映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

その他の地域の映画&ドラマ

May 22, 2022
XML
みなさん、こんばんは。俳優の柳生博さんが亡くなりましたね。今日から2日間死者の日にまつわる映画を紹介します。

ビッグ・ウィッシュ魔法に願いを
DIA DE MUERTOS/SALMA'S BIG WISH

 サルマはメキシコの小さな町サンタクララに住む孤児。両親を知らずに育ち、両親の居場所を探していたサルマは、死者が戻ってくるという“死者の日”に サルマと同じく里親の元で育ったホルヘとペドロと一緒に祭壇を作る。ところが恐ろしい化け物が現れ、育ての親のばあばを激怒させる。それ以後祭壇作りを許されなかったサルマは、16歳になり、再び二人に協力を呼びかけ両親の手掛かりを探していると、手掛かりになりそうな呪文の載った古い本を見つける。

原題のスペイン語タイトルは『DIA DE MUERTOS』で“死者の日”の意味。死んだ者の魂が帰ってくる日「死者の日」は実在する行事で開催日は11月1日と2日。メキシコで盛大に行われるお祭りである。本作では「生者が死んだ人を思うとそれが蝶になって死後の世界に現れる」という設定が展開されているが、メキシコには実際に似た謂れがある。北米からメキシコへ大移動する種類の蝶々“オオカバマダラ”は、死後の世界から家族に会いに来た魂だと言われていた。

 英語のタイトルは『SALMA'S BIG WISH』で邦題に近いが、あまり内容にそぐわない。原題の方が近い。同じ「死者の日」を題材にした映画に『リメンバー・ミー』があるが、やはり絵はピクサーの方が優れている。『リメンバー・ミー』に登場しない死神が出てきて、村人に砂時計を渡したエピソードが出てくる。つまり死は必要不可欠なものであり、不老不死は人生にとってありがたくないという主張である。かつて不老不死の運命にあらがおうとしたモレットという男のためにサルマの両親が陥れられたが、彼が悔い改めることによって普通のサイクルが戻ってくる。普通の女の子だったサルマが突如魔法少女みたいになってがんがん魔法を使いまくるので面食らった。彼女が最強すぎる。


ビッグ・ウィッシュ 魔法に願いを [ 真壁かずみ ]​​楽天ブックス







最終更新日  May 22, 2022 12:03:48 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 17, 2022
みなさんこんばんは。「若者たち」など多数のテレビドラマに出演した俳優の山本圭さんが肺炎のため亡くなっていたことが分かりました。 
映画​風をつかまえた少年を見ました。

風をつかまえた少年
THE BOY WHO HARNESSED THE WIND

監督&脚本&出演
キウェテル・イジョフォー

 14歳のウィリアムは、2001年にアフリカのマラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。

  14歳のウィリアムは、2001年にアフリカのマラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。

 2010年に日本でも出版された1冊のノンフィクションが話題になった。中等学校を退学になった14歳の少年ウィリアムが、当時人口のわずか2%しか電気を使うことが出来ない、世界で最も貧しい国のひとつアフリカのマラウイで、自分の頭脳と手だけを頼りに電気を起こす風車を作り、自家発電することに成功した。彼は家族と村の人々を救うだけでなく、大学へ進学し、様々な活動を通して2013年にタイム誌の「世界を変える30人」に選ばれるという素晴らしい人生も手に入れた。

 私達はスイッチを言えれば電気がつく世界についているし、雨を降らせるには雨ごいが効果のないことを知っている。しかし未だにそれらが常識でない国もある。そしてそうした国では、日本で最近流行っている“自己責任”とやらで何とかできる人達だけが生き残っていく。

 ウィリアムが素晴らしいのは、父親すら信じてくれない風力発電を決して諦めなかったことだ。豊富な資料もインターネットもなく、図書室の本だけで得た知識で自ら方法を生み出した。必要は発明の母を地で行く業績は、自分だけでなく村をも救う。自分だけで利益を独占しようとしない点も素晴らしい。

 アフリカのマラウイの発明家ウィリアム・カムクワンバの実体験に基づく「風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった」を映画化。原作を読んだキウェテル・イジョフォーが自ら監督と脚本を担当し、主人公の父親を演じている。







最終更新日  May 17, 2022 12:24:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 19, 2022
みなさん、こんばんは。新型コロナウイルスの影響で大手が扱わない映画作品を上映する「ミニシアター」の経営環境が厳しくなるなか、文化の発信地として知られる東京 下北沢で新たなミニシアターが開業したそうです。
さて今日はタイ映画を紹介します。
BLだけじゃないんですよ。

