2495836 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

X

全492件 (492件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >

OLD ASHIBA 製作事例&トピックス

2021/10/22
XML

本日ご紹介するのは、アイアンフレームの「OLD ASHIBAキッチンカウンター」の組み立て方です。
最近は、食器や調理用の器具をオープンな環境で、使いやすく、機能的に配置したいというニーズも高まってきています。
オープンであれば、なおさら素材のかっこよさにもこだわりたい、ということで、OLD ASHIBA(杉足場板古材)とアイアンの組み合わせを希望される方も増えてきました。

ということで、シンプルかつ、機能的なアイアンフレームと足場を組み合わせたカウンターの組み立て説明をまとめてみます。

パーツはこちら。
裏返しにした天板の上に、左から、アイアンフレーム・棚板・背面変形防止板
これだけです。

アイアンフレームのボルト穴の間隔で、取り付け位置を設定できるよう、複数の穴があいています。

まずは、天板を裏返しにして置きます。
その上に、アイアンのフレームを仮配置します。
天地が逆になった状態ですので、奥が前側で、手前側が後ろ側になります。
アイアンのフレームには、前後の区別はありませんので、ペアになるように、天板に固定するプレートが向かい合うように置きます。

天板の裏面についている桟木は、配送中の負荷によって接着層が離れることを防ぐための補強なので、ビスをぬいて取り外します。

こんな感じ。

棚板には、裏面にアイアンのアングルが取り付けてあります。

その棚板を、アイアンのフレームの間に入れて、アイアンフレームの位置決めを行います。

後ろ側には変形防止の板を取り付けますので、その分のスペースを後ろ側に確保し、アイアンの取り付け位置を決めます。

位置が決まったら、マーキングします。

マーキングにあわせて、フレームを電動ドライバーで天板にビス固定します。
間に入れる棚板をスペーサーの代わりにして、間に入れておけば、狭くて棚板が入らない、ということもありません。

ビスは、艶消しのシンワッシャービスが標準でついています。

アイアンフレームを天板に固定が完了したら、スペーサー替わりにしていた棚板を外します。

天板とアイアンのフレームを固定したら、そのまま倒して横にします。

棚板は、必要枚数だけ、先にフレームの中に入れておきます。

棚板を固定してしまったあとに棚板を入れようとすると、アングルのL字が邪魔になって、棚板を入れるスペースが無かったり、動かしにくかったりします。

全体を横にした状態で棚の取り付け位置を決め、ボルトナットで棚とアイアンフレームを固定します。
横倒しの状態の方が、棚を下から支える必要がないため、作業がしやすくなります。



ボルト、スプリングワッシャー ナット の3点セットを使います。

外側からナットを差し込み、

ワッシャーを入れ、ナットを入れます。

ナットをおさえて、六角レンチを使って、ボルトを軽めに締めます。
(ボルト締め イメージ画像)

棚板を取り付け終わったら、全体を起こして、カウンターを立てます。

立てた状態で、全体の取り付けに問題がないか確認し、ボルトをしっかりと締めます。

背面に「変形防止補強板をあてがって、前側からビスで固定します。
下に適当なスペーサーを挟んで乗せてからビスを締めると水平が出しやすくなります。
90mm程度のスペーサーがちょうどいいです。

左右の背面に変形防止材を取り付けると、ぐらつきが抑えられます。
必要に応じて、背面上部にも取り付けることができます。
条件的に下部に憑りつけたくない場合は、上部のみでもOKです。

ガタツキが気になる場合は、フレーム下のアジャスターを調整します。

完成です。


お疲れさまでした。






Last updated  2021/10/22 07:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く


2021/10/21

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)のキッチンワゴンです。
実は、これまでも、広島の【WOODPRO SHOP】にはキッチンワゴンを展示して販売していましたが、今回、従来のタイプを一部仕様変更するとともに、今回新しく企画したのが、「キッチンワゴン Eタイプ」です。
10月23日から、【WOODPRO SHOP】では、​秋の家具フェア​を開催しますが、それにあわせての新発売になります。

ポイントはというと、一番には、そのサイズ感。
巾500mm 奥行 350mm 高さ755mm。
実物を見ると、まあまあコンパクトで、狭い台所でも邪魔になりにくいのですが、一番こだわったのは、「完成品を小型宅配便で運べること」です。
昨今の大型商品の個人宅配の送料アップはすさまじく、160サイズを超えると、送料が一気に跳ね上がります。
そのため、従来品はボルトによる現地組み立て商品。
写真左側が、Eタイプの無塗装。
右側が、従来タイプの中では一番小さいタイプになります。

