映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2011年11月04日
XML
この映画の登場人物たちが活動する基盤は「協同組合」であるが、
この「協同組合」については、井上ひさしの「ボローニャ紀行」
に登場する「組合会社」のことではなかろうか。
この本によるとボローニャの人々は何かあるとすぐに組合会社を
つくり行動するとあるが、これはイタリアのすべての当てはまる
ようだ。
この映画をみながら、「組合会社」(協同組合)をつくり自活し
ていく風土が、精神疾患の人々もまた社会の中で、それぞれが持
っている技術や個性を活かした生き方が出来るのだと思った。
映画「人生、ここにあり」は、人は誰も自分の個性や特技を活か
して生きる権利を持つということが実現できる社会になるために
は、どのようであるべきかということを考えさせた作品である。






最終更新日  2011年11月05日 08時48分49秒
コメント(1) | コメントを書く
[作品レビュー(外国映画)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 国民洗脳から目を覚ませ!@ Re:メンフィスに行く日本人(07/02) 馬鹿メディアである、テレビ、新聞、週刊…
 背番号のないエース0829@ まず、木村拓哉 「マスカレード・ナイト」に、上記の内容…
 王島将春@ Re:「ディア・ハンター」はお嫌い?(11/06) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…

お気に入りブログ

バス・ライトイヤー★… New! 天地 はるなさん

起動しない New! k-nanaさん

1989. 窓際ハーブ園… New! カズ姫1さん

停電 って New! ポンボさん

投票しないというこ… New! みらい0614さん


© Rakuten Group, Inc.