22765188 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ みなるんさん >アンドリュー博士といえば、先日コーワ…
みなるん@ Re:偽コロナウイルスの暴露は現代医療への挑戦である(09/25) アンドリュー博士といえば、先日コーワン…
えすえす@ Re:真の敵は誰か?コロナの影に隠れているイスラエルと5G(09/21) 初めましておはようございます。 凄いブロ…
tt555@ ma-windさん >実際のところ、コロナなんかより全然怖…
ma-wind@ Re:電気支配の世界観へのパラダイム転換(09/17) いつも貴重な情報をありがとうございます…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年08月12日
XML
カテゴリ:ミニストリー
Update
​これは貴重映像、(2分半の映像はリンク内で視聴可、)​

​https://www.newsflare.com/video/371810/unseen-footage-shows-moment-of-beirut-explosion-in-4k-slow-motion​

​これ見ると、最初から最後まで、DEW照射の連続で、
火災、小爆発、大爆発だな、
​​

Unseen footage shows moment of Beirut explosion in 4K slow motion​​​(DeepL翻訳をそのままで)
これまで見たことのない映像は、現地時間の8月4日(火)午後6時頃、レバノンの首都ベイルートの港を揺るがす爆発の衝撃的な瞬間を映し出しています。

iPhone SEで記録されたHD 4Kビデオ, アゴストン・ネメス, ブダペストから42歳のセラピスト, ハンガリー, 黒煙が空を飲み込むように, 巨大なキノコ雲と目に見える爆風の波が窓を吹き飛ばす前に, カメラに向かって突進し、それをノックオーバー.
​​
ネメスの映像は、爆発からわずか850メートルのセントジョージ病院の隣の建物の13階にある彼の家のテラスで撮影されました。
​​
彼はニュースフレアに語った。
​​
「その夜、花火のような音が聞こえた。レバノンでは珍しいことではありませんが、あまりにも激しく、大きな音だったので、テラスに出てみました。私は炎と港の倉庫で気づきました。小さな花火の音のようなものが先に聞こえました。
​​
17時40分くらいになって、外に出てテラスから写真を撮ってみました。もうすぐ消防士が来ると思っていたので、消防士が来て火を消している様子を録画しておきたかったのです。テラスの外にiPhoneを置いて、手すりの上に立てかけておき、午後5時50分頃に録画したままにしておきました。

​​
午後6時、私はクライアントとのセラピーセッションを受けました。私はセッションを開始して5分後、私はより大きな爆発音を聞きました。
​​
エスカレートしていることに気づいたので、クライアントに「そこにいてください」と伝え、爆発の様子を確認しました。緊張してきました。
​​
カメラを持って外に出て、それがどんどん大きくなっていることに気がついたのですが、いくつかの大きな炎が出てきて、突然 "ドーン "という音がしました。

​​
それは私が離れられないものでした。白熱したガラスが爆発するのを経験しました。飛び跳ねたのか、衝撃波に押されたのかはわかりませんが、気がつくと床に倒れていました。
​​
どれくらいの時間が経過したのかはわかりません。砕け散るガラスと人の悲鳴に気がついた。周りを見渡すと、頭上にオレンジ色の巨大な雲が見えました。

​​
"その後、私は立ち上がって写真やビデオを撮りました。建物が倒壊するかどうかはわかりませんでした。私の婚約者から電話があった直後、彼女は4、5キロ離れたところにいましたが、周囲の爆風を感じました。」
​​
ネメスさんは、国際機関で働くハンガリー人の婚約者と2019年1月1日から住んでいる、今では被害を受けたアパートについても、Newsflareに語った。
​​
「爆風の後、私は私たちのアパートが完全に取り壊され、完全に破壊されているのを見ました。洋服、本、ベッド、家具、すべてがガラスと混ざっていた。」と彼は言った。
​​
「昨日(8月6日)、私たちはアパートに戻り、いくつかのものを救出しました。テラスのテーブルを見たら、テーブルの天板の中に深さ1センチほどのガラス片が入っていました。
​​
私の婚約者が到着したとき、彼女は金属製のエレベーターのドアがずれているのを見ることができました。そして、壁や階段には血がついていて、血のついた手形があり、人があちこちで怪我をしているのを見ました。血の匂いがしました 私のアパートは、3日経った今でもバラバラになっています。