ホームステイ ボクと僕の100日間
HOMESTAY

監督
パークプム・ウォンプム

出演
チャープラン・アーリークン ティーラドン・スパパンピンヨー

 死んだはずの“ボク”が病院で目を覚ますところから始まる。どうやら彼の魂は“ミン”という自殺した少年の体にホームステイしながら、あと100日間だけこの世に留まるのを許されたらしい。その代わり与えられるのが、ミンが自殺した本当の理由を突き止めるという任務。失敗すると魂は永遠に消えてしまう。そして彼は一台のパソコンを見つける。果たして、彼の運命はいかに?

 死んだはずなのに現世に戻ってくる、それも別の人の姿で(但し期限付きなのでこれをホームステイと称する)というシチュエーションはこれまでにも使われてきた。死ぬ前は人生に対してそんなに執着もなく特に「人生っていいもんだったなぁ」と思わなかった主人公が改めて「生きるっていいことだな!」と考え直すパターンがほとんどだ。しかし今回は最初から“他人の人生を再検証”というミッションであり、タイムリミットも提示されているため、自分を考える余裕もなければ意欲もない。更に知れば知るほど、ミンの自殺の理由はそこら中に散らばっている。弟のミンを邪魔者扱いし、海外留学のことで頭がいっぱいの兄貴。怪しいビジネスにのめりこんで会社を辞めている父。父との結婚生活に希望が持てず婚外恋愛に夢中の母。チューターを引き受けてくれており恋仲になりそうな成績優秀なパイにも秘密が。ところが、ミンを探るボクの正体(生まれ直した時点で記憶がない)が。思いがけず明かされたことで、やはり定番のテーマが顔を出す。人って、見ているようで見ていない。立場を変えることで、さらけ出してくれる本音があり、完璧な人間などいなかったのだと気づく。大人になってもずっと悩み続けながら正解を探すのだ。

 次々に姿を変えて現れる使者の人間コスプレが面白い。というかメッセージを伝えるだけならどんな姿でもよかったはずで、ここは完全にコメディパート。

 直木賞作家・森絵都の小説を、タイを舞台に映画化。


ホームステイ ボクと僕の100日間 [ ティーラドン・スパパンピンヨー ]​​楽天ブックス







最終更新日  March 19, 2022 01:39:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 25, 2022
みなさん、こんばんは。カーリング最後に銀メダル取りましたね。すごいです。
今日はNETFLIXで放送されていたオーストリアのドラマフロイト -若き天才と殺人鬼-を紹介します。後半になるにしたがって
ハプスブルグ帝国が出てきます。

【スタッフ】
監督:マーヴィン・クレン

【出演】
役名:キャスト
ジークムント・フロイト:ローベルト・フィンスター
フルール・サロメ:エラ・ルンプフ
アルフレッド・キス:ゲオルク・フリードリヒ
ポーシャッハー:クリストフ・クルツラー

フロイト -若き天才と殺人鬼-
Freud

第1話"ヒステリー""Hysterie"
フランスからウィーンに戻ったユダヤ人の若き神経科医ジークムント・フロイトは認められず家賃にも困る。医療専門家の前での催眠術の実演のため、家政婦レノレと虚偽の演技の練習をする。警備隊員のキスと部下のポーシャッハーが、性器を切り取られた女性シュテフィを、治療のためにフロイトの家に担ぎ込むが、手当の甲斐なく死亡する。キスはシュテフィの部屋で自分がかつて属した連隊のボタンを見つけるが、上司は捜査を止めるよう言う。フロイトの実演は失敗し、勤務先の精神病棟のマイネルト教授やレオポルド・フォン・シェーンフェルト博士に酷評される。フロイトは友人のシュニッツラーとともにハンガリーのフォン・サパリ伯爵夫妻の屋敷を訪れて降霊会に出席し、クララという少女の幻視に悩まされる、若い女性の霊媒フルール・サロメと知り合う。フロイトはフルールに催眠術をかけてクララが下水道に消える幻視を語らせ、フルールはヒステリーの発作を起こす。

「ヒステリー=ヒステリー研究」「トーテムとタブー」「トラウマ」「抑制=抑圧」などタイトルにフロイトの著作が引用されている。第1話からいかにも世渡り下手そうだが才能はありわずかな事には動じない医師が黄昏のハプスブルグ帝国で奇妙な事件に巻き込まれる。

