2027115 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

全442件 (442件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

OLD ASHIBA 製作事例&トピックス

2020/10/21
XML

本日ご紹介するのは、アイアン&OLD ASHIBAのキッチンカウンターです。
これまで何度かご紹介をしてきたキッチンカウンターですが、今回は特に「規格化」を念頭に置いてデザインしてみました。

ということで、オプションですが、カテラトリーを入れるのにも便利な引き出し付きです。

アイアンのフレームはエンド用と中用の2種類です。
今回は、エンド2本と中用1本を使います。

組み立ての際にアイアンのフレームが倒れると、床や商品に傷がついたりしますので、椅子などをうまく使って支えながら作業すると安心です。
今回、私一人で組み立てましたが、二人で作業するのがおすすめですね。

最下段の棚板をはめ込んで、側面からビス固定します。
中央部では一方からしかビス固定ができませんが、組み立てたら外れることはありません。

そして、背面に変形防止用の板を取り付けます。

下に支えとなるものを置いて、その上に乗せてからビス固定すると、楽ですね。

そして次は、天板を乗せます。
組み立ての際には、最初からすべてのビスをしっかり締めてしまうと、あとからの調整がしにくくなるので、最小限のビスで、緩めに固定しておくのがおすすめ。
これで基本形完成です。
変形防止には、アイアンのバーをたすき掛けにした「ブレース」というものを使うケースもありますが、幅によって長さも変わってきますので、汎用性の高い、規格型の商品としては難しいため、板による補強にしています。

途中の棚は、アイアンのフレームにあけてある穴を使って、任意の高さに取り付けていきます。

左右で同じ高さに棚を取り付けたい場合は、左右の棚受けを一緒にボルトで固定します。

次に引き出しの取り付けです。
引き出しは、天板の下にビスで固定します。

引き出しユニット。

引き出しのボックス部は外して作業します。

下に支えを入れて、それに乗せるようにして作業するとラクです。

裏面からの作業はなかなか難しいので、引き出しを先に天板の下に取り付けておくという方法もあります。

実は今回、天板だけがOLD ASHIBA(杉足場板古材)で、棚板は、◇国産杉の新材を利用しています。
写真では分かりにくいかもしれませんが、古材の方が少し色が濃い目に仕上がって、表面にも凹凸がありますが、棚板は低い位置に入りますし、ものも置くので、その差は目立たないと思います。

オープンなキッチンシェルフは人気ですが、やっぱり、ちょっとした小物は引き出しに仕舞いたいですよね。
ということで、そういったオプションもご用意して、近く発売予定です。

商品データ********************************
アイアン&OLD ASHIBA&◇国産杉 キッチンカウンター
サイズ W1800 H950 D460
塗装色  屋内用濃茶

参考価格
アイアン部分  50000円(税込 55000円)
棚部分(補強込み)  78000円(税込 85800円)
※棚受け金具含む 天板以外は、◇国産杉 新材
引き出しユニット  8500円(税込 9350円)×2
計  145000円(税込 159500円)
別途 特大商品送料がかかります。
※価格は、暫定価格です。






Last updated  2020/10/21 08:03:51 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/10/16

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)の引き出しキャビネットです。
キャビネットとしては、すでにフレキシブルな組み合わせで好評いただいている商品がございます。
⇒​OLD ASHIBA キャビネット
その、引き出しをそのまま利用して、背を高くしたのが今回ご紹介する商品です。

オーダー品ではありますが、規格品のパーツを利用することで、価格をある程度抑えることができます。
今回のオーダー品も、高さのみがオーダーで、引き出しそのものは規格品を流用しています。




商品データ*****************************
OLD ASHIBA(杉足場板古材) オーダー 引き出しキャビネット
H855 W450 D400
※下部隙間 140mm
屋内用濃茶 塗装

価格は、32700円(税込 35970円)
別途 大型商品配送費がかかります。






Last updated  2020/10/16 07:46:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/14

本日ご紹介するのは、ご好評いただいている「​OLD ASHIBA 収納ベンチ​」ですが、もともと、ダイニングテーブルの、Hシリーズベンチシート対応タイプと一緒に商品企画したものなので、壁際への設置は想定外。
そのため、壁際に置く場合は、蓋を開いたときに後ろに出っ張る、「蓋の厚み」分は、壁から話しておく必要がありました。

