20740221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

ラビリンス魔王の迷宮 New! はまゆう315さん

【エール】第2週(4/6… New! ショコラ425さん

シングルスタンドPRO… New! 俵のねずみさん

世界同時瞑想、いか… New! 鹿児島UFOさん

香取慎吾 NHK SONGS クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

楽譜と古今和歌集>… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2010年06月06日
XML
『来訪者X/ミュージアムの名のものとに』

内容
フィリップ(菅田将暉)の家族の記憶を消したという山城諭(中西良太)
ショックを受けるフィリップ。。そして亜樹子(山本ひかる)翔太郎(桐山漣)

そんななか、財団Xの加頭順(コン・テユ)の来訪を受けたミュージアム。
琉兵衛(寺田農)は、新しい指揮官を置くことを告げていた。若菜(飛鳥凛)を。

その若菜は、フィリップに連絡をとる。。。。。一緒に街を出よう。

そして、加頭は、冴子(生井亜実)に接触。。。。。

一方、イナゴ女(佃井皆美)が、風都警察の山城を襲撃し
ホッパー・ドーパントと対峙する竜(木ノ本嶺浩)


敬称略




男の仕事の8割は決断、あとはオマケみたいなモノだ



なんていうか、フィリップの正体がシッカリ表現されたことが。。。8割で

あとは、、、オマケ?


そんな感じの今回。


あのドーパントが、僕の姉さんだ!!

ほんと、、これだけである。

結局、前回今回の“仕事”も中途半端で、
本名を伝えるメッセンジャーだっただけ。

実際、あれこれと、今までにない演出を行い
ネタフリしているのは良いが、

それで、作品のニオイを崩壊させたら、意味ないんじゃ?

たしかに、まだまだ限界には達していない許容範囲なので、気にしませんが。

ここまで前後編でネタフリだけって。。。。。。
最終回に向け、物語を大転換したのだろうが

なんかねぇ。。。
ネタフリの面白さや、次への期待感はあっても、

それ以外は、何もない状態だ。

正直、、“引き延ばし”の印象が強い。


“オマケ”。。。。多すぎます!!

こう言っちゃなんだが、
“来人”って言うコト自体は、すでに出ているモノであり。。“以下省略”



しっかし、トライアルで、、即消滅できなかったホッパー。。。
じゃ、、ウェザーは。。。いったい。。。。
猫にしても、、、、

パワーバランスが良く分からない私。



これまでの感想
第37話 第36話 
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 第25話 
第24話 第23話 第22話 第21話 第20話 第19話 








最終更新日  2010年06月06日 08時33分58秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.