4368565 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

映画 ラ行

2015.05.02
XML
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
ライフ誌最終号の表紙を飾る大切な写真のネガが
ないことに気づいたウォルターは・・・。


解説

ナショナル・ボード
・オブ・レビュー賞
トップ10作品

サターン賞
ファンタジ
ー映画賞
主演男優賞
ノミネート




ダニー・ケイ主演の『虹を掴む男』のリメイク。
原題は『The Secret Life of Walter Mitty』。
向こうはタイトルに、人名いれるんが好きやなうっしっし

雑誌LIFEの話やから、邦題の方がセンスあるあっかんべー







出演は『幸せのセラピー』のクリステン・ウィグ







『人生はノー・リターン 〜僕とオカン、
涙の3000マイル〜』のアダム・スコット







『我が家のおバカで愛しいアニキ』のキャスリン・ハーン
『八十日間世界一周』のシャーリー・マクレーン
『きっと ここが帰る場所』のショーン・ペン







『スタスキー&ハッチ』のパットン・オズワルト
『タイムトラベラー/きのうから来た恋人』
のジョーイ・スロトニック
『ザ・ディープ』のオラフル・ダッリ・オラフソン。







監督・製作・主演は『リアリティ・バイツ』のベン・スティラー
脚本は『潮風とベーコンサンドと
ヘミングウェイ』のスティーヴ・コンラッド
撮影は『幸せの1ページ』のスチュアート・ドライバーグ







音楽は『トロピック・サンダー/
史上最低の作戦』のセオドア・シャピロ。



『LIFE!/ライフ』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


パパジョンズって、京都のチーズケーキ屋とは全く
関係なく、ピザーラ、ピザハットに次ぐ全米3位の
ピザチェーン店で全世界で1000店以上あるけど
日本は未進出やから、そんなん知らんかった(^-^;



ヘンドリックスは感じ悪かったけど、会話中に
上の空になったら、からかわれても仕方ない(^-^;

ガス爆発からシェリルの三本足の飼い犬の救出
写真から飛び出した冒険家とシェリルの会話
人形の奪い合いからエレベーターから落下して
道路を猛スピードでスキーで滑走する場面は
明らかに空想なんが直ぐに分かったけども
ウォルターがヘンドリックスに髭が似合うのは
ダンブルドアだけってジョークを飛ばすなんて
あんな地味な場面が空想とは思わんかった(^-^;



ライフ誌の最終号の表紙を飾る写真のネガが無く
その前のネガを手掛かりに、写真家ショーンを
探す旅に出る事になったウォルター。

予告とかでも使われた場面やけど、ケネディや
ジョン・レノン等のライフ誌の表紙の前を
走って行くウォルターが格好ええよな。


旅に出てからというもの、酔っ払いと格闘したり
ヘリに飛び乗り、海にダイブして鮫に襲われ
ストリップを見に行く船員達と自転車争奪競走
石ブレーキで人形と交換したスケボーで滑走
噴火に巻き込まれて危機一髪とウォルターが
これまで空想してたような事を体験する。

現実が波瀾万丈だと妄想も減り、酔っ払いの
ヘリに飛び乗るのに、背中を押してくれた
シェリルの弾き語りくらいやったな。


あと一歩でショーンに会う事が出来ずに帰宅した
ウォルターは、手掛かりのネガに写ってるのが
家のピアノだと気付き、母親に聞くとショーンは
家に来てた事が判明、船で食べたミカンケーキは
母親が作った物で、世界中を飛び回る事になった
のは、母親の話を上の空の自分のせいやった(^_^;
そのおかげで、空欄だらけプロフィールが埋まり
モテモテになったんやし、むしろ良かったやん。



ヒマラヤの山奥で幽霊猫ユキヒョウ撮影中の
ショーンにようやく会えたものの、ネガは
ウォルターが捨てたプレゼントの財布の中。

土産の笛で入国審査に引っかかったウォルターの
エックス線映像の後、あのeハーモニーの担当者が
身元保証人となって無事に釈放されて、これだけ
引っ張って、最高傑作の写真を見せないなんてのは
ハリウッド映画ではあり得ないので(笑)、案の定
母親が財布を拾っていてくれていて、ライフ誌の
標語も知らないヘンドリックスに、かつて言われた
台詞を言い返して、中身を見ずにネガを渡した後
最終号の表紙を飾ったのは、標語を信じて命懸けの
社員代表であるウォルターの姿だった。

シェリルと妹が出てるグリースの舞台を一緒に
見に行く事になって、めでたしめでたし。


旅に凄い行きたくなる映画やったけど、現実には
そんな簡単に行けるもんちゃうし、意中の人と
上手くいく事なんて、あまり無いけどな(^_^;
 