こちら、レギュラータイプの収納ベンチ。
分かりにくいかもしれませんが、後ろに40mm程度の隙間があります。

こちらが、壁際用。

どこが違うかといいますと、蓋を開いたときに、後ろに出っ張らないので、壁際に寄せて設置できます。

スライドヒンジをつけて開閉しているので、金具の取り付けのための穴の関係で、収納ベンチのボードタイプだけの対応となります。

OLD ASHIBA 収納ベンチ ボードタイプに限り、2500円(税込 2750円)アップで対応いたします。






Last updated  2020/10/14 08:26:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/05

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)のキッチン用のワゴンです。
レギュラー商品化を検討中のまま、現在に至っております
⇒​過去記事 OLD ASHIBA キッチンワゴン
⇒​過去記事 OLD ASHIBA キッチンワゴン 引き出し付
今回は、レンジの台としても使われるということで、その分重心も高くなってしまうので、いくつか標準の仕様から変更しました。

重心が高くなるので、背面には変形防止のための補強板を入れています。
また、キャスターは、通常のソケット式の双輪キャスターではなく、ウレタン巻のプレート式にしました。
重量が重いので、ウレタン巻にして、床への負担を軽減しています。
また、現地組み立て式ではなく、完成品の納品としました。

上面はタイル仕様です。

安っぽいキッチンワゴンはいろいろありますが、やっぱり、キッチンやキッチン収納とのバランスも大事ですね。

あれば便利な引き出しつき。

商品データ***************************
OLD ASHIBA キッチンワゴン オーダー品
サイズ W630 H795 D400
塗装  屋内用薄茶
※引き出し タイル仕様
※背面変形防止板付き 完成品 
※キャスター ウレタン巻キャスター

参考価格  33200円(税込 36520円)
※配送費 別途






Last updated  2020/10/05 12:28:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/16

本日ご紹介するのは、フレームに奥行があって、小物を飾ったりもできる「OLD ASHIBA ボックスミラー」です。
現在、広島市西区商工センターにある「WOODPRO shop」にて、先行販売中。

奥行があるので、こんな感じで置くこともできます。

ミラーは、当然のことながら目の前にあるものをそのまま映し出すので、自分の姿を確認することはもちろん、空間に広がりを与えてくれる効果もありますし、そこに置かれた小物の効果も倍増させてくれます。

こんな感じで壁面にかけて使うこともできます。

一気に雰囲気が変わってしまいますが、こちら、工場の倉庫前で撮影sたもの。

壁面に掛ける際には、板材を先に劇面に固定しておいて、そこにミラーをひっかけるようにとて固定します。
これで、壁面ぴったりに取り付けできます。
金具の位置によって、縦使い、横使いがあり、基本は縦使いです。

商品データ*******************************************
OLD ASHIBA(杉足場板古材)ボックスミラー
Lサイズ  無塗装  14000円(税込 15400円)
      塗装品  16000円(税込 17600円)

Mサイズ  無塗装  9500円(税込 10450円)
      塗装品  11000円(税込 12100円)

※価格は、暫定価格です。

※基本は縦使い仕様
横向き仕様は、500円(税込 550円)アップ






Last updated  2020/09/16 12:43:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/09



本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAの格子ラックの特大オーダー品です。
通常の格子ラックは、3x3までの9マスまでしかカイモノカゴを用意していません。
⇒​OLD ASHIBA 格子ラック

これは、あまりに重くなりすぎて、製作そのものが困難だったりするためですが、今回は、なんと、3×6マス。
高さも、2315mmで、一般住宅ならほぼ天井までという高さです。
某ハウスメーカーからのご注文で、のモデルのセンターハウスに設置される予定です。