こちら、一番お値段の高いタイプで、「タイル貼り」「引き出し付き」「W730mm」「棚板 前後古材」の屋内用薄茶塗装品。
現地組み立て商品です。
今回新たにラインナップに加えたEタイプを標準とし、これまでの現地組み立てタイプは、いろいろオプションができる代わりに、デラックスタイプという位置づけになります。

商品データ***********************************
【キッチンワゴン Eタイプ】
サイズ W500 D350 H775(キャスター込み)
価格
無塗装   15400円(税込み 16940円)
塗装品   18000円(税込み 19800円)
※送料込み 完成品

●その他、このブログに掲載したもの
【キッチンワゴン Dタイプ W530】 
W530 D400 D795
塗装  屋内用透明
価格  22000円(税込み 24200円)
※棚板は◇国産杉新材の古木色塗装
※送料込み 現地組み立て

【キッチンワゴン Dタイプ W730】 
W730 D400 D795
塗装  屋内用薄茶
「タイル」「引き出し」「棚板前後古材」
価格  36500円(税込み 40150円)
※送料込み 現地組み立て






Last updated  2021/10/21 07:49:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/10/18

本日は、お客様から頂いたお写真の紹介です。
こちらの収納は、実は、工場前で撮った写真を一度ご紹介しています。
⇒​OLD ASHIBA(杉足場板古材) 上開き収納ボックス 2連

そして、今回、お客様から、楽天市場のレビューに写真の投稿をいただきました。
とってもいい雰囲気だったので、お客様に掲載の許可をいただき、ブログにアップさせていただいております。

ちなみに、収納の右側のライトの台もOLD ASHIBAのオーダー品ですね。
気に入っていただけて、ありがとうございます!

レビューをいただいた際のコメントには
***************************
ウッドプロさんに
お願いすると
想像以上
希望以上に素敵な家具を
作ってくれます。
ありがとうございました。
また
お願いしたいと思っています。
****************************
という、身に余るうれしいお言葉をいただきました。

これからもご期待に応えられるよう頑張りたいと思います。







Last updated  2021/10/18 07:32:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/10/12

本日ご紹介するのは、上開き戸付きの収納ボックスです。
こういった、横長の収納の場合、左右に開く開き戸だと、蝶番に負荷がかかりすぎますし、必ず扉が垂れてしまいます。
横長の開口部の場合は、上開きか、下開きがおすすめ。

上開きか、下開きかは、使用する場所の高さによって、どちらが適切か変わってきますね。
テレビボードの場合は、低い位置での開閉になるので、下開きの方が使いやすいのですが、ある程度高い位置での利用の場合は、上開きの方がおすすめ。
特に、大きな扉の下開きというのは、誤って扉を開放したときに、バタンと開いて、かなりの衝撃。
それを防ぐために「ステー」をつけて、途中までしか開かないようにした場合、何かの拍子に扉に力がかかったら、ステーの金具は外れたり、壊れたりする危険性も大。

ということで、大きな扉の場合は、上開きの方が安心です。
扉は裏面に板をあてて作ってあります。
やはり、上開きの大きな扉の場合は、重いと扱いにくいので、基本は15mmの板を使って、蝶番の位置や取っ手の位置に裏面の板を配置して、ビスが効きやすくしてあります。

キャッチは真ん中の方がバランスはいいのですが、下面につけると邪魔になるので、側面につけました。

横長の開口部の扉のご参考まで。

商品データ****************************************
OLD ASHIBA 上開き戸付き収納ボックス(2連)
サイズ  W1365 H380 D385
塗装   屋内用薄茶
参考価格  53000円(税込み 58300円)
※別途 家財宅配便送料がかかります。






Last updated  2021/10/12 07:40:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/10/05

本日は、お客様から届いた写真のご紹介です。
素朴でシンプルなパンの並んだショーケースは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)。
お写真が届いたのは、千葉県流山市の「​央製パン堂​」さんからです。

このお写真だけでは、全貌は分かりにくいのですが、2018年に、お店で使う什器などをいろいろとご注文いただき、今回、さらに、写真のショーケースのご注文をいただきました。
なにしろ、大きなガラス入りのショーケースということで、OLD ASHIBA(杉足場板古材)で作った、ケースのフレーム部分の部材をWOODPROで製作。
お客様の方で、ガラスの手配をいただいて、DIYで組み立てていただきました。
別々のところから仕入れると、サイズが合わなかったりといった心配もありますが、なんとか収まってよかったですね。
写真を通しても、ショーケースの中の、パンの触感が伝わってくるようですが、この素材感には、やっぱり、OLD ASHIBA(杉足場板古材)がよくあいます。
お客様からも、「かっこいい」という声もあったそうで、よかったです。

