25655637 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 暖簾に腕押しさん DIの記事はウイルスありきで書かれていま…
tt555@ 暖簾に腕押さん 長編ですね、ご苦労様です、 直リンを貼っ…
暖簾に腕押し@ 何かが実際に伝播している説 vs 伝播しているように見えるだけ説 「排出(Shedding)」なる現象は10年以上…
ららら@ Re:続)葉っぱ療法、ロンリネスとソリチュード(10/13) 取り上げて頂いたのですね。有難うござい…
tt555@ ショウさん Going my wayでいいと思います、 こちらは…
ショウ@ Re:接種者から感染する理由(10/14) いつも勉強させてもらっています。 以前…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年08月02日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​VAXはアジェンダ(人類支配)遂行のためのNWOの必須事項、

そして、短期決戦がかぎとなる、

なぜなら、接種者に異常(死/副作用)が出始め、
一方、非接種者が健常なままだと、
VAXに問題があるとばれてしまうから、

盛んに、VAXの死/副作用をコロナのせいにしているが、
ソー、長くは続かない、

VAXパスポートで強制しようとするも、
逆に、大規模反対に会う始末、

彼らに残された時間は限られて来ている、

今は、まさに、天下分け目の天王山なのである、

なぜグローバリストや政府はワクチン接種率100%を切望するのか?
Brandon Smith: Why Are Globalists And Governments So Desperate For 100% Vaccination Rates?
2021年8月1日 12:00 AM Brandon Smith (タイラー・ダーデン)


​https://www.zerohedge.com/geopolitical/brandon-smith-why-are-globalists-and-governments-so-desperate-100-vaccination-rates​

この1ヶ月の間に、今年に入ってからは考えられないほど、コビットワクチン接種のプロパガンダやワクチンパスポートのプロパガンダが急に氾濫していることに気がついたのは私だけではないと思います。

私はアメリカについて話していますが、指摘しておきたいのは、アメリカでは体制側がいまだに必死になってワクチン接種率を大幅に上げようと騒いでいるということです。

ヨーロッパ、イギリス、オーストラリアなどでは接種率が高く、政府はワクチンパスポートの段階へと移行しています。

ワクチンの義務化や制限に関して、ほとんどの国が明らかに歩調を合わせて動いていることに戸惑う人もいるでしょう。

地球上のほとんどの国の政府が医療の全体主義に同意しているのはなぜなのでしょうか?

世界経済フォーラムは、今回のパンデミックを「グレート・リセット」計画を推進するための「絶好の機会」と繰り返し呼んでいますが、そのような機関の大半が、世界経済フォーラムのようなグローバリストの機関を通じてつながっていることを考えれば、理解するのは簡単です。

「グレートリセット」とは、個人の自由と自由市場経済に残されたものを長期的なイデオロギーに基づいて奪うことであり、その目的は世界的な社会主義・共産主義の独裁体制を敷くことにあります。

グローバリストは、これらの目的を、聞こえのいい言葉や人道的な願望で包みますが、結局のところ、「リセット」とは、私たちが知っているような自由を終わらせることなのです

これは大げさではなく現実であり、彼らが何よりも望んでいることです。

では、そのような目標を達成するにはどうすればよいのでしょうか。

興味深いことに、WEFとビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、2019年10月に開催した「イベント201」と呼ばれる「シミュレーション」の中で、まさにその計画を説明しました。

このイベントでは、大規模なコロナウイルスのパンデミックが動物から人間に伝播し、個人の自由や国家経済、さらにはインターネットやソーシャルメディアに対する広範な制限が必要になると計画していました。

そして、WEFのグローバリストたちが「イベント201」で演じたシナリオとまったく同じものが、わずか2ヵ月後に現実の世界で起こりました。

いずれにしても、パンデミック自体はグローバリストにとっては好都合でした。このような政府の権力と企業の権力の奪い合いは、約1世紀前にヨーロッパで国家社会主義者が台頭し、ロシアや中国で共産主義が広まった時以来のことです。

実際、人類全体が今日直面していることは、これらの悲惨な帝国が生み出したものよりもはるかに悪いと言えるでしょう。

グローバリストの組織とその政府の「パートナー」が、コビド危機の最大の受益者であることは疑いの余地がありません。

パンデミックを利用しようとする彼らの計画が成功すれば、彼らは究極の社会的・政治的権力を得ることになります。

とはいえ、彼らの計画にはいくつかの難点があり、だからこそ、ここ数週間で積極的なプロパガンダが展開されているのだと思います。

例えば、拙稿「バイデンのワクチン攻撃隊計画は絶望的な臭いがする」で詳細な証拠を示したように、特にアメリカのワクチン接種率は、エリートたちが望むほど高くないようです。

バイデン政権とCDCは全体のワクチン接種率を67%と主張していますが、メイヨークリニックの州マップの数字を含む他の多くの統計によると、実際に65%以上の接種率(1回以上の接種)を持つ州は全米で4つしかなく、大部分の州は50%以下の接種率です。