第2話"トラウマ""Trauma"
フロイトとシュニッツラーはシェーンフェルト博士の妹クララ・フォン・シェーンフェルトが失踪したことを知って下水道を探し、キスとポーシャッハーも匿名の電報を受け取り下水道に行き、切断された自分のつま先を咥えさせられ窒息寸前のクララを見つける。シェーンフェルト博士は、意識の戻らないクララの心理治療をフロイトに任せることを拒む。キスは軍隊時代の元上官のゲオルク・フォン・リヒテンベルクを二つの事件の犯人だと疑うが、リヒテンベルクはリーニエの壁での決闘を申し込む。手の痙攣に悩むキスはフロイトに催眠術をかけてもらい、リヒテンベルグの命令で戦争捕虜を殺したことを思い出す。フルールはクララの治療をフロイトに委ねるようクララの母ヘンリエッテを説得する。フルールはフロイトの催眠術で下水道の中のクララを見て、シェーンフェルト博士が誘拐犯であると知る。

頭の形がいい人が軍服でカイザー髭をつけるとなんと世紀末のウィーンにはまることか。対するサパリー伯爵のアイメイクの濃さが見るからに「こいつ怪しい!」って感じ。ルドルフ皇太子は確かにおバカなのだが「エリザベート」で母恋うる若きルドルフを見てると不憫でもある。

第3話"夢遊病""Somnambul"
キスは決闘でゲオルクを殺す。シェーンフェルト博士はソフィア・フォン・サパリ伯爵夫人に暗示をかけられて自殺を図るが失敗する。サパリ伯爵夫妻がオーストリア=ハンガリー帝国皇太子のルドルフを招いた降霊会で、フルールは再び血なまぐさい幻視を見て倒れる。のちにフルールはフロイトの催眠術の下でオペラ歌手のムハが2人の人間を殺すところを見る。フロイトは幻視をもとにしてキスとともに2人の死体と催眠状態のムハを見つける。フルールに接触を拒否されたソフィアはフロイトを訪ねて催眠術をかけ自殺するよう命じる。

第4話"トーテムとタブー""Totem und Tabu"
フロイトは自殺を思いとどまる。牢に入れられたムハは催眠が解けず歌い続ける。キスは証言を得てシェーンフェルト博士の逮捕に向かうが、彼は壁に血でシンボルを描き自殺している。戦争中、キスが脱走兵となった息子を救うために、ゲオルクに命じられて捕虜を銃殺したが、息子は結局自殺したことがわかる。ゲオルクの父親のフランツ・フォン・リヒテンベルグ大将の求めで、リードル少尉はキスの暗殺を依頼する。サパリ夫妻が歓心を買おうとするルドルフ皇太子がフルールを宮殿に招き、乱暴しようとする。

第5話"欲望""Trieb"
フルールはフロイトの家に来て誘惑し二人は激しく愛し合う。夜通し「タルトス」と叫ぶ。フロイトがフルールに催眠術をかけると、別の人格が現れる。二人の情交をフィアンセのマルタの兄と家政婦のレノレに目撃される。フルールはサパリ邸に帰り、別人格を見せる。
キスは襲って来た二人の男を返り討ちにする。ポーシャッハーの助けで死体を始末する。二人はゲオルクの父のリヒテンベルク大将が元締めのヘインツを通して刺客を雇ったと疑う。
皇帝フランツ・ヨーゼフ1世とルドルフ皇太子とリヒテンブルク大将はサパリ邸を舞台とするハンガリー人の陰謀の報告を受ける。ルドルフは幻視にとりつかれ、ハンガリー革命の指導者の子孫であるサパリ夫妻を舞踏会に招くよう提案する。フロイトは「タルトス」がハンガリー神話にある超自然力を身に着けた人間であると知る。夜、空室のはずの隣室から聞こえるピアノに悩まされる。かつての居住者シュピルマンはリング劇場火災の後に自殺を図ったと知る。サパリ邸に男たちが集まり、フルールを中心にして裸で血を浴びる儀式にふける。

美尻を惜しげもなく披露するフロイトセンセに驚いていたら後半肌色の画面占有率がそれどころではなかった。死体が捨てられウィーンの河汚染しまくり。父に叱責され実際には優しい言葉をかけない母皇后の幻に支えられ怪しい結社に近づく傾国の皇太子ルドルフ。