虎団Jr. 虎ックバック専用機に
承認後に反映されます。






Last updated  2015.05.02 07:52:27
2015.03.09
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
2005年7月7日、ロンドンで同時爆破テロ事件が発生。
親元を離れてロンドンに住む娘と連絡が取れなくなった
母親のエリザベスは、娘の安否が気がかりでロンドンに・・。


解説


ベルリン国際映画祭
銀熊賞(男優賞)







出演は『秘密と嘘』のブレンダ・ブレシン







『ゲート・トゥ・ヘヴン』のソティギ・クヤテ







『レイヤー・ケーキ』のフランシス・マギー







『スズメバチ』のサミ・ブアジラ






『約束の旅路』のロシュディ・ゼム
『モンスター・ナイト』のマーク・ベイリス
『熟れた本能』のベルナール・ブランカン。








監督・脚本は『デイズ・オブ・グローリー』のラシッド・ブシャール
脚本はオリヴィエ・ローレル、ゾエ・ガレロン
撮影は『ずっとあなたを愛してる』のジェローム・アルメーラ







音楽は『オーケストラ!』のアルマン・アマール。




三大映画祭週間2014公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


ロンドンリバーってタイトルが出た時、背景が
田舎の海やったから、なんでやねん!と思った(笑)

ベルリン国際映画祭で賞を獲った事、ブレンダ・
ブレシンが主演で『デイズ・オブ・グローリー』の
監督って知識だけで、どんな話か知らんと観たら
ロンドン同時爆破テロの話やってんな。

911に比べると、このテーマの作品は珍しいな。


ガーンジー島に住むエリザベスは、爆破テロ以降
連絡が取れない娘を心配してロンドンに行く。

一方、フランスで働いて15年のウスマンは
6歳で別れて、顔も分からない息子を探しに来た。

写真もなく、ありきたりな名前で、見つけるのは
困難かと思いきや、息子はモスクに来てたので
案外直ぐに家は見つかって、しかも、ウスマンは
その事をモスクの人がコインランドリーにいた時
偶然通りかかったおかげで知る事が出来た(^-^;

更に、沢山の探し人の張り紙の中から、偶然目に
留まったエリザベスの娘が、息子の写真に一緒に
写ってる事にも気付き、ウスマンは強運過ぎる(笑)


息子の情報を知る為にウスマンはエリザベスに電話
しかし、エリザベスはイスラム教徒を恐れてるので
ウスマンの事を警察に通報した(^-^;

プロテスタントのエリザベスにしたら、娘が
アラビア語を習ってた事がショックなんだろうが
アラビア語の先生に、習う必要ある?(笑)って
誰が話す?って、いっぱい話す人はおるし(^-^;

自分だってフランス語の勉強したんやし、それが
娘の場合はアラビア語だっただけやん。

エリザベスは、アラブ人の大家に対しても、最初は
凄く警戒してたが、携帯の使い方を教えてくれた
アラブ人には携帯を渡して、無用心やろ!(笑)


子供の安否を心配する同じ立場だというのに
エリザベスはウスマンに対して凄く冷たかったが
犯人はパキスタン系だと知り、ウスマンの息子に
対しての嫌疑を詫びると、ウスマンも自分の息子を
疑っていたと告白、同じ傷だらけの働く手で共感し
エリザベスはウスマンに一緒に泊まるように提案。

でも、その部屋はエリザベスのもんやなくて、娘が
ウスマンの息子と住んでる部屋やから、始めから
ウスマンには泊まる権利があったんやけどな(笑)

二人の子供は一緒にフランス旅行をしてると分かり
笑顔を見せたエリザベスやったが、警察からDNA
検査でバスで死んだのが確定したと告げられる。

フランス旅行に行ってるからって、爆破テロを
知らず、連絡をしないって事は無いもんな(^-^;


エリザベスもウスマンの妻も号泣してるのに
ウスマンは泣かなかったけど、やっぱり6歳
から会ってないからなんかな?気落ちした
エリザベスを励ます為に、気丈に振る舞った?

急に歌いだしたウスマンに、エリザベスは抱擁して
礼を言って別れ、哀しみを振り払うように鍬を振る。
 
虎団Jr. 虎ックバック専用機に
承認後に反映されます。






Last updated  2015.03.09 23:09:09
2015.03.02
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
すべてが“LEGO(R)”のブロックでできた町
ブロック・シティ。建設作業員である平凡で
生真面目な青年エメットは、ある現場で
見かけた不審な美女を追ううちに・・・。



解説


アカデミー賞
歌曲賞ノミネート

ゴールデン・グローブ
アニメーション作品賞
ノミネート




声の出演は『ウォンテッド』のクリス・プラット
『主人公は僕だった』のウィル・フェレル
『ムービー43』のエリザベス・バンクス







『俺たちフィギュアスケーター』のウィル・アーネット







『俺たちサボテン・アミーゴ』のニック・オファーマン
『憧れのウェディング・ベル』のアリソン・ブリー
『モンスターズ・ユニバーシティ』のチャーリー・デイ







『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム
・メナス』のリーアム・ニーソン







『バットマン ビギンズ』のモーガン・フリーマン
『G.I.ジョー』のチャニング・テイタム
『メガマインド』のジョナ・ヒル
『アベンジャーズ』のコビー・スマルダーズ
『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
のアンソニー・ダニエルズ
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
のビリー・ディー・ウィリアムズ