人口の多いカリフォルニア州やニューヨーク州でも65%を超えておらず、接種率が急激に低下していることから、この数字は今後も改善されないでしょう。

待ち時間がなく、どこでも十分な量を接種できる環境にあるのに、まだ接種していない人がいるとしたら、その人は今後もワクチンを受けることはないでしょう。

このような矛盾した統計を見ると、バイデン氏とCDCは、アメリカ人の大多数がワクチン接種を支持しているという錯覚を起こさせるために、ワクチン接種数を膨らませているのではないかと思います。

もしそうだとすれば、バイデン氏、ファウチ氏、そして主流メディアが、科学的根拠とは常に矛盾するワクチン推進派の誇大広告を国民に押し付けている理由も説明がつきます。

彼らが期待していたような恐怖と国民のコンプライアンスは得られていないのです。

しかし、なぜ彼らは100%のワクチン接種を望むのでしょうか?

なぜ彼らは、世界中のすべての人にmRNAを投与しなければならないと思うのでしょうか?

コビットの平均死亡率(IFR)は、感染者のわずか0.26%です(この統計は、メディアが常に意図的に国民に言及しないものです)。つまり、99.7%の国民は、ワクチンを接種してもしなくても、コヴィドによる危険性はないということです。

ワクチンを接種すれば、感染率が上がるのでしょうか?

マサチューセッツ州の最近の統計によると、必ずしもそうではありません。

完全にワクチンを接種した患者が5100人以上感染し、80人が死亡したと報告されています。

マスコミは、ワクチンを受けていない人だけが死んでいると言い続けていますが、これは嘘であり、コビドに関しては他の多くの嘘と同様です。

では、ウイルスの死亡率が非常に低く、ワクチンを接種しても必ずしも体を守ることができないのであれば、実験的なワクチンを接種する意味があるのでしょうか?

何の意味もありません。
科学的にも統計的にもサポートされていません。
今年の感染者数と死亡者数の減少はワクチンのおかげとも言えません。

1月に感染者数が激減し、2月までにワクチンを接種した人は全体の5%に過ぎません。2月までにワクチンを接種した人口はわずか5%でした。

これを説明する唯一の方法(プロパガンダ)は、国民が何ヶ月も前に集団免疫を獲得していたことです。

政府がロックダウンや義務化を止めるためには、70%の集団免疫やワクチン接種が必要だと言っていたのを覚えていますか?

ゴールポストは何度も移動し、政府の「科学」は毎月変化しています。

現在、彼らは集団免疫は重要ではないと主張し、100%のワクチン接種を要求しています。

私たちはもう一度質問しなければなりません。なぜ政府はワクチンの完全飽和を執拗に推進するのでしょうか?

命を救うことにはならず、義務化は変わらないのに、なぜなでしょう?

私は手元にある証拠に基づいて仮説を立てることしかできませんが、ワクチンが公衆衛生のためでもなく、命を救うためでもないことは、ほとんどの人にとって明らかだと思います。

明らかに何か他の目的があるのでしょう。

ウイルス学やワクチンの専門家が昨年から警告しているように、実験的なmRNA技術に関しては、健康に害を及ぼす副作用の危険性が非常に高い。

mRNAワクチンの開発者の1人も、遺伝子操作のカクテルをもっとテストせずに展開するのは危険だと指摘しています。特に、自己免疫疾患や不妊症などの長期的な障害が懸念されています。

主流メディアやグローバリストは、mRNAワクチンが致命的な副作用や不妊症を引き起こすという「証拠はない」と主張するでしょう。しかし、私は「安全であるという証拠はない」と反論します。

ほとんどのワクチンは、一般に公開される前に10年から15年かけてテストされます。コビドのワクチンは、数ヶ月のうちに世間に公開されました。正直なところ、私はテストされていないワクチンのモルモットになるつもりはありません。

しかし、もしもエリートたちが副作用を正確に知っているとしたら?

ワクチンが彼らの"グレートリセット"の重要な部分を占めているとしたら?

特に不妊症の問題は、体制側から(都合が悪いので)最も非難されており、メディアの陰湿な対応を指摘しておきます。

ワクチンによる不妊症の可能性に疑問を持つ人がいると、官僚やメディアの論客は攻撃に出て、「ワクチンが不妊症の原因になるという証拠はないが、Covid-19が不妊症の原因になるかもしれない...」と言います。

アーカンソー州の知事が最近行ったスピーチを見てください。知事と医療関係者が同じプロパガンダを流したために、怒った聴衆に演壇から追い出されそうになっています。

このような状況です。大量の不妊症患者が発生し、実験的なワクチンの代わりにコロナが非難されるという舞台が用意されているのです

だからこそ、政府は100%のワクチン接種率を必要としているのです

ワクチンを接種していない人々は、彼らの犯罪の証拠となるのです。

私が指摘したいのは、クラウス・シュワブのリセット・アジェンダは、短期間(1~2世代)で人類の人口を大幅に減らさない限り、永続的な方法で実施することは不可能だということです。

グローバリストたちは、常に人口抑制削減について語っています

ビル・ゲイツのようなエリートは有名です。彼らがそれを導入する計画を考案するのは不思議ではありません。

多くの専門家が示唆しているように、ワクチンの副作用がこのような人口減少の状態を作り出しているとしたらどうでしょうか?

