるのですが、夜中1地か2時頃に目が覚めて
それから朝までずっと起きていて、すっかり寝不足の状態でした。
バロセルナからグラナダまでは、飛行機で1時間半。
グラナダの空港でレンタカーして、グラナダ市内に向かいます。

30分ぐらい車で走らせると市内に入ったのですが、道が狭くて入り込んでいるのと
一方通行で、完全に迷ってしまいました。
車一台ぎりぎりのかなり狭い路地や坂道を走り回ったり
急停車しているうちに、私はだんだん車酔いしてきて気分が悪くなってダウン、
車は一瞬も路上に停めることができないので、おさむは、地図を見ることもできず
うろうろと走ります。
私も地図を見ることもできず、いつかたどり着くかしら?という感じでしたが
そのうち偶然、ホテルを見つけて
何とか、そのホテル近くに駐車場も見つけることができたので
そこから歩いて、ホテルに到着です。

この日はElvila Suiteというアパートメントホテル。
白を貴重としたモダンなスィートです。
中に入ってみると、とても広い〜〜♪
ベッドルームだけで、昨日のホテルの部屋より広いですが
かなり広いリビングルームがあり、立派なキッチンもついて’いました。
(結局、キッチンは使わなかったけど)
ウエルカムワインも一本置かれてあります。

DSC_0370.JPG

CSC_0376.jpg DSC_0368.jpg

DSC_0375.JPG

ここで少し休んでいるうちに気分も回復してきたので
ランチに出かけました。
この近は、アラブ系の雑貨屋やカフェが立ち並んでいます。
まるで、去年訪れたトルコのような雰囲気。
ここグラナダは、アラブの影響を強く受けている街で
アルハンブラ宮殿もイスラム文化だそうですが
街もここまでアラブ色が強いのですね。

DSC_0387.jpg  DSC_0393.jpg DSC_0404.jpg DSC_0399.jpg                                                                
しばらくすると広場に到着。

DSC_0417.jpg

そこで、フラメンコのライブをやっていました。
ボーカルがお母さんで、カホスを叩いているのは娘さんのようですが
息がぴったりと合っていい感じです。

DSC_0410.jpg


CSC_0436.jpg


ホテルの人のお勧めはアルハンブラ宮殿とアルバイシンだったのですが
アルハンブラ宮殿は、すでに今日のチケットは売り切れていたので
この日はアルバイシン地区へ行くことに決めて、川沿いの道を歩きます。
アルバイシンは、アラブ色の強いエリア。
のどかな風景で、のんびり歩いていると
さっきまでの気分の悪さがうそのようになくなってゆきます。
バロセロナとは全く違う空気感。

DSC_0422.JPG

一応、胃腸のためにランチは軽いものがいいね〜と
見つけたのが、日本食。
日本人の方が経営されている日本食だそう。
ランチセットを頂いたのですが、モストというノンアルコールワインと言われている
りんごジュースのような飲み物と巻寿司のセットを頼みました。
前菜の海藻サラダが、身体にとてもいい感じ。

それから再び、川沿いを歩いてゆきます。

DSC_0429.JPG

しばらくすると、カフェやレストランが並んでいるエリアへ。
ここでも広場でギターを弾いている人がいたのですが
おさむがよく家で弾いている曲だったので、思わず立ち止まります。
それから、私の好きだったアルビオーニのアダージョを弾き始めたので
ここで、こんな曲が聞けるなんて、とジーんときて
しばらく聴いていました。

DSC_0459.jpg


それから再び、アルバイシンの丘を登ってゆきます。
このあたりは、白い家が多いです。

CSC_0489.JPG

DSC_0470.jpg DSC_0486.jpg

DSC_0504.jpg DSC_0474.jpg

DSC_0475.JPG

DSC_0487.jpg DSC_0437.jpg


迷路のような道を歩いて、たどり着いたサンニコラス広場では
手作りのアクセサリーなどの露店が並んでいました。

DSC_0497.JPG

ここからのアルハンブラ宮殿の眺めは素晴らしい♪

DSC_0493.JPG

ここでもフラメンコ。
ここまで歩いてくる途中でおさむはハッパを買ったのですが
それを売ってくれた人が、この左側の人。
あら、さっきの人、ボーカリストだったのね〜、と気づきました。
それにしても、みんな上手い〜♪
ここには、このレベルが普通にごろごろいるのですね。

