5630431 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アレ、ときどき啓人 そらそうよ おーん

アレ、ときどき啓人 そらそうよ おーん

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2022.12.31
XML
カテゴリ:映画 カ行




あらすじ
函館郊外の書店で働く「僕」は、失業中の静雄と小さなアパートで共同
生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子とふとした
きっかけで関係をもつ・・・。


解説

キネマ旬報ベスト・テン
日本映画3位・主演男優賞
日本映画批評家大賞主演女優賞


三島由紀夫賞候補の『そこのみにて光輝く』​
芥川龍之介賞候補『オーバー・フェンス』​
等で知られる佐藤泰志の芥川賞候補の小説が原作。

タイトルはビートルズの「And Your Bird Can Sing」、ジョンいわく
捨て曲らしいけど、その曲の直訳で原作では登場人物が歌う描写がある
みたいやけど、映画には全く登場しませんうっしっし

函館出身の佐藤泰志の函館三部作を映画化した函館にあるミニシアター
シネマアイリスの企画って事で、原作は東京の国立が舞台なのが函館に
変更されてんのに、登場人物は方言ではなく標準語なんやけど・・・


「今回の映画は、「あれ、もしかして素じゃね?」みたいに思われるよ
うな嘘をつくようなつもりで作ろうとしていたから、方言という嘘はち
ょっと違うし、必要ないなと思って。」三宅唱監督



そういう意図らしいが、それから、原作が発表されたんは長時間並んで
一瞬しかパンダが観れんかったポートピアのあった1991年やねんけ
ど、昭和の要素は排除して現代の物語として描かれている。

この映画が公開されたんもW杯の開催年やったからか、たまたまなんか
は分からんが監督が、この作品をインタビューでサッカーに喩えていて
、トム・クルーズが、やたらヤバいゴールを決めまくる豪華な映画とは
真逆の、コーナーキックのときの、ディフェンダーとフォワードのちょ
っとした悪口の言い合いみたいな映画って言ってた大笑い

監督・脚本は『Playback』の三宅唱
撮影は『密使と番人』の四宮秀俊
出演は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の柄本佑
『泣き虫しょったんの奇跡』​​の石橋静河
『東京島』の染谷将太
『やくたたず』の足立智充
「ヒヤマケンタロウの妊娠」の山本亜依
『パラレルワールド・ラブストーリー』の水間ロン
『THE COCKPIT』のOMSB
『海炭市叙景』​​の渡辺真起子
『スープ・オペラ』​​の萩原聖人





ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞってみて下さい。


エスキモーは差別用語やから、イヌイットにすべきなんちゃうと思った
ら、イヌイットは種族の呼称やから、今は逆にエスキモーでOKなんや。

アイスクリーム工場やないけど、冷凍倉庫と書店で働いた経験があるが
、あんまり僕には共感できへんかったな(笑)
書店は陳列、返品、補充、レジとか、時給の割りに意外と面倒くさいし
、僕みたいな性格やったら、直ぐ辞めそうな気がするけど。

て言うか、自然体のお洒落って言葉濁してたけど、清潔感の無い風貌に
、無断欠勤、万引き無視、暴行とか、なんでクビにならんねん?(笑)
万引きを追いかけた森口の方を叱って、店長なんか弱みあるん?
ボコられて欠勤の森口と酒飲み行ってるし、良い人って事なんかな。

オリビアを聴きながらのハナレグミと東京スカパラダイスオーケストラ
バージョン、石橋静河めっちゃ上手いなと思ったら、それもその筈で、
彼女のカラオケの十八番らしい(笑)

佐知子は店長と付き合ってたけど、最初は大人の魅力に惹かれてたが、
長く付き合うと退屈な男と感じたんか、不倫してた時の刺激が離婚した
後は無くなったからか、危険な雰囲気のある僕に魅力を感じて付き合う
ものの、約束をすっぽかされてるし、最初から分かっていそうなものを
、興味が上回って気にならなかった僕の誠実さの無いとこ、何考えてる
か分からんとこに次第に嫌気が刺し、優しい静雄に乗り換えた感じ?

舞台は現代に変更したとは言え、凄い狭い世界で乗り換えてるところが
、SNSがなかった時代の恋愛っぽい(笑)

函館が舞台やのに、みんな標準語な中、元AKBが演じてる本屋の後輩
だけ関西弁で違和感があるけど、原作には登場せんオリキャラらしいが
、進学とかで函館は考えにくいし、原作通り舞台が東京やったら違和感
なかったと思うが、親の転勤で高校くらいに引っ越してきた設定かな?

映画では静雄の兄は登場せんけど、原作では逆に母親が登場せんようで
、僕の家に来たんも兄やったんやけど、原作との1番の違いは何と言っ
ても、静雄が母親を殺すのを描かれてない点やね。

静雄と母親とのやり取りで呆けたら殺すってのがあったが、原作で静雄
が母親を殺した日は雨が降ってて、もし撮影の時に雨が降ったら、監督
は殺人の場面を撮るつもりだったらしい。

肘を触られて120数える間に戻ってきた佐知子と心が通じ、2人の恋
は始まったが、強がって静雄との交際を祝福して別れた場面では、数え
ても戻って来ん事が分かってたんか、最後まで数える事もなく駆け出し
、本心を曝け出して告白するも、佐知子の困惑の表情で終わって、何て
答えたんか分からんけど、1度離れた心は戻らんし、玉砕ちゃうかな。

もっと早く本心を伝えておけば、ああならんかったやろうけど、大事な
もんは失ってみて、初めて気づくもんなんやろし。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2022.12.31 16:11:32


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

2024年春季キャ… New! タイガース非公式サイト2代目さん

チケットはそんなに… 徳虎さん

風呂敷/2(古今亭 志… 雨里2006さん

竹中半兵衛公の銅像… トラトラ甲子園さん

殿上人日記 夢穂さん
殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん

Free Space



© Rakuten Group, Inc.