「ロボットチキン/スター・ウォーズ 
エピソード 1」のキース・ファーガソン
『マーシャル博士の恐竜ランド』のヨーマ・タコンヌ。







監督・脚本は『くもりときどきミートボール』
のフィル・ロード&クリストファー・ミラー







撮影は『21ジャンプストリート』のバリー・ピーターソン
音楽は『ファンボーイズ』のマーク・マザースボウ。



『LEGO ムービー』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


レゴブロックで遊んだ事ないから、思い入れは
全くないねんけど、評判が良いから観てみたが
レゴブロックのストップモーションアニメかと
見まがう程、CGとは思えないリアルな映像やな!


レゴの人形って、髪の毛が回転するんや(笑)
そして、カツラみたいに外して、色んな髪型に
出来るようやけど、奇跡のパーツに選ばれたが
普通の中でも特徴のないエメットは、レゴを
使って何でも作れるマスタービルダーのワイルド
ガールに助けられてばかりだったけど、頭に
車輪をつけて窮地を救い、初めて役に立つ。

エメットの彼氏バットマンと共に、雲の上の
楽園に行くと、ガンダルフと
ダンブルドアの
ややこしい二人等、多くのマスタービルダーが
集まっていたが、エメットの駄目さ加減に呆れ
リンカーンは帰り、エメットの足に付いてた
発信器のせいで、おしごと大王の軍勢に襲われ
マスタービルダー達は捕まってしまった。

エメット達は潜水艦を作って逃れたが、好き勝手に
皆で作ったので沈没するが、エメットが作った
二段ソファだけは壊れなかったので命拾いする。

バットマンがミレニアムファルコンから盗んだ
ハイパードライブを使い、エメットの作戦で
マニュアル通りの宇宙船で敵地への潜入に成功
ワンピースのフランキーっぽいロボヒゲは
コピー機にトランスフォームして身を隠した。

作戦成功まであと一歩のところまでいくも
強かったウィトルウィウスは首をハネられて
予言はデタラメの言葉を残して死んでしまい
エメットはビルからまっ逆さまに落ちていった。

ワイルドガールこと、本名ルーシーのテレビの
演説で、モブキャラ達が立ち上がって必死に
抵抗してる最中、エメットは上にいるお方に遭遇
そこから実写パートに突入、おしごと大王の
声を担当しているウィル・フェレルが登場した。

おしごと大王は、対象年齢8歳から14歳の
レゴを、独り占めして触らせてくれない父親で
息子は何度でも遊べるレゴをスーパーボンド
スパボンで接着する父親を阻止したかったのだ。

息子が作ったレゴを見た父親は自分の過ちに
気付き、奇跡のパーツでボンドに蓋をする。

むしろ、蓋をせん方がボンド出なくなるけどな(笑)

ハッピーエンドかと思いきや、新たな強敵
妹が現れて、みんな滅亡させると宣言(^-^;


エメットの方は、空気を読めるバットマンが
あっさりと身を引いて、ハッピーエンド。
 






Last updated  2015.03.02 09:08:35
2015.02.19
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
感性で走る天才型でプレーボーイとしても名高いハント
緻密な計算でレースを支配する頭脳派にしてストイック
なラウダ。対照的なレーサーの2人は・・・。


解説


ゴールデン・グローブ
作品賞(ドラマ)
助演男優賞
ノミネート








出演は『マイティ・ソー/ダーク・
ワールド』のクリス・ヘムズワース







『フィフス・エステート/世界から
狙われた男』のダニエル・ブリュール







『アルファ・ドッグ 破滅へのカウント
ダウン』のオリヴィア・ワイルド







『バーダー・マインホフ 理想の果てに』
のアレクサンドラ・マリア・ララ







『天使と悪魔』のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』のクリスチャン・マッケイ
『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』のデヴィッド・コールダー
『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』のナタリー・ドーマー
『リトル・ダンサー』のスティーヴン・マンガン
『ある公爵夫人の生涯』のアリスター・ペトリ
『トゥームレイダー』のジュリアン・リンド=タット
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』のコリン・スティントン
『17歳の肖像』のジェームス・ノートン
『フィルス』のザック・ニイザト
『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』の小家山晃。







