622690 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いねねの趣味三昧(昆虫・野鳥・古寺巡り・読書・木工・語学など)

PR

プロフィール


いねね

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

3年越しの神津島へ New! himekyonさん

忙しい一日 New! 碁右衛門さん

ツバメ雛巣立ちまし… New! 大分金太郎さん

花紀行(6403)-マリス… New! 宮じいさんさん

透明感のある優しい… きらら ♪さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

バックナンバー

サイド自由欄

設定されていません。
万葉集の昆虫調査、写真撮影、DIY、旅行記(国内・海外)、語学(中国語・ドイツ語)など、色々な趣味について書いています。※これまでに撮った野鳥と昆虫の図鑑をフリーページに作りました。
2022年05月22日
XML
カテゴリ:万葉集の花たち
次は第1290首の旋頭歌で、柿本人麻呂が作った歌です。

「海の底 沖つ玉藻の なのりその花 妹と我と ここにありと なのりその花」

※_(海の底)沖の玉藻の”なのりその花”よ、妻と私がここにいると、人につげてはならない”なのりその花”だよ。と歌っています。第1279首と同様に海藻の「なのりそ」と「な告りそ」との言葉遊びになっています。
                                 






最終更新日  2022年05月22日 08時01分40秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.