第6話"退行""Regression"
フロイトはシュピルマンが精神病棟に入りマイネルト教授の治療を受けたと知り、サパリ伯爵夫妻およびフルールとの関係を疑う。皇太子はサパリ夫妻をハンガリー人として初めて皇帝の舞踏会に招待する。リードル少尉に依頼されてヘインツが放った二人の刺客はキスの暗殺に失敗し、キスはヘインツを問い詰める。口論の末リードル少尉がヘインツを殺すが頭皮の一部を失う。目撃した娼婦がリードル少尉を名指しする。ポーシャッハーはリヒテンベルク大将の率いる軍隊と対立することは得策でないと忠告する。上司に頼んでリードル少尉を目撃者として召喚し、頭皮を調べるよう求める。キスはリヒテンベルク大将の目前でリードルに召喚状を突き付ける。
マイネルト教授は、フルールが口から泡を吹いて人を襲ったとしてフルールを精神病棟に入れ温熱療法にかける。フロイトはサパリの意を受けているとマイネルト教授を批判し、病棟から追い出される。ヨーゼフ・ブロイアーに助けを求めるが拒否される。その夜、レノレとシュニッツラーの助けを借りて精神病棟からフルールを救い出す。

猛る男を止める幼きフルールを発見した事がソフィア伯爵夫人の祖国独立への思いに火をつけた。当時黄昏のハプスブルグ帝国が形を保つために利用されたハンガリー独立を目指すため骨抜きにされたルドルフ。フルールから別人格を切り離すことがフロイトにできるとは思えないが

第7話"カタルシス""Katharsis"
フロイトがフルールを自分のアパートに隠すと、マイネルトとブロイアーが捜索に来る。隣室に隠されたフルールは火傷をした男の幻視を見る。リードル少尉は出頭するがキスの上司のヤナチェック警備隊長を買収し、キスに罪を着せて逮捕させようとする。キスとポーシャッハーはフロイトのアパートに逃げる。
リヒテンベルク大将は死んだ息子の部屋で血の付いた短剣を見つけ証拠を隠滅する。サパリ伯爵夫妻は帝国を倒すための呪術の儀式を行う。
フロイトとキスは自らの中の悪魔に向き合う。フロイトはフルールが「タルトス」であることを知る。フルールは皇帝暗殺の幻視を見る。

ルドルフに皇帝を殺させるサパリー伯爵夫妻の抱く祖国復活の夢。しかし史実ではルドルフが皇帝より先に死ぬ。フロイトが注目した無意識世界がキス警部、フロイトの夢に登場。二重人格者の人格分離なんて現代でも難しい事をやり抜けるのかフロイト。キス警部の頭の形が良い。

第8話"抑制""Verdrängung"
サパリ伯爵夫妻を含む帝国中の貴族が皇帝の舞踏会に集まる。リヒテンベルク大将とリードル少尉はフロイトのアパートにキスを追い詰めるが、キスは投降し皇帝暗殺の危険を訴える。舞踏会では虐殺が始まり、皇帝は逃げる。リヒテンベルクの率いる連隊、キス、ポーシャッハー、フロイト、フルールは宮殿に急ぎ、フルールは「タルトス」の力で反乱者たちを止める。庭園に逃げ出した皇帝を、呪縛に囚われた皇太子が追って殺そうとする。フロイトの助言で皇帝は「タルトス」の名を用いて息子を眠らせる。フロイトの婚約者のマルタが訪れ、フルールとの情事を知るが許す。リヒテンベルク大将は正気に戻らない皇太子の治療をフロイトに求める。フロイトは皇太子に催眠術をかけ、フルールとの情事を聞き出す。リヒテンベルク大将はいまだ危険な存在であるフルールを探す。皇帝と大将は事件に触れる催眠術の著作の公表をやめるようフロイトに求め、大金と元の職を提供する。フロイトが拒否すると、大将は家族に危険が及ぶと脅す。キスは警備隊地区長に昇進し、かつての上司ヤナチェックを殺す。フロイトとマルタは家族に結婚を発表する。フロイトは原稿を燃やし、マイネルト教授の下での職を辞す。キスはウィーンの下水道に入る。フルールがフロイトの前に現れて礼を言い、別れを告げる。

ウィンナワルツの優雅な舞踏会が一転殺戮の場に!と思ったらあっけなく収拾されサパーリ伯爵夫妻の野望は潰える。無意識の中で戦った二人のうち獣性を備えたキス警部が誕生し下水道(第三の男 !)の闇に消えフロイトは一世一代の傑作を葬る。キス警視「やがて君の時代が来る」

