4627726 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

2006.03.19
XML
カテゴリ:美術館・展覧会
眼

先日、大丸ミュージアム・梅田の美術展に足を運ぶ。
現存する約1万点の作品のうち、クレー財団と遺族のコレクションを合わせ
4000点あまりを所蔵したパウル・クレー・センターが
スイス・ベルン郊外に、関西国際空港を手掛けたレンゾ・ピアノの
設計によって昨年開館した。
それを記念して、日本初公開を含むクレーの作品、日記、エッセイなどを
展示した展覧会である。

子供の肖像

抽象画はあまり好きじゃなく、タダだから観に行きましたが
なかなか悪くなかった。
小さな作品が多く、中には驚くほど小さな物もありました。
普通にキャンバスに描かず、麻布や厚紙に描かれているのが
面白いと思った。
魚の絵が多いという印象だったが、今回は無かったですね。
晩年の作品は色彩を捨て、線だけを描いてたな。

アートポスター Narrisch umschauend 1940 serigraph『クレー ( Klee )』アートポスター Tatlich keiten 1940 serigraph『クレー ( Klee )』

Mourning

クレーの日記の文が展示されてあって、それは日記というより
まるで詩のような文章だった。
クレーの絵画論は、興味深い内容でした。
クレーの絵をイメージした谷川俊太郎の詩も展示されてた
谷川俊太郎といえば、birdや♪ケンタッキーの原田郁子が好きな
有名な詩人だな。
コラボ谷川俊太郎ソング・ブックも、していたようで。
その谷川俊太郎の詩が、何故クレー展にと思いましたが
グッズ売り場に、本が売っていたので納得した。

クレーの絵本クレーの天使






Last updated  2006.03.19 20:41:04
[美術館・展覧会] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

5月26日(虎のプリン… 徳虎さん

第14節までの結果【7… トラトラ甲子園さん

ハートにわん丸君の… 夢穂さん

カメラを止めるな!… 雨里2006さん

今年期待の島本だが タイガース非公式サイトさん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Free Space



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.