千葉県流山市ということで、お近くの方はぜひ、おいしいパンとともに、OLD ASHIBA(杉足場板古材)のショーケースがお待ちしております。

お店はこちらです。
⇒千葉県流山市中307-3  ​央製パン堂

*****************************************************************************
もう少し引いたお写真もいただいたので、追加で掲載させていただきます。

OLD ASHIBA(杉足場板古材)の什器の上に、今回お使いいただいた、ショーケースが乗せてあります。

さらに引いて、お店の入り口からの様子。木製の扉も、いい雰囲気です。
素材で勝負、という感じがしっかりと伝わってきます。






Last updated  2021/10/05 03:22:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/10/01

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAのオーダーシェルフ&そこに入れるボックスです。
OLD ASHIBAのオーダーシェルフは、HPでも自動でお見積りできて、ピッタリサイズで製作できるので、ご好評いただいております。
⇒​OLD ASHIBAオーダーメイドシェルフ

今回は完成品ですが、溝加工まで行ったものや、長さカットだけしたものもあって、お客様のDIYスキルにあわせて注文できるのが特徴です。

さて、今回は、そのシェルフに加えて、そこに置くボックスのご注文もいただきました。
ここに書類や封筒などを差し込んで立てておくイメージでしょうか。

ボックスは、OLD ASHIBA ​U-ボックス​ のオーダーサイズです。
奥行は200mmの小さ目の箱ですね。

オーダーシェルフのご注文の際に、背面の背板なしの場合も多いのですが、今回は、落下防止背板付き。
これがあると、背後の壁に本や箱があたって壁を傷めるのも防げますね。

実際には、どこに箱を入れられるのかは不明ですが、入れるとこんな感じ。
いろんなものを入れることができて、結構機能的ですね。

シェルフと一口に言いますが、用途は様々ですね。
シェルフとボックスの組み合わせは、結構便利そうです。

商品データ*********************************
OLD ASHIBA オーダーシェルフ 完成品
サイズ W700 H1700 D200  落下防止板付き
仕上げ  無塗装
参考価格  34250円(税込み 37675円)

OLD ASHIBA U-BOX オーダーサイズ
サイズ W295 D200 H145
仕上げ 無塗装
参考価格 2900円(税込み 3190円)  6個製作






Last updated  2021/10/01 08:01:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/30

東京のI様からお写真が届きましたので、ご紹介します。
OLD ASHIBA(杉足場板古材)のベンチシェルフをアレンジした、「空気清浄機カバー」です。

コロナの問題もあって、空気清浄機をご利用の方も増えているようですね。
使わないときは、こんな感じで隠すと、おしゃれなコンソールテーブルです。

側面にはスリット加工を施して、吸気と排気にも配慮して空気を循環しやすくしてます。

これで、お部屋のインテリアイメージを壊さずに、きれいな空気が得られますね。

商品データ*************************
OLD ASHIBA ベンチシェルフ 空気清浄機カバー
サイズ W500 H800 D235
仕上げ  無塗装
参考価格  13000円(税込み 14300円)






Last updated  2021/09/30 07:18:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/15

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAのアイランド型カウンターです。
最初の写真は、内側(作業スペース側)から見たところ。
左右のボックス部は、OLD ASHIBAキャビネットのパーツをそのまま利用できるサイズになっています。
そして、外側(ダイニングスペース側)から見ると、こんな感じ。
OLD ASHIBA(杉足場板古材)の板が腰壁風に張ってあって、その上は、作業スペースとつながったオープンな棚になっています。

オープンな棚部分や、作業スペース側の可動棚には、◇国産杉の新材を使用しています。
◇国産杉の新材は、赤身が強かったり、白っぽかったりして古材と並ぶと目立ちやすいので、古木色の着色をしてから仕上げてあり、違和感はあまりありません。
コストダウンにもつながりますし、古材に比べると平滑で、厚みも薄く、機能的です。

OLD ASHIBA(杉足場板古材)の良さと、◇国産杉の新材を組み合わせると、機能性やコスパもアップしますね。

商品データ********************************************
OLD ASHIBA(杉足場板古材) アイランド型カウンター
サイズ W1600 H900 D500
仕上げ 屋内用透明
参考価格  100000円(税込み 110000円)
※別途 家財宅配配送費がかかります。






Last updated  2021/09/15 08:06:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/07