監督は『アポロ13』のロン・ハワード







脚本は『フロスト×ニクソン』のピーター・モーガン
撮影は『ラストキング・オブ・スコットランド』
のアンソニー・ドッド・マントル







音楽は『バックドラフト』のハンス・ジマー。



『ラッシュ/プライドと友情』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


男は車好きが多いけど、小さい頃は車の玩具が
好きやったけど、乗り物酔いするし、大気汚染を
助長してるし、あまり本物の車は好きでなく
そのせいか、色んなスポーツを見るのが好きやけど
F1だけは全く興味がなかったりする(^-^;

女にモテるため、名声を手に入れるために走る
セクシーで長髪の典型的なレーサーのハント。

走るのは金の為、レーサーっぽくない地味な見た目
性格も真面目なラウダ、正反対な二人。

ラウダはリスク20%までしか信じないなら
もっとリスクが少なくて稼げる職業もあるやろ(^-^;

ハントの家族が会計士や弁護士って意外やな。


二人の最初の出会いはF3で、ハントのせいで
ラウダはリタイアさせられ、ハントが優勝した。

実業家一族に生まれたラウダは、レーサーとしての
実績は足りなかったが、持参金とメカニックの
腕前でF1契約し、ハントはスポンサーなしで
F1に参戦し、ラウダがフェラーリと契約して
年間王者とトントン拍子に進んだのに対して
スポンサーなしは無謀で1年で撤退する事になり
ハントは酒に溺れ、結婚する気はなかったけど
周りの言う事は正しいから結婚したモデルの
スージーに愛想を尽かされて逃げられてしまう。

その後スージーが付き合うのが、エリザベス・
テイラーの夫だったリチャード・バートンって(^-^;


ラウダの方は、ヒッチハイクを成功させて
自らの美貌のおかげとドヤ顔したら、ラウダの
ファンで赤っ恥のマルレーヌと結婚、イビサ島で
幸せ過ぎて、弱くなる事が不安になる。



マクラーレンのドライバーになったハントは
2戦目で優勝するが、ラウダの指摘で違反失格
マシンの改悪を余儀なくされてリタイアが続く。

ただでさえ危険なコースで雨なのでラウダは
中止を主張するも、ハントの人気のせいで
多数決で決行され、ラウダはクラッシュ炎上で
生死をさまよう大火傷を負ってしまう。


「君の勝利で生きる闘志が湧いた」

喉に長い管をつっこまれる苦しい治療を経て
ラウダはレースに復帰、移植した肌は汗が
出なくて運転しやすい等とユーモアを交えて
会見に答えていたが、意地悪な質問に激昂し
ハントは、その記者を殴り倒した。

復帰レースはスタートで出遅れたが、4位となり
観客がなだれ込んで祝福、年間王者の行方は
最終戦の日本GP次第となるが、雨で危険なので
ラウダは途中棄権、タイヤがパンクして遅れるが
危険を恐れない走りでハントが年間王者となる。

これからもラウダは切磋琢磨するつもりだったが
ハントは満足してしまい、2年後に引退して
生き急ぐように生き、45歳の若さで亡くなる。
 






Last updated  2015.02.19 23:56:30
2015.02.15
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
1915年、フランス南部の保養地コート・ダジュール。
モデル志願の若く美しい娘アンドレが不意に現われ・・。



解説


セザール賞
衣装デザイン賞



現在、東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催中
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~
アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
でも展示されてるルノワールの晩年を描いた作品。







出演は『トト・ザ・ヒーロー』のミシェル・ブーケ







『LOL ~愛のファンタジー~』のクリスタ・テレ







『いのちの戦場 -アルジェリア1959-』のヴァンサン・ロティエ







『少年と自転車』のトマ・ドレ








『屋根裏部屋のマリアたち』のミシェル・グレイゼル
『レンブラントへの贈り物』のロマーヌ・ボーランジェ
『ストリッパー パリ18区』のカルロ・ブラント
『ガブリエル マーガレットと素敵な何か』のティエリー・アンシス。







監督・脚本は『メッセージ そして、愛が残る』のジル・ブルドス
原作はオーギュスト・ルノワールのひ孫ジャック・ルノワール
脚本は『プロヴァンス物語/マルセルの夏』のジェローム・トネール
撮影は『花様年華』のマーク・リー・ピンビン
衣装は『しあわせの雨傘』のパスカリーヌ・シャヴァンヌ







音楽は『真珠の耳飾りの少女』のアレクサンドル・デスプラ。



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


展覧会にインテリぶって(笑)、結構足を運んだ
時期があって、画家や作品の名前は詳しくなって
多くの日本人同様に印象派が好みに合い、当然
ルノワールの作品も好きな部類やけど、画家の
私生活には、あまり興味を持たないたちなんで
晩年リュウマチに苦しんだ事とか、ルノワールに
何人子供がいて愛人が何人とかは知らなくて
ルノワールの息子が有名な映画監督という事も
知識としてはあったが、次男なんも知らなくて
後に妻となるデデが出演する彼の映画も古いんで
観た事なくて、知ってた方がもっと楽しめたかな?