それが意図されたものだとしたら?

自己免疫疾患や不妊症が集団の中で目に見えるようになるには時間がかかるため、少なくとも2-3年は確かなことはわからないでしょう。

自己免疫疾患の診断には、平均で4.5年かかります。不妊症の診断には半年から1年かかります。

もし、数年後に数百万人という大規模な集団がワクチンを接種しないままであれば、彼らは相当数の紛れもない対照群(the control group)となります。

対照群(the control group)とは、薬やワクチンの実験によって手を加えられていない純粋なサンプルとして機能する被験者のグループのことです。

ワクチンを接種したグループが特定の症状で病気になったり死亡したりしても、対照グループが同じ症状にならない場合はそのワクチンや薬が毒であることを示す紛れもない証拠となります。

アメリカでは50%、他の国ではそれ以下の割合で、実験用ワクチンの対照群となっています。

ワクチンに何か問題があれば、私たちがその証拠となりますエリートたちが本当に恐れているのはこのことです。

彼らは、私たち全員にワクチン接種を強制しなければなりません。

そうすれば、対照群は存在せず、彼らが行ったことを証明することはできません。彼らは単に、大量の健康障害をコヴィド自体のせいにしたり、他の偽の犯人にしたりすることができます。

ワクチンが広範囲の病気や不妊症を引き起こすもので、対照群が存在するためにグローバリストが捕まってしまうと、彼らの「グレート・リセット」は崩壊するでしょう。

これはいずれにしても起こるかもしれません。

ワクチンパスポートは、ほとんどの人にとって一線を画しています。イタリア、フランス、イギリス、オーストラリアなどでは、この厳しいパスポート制度に対して大規模な抗議行動や暴動が起きています。

しかし、私の意見では、最大の戦いは米国で行われるでしょう。

米国には、武装した国民、何百万人もの訓練を受けた戦闘経験者や民間人、約70%が保守派と無党派層で構成された軍、そして非対称戦争の歴史的理解があります。アフガニスタンなどで見てきたように、戦車、ジェット機、ミサイル、ドローンは、ゲリラ部隊に対して勝利を保証するものではありません。

ワクチン付きパスポートはここでは実現しないでしょう。私たちがそれを許さないのです。

グローバリストはエンドゲームを仕掛けています。私たちにとってのエンドゲームかもしれませんが、彼らにとってのエンドゲームかもしれません。

彼らには厳しいタイムラインがあります。数年以内にワクチン接種率を100%に近づけなければなりませんし、それよりも早くワクチンパスポートを取得しなければなりません。

そして、近いうちに永久封鎖状態にして、高まる反対意見を封じ込めなければなりません。

私たちは今、ある種の戦いの中にいます。

グローバリストは自分たちのアジェンダをできるだけ早く実行しなければなりませんが、私たちは真実が大衆に明らかになるまで我慢し、彼らを引き止めなければなりません。

つまり、監禁(ロックダウン)、各種義務(距離/消毒/マスク)、ワクチンは決して安全のためではなく、コントロールのためだったのです。それは社会コントロールを通し、人口コントロール(削減)につなげるためでした。

国内では、マンボウや緊急事態延長、PCR拡大で、
偽感染危機を煽り、VAXをアピール、

が、時間が経てば経つほど、
ボロ(接種者が異常、非接種者が健常)が出て、自滅する、

ここは不服従を貫き、
静かに、微笑んでいればいいのだ、

コロナ詐欺の対処法







最終更新日  2021年08月02日 02時17分22秒
コメント(2) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:なぜ政府は100%の接種率を望むのか?(08/02)   サ・イコウ さん
スカソウリ治験中と言って居たがプラセボこの場合は非接種者が必要だが差が出ては困るから、効果は不明だが全員接種しておけば一安心ですよ、
存在しない又は普通風邪インフルエンザウイルスを信頼性70%のPCR検査機でカウント数10回多くして、さらにワクチン接種者の陽性数をプラスして、出来れば数値の水増し修正し4000人超え陽性者達成と煽りあおり、皆がするから俺も俺も接種しよう,効果あるなし関係なく皆と同じようにしておけば安心ですよ、少数派もつらい立場になってくるぞ、頑張れーーー、
しかし存在しないウイルスに抗体期待できないワクチンを何故100%実施する?、やっぱりグラフェン99.9%入りを2回3回と接種筋注し5G電波で一斉攻撃して人口削減する目的のためですか、それなら筋が通っている,納得
俺は接種しない、任意である、ワクチン反対はキープする、 (2021年08月02日 08時47分49秒)

人生は一回, だら命を捨てないようにねぇ。   Joe_T さん
教訓1 加川良
https://www.youtube.com/watch?v=lt4T8FJNyFk

「 人生は一回 だら命を捨てないようにねぇ」

いい歌です。 (2021年08月02日 10時48分47秒)


© Rakuten Group, Inc.