本日ご紹介するのは、9月2日のブログでご紹介した、「​OLD ASHIBA(杉足場板古材)で、素敵快適リフォーム​」の中の、オーダー品についての詳細です。
出荷時には無塗装でしたが、色は現地でインテリア全体の色調とあわせて塗装されました。

出荷前の状態です。

左側のカウンターは、開き戸と引き出しの構成になっています。

気になるカウンタートップには、お客様から支給されたタイルを埋めてあります。
ただ、当店はタイルの施工はしたことがないので、目地などは入れずに、接着しただけ。
「多少の隙間は現地でなんとかします」という付き。
タイルというのは、サイズの個体差や、大判の場合は反りもあったりして、結構難しいですね。

右側の背の高いキャビネットは、「ダイソン掃除機入れ」。
壁面には充電のための器具がつくとのことで、半ばオープンにしてあります。

お掃除がしやすいようにということで、キャスター付き。

家具の「扉」の付き方には、大きく分けて二通りあります。
キャビネットの「箱」の内側に扉がついているタイプが「インセット」。
「箱」の外側に扉がついているのが「アウトセット」といいます。
今回のオーダー品はといいますと、箱の外側に扉がついているので「アウトセット」です。
写真に写っているような「スライドヒンジ」を使った扉は、ほとんどアウトセットですね。

アウトセットタイプの特徴は、扉が「箱」の前につくので、ほとんど扉や前板しか見えない、という点。
そのため、「箱」部分と「扉・前板部分」の素材を変えても目立ちません。
今回のオーダー品も、箱には桐材を使用して、グレーっぽい古木色のステインを塗布しています。

「掃除機入れ」のボックスは桐材、扉はOLD ASHIBA(杉足場板古材)ですが、古木色を塗布したあるので、違和感というのは比較的ありません。
OLD ASHIBA(杉足場板古材)は古材だけに「限り」がありますので、新しい材料と古い材料を使い分けていくことが、資源の有効利用でもありますね。

実は、現在流通している家具の多くは「アウトセット」です。
例えば、ボックスは繊維板にシート張りのローコストタイプにして、扉や前板だけが無垢材、という方法はかなり一般的です。
そういう目で家具屋さんを見てみると、面白いですね。

商品データ**********************************
【OLD ASHIBA カウンター アウトセット】
サイズ W1100 H900 D400
仕上げ 無塗装
参考価格 105000円(税込み 115500円)※タイルは支給

【OLD ASHIBA 掃除機入れ アウトセット】
サイズ W350 H1650 D380
仕上げ 無塗装
参考価格 50000円(税込み 55000円)

※別途配送費がかかります。






Last updated  2021/09/07 08:11:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/02

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)を使った、とってもかっこいいリフォーム事例です。
京都府のO様から素敵なお写真をいただいたので、ご紹介いたします。
枠や家具などに、濃いめの茶色を使って、古民家を再生したようなシックでクラシックな印象もありますね。

さて、こちらは、格子ラックからのオーダー品で、階段状にしたもの。
階段状にすることで、開放感もあっていいですね。
中に入っているのは、格子ラック用のボックスです。

こちらは、OLD ASHIBAのベンチシェルフを利用した、和室へのステップですね。
1段目が中に入るようになっています。

露出した梁がとっても雰囲気を出していますが、これはもともとあったものを利用されたのでしょうか?
そこは確認できていませんが、壁面に取り付けされたOLD ASHIBA(杉足場板古材)のラックとの相性もピッタリ。
商品はすべて無塗装で納品していますので、塗装はすべて現地でしていただきました。
それだけに、全体の色調がすごくまとまっていて、統一感があります。

こちら、書斎的なコーナー。
天板はOLD ASHIBA(杉足場板古材)ではありませんが、その下に入っているキャスター付きのボックスがOLD ASHIBAですね。
まったく違和感なく収まっていて、気持ちいいです。

実は、ここまでは、スタッフの廣瀬君の方が担当でした。

そして、こちらが完全オーダー品の家具です。
こちらは、完全オーダーで設計の難易度も高いということで、私が担当させてもらいました。
確か、リビングダイニングの一角だったかと思いますが、とても素敵な空間にまとまってますね。

こちらのオーダー品は、発送の前に工場内でも写真を撮っていましたので、別枠で後日ご紹介したいと思います。

O様、お写真、ありがとうございました!
こだわりがたくさん詰まったリフォームのお手伝いができて、よかったです。






Last updated  2021/09/02 07:48:01 AM
コメント(0) | コメントを書く

全492件 (492件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >


© Rakuten Group, Inc.