大きすぎて、一体での製作はできず。
まずは、お客様からのご依頼で、オーダーの「台輪」から。
台輪は、収納を少し上にあげ、足元を守る役目を果たします。
床に近いほど、どうしても埃っぽくなりますので、少し上げておくことで、棚に埃が溜まりにくくなります。
土足が当たり前の海外の住宅では必須ですし、日本においても、箒で掃き掃除をすることが一般的であった時代には、必要だったと思います。
また、床からの湿気で家具が傷んだ際も、台輪の交換で対応が可能だったということもあるでしょう。
今では掃除機が当たり前で、昔ほどの重要性はなくなってきています。

台輪の上に格子ラックの下段を乗せます。

さらにその上に上段を乗せます。

そして、そこに、格子ラック用のボックスを入れます。
このボックスは、330型 奥行380mm用のレギュラーサイズです。

いい感じで格子の中に納まっていて、

取り出して移動することもできます。

正面から見るとこんな感じです。

上下を重ねただけでは心配、という場合は、連結用のアイアンパーツも用意しました。
黒皮鉄の金具が、逆に、味のあるアクセントになります。

今回、サイズのオーダー以外にオーダーでお受けしたのが、「オイル塗装」です。
ワトコオイルの「ミディアムウォルナット」を塗布しました。
しっとりとした味わいは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)ともよく合いますね。
いわゆるオイルフィニッシュは、初心者が行っても比較的失敗しにくい塗装なので、ワックス同様に、お客様自ら塗装いただくこともおすすめしていこうと思っております。

商品情報**********************************
OLD ASHIBA 格子ラック 330型 オーダーサイズ 3×6 台輪付き
サイズ W1130 H2315(台輪込み)D380mm  台輪+上下分割
塗装  ワトコオイル ミディアムウォルナット
参考価格  
・格子ラック本体 133000円(税込 146300円)
・330型用 D380 ボックス  6200円(税込 6820円)×9
計  188800円(税込 207680円)
※別途 家財便送料がかかります。






Last updated  2020/09/09 08:06:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/07

本日ご紹介するのは、​収納ベンチ​&​キャスター付きのベジタブルボックス​です。
ちょっとしたオーダー品ですが、なにが違うかといいますと、ベンチの下にベジタブルボックスがぴったり収まるように作ってあります。
WOODPRO shopのお客様からのご依頼で、ベンチの下にボックスを入れたい、というご要望にあわせて作ったものです。
そのため、ベンチの高さは520mmで、ちょっと高めになってます。

確かに、ベンチの下側というのは、デッドスペースでもありますので、ここが有効に使えれば便利ですね。
子供のおもちゃとか、鞄とかと仕舞っておくにはぴったりかも。

キャスター付きなので、ごろごろと引っ張っていけるのも合理的。
収納ベンチの場合は、これはできません。

通常のクッション付きベンチは、補強のためのアングルが座面の中ほどについているのですが、今回は、ボックスを入れるために後ろいっぱいに寄せてつけてあります。
ボックスも、ちょうどそこで止まります。
奥に寄せることで、安定感が気になりましたが、私が座って確認する限りは、ぐらつくこともなく、問題なさそうです。

かなり使い勝手もよさそうなのです。

商品データ***************************************
OLD ASHIBAクッションベンチ
W1270 D400 H520(高さオーダー)
※無塗装  クッション チェックオレンジ
参考価格  29500円(税込 32450円)

OLD ASHIBA ベジタブルボックス キャスター付き
W585 D300 H330(キャスター込み)
7300円(税込 8030円)×2
※無塗装 キャスター付き

計 44100円(税込 48510円)
※別途 送料がかかります。






Last updated  2020/09/07 07:56:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/03


本日ご紹介するのは、ミラーの自立&壁掛けについてです。
これまで何度か、ミラーの自立についてご紹介してきましたが、本日は、普段は壁掛けのミラーとして使い、ある時はテーブルミラーとしても使う、という方法です。

こちら、我が家のトイレの手洗い前に取り付けてある、「OLD ASHIBASサイズのミラー」です。
トイレに行くたびに自分の顔のチェックができるので、まあまあ重宝です。

取り付けに関しては、かつて、私のブログでも紹介しましたが、石膏ボードの壁にアンカーを埋め、ビスを打って、それに、ミラー裏面に取り付けたキーホール金具をひっかけてあります。
⇒​石膏ボードの壁にミラーを掛ける