催眠で人を操る能力について著書で発表しようとするも止められるフロイト。その半世紀後人々を扇動して操るヒトラーがウィーンに現れる事を考えると「人は無意識下で指示された事に従う」事象の発表は警告としては有効だが支配者に悪用される可能性も。







最終更新日  February 26, 2022 03:12:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 3, 2022
みなさん、こんばんは。箱根駅伝往路は2年ぶりに青学が優勝しましたね。さて復路は?
タイドラマ2gether​を見ました。

2gether​

第1話
可愛い女の子が大好きなタインは、今までいろいろなタイプの子と付き合ってはみたものの、うまくいったためしがない。大学に入ったら最愛の彼女を見つけようと張り切るが、思いがけず男子学生グリーンから告白されてしまう。諦めさせようと彼女のいるフリをするが、グリーンはまったく動じない。そこで今度は彼氏のいるフリをしてみようと、SNSで話題のサラワットに目をつける。だがサラワットの態度は素っ気なくて。ムカつくやつなのに、いつもそばにいてくれる彼…。この気持ちは一体何なのか⁉ 

第2話
サラワットに彼氏のフリをしてくれと頼みこむタイン。しかしサラワットの態度は相変わらず。なんとか近づくために同じ軽音部に入部すると、そこにはサラワットを追いかける女子学生であふれていた。歓迎会でペアになった2人はゲームで唇が触れ合ってしまい、タインは思わずドギマギする。そんな中、定員を大幅に超過した入部希望者をふるい落とすためにテストが実施されることに。楽器のできないタインは大慌てで。

携帯電話を直すキャパはないのにやたら威勢がいい店員。料理部員なのに物騒な雰囲気の友人もいるグリーン。励ますつもりで爆睡するタインの友達。伝説がとんでもない方向だった軽音楽部古いギター。新歓のクモの歌はどうみてもあっちの意味では。チキンの歌は意味わからん。

第3話
ニセ彼氏になることを承諾したサラワット。グリーンの前で口説かせようと試みるタインだったが、サラワットの大げさな演技に不満を募らせる。一方、軽音部では部員の実力を評価しようと動画を投稿することに。タインはギターを借りにサラワットの部屋へ行くが、彼の弾き語りに思わず聴き入ってしまう。翌日二人が撮影した動画がアップされ、大学では大きな反響を呼んでいた。そんな時、軽音部にタイン好みの女子学生・ペアが入部してくる。

「ギターはお前が弾くためにある。でも俺はお前を愛するためにいる」恋愛巧者をサラワットに標榜するわりにはその台詞はどうなんだタイン。グリーンに美女好きを見抜かれてあっという間にタインを裏切る友人ズ。偽彼氏っぷりが下手と言われて思わずタインを見るサラワット。これも後で見返すと。

「幸せな時に彼らの曲を聴くと、もっと幸せな気分になる。恋してる時は相手をもっと好きに」タインがほめたScrubbの歌をその場で弾いてくれるサラワットがスパダリ。へたくそなのに「シックでかわいい奴」と自己紹介して基本コードを弾くタインのわがままっぷりは可愛さで相殺。

サラワットの妻クラブが学内にあって服に縫い取り頭にハチマキって怖い集団だ「じゃあ俺と昼ドラならどっちも選べないわけか」「お前」「昼ドラより俺が嫌いってことか?」「好きなものを答えた」真顔ですらっと言ってるけどすごい口説き文句ですね。

「俺と付き合うのはかなり特別なことだぞ」「そうだよ。特別だから引き受けた」と言われて一瞬意識が飛ぶタイン。出ました有名な1と2。どちらを選んでもタインはサラワットに口説かれる。グリーン入部時にちらっと彼を見て笑っていた部長に注目。

第4話
みんなの前で告白して以来、何かとタインにちょっかいを出すサラワット。SNSをフォローしたり、チアの練習中に差し入れを持ってくる彼にタインは困惑気味。そんな中、サラワットの部屋の模様替えを手伝ったタインは、ベッドでふざけているところを彼の母と弟のプーコンに見られてしまう。翌日、タインはオープンキャンパスに参加するプーコンを案内することに。だが気になっているペアとデートしたいタインはプーコンを追い払おうと。

「喉が渇いた」というから折角飲み物を買ってきたのにタインは他の女の子と楽しそうというサラワットの心が折れるシーン(可哀想に)。プーコンインタビューがただのナンパになっているOpenCampus。タインが来るのを知りながらEXPO状態で待っていた確信犯サラワットは自分の体に自信ありとみた。

