441838 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

プロフィール


元上海副総経理

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…
元上海副総経理@ Re[1]:久しぶりに授業でのプレゼン(05/08) カバちゃんさんへ ご無沙汰しております。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022年01月28日
XML
テーマ:ニュース(97566)
カテゴリ:経済・社会・企業
東急電鉄が、運賃の値上げを国土交通省に申請しました。
2023年春の料金改定を申請しています。

これまでの初乗り運賃130円が140円になります。
ICカードは126円が140円となります。

これでも充分安いと思います。
東急は、通勤、通学利用が多く、東横線や田園都市線などのドル箱路線を持っています。
このドル箱路線の効果で、安い運賃でも賄えていたと思います。

確かに朝の東横線や田園都市線の混雑は、凄まじいものがあります。
最近は朝にこの路線に乗ることがないのでわかりませんが、とにかく凄い混雑でした。

この路線は沿線に高級住宅街も多く、多くの住民が居住することで通勤、通学需要を創出してきました。
そのため、JRなどの競合他社に比べると、短い路線で効率良く稼ぐことが出来ます。

このモデルで長い間運営してきた東急ですが、これがコロナの影響を受けて変化しています。
恐らく、沿線住民は所得の高い家庭が多く、大企業に勤務している人も多いと思われます。

そうなると、テレワークの推進で通勤する機会が減ります。
これが定期券利用者の減少につながり、業績に影響を与えているものと思われます。

それだけが要因ではないでしょうが、東急は消費税改定を除くと、18年振りの値上げに踏み切ることになりました。
コロナの影響は、こんなところにも現れています。







最終更新日  2022年01月28日 18時20分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[経済・社会・企業] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.