チョイ役過ぎて驚いた(笑)ボーランジェ演じる
ガブリエルにしても、映画観た時は気付かなかったが
観た後に彼女を検索してみたら、ガブリエルとジャンの
絵は観た事あって、少し感動したもんな(^-^;

デデをモデルにした絵も観た事あったけど
ルノワールの晩年の作品は、あまり好みちゃう(笑)

デデ役の女優の顔は好みやったけど、少し幼く見える
見た目に反した可愛げのない声が少し残念(笑)


本当かどうか分からないが、死んだルノワールの
妻の紹介でモデルとしてやって来たデデ。
アンドレで、なんでデデなんやろ?(^-^;

最初の日はポーズを取ったのに、ルノワールが描いた
のは果物で、光が良い早い時間に来いと言われて
翌日からヌードモデルの仕事が始まった。


歩けなくはないが、描く気力を奪われるので
車椅子生活のルノワールを運ぶ女使用人達に
使用人扱いされて、自らをアーティストと称し
女優志望のデデはプライドを傷つけられ、キレて
ルノワールの絵入りの高価な皿を割る。

ルノワールに心酔する使用人にしてみたら
自分達もモデルしてるし、同じ立場に見えるデデが
使用人の仕事をしないのは気に食わないのは
当然かもしれんが、ティツィアーノさえ賛美する
あの乳房が戻るなら何でもするとルノワールに
言わしめたデデは、ただの使用人ちゃうよな(^-^;


デデは父だけでなくルノワール次男にとっても
特別な存在で、彼女に出会わなかったら、夢も
野心もないジャンが、映画監督になる事もなかった。

ルノワール親子にとっては特別だった彼女やけど
女優としては、特別ではなかったみたいやね(笑)


みなし子と自称した三男ココは、デデにおっぱい
見せろとか、ママと同じで寝るんだろとか言って
重要なキャラかのように思わせておいて、結局は
ボディペインティングをするだけで終わる(^-^;
 






Last updated  2015.02.15 07:17:25
2015.01.06
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
19世紀の米国。悪霊ハンターのトントは
少年時代の忌まわしい事件のせいで復讐に
燃える戦士となっていた・・・。



解説


アカデミー賞
メイクアップ&
ヘアスタイリング賞
視覚効果賞
ノミネート


ゴールデン・
ラズベリー賞
最低リメイク
盗作・続編賞








日本でも1958年から1963年に放送
されていたテレビドラマの映画化。







出演は『パイレーツ・オブ・カリビアン
呪われた海賊たち』のジョニー・デップ







『白雪姫と鏡の女王』のアーミー・ハマー







『ウォルト・ディズニーの約束』のルース・ウィルソン
『リプリー 暴かれた贋作』のトム・ウィルキンソン
『ダークナイト』のウィリアム・フィクトナー







『トゥルー・グリット』のバリー・ペッパー







『アリス・イン・ワンダーランド』のヘレナ・ボナム=カーター
『アイアンマン3』のジェームズ・バッジ・デール
『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』のメイソン・クック
『世界最速のインディアン』のサギノー・グラント
『007/慰めの報酬』のホアキン・コシオ
『ロンドンゾンビ紀行』のハリー・トレッダウェイ
『永遠の愛に生きて』のジェームズ・フレイン







『ランゴ』のスティーヴン・ルート
『アラモ』のレオン・リッピー
『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー:のマット・オリアリー。








監督は『ザ・メキシカン』のゴア・ヴァービンスキー
脚本は『レボリューショナリー・ロード
燃え尽きるまで』のジャスティン・ヘイス
『マスク・オブ・ゾロ』のテッド・エリオット
『シュレック』のテリー・ロッシオ
撮影は『ザ・リング』のボジャン・バゼリ







音楽は『ニコラス・ケイジのウェザーマン』のハンス・ジマー。


『ローン・レンジャー』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


酒を飲んだり、屋根に登ったり、どこにでも現れる
シルバーは、トントすらヤバい馬呼ばわり(笑)

「ハイヨー、シルバー」

二度とやるなって、決め台詞なんちゃうん?(笑)

白黒テレビは未体験の世代やから、テレビドラマは
観た事ないけど、その決め台詞と「インディアン
嘘つかない」のフレーズは何故か耳にした事はある。

でも、ウィリアム・テル序曲と言えば、やっぱり
「ひょうきん族」やけどな(笑)


トントも少年も、殻ごと落花生食ってたけど
アメリカでは普通の事なん?(^-^;
ディズニー映画らしくファミリー向けを意識してか
現代の遊園地に来た少年に、トントが昔話を
聞かせるというスタイルで進むが、そのせいで
必要以上に上映時間が長くなったからなのか
製作費に見合った興行収入とはならなかった。

橋の爆破の伏線だけは効果的に作用してはいたけど
現代パートで中断されて、リズムも悪くなってたしな。
屋根の上をシルバーが疾走、二丁拳銃をぶっぱなし
梯子で笑いを取るトント(笑)、クライマックスの
列車シーンは良かってんけど、序盤や中盤に
盛り上がるアクションが無かったせいもあるかも?