​​
ネメスは続けた。「一度レバノンを訪れると、それに恋をしてしまう。一つに絞ることはできません。それはひどいものです。私はショックを受けていて、初日は "やっている "モードでした。活発すぎて眠れないほどだった、たぶん2時間くらい。次の日はとても活動的でしたが、完全に麻痺していました。
​​
全身をチェックして痛くないか確認しなければなりませんでした。テーブルにガラスが刺さっているのを見て、自分がいかにラッキーだったかを実感し始めました。そして今、罪悪感を感じています。皆が皆、そんなに幸運だったわけではありません。こんなに近くにいたのは非常にラッキーだったが、全く怪我をしなかった。肩のあざがいくつかありますが、それだけです。」

​​
金曜日(8月7日)、レバノンのハマド・ハッサン保健相は、爆発で154人が死亡し、5000人以上の住民が負傷したことを確認した。
​​
DEWと言うのは頭にはあったが、
これまでの情報で、確認できなかったので、
自分の頭の中の爆発要因はミサイル一辺倒だった、

​​
*VeteransTodayの反転したミサイル映像もあったし、
​​​VTの情報はいろいろな意味で操作の塊だわ、
(F16から核ミサイルとか、IAEAの線量Upチャートとか、
ホント勘弁だな、)​​​

​​
しかし、これで、スッキリした、
硝安を熱し、爆破させたのは、おそらくDEWであろう、
​​

​https://twitter.com/LibertyCell1/status/1292212495285809154​
​それはDEWの成果だ。人々はミサイルを探し続けているが見つからない。ベイルートで見たのは世界で最も強力な大量破壊兵器の一つのテストランだった。ミリ波の集中砲火のようなものだ。それは丁度、虫眼鏡の下の蟻の群れようだ。​
​​

セントジョージ病院と爆破サイトの位置関係から、
DEWの方向を推定、
​​​​
​​
​​
方角と角度から海上上空からか、
​​

​​
​日進月歩のレーザー技術ゆえ、想像でしかないが、
陸海空の連携があって、
​​
https://www.ara.com/projects/directed-energy-weapons-dew

イロイロ攻撃パターンがあるのだろうけど、
​​

​​
​​オーソドックスなところでエアボーンレーザーが浮かぶのだが、
​​
​​
​ロッキードマーチンのサイトで、
​​

​https://www.lockheedmartin.com/en-us/capabilities/directed-energy/laser-weapon-systems.html
​最新レーザー兵器を見ると、
​​
​​
​ベイルートは違和感がなくなってくる、
​​​
追記)
コメント頂いて、イスラエルは2006年当時から、
レーザーで人身攻撃をしている、

What Types of Gruesome Weapons Did Israel Use in Lebanon?

グローバルリサーチのページを訳す​)

​論より証拠で、この悲惨写真を見ると、イスラエルのトップが、
IQ1000のエンティティと言うのが理解できる、
​​
*写真は検閲がかかっているので、元サイトは開けないが、
下記(元記事の翻訳)をUR欄に直接貼り付ける、
​​
http://www.translatetheweb.com/?from=&to=ja&dl=ja&ref=trb&a=http%3A%2F%2Fwww.uruknet.info%2F%3Fs1%3D1%26p%3D26044%26s2%3D24

​​
​記事解説の下に、犠牲者の焦げた状況が出てくる、
​​
現在のコロナ、ワクチン、5G、など、
ことごとく、人身拘束、人身破壊を狙っているわけだが、
オーケストラ(破壊)の指揮者は同じゆえ、
この写真を見ながら、
敵の正体/性格をよく理解しておかなければならない、






最終更新日  2020年08月13日 12時37分55秒
コメント(10) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.