20227341 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ おけさ柿さん アナリストが、週刊誌が、新聞が、TVが、 …
おけさ柿@ Re:ドイツ銀行の行方を握るECB(07/17) 直近だとピンと来ませんが月足、年足で見…
tt555@ ゆきこさん 投稿をありがとうございました、 世界観…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
Geofront@ Re:孤立しているのは良い兆候(07/04) 孤立しているだなんてとんでもない。それ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2013年10月10日
XML
カテゴリ:ミニストリー

少し、予習しておこう、

大まかな人類の系図で、
ノアの位置を確認、

旧約聖書による人類の系譜
アダム(Adam)からの人類の系譜

(少しだけ注意!)

上のリンク先の記事を見ると、
キリスト教はユダヤ教を母体とか、
イエスはユダヤ人(ユダヤ教徒)だった
などと、
スッカリ、巷の偽情報に引っかかっている箇所がある、

約束の地、カナンと苦難。キリスト教について(1)

キリスト教はユダヤ教を母体にしています。
イエス自身、死ぬまで
(というか十字架にかけられたあと復活し、昇天しましたが)、
ユダヤ教徒でした。


しかし、かつて自分もそう思っていた時期があったので、
あまり強く、非難できないところがもどかしいのだけど、

ユダヤ教は隠れ経典タルムードを主体とするオカルト宗教、
イエスはユダヤ人ではなく、
乙女マリアから生まれたガリラヤ人、
(byマリンズ)

 
上の図から、確認しておくこと、
 
*アダムとイブには、3人子がいて、セツが正式な系譜、
  (カインは、サタンとイブの間の子と言われる、byカナンの呪いP32)
*ノアの子、セムが正式な系譜、
*アブラハムは、ズットあとに登場、

ノアの三人の息子たち、
セム
、ハム、ヤペテ、
loading
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/seisho4.htm
セムの子は、
エラム(
メソポタミヤ)、アシュル(アッシリア)、
アルパクシャデ(
ヘブル)、ルデ(リディア)、アラム(シリア)、
ハムの子は、
クシュ(
エチオピア)、ミツライム(エジプト)、プテ(リビア)、カナン

*ハムの長子であるクシュ、
彼の息子は、セバ、ハビラ、サブタ、ラマ、サブテカ、ニムロデ

ハムの末っ子カナンは、シドン、ヘテ、エブス人、エモリ人、
ギルガシ人、ヒビ人、アルキ人、シニ人・・・を生んだ、
(これらの民はやがてイスラエルによる聖絶の対象となる、
ヤペテの子は、
ゴメル(
トルコ)、マゴグ(スキタイ)、マダイ(メディア)、ヤワン(ギリシャ)、
トバル(
グルジヤ)、メシェク(モスクワ)、ティラス(エーゲ海周辺)、

と概略を一覧したところで、
以下、聖書の中でも難解箇所を見てみる、
 
(新共同訳 創世記9章18節 ~)
箱舟から出たノアの子らはセム、ハム、ヤペテであった。
ハムはカナンの父である。
この三人はノアの子らで、
全地の民は彼らから出て、広がったのである。

さてノアは農夫となり、ぶどう畑をつくり始めたが、
彼はぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。

カナンの父ハムは父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。
セムとヤペテとは着物を取って、肩にかけ、うしろ向きに歩み寄って、
父の裸をおおい、顔をそむけて父の裸を見なかった。

やがてノアは酔いがさめて、末の子が彼にした事を知ったとき
彼は言った、
「カナンはのろわれよ。
彼はしもべのしもべとなって、その兄弟たちに仕える。
神はヤペテを大いならしめ、
セムの天幕に彼を住まわせられるように。
カナンはそのしもべとなれ」。
また言った、
「セムの神、主はほむべきかな、カナンはそのしもべとなれ」



さて、
なぜ、ノアは、カナンを呪ったのか、
それは、
「末の子が彼にした事を知ったとき」とある、
彼にした事とは何か、

一般解釈は、
恥ずかしい所を見られた(?)ノアは激怒し、
ハムの子供カナンを呪った!?


ウウーン、裸を見られたぐらいで、

激怒するかよ??
ジムのロッカーなんか、
みんなすっぽんぽんだぞ!?

マリンズの「カナンの呪い」
online ebook(P38)を見てみると、
loading
 
loading
 
loading

マリンズいわく、
同性愛の行為(男色)をカナンが行ったが故に、

ノアは激怒して、カナンを呪ったのだと、
ナルホド、
これは、わかる希ガス、


カナンの呪いはここに登場、
以降、呪われたカナンによる、
祝福を受け継ぐセムに対する憎しみで歴史が作られていく、
 
その
オカルト儀式(幼児生贄、人肉食、乱交)に始まる、
悪魔崇拝はカナンの地にとどまらず、
ウルとカナン
http://www.ma-santa.com/m/2007/12/1.html?page=4

彼ら、カナン人は、やがて、
フェニキア人、ベネチア人、黒い貴族へと変貌、
 

彼らが行くところ、至るところで、
その災厄を振りまき、
文明の悪魔化を図る、
 
欧州で金融を掌握、さまざまな革命・策略を起こしては、
国家の実権を手中に治めていった、






最終更新日  2013年10月10日 23時07分22秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.