DSC_0502.JPG

それから、またてくてく歩いて丘を降り、一旦ホテルに戻ってから夕食に出かけました。
途中でギターショップがあったので入って
おさむは試し弾きすることに。
最初は「試し弾き?いくらぐらいのギターを買うつもり?」
と、ちょっと嫌々ながら、ギターを差し出した店員さんでしたが
おさむが弾き始めると、急に態度が変わって
「他のも弾いてみる?』と次々といろんな
クラシックギターやフラメンコギターを持ってきます。
もし何かいいギターがあったら、おさむの誕生日プレゼントに買ってあげるね
と言っていたのですが、結局、そこまで弾かれる音色には出会わず。
でも、おさむはとりあえずスペインでギターが弾くことができて、ご満足の様子。

DSC_0517.jpg


それから、バルへ。
ナバス通りにあるいくつか開いているパルの中で、適当に入りました。
ワインを頼んだら、ポテトサラダなどのタパスがフリーでついてきました。
これは別に頼んだタパスの盛り合わせ。
ガスパッチョやクリームコロッケやいわしのフライなど
10品ほどあって、もうこれだけでお腹一杯。

DSC_0519.JPG

それから、フラメンコのライブに行きます。
ここは食事をしながら聞くところではなく
音楽を聴くためのだけのライブ会場で
30人ほど入る小さな劇場です。

最初はギタリストと男性ボーカルの演奏。
ギターの人が、むちゃ上手い〜〜
すごいテクニックなのに、とても自然な感じで深い音色。
それから、女性のフラメンコダンサーが出てきます。
見た目はそれほどすごい感じではないのですが
この女性のタップがまたすごい!
どうなっているの、この足〜〜というぐらい
激しいタップを延々と続けます。
そして、次に出てきた男性のダンサーもすごい迫力。

写真撮影は前半は禁止だったのですが、後半の何曲かだけオッケーでした。

DSC_0523.JPG

DSC_0529.JPG

DSC_0544.JPG

このクオリティの生のフラメンコを聴いたのは、初めてなので感動。
ここは観光客相手のショーではなかったのでよかったのかも。
グラナダに行かれる方はぜひ『CASA DELARTE FLAMENCO』チェックしてみてね。

グラナダの街は私がイメージしていたスペインがここにあった〜♪という感じで
私たちはバルセロナよりも好きでした。
特に素朴でノスタルジックなアルバイシンは、私たちのお気に入りの場所になりました。






最終更新日  2014年09月20日 10時29分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月16日
カテゴリ:スペイン
 
スペイン二日目。
この日は朝一番にサグラダファミリアへ。
8時30分に着いたら、もうチケット売り場に30人ぐらい並んでいました。
後から知ったのですが、ここはネットで先にチケットを予約することができるとのこと。
知っていれば、並ぶ必要なかったのですが、それでも9時には購入できて
私たちの入場時間は、10時45分とのことなので
その間、朝食のために近くのカフェへ。
その名もガウディカフェ。

それから教会に戻って、入り口でチケットを見せて入ります。
教会の外観の彫像。

DSC_0127.jpg

DSC_0135.jpg CSC_0196.jpg

CSC_0194.jpg


塔のてっぺん。

DSC_0030.jpg

教会の中に入ると、そこは息を飲む美しさでした。

DSC_0154.jpg

DSC_0191.JPG DSC_0225.jpg

白い柱が木の枝や根のように何本もそびえています。

DSC_0164.JPG


脳のニューロンのようにも見える〜♪
生命と宇宙を感じます。

DSC_0165.JPG

DSC_0145.jpg


天井からつり下げられたキリスト。

DSC_0185.jpg


CSC_0197.jpg

金色に盛り上がっているジーザスの文字。

DSC_0209.jpg

深い海のイメージ。

DSC_0217.JPG


それからエレベーターで塔の上へ。
塔の中からバルセロナの街が見えます。

DSC_0230.JPG

植物をモチーフとした塔のてっぺん。

DSC_0236.JPG

塔から降りてくるのは、狭い螺旋階段をぐるぐると回って降りるのですが
かなり長かったので、ちょっと怖かったです。

最後に地下のミュージアムに行くと
ガラス張りの部屋の向こうで、模型を作っている人がいました。
見ていると、とても細かい精巧な作業でした。

DSC_0250.JPG


サグラダファミリア、予想していた以上に素晴らしくて感動でした。
イタリアのダマヌールのような宇宙的な美しさと芸術性。
エジプトの神殿の神の仕事のような壮大さ。
(エジプトは本当に神の仕事だけどウィンク
ここに来れただけで、バルセロナに来てよかった〜と。
昨日、今回の旅ではパワースポットには行かないと書いたけど
これこそパワースポットですね。

