映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2011年10月19日
XML
カテゴリ:映画の話題全般

「午前十時の映画祭」は非常に良い企画であるが、
これを見ることによって、最新の封切作品の質の
低下が露呈することも多いのである。
それにしても、映画の良し悪しは、一体何によって
生じてくるのであろうか?

昨年、「午前十時の映画祭」でヒッチコックの
「北北西に進路とれ」を見たが、今回で5回目。
しかも見る前日には、「ヒッチコック・トリュフ
ォー/映画術」を読んでおり、ストーリーも演出
も知った上で見たにもかかわらず、やはり手に汗
握って、楽しんでいる。
その一方で、その後に見た当時の新作「ロスト・
クライム」(伊藤俊也監督)は映画が始まって
30分ほどで退屈さのあまり「はやく終わらないか」
と思う有様。こちらは原作も読んでおらず、全く
初めて。私自身、伊藤俊也監督には関心を持って
いるのであるが、この有様。
この差は一体、どこにあるのだろうか?
ここは非常に面白い論点のようだ。







最終更新日  2011年10月19日 07時36分56秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画の話題全般] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:面白い映画と退屈な映画の差とは?(10/19)   rose_chocolat さん
私も昨年と今年と連続で『フォロー・ミー』を鑑賞しました。
いいものはいくら時が過ぎても感動できますし、また劇場へ行きたいと思わせるものです。

DVDは出ますし買うことはできますけど、それでもなおスクリーンで観たいと思わせる映画。
お話としても時代を超えて共感を呼ぶ作品、かな。
その場限りのエンタメだと後世に残りません。
(2011年10月19日 18時51分35秒)

 Re:面白い映画と退屈な映画の差とは?(10/19)   E.T. さん
まあ、簡単に言えば、時代の風に吹かれて舞い上がった映画と(例えば、アメリカンニューシネマの一部やヌーヴェルバーグの後半部公開映画、邦画の戦後公開数年の説教的道徳映画やベトナム戦争終結後のアメリカ反戦映画や恐怖ホラー映画)に比して、単なる娯楽映画と馬鹿にされていたヒッチコックやハワード・ホークス等々が面白い映画。ただし、スターウォーズ等の世界的メガヒット狙いが跋扈する昨今では、
面白い映画を探すのは大変です。 (2011年10月19日 20時02分45秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

北海道ドライブ旅行… New! 天地 はるなさん

演劇稽古 New! k-nanaさん

つぶやきあれこれ New! みらい0614さん

選挙戦が終わって ポンボさん

母が無事退院しまし… lalameansさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.