心臓を抉って食べるキャヴェンディッシュは
ディズニーらしからぬ残虐キャラやったけど
直接的には映ってないのがディズニーらしい(^-^;



何故マスクを?と突っ込まれて笑いを取るのが
お約束のローン・レンジャーが主役の筈やけど
パイカリシリーズ同様、ジョニー・デップが
演じる準主役キャラの方が目立ってたな(^-^;

この監督が正統派な主人公よりも個性派が好きなのか
個性派の方が受ける時代だからなんかな?

義足が銃になってる濃いキャラで、しかもヘレナが
演じてる割に、レッドの出番は少なかったけど(^-^;
 






Last updated  2015.01.06 08:26:11
2014.12.15
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
ある夜、秘宝・チェリーサファイアを頂くという
予告状が警察の元に届いた。その差出人は
なんとルパン三世!?


解説

声の出演は『ルパン三世 くたばれ!
ノストラダムス』の栗田貫一
「KAZU&YASU ヒーロー誕生」の高山みなみ







『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE
CAPTAIN HARLOCK-』の小林清志







「GANTZ ~the first stage~」の浪川大輔
「探偵オペラ ミルキィホームズ」の沢城みゆき
『ルパンの奇巌城』の山寺宏一
「ご近所物語」の山崎和佳奈







『東京ゴッドファーザーズ』の小山力也







『カウボーイビバップ 天国の扉』の林原めぐみ







「らんま1/2」の山口勝平
『千と千尋の神隠し』の入野自由







「幽☆遊☆白書」の金尾哲夫
「らんま1/2」の夏菜
「エースをねらえ!」の内野聖陽
『名探偵コナン 11人目のストライカー』の三浦知良。



監督は「ルパン三世 東方見聞録アナザーページ」の亀垣一
脚本は「ルパン三世 天使の策略(タクティクス)
~夢のカケラは殺しの香り~」の前川淳







音楽は『ルパン三世 カリオストロの城』の大野雄二
『名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)』の大野克夫。



『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


VSってタイトルやのに、共闘する映画が最近多い(笑)

完全に特番を見てる前提で作られとるな(^-^;

不二子と五右衛門の声優がテレビの特番時と変わったが
意外に違和感なかったけど、銭形は違和感しかない(笑)

特番時の不二子の衰え程ではなかったけど、周りが
若返ったから、次元の衰えが目立ってたな(^-^;

夏菜と内野は意外に悪くなかったけど、何で
桝アナに下手くそな関西弁喋らせたんやろ?(^-^;



声も顔も同じやから、群衆の本物のキッドを工藤新一と
勘違いして、過去の話やと思ってしまった(^-^;

発砲でキッドが偽者で、ルパンなのが直ぐ分かったけど
高校生やのに車運転してるし、あの有名な車やのに
コナンは名探偵の割に、ルパンと気付くん遅っ!(笑)

なんでルパンがキッドなんかに変装してんねんと思ったら
不二子が人質で納得したが、裏切りは女のアクセサリーで
お約束の不二子の裏切りも、スミシーが上手だった(^-^;


ルパンは女に乱暴出来ないと言いつつ、ビリビリ連発(笑)


スカイツリーで危機一髪の蘭に、園子にしろコナンにしろ
あまりにも現れるタイミングが良過ぎるやろ(笑)


不二子のスリーサイズと生写真で、交渉成立って無いわ(^-^;


ルパンは悪人を救わないが、コナンは悪人でも助けるが
そもそも泥棒と探偵で、始めから相容れんからな(^-^;


最後にルパンがキッドに先を越された美術館は完全に
大阪の天王寺のやったが、寺は四天王寺に見えん(^-^;
 






Last updated  2014.12.15 08:58:00
2014.10.01
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
南北戦争は4年目に突入、リンカーン大統領は
奴隷解放のために憲法修正が必要だと考え
合衆国憲法第13条を議会で可決させるべく
なりふり構わぬ多数派工作を進め・・・。


解説


アカデミー賞
主演男優賞
美術賞







出演は『ラスト・オブ・モヒカン』のダニエル・デイ=ルイス







『ノーマ・レイ』のサリー・フィールド
『グッドナイト&グッドラック』のデヴィッド・ストラザーン
『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィット
『トゥルー・カラーズ』のジェームズ・スペイダー
『大統領の陰謀』のハル・ホルブルック