ということで、ちょっと歩き疲れた私たちは、一旦ホテルに戻り、2時間ほどシエスタ。
お昼寝なんて、久しぶり♪
起きたら、すっかり元気を取り戻し、それからボルン地区へ散策です。

まずは、カタルーニャ音楽堂やカテドラルをさっと見て

DSC_0266.jpg

ボルン地区をぶらぶらと散策。
イタリア、フィレンチェやベネチアの街のような狭い路地が入り組んだ
古い趣のある街に、素敵なギャラリーや店が点在しています。

DSC_0302.jpg DSC_0301.jpg

古い教会。

DSC_0295.jpg

DSC_0281.jpg DSC_0275.jpg

教会の前。

DSC_0284.JPG

それから、手作りアイスの店でアイスを食べた後は、ピカソ美術館へ。
普通の美術館ぽくない、街にとけ込んだ石造りの建物。

DSC_0310.jpg

ピカソの初期の頃の見たこともない作品や、青の時代の作品
ニースでの鳩シリーズ、エロ親父シリーズ(勝手に命名)など
とても充実した展示内容でした。

1時間ほどで美術館を見終り、それからボルン地区のバル(居酒屋)巡り。
最初の店では、ピンチョスというバゲッドにアンチョビやサーモンやハムやチーズなどを
乗せたものを、つまみます。

CSC_0347.jpg DSC_0324.JPG


それから、また別のバルへ。
ここはケースの中にあるつまみを選んで、皿に取り分けてもらってからテーブルへ。
7時のオープンと同時に人が入っていました。

DSC_0333.JPG

ここはアンチョビやポテトや貝のマリネなど、すべて酒のつまみ。
このバルの手作りスパークリングワインとともに頂きます。
こんな店がニューヨークにもあったらいいのにな。

CSC_0340.jpg DSC_0327.JPG


最後にデザートを食べに別の店へ。
日本のスィートのような繊細な甘さでした。

DSC_0344.jpg CSC_0346.jpg

それから、地下鉄でホテルに戻りました。
やっぱり毎晩、最後はほろ酔いですあっかんべー







最終更新日  2014年09月18日 13時43分53秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年09月15日
カテゴリ:スペイン

昨日、スペインに到着しました。

1週間前から、前から予定していた約2ヶ月間のバケーションに入ったのですが
クライアントさんの予約が変更になった方や緊急セッションなどで
この1週間は、1日1、2人はキネシオロジーのセッションをやっていたので
本格的な休みがスタートしたのは、旅の前日。
それでも、いつもは旅の前日まで1日中セッションをやっていることがほとんどなので
今回は、比較的ゆっくりしての出発でした。

NYからバルセロナまでは約8時間。
夜8時の便で、到着は現地時間の朝9時頃です。
機内で「奇跡のリンゴ」の映画があったので
それを見て、相変わらずボロボロ泣いて
(ストーリーはわかっていてもやっぱり感動するのよね)
そうこうしているうちに、ほとんど寝る間もなく
あっという間にバロセロナに到着。

それからタクシーで、ホテルヘ。
今日のホテルは、世界遺産であるガウディのサグラダファミリアのすぐ目の前のホテル。
私たちがホテルに着いたのはまだ朝10時すぎでしたが
すぐにチェックインさせてくれました。
部屋は広くはないですが、シンプルでモダンな部屋。
私たちの部屋からは、サグラダファミリアは見えませんでしたが
上のテラスから全部が見えました。

DSC_0002.jpg

まずはとりあえず、サグラダ”ファミリアへ。
と、チケットを買う人の列が、すごい長さで
これは軽く2時間ぐらいかかりそうなので、今日内部に入るのはやめて
とりあえず、近くの公園から写真を取るだけにしました。

DSC_0025.JPG

近くのタパスレストランで、タラのフライやオムレツなどを食べた後
地下鉄に乗って、カサミラへ向かいます。

ところが、地下鉄に乗った途端、数人のグループがわいわい目の前で騒いでいて
なかなか車両の奥に入れないので
何を騒いでいるのしら?変な人たちだなあと思った瞬間
私の前にいた女性が、私のバックのチェックを開けて
バックの中に手を入れているのに気づきました。
幸い、さっと身をかわして彼女から離れ
バッグの中を見たら、何も取られていませんでしたが
気づくのが、あと数秒遅かったら、何かを抜き取られていただろうなあと。
私のバッグは、財布がぎりぎり入る大きさなので
すっと財布が取り出せないのも、よかったのですが
他にパスポートも何もかも入っていたので、危ないところでした。