尾道に住む義母が止まりに来た際、このミラーは、義母の化粧用のミラーになります。
最近の住宅には鏡台というものがないので、通常は、洗面台に立って化粧をするケースが多いと思いますが、高齢の義母には難しい。
そこで、このミラーが自立するように、裏柄にスタンドを取り付けてみました。

この、自立するスタンドについても、過去にブログで紹介しています。
⇒​「OLD ASHIBAミラー Sサイズ」を自立させるスタンド
市販されているスタンドを裏面に貼りつけたものですが、このスタンドを付けると、ミラー裏面にスタンドの厚みのある部分が収まりますし、脚部自体がワイヤーで厚みがないため、壁にかけても、ほとんど分かりません。
さらに、このスタンドは丸い部分が回転するようになっているので、少しフレームから自はみ出すような場合には、脚を斜めにして納めることもできます。



⇒​アルテ 粘着ワーヤースタンド

スタンドは現在のところ当店では販売していないので、別途ご購入いただくことになりますが、壁掛けと自立スタンドを兼用できるというのは、結構便利ではないでしょうか?






Last updated  2020/09/03 08:04:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/08/28

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAとアイアンを組み合わせたキッチン向けのカウンターです。
最近は、いわゆる「茶箪笥」的な食器棚ではなく、食器類はしぼって、食器の収納というよりも、キッチンでの「活動」に重点を置いた、ある意味、理科室的なオープンキッチンが流行っています。
私の古巣であるウッドワンの販売​する「​フレームキッチン​」などは、その代表だと思いますが、キッチンのありかたも時代とともに大きく変わってきますね。

ということで、冒頭に、組み立て手順のGIF動画を入れてみました。

構成としては、縦方向の部材はアイアンのアングルを組んだもので、横方向の天板や棚板は、OLD ASHIBA(杉足場板古材)を使用しています。

アイアン部分は、フレーム状に組まれた、側面と中央の仕切りを、背面のバッテンで連結したもの。
背面のバッテンは「ブレース」といい、変形を防止する機能があります。

アイアンは、黒皮鉄をワックス仕上げしたもので、棚受けをフレームにボルト固定して、乗せます。
今回の場合は、固定する穴を6センチ間隔であけて、可動できるようにしてあります。

組み立て時の注意点としては、フレームがL字のアングルなので、そのまま、まっすぐ棚を前から差し入れることができず、斜めにして差し込む必要があるのですが、棚の間隔が狭い場合は入らない場合もあるので、あらかじめ棚を中に入れておいてから、棚位置を決めたほうが確実ですね。

現在、ご注文に応じて、完全オーダーで製作していますので、どうしても割高であったり、都度、少しずつ改良したりしていますが、そろそろまとまってきたので、レギュラー商品化したいと思っております。

商品データ****************************************
OLD ASHIBA+アイアン キッチンシェルフ
サイズ W1500 H860 D500
塗装  屋内用濃茶 アイアン部ワックス仕上げ
参考価格  105000円(税込 115500円)
別途 特大商品送料がかかります。






Last updated  2020/08/28 11:29:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/08/24

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAの収納ベンチです。
W1300で、高さも規格サイズよりも少し高い430mm。

レギュラー商品との一番の違いは、開いたときに、ボックスよりも後ろに出っ張らない点。
壁際に置いた際も、蓋の開閉スペース取らずに、壁際にぴったり置けます。

レギュラータイプは、開いたときに、扉の厚み分後ろに出っ張ります。
そのため、壁際に置くときは、その分隙間をあけておく必要があります。

壁際用のタイプは、蝶番にスライドヒンジを使い、後ろに扉が出っ張らないようにしてあります。
現在の仕様でも、「壁際用」としてお受けすることはできますが、加工費が2500円(税込 2750円)アップになります。

商品データ************************************
OLD ASHIBA 収納ベンチ ボードタイプ ●オーダーサイズ
サイズ W1300 D400 H430
塗装  屋内用薄茶
※壁際用 スライドヒンジ仕様
参考価格 29500円(税込 32450円)
配送費別途 通常配送ができないサイズとなるため、家財宅急便での配送となります。








Last updated  2020/08/24 12:50:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全442件 (442件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.