『JFK』のトミー・リー・ジョーンズ
『ウィンターズ・ボーン』のジョン・ホークス
『オール・ザ・キングスメン』のジャッキー・アール・ヘイリー
『ブッシュ』のブルース・マッギル
『マイノリティ・リポート』のティム・ブレイク・ネルソン
『父親たちの星条旗』のジョセフ・クロス
『I SHOT ANDY WARHOL 』のジャレッド・ハリス
『グッド・シェパード』のリー・ペイス
『ベティ・ペイジ』のピーター・マクロビー
『ダーク・シャドウ』のガリヴァー・マクグラス
『シリアスマン』のマイケル・スタールバーグ







『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のデヴィッド・オイェロウォ
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
のスティーヴン・ヘンダーソン
『インセプション』のルーカス・ハース。








監督は『カラーパープル』のスティーヴン・スピルバーグ
脚本は『ミュンヘン』のトニー・クシュナー
撮影は『戦火の馬』のヤヌス・カミンスキー







音楽は『アミスタッド』のジョン・ウィリアムズ。



『リンカーン』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


女性の参政権の発言で大騒ぎになってたけど
当時の価値観では女性は黒人以下なん?(^_^;


リンカーンの事は詳しく知らんけど奴隷制度を
廃止した人ってのは流石に知ってるから、法案が
成立するかどうかでは全くドキドキせんかった(笑)

戦争が終わったら、奴隷制度を廃止に出来んから
戦争を長引かせて、その事を国民に隠してたなんて
やった事は偉大やけど、イメージ良くないよな(^_^;

奥さんが恐いから、息子が兵士になるのを
大統領である事を利用して反対するとか
この作品のリンカーンは、あまり格好良い
とは思えんかったけど、それが逆に狙いで
完全無欠な偉人のイメージが強すぎるから
弱くて身近な人間として描きたかったんかな?


ユーモアがあって喋りの上手いリンカーンは
これから死にそうな演出の後、暗殺された(笑)



宇宙人(笑)が演じる奴隷解放急進派の
スティーブンスという人物は、この映画で
初めて知ったけど、あんなに必死やった
理由は、奥さんが黒人やったからなんや。
 






Last updated  2014.10.01 08:39:56
2014.07.18
カテゴリ:映画 ラ行





あらすじ
恋愛小説さながらにローマっ子のイケメンと
婚約した娘のもとへ、アメリカから
飛んできた元オペラ演出家。

恋人の親友である小悪魔な女優の虜に
なってしまう建築家の卵。

田舎から上京した純朴な新婚カップルの宿泊先に
なぜか現れたセクシー爆弾なコールガール。

ある日突然、大勢のパパラッチに囲まれ
大スターに祭り上げられた平凡な中年男。



解説





出演は『アリス』のアレック・ボールドウィン
『ナイト・オン・ザ・プラネット』のロベルト・ベニーニ





『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルス





『夫たち、妻たち』のジュディ・デイヴィス
『イカとクジラ』のジェシー・アイゼンバーグ
『抱きたいカンケイ』のグレタ・ガーウィグ
『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジ
『モニカ・ベルッチの 恋愛マニュアル』
のアントニオ・アルバネーゼ
『オスカー』のオルネラ・ムーティ
『ミラノ、愛に生きる』のフラヴィオ・パレンティ





『ミッドナイト・イン・パリ』のアリソン・ピル
『昼下がり、ローマの恋』のリッカルド・スカマルチョ。






監督・脚本・出演の『セレブリティ』のウディ・アレン





撮影は『僕のニューヨークライフ』のダリウス・コンジ。



『ローマでアモーレ』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


人は有名人に憧れ、有名人になる事を願う。

ジェリーは、娘の婚約者の葬儀屋をしてる
父親がシャワーをしてる時の美声を偶然聴いて
彼を使って、自分の名声を得ようとして奮戦する。

だが、彼の美声はシャワーの最中限定だったので
舞台上でシャワーを浴びながら歌わせる事に(笑)



ミリーは新婚だったが、偶然出会った憧れのスター
サルタに誘われたので、ホテルの部屋に行く。

サルタなんて有名人ちゃうかったら、ただの禿げオヤジで
アントニオの方が断然格好良いのにな(^-^;

部屋に潜んでいた泥棒と一芝居して、サルタの奥さんと
パパラッチを追い払って、ルーカも去ったので
犯罪者と寝た事ないミリーは、泥棒と寝る事に(^-^;

ミリーは有名人に弱い訳ではなく、単なるアバズレやん(笑)

一方、ミリーを貞淑な妻だと信じる夫アントニオは
手違いでやってきたペネロペ似のエロ過ぎる娼婦の
アンナを驚くべき事に、やらずに追い返そうとしたが
その後、妻を喜ばせる為に彼女からテクを学ぶ。

それでも、ミリーには役不足なんだろうけど(笑)



平凡な中年男レオポルドは、いきなり有名人になり
マスコミに追いかけられ、最初は戸惑っていたものの
ジャニーズ、AKBとか冠がつくだけで、たいした
ルックスでなくても、人気者になれるのと同様に(笑)
モテモテになる等、有名人の恩恵を受けて楽しんでたが
追いかけられる事に疲れ、普通の生活に戻る事を願うと
飽きたら新しい標的に移るのが、マスコミの常って事で
元の生活に戻れたが、無い物ねだりするのが人間って事で
レオポルドは注目を浴びようと、パンイチで叫ぶ(^-^;



有名建築家ジョンと出会った建築家の卵のジャックは
恋人の友達で、女優のモニカと親密な仲になる。

ジョンはジャック以外の人間にも見えてたから、最初は
ただ普通に二人が出会っただけと思ったけど、ジャックと
モニカに背後霊のように付きまとい(笑)、予言者のように
モニカ達の事を話したりし、若い頃の回想って事か?