おさむにそのことを伝える前に、そのグループは、今度はおさむを
取り囲むようにしていたので
「おさむ、その人たち、スリだから離れて!」
と声をかけて、おさむがその中から離れると
そのグループの男性が悔しそうに、おさむに向かって
スペイン語で人を罵倒する言葉である『マリコン』
(おかま野郎という感じかしら)と叫びます。

それを見ていた乗客の一人が
私たちに近寄って
「あの人たちはスリだから、気をつけて」
と伝えてくれたので
おさむが「うん、わかっている、ありがとう」
と答えます。
NYに長い間暮らしてきて
こんなやり方のスリのグループには
出会ったことも、見たこともなかったのですが
この時の他の乗客たちのうんざりした表情からも
ここでは、こういうグループがけっこういるのだろうなあと。

今のニューヨークは、アメリカの中での治安のよい街になりましたが
私が最初に来た1990年頃のNYは、まだかなり危険だったので
よくバックや財布は持たないで、ポケットにお金をつっこんだまま
出かけたりしていました。
私は、その頃のサバイバルモードの意識がまだ残っていて
ニューヨークが安全になった今でも、バッグは肩掛けはしないで
いつも斜めがけしているし
特に海外に出た時には気をつけているのですが
今回は、乗客もたくさんいて、特に危険な感じもなかった地下鉄内のことだったし
一瞬のことなので、本当に気をつけないといけないとなあと。

ということで、スペインに着いていきなりスリの洗礼に出会ったにも関わらず
何の被害もなかったのは
アンラッキーなんだか、ラッキーなんだかよくわかりませんが
(たぶん超ラッキーなのよねウィンク
気を取り直して、世界遺産のガウディの建築、カサミラへ。

海藻のイメージのバルコニー、波の形の外観
内部にも貝や海の生物など、海をイメージした建築物です。

DSC_0063.JPG

DSC_0033.jpg

カサミラの屋上にあるモニュメント。

DSC_0038.jpg

DSC_0043.jpg

DSC_0048.JPG


カサミラの内部の19世紀後半から20世紀初めのブルジョアの生活を再現したミュージアム。
キッチンやバスルームのアンティークな感じが素敵。

DSC_0056.JPG DSC_0059.jpg

こちらもガウディの建築、カサ パトリョ。
色も美しくて、とてもファンタジーなデザイン♪

DSC_0070.jpg

DSC_0069.JPG


それから、ランブラス通りを歩きます。
と、ここはガイド本やネットには、最も栄えているおしゃれな通りと書かれてありましたが
特にどうということはなく、どこにでもありがちなお土産屋さんが並んでいます。

DSC_0077.JPG

これは途中にあった市場。
ジュースや果物や肉などがたくさん売られていました。

CSC_0114.JPG

観光客の似顔絵を描いている人たち。

DSC_0090.JPG

ランブラス通りの終点まで行ってから、港で一休み。

DSC_0092.JPG

それから、旧市街のレストランへ。
このあたりは、街の感じがフェレンチェやイタリアの街に似ていて、いい雰囲気。

DSC_0096.JPG

ここでようやくワイン。
やっぱりむちゃおいしい〜♪
そしてこの量。
グラスワインで頼んだら、通常の2倍ぐらいの量をなみなみと注いでくれて
料金はニューヨークの相場の半分以下ぐらいでした。

CSC_0105.JPG

ワインを飲んで、タコの煮込みやイカのグリルなどを食べた後は
寝不足もあり、時差もありで、すっかりふらふらに。
意識はもうろうとしながらも、バッグに気をつけて
地下鉄に乗り、ホテルに戻ります。
なぜかこういう時は、何も危ないことにも合わず
大丈夫だったりするのですけどね。

今回の旅は、私たちとしては珍しくパワースポットや聖地には行かないので
おいしいもの食べて、飲んで、音楽聴いて、アート見て、という
ごく普通の(?)バケーションです。
もともと、スペインは、私とおさむが出会った頃に行きたかった場所なので
その頃は、スペインを題材とした曲をよく作っていました。
でも、それから、私たちの意識の変化に伴って、聖地への旅の方が
魅力的になり、長い間、スペインに行こうという気にはならなかったのですが
最近になって、やはり一度はスペイン行ってみたいね、と決めたわけです。
旅をしていつも思うのですが、いくらネットや本や人からの話で
いろんな情報を見ても聞いても、実際に自分が行ってみないと
その感覚はわからないものですが
今回もまた旅が終わった後のイメージの変化も楽しみです。

ということで、スペインの旅のスタートです。
 






最終更新日  2014年09月17日 14時36分03秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.