親友の家でセックスするのは罪悪感があるけど
車の中ではノープロブレム(笑)のモニカは結局
有名人になる為に、ジャックを捨ててしまう。

対照的に、シャワー限定美声父は名声なんかよりも
家族を選んで海外進出は断り、ジェリーがっくし(^-^;
 






Last updated  2014.07.18 21:22:21
2014.02.03
カテゴリ:映画 ラ行




あらすじ
84歳、元大学教授のタカシは、亡き妻に似た若い女性
明子を、デートクラブを通して家に招いた・・・。


解説


日本映画プロフェ
ッショナル大賞
ベスト10第5位







出演は『ディア・ドクター』の奥野匡





「侍戦隊シンケンジャー」の高梨臨





『永遠の僕たち』の加瀬亮





『TOKYO!』のでんでん
『花の袋』の森レイ子
『夢売るふたり』の大堀こういち 。



監督・脚本は『友だちのうちはどこ?』、『桜桃の味』





『トスカーナの贋作』のアッバス・キアロスタミ
撮影は『アウトレイジ ビヨンド』の柳島克己。



『ライク・サムワン・イン・ラブ』公式サイト


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


答えが、誰もが知ってるダーウィンやのに
デュルケームって、間違える方が難しいやろ(^_^;

東京駅で待ってる筈の明子の祖母が、何故か
家康の銅像が立ってる静岡駅にいた(笑)

東京駅ではロケが出来んかったんか、イメージに
合う場所がなかったか、まぁどっちでもエエけどな。
因みに、桜海老が名産の明子の故郷の設定は静岡らしい。



祖母に会いたい気持ちと決別するかのように
化粧をして、仕事モードの顔に変わる明子。

デリヘルやと、女の子の安全の為にドライバーが
送迎するんやけど、身元がハッキリしてるからか
タクシーで明子1人で、タカシの家に。

デートクラブって詳しくないんやけど、デリヘルが
ヌクだけなのに対し、デートっぽい事してからヌク
って認識やけど、明子は直ぐ寝て、仕事してへんやん。
それで大学まで送ってもらうなんて、図々しすぎる(^_^;

いくら「教鵡」の女に似ていて、亡き妻に似てるからって
タカシは、ろくなサービスをしてくれへん明子に甘すぎ(笑)


大学の前で明子を責めるノリアキの姿は、電話で
トイレのタイル数えろと指示してたイメージ通りの
危ない奴やったから、タカシの車に向かってきた時は
早く逃げて!と思ったけど、煙草の火を借りに来ただけで
ホッとしたのも束の間、図々しくも車に乗り込んできた。

ノリアキは話してみると、意外に良い奴そうやったけど
最終的には、女に手を上げ、タカシの家に怒鳴りこんで
車を破壊、窓を割り、第一印象通りのヤバイ奴やった(^_^;

て言うか、そこで終わるんかよ!(笑)


全てを放り投げるような唐突な終わり方ではあったけど
あまり詳しく説明せん作品やからこそ、逆に気になったし
どういう方向に話が進むんかとか、終着点も読めなくて
最後まで飽きる事なく楽しめた作品ではあったな。

この作品で最も特徴的に感じたんは、画面の外から
声だけは聞こえんのに、話してる人物が映らへんとこ。
普通は、話をしてる人物の表情は映すもんやのにな。

タカシの住むマンションで、窓から外を眺めるのが
唯一の楽しみの喋りのオバチャンは、最初の時は
全く画面に登場せんかった分、小窓から顔だけを
覗かせて、話しかける異様な姿が際立って見えた。
あんな、ちっちゃい窓とは、思わへんかった(笑)

絶対に笑かそうとしてる(笑)と疑いたくなる姿やけど
その割りにタカシの表情は普通で、見慣れてんねんな(^_^;
 






Last updated  2014.02.03 21:42:45
このブログでよく読まれている記事

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

本当に有望な若手が… New! 徳虎さん

近本がミスタープロ… New! トラトラ甲子園さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ジープラングラーそ… タイガース非公式サイトさん

クリムトと、今夏の… 夢穂さん

母と暮せば(2015 日) 雨里2006さん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.