皆の前で口説かれてファンの子に叩かれたと文句を言うがサラワットがどれだけ勇気を奮って実行したかはこの時点では無自覚で罪なタイン。ちらしくばりも歴然とした差が出てしまう二人。歌のリクエストもサラワットに対して残酷だったと後から見ると沁みる場面。

クライマックスは間違いなく2人でイヤフォン聞くシーン。歌詞がまんまサラワットの心情。自分の胸が取引材料になると思っているタインもおかしいが電話を切るなり速攻で店に走って大量の菓子を持ってきたサラワットが輪をかけておかしすぎる。サラワットとプーコンの一目ぼれブラザーズ。

第5話
軽音部では2人1組で動画を撮ることに。サラワットと組み、やる気満々で撮影を始めたタインだったが、うまく合わせられず四苦八苦。法学部のチアも務めるタインは、サッカーの試合で自分の学部の応援に参加するが、相手チームのサラワットの活躍から目が離せない。その夜、みんなで飲んだ帰りに酔ったタインを寮に送ったサラワットは、突然タインの部屋に泊まると言いだす。だが、部屋は酔いつぶれた仲間たちがすでに占領していた。

タインの友達マンがとある会場で出会った青年に一目ぼれし残されたのはペン1つ。サラワットをからかって悪かったとお菓子を大量に買って謝りに来てくれるマンとこの青年の未来がこうなるのは少し先の話。何かというとタインの家で眠ってしまう悪友達。

メイク落としの時もめっちゃ至近距離だったけどよく間近でこの美形を見てどきどきせずにいられる強心臓タイン。「美しくも賢くも可愛くもない」タインへの気持ちを歌にのせて伝えたつもりなのに「ペアを口説く」と言われショックのサラワットの表情が美しい。酒はタガが外れるポイント。

第6話
酔っぱらってタインの部屋で一緒に眠ってしまった2人。動揺したタインは軽音部で顔を合わせてもそっけない態度をとってしまう。その頃、プーコンは人気者のミル先輩に絵を教えてもらおうとしていた。そんな中、サラワットが試合でケガをしてしまう。驚いて駆けつけたタインに手当てを頼むサラワット。翌日、タインとサラワットの交際が芝居だと気づいたグリーンから詰め寄られると、サラワットは「タインが好きになった」と告げ。

ゲテモノ食レポって需要があるのかわからない集まりで1話2話の災難は悪友達によるものだと酔ったプアクに暴露されるタイン。膝をすりむいただけで訃報がSNSにアップされるサラワット。嫉妬させようとして自分が嫉妬するタインの「この気持ちは何?」もやもやが止まらない。

謎の青年を探しセミナーに参加しまくるマンとタインとぶつかって恋に落ち店でいきなり2ショット写真をねだるなど積極的なミル、ミルの無茶ぶりミッションをサラワットと同じIDと粘りでこなしていくプーコン。サブCPも動き出す6話。酔うと記憶が飛ぶメインCP。

「Deep」「Everything」Scrubbの歌詞がサラワットの心情にどはまりで時々タインを見て視線が交錯するけど視線が合った瞬間のにっこりが至福のほほえみ。そしてこれから明かされるサラワットの長い長い片恋の記録。

第7話
軽音部では新バンドが結成されることになり、サラワットもメンバーに選ばれる。新バンドのPVに出演するサラワットは、女子メンバーのアーンと親しげに音楽の話で盛り上がっていた。2人の話に入っていけないタインは、複雑な気持ちで2人を見つめる。その夜、チアの撮影を翌日に控え寝ようとしていたタインの部屋のドアを、突然激しくノックする音が。ドアを開けると、そこには元カレに追われているというグリーンが立っていた。

タインより1歩も2歩も先を言っていた「喧嘩をした後に愛し合った」グリーンとディム先輩。サラワット譲りの運動神経でやっとミルに振り向いてもらえたプーコンだが目の前で何とタインに誘いをかける所を目撃して大ショック!いまだに名前さえ知らない青年にそっとハンカチを差し出すマン。

「髪から影までキスしたい」いつもながらどう反応して良いか迷うサラワットの口説きから始まり本気の告白に終わる7話。偽彼氏のふりもしなくていい、ギターも返すと言った後のサラワットの切ない表情の裏に隠されていた感情があらわになる。決別宣言をした後のタインと悪友の行動が見事女の子絡み。

第8話
サラワットの突然の告白にうろたえるタイン。遊び仲間たちはタインの気を紛らわそうと、女子学生が勉強している場所へ連れて行く。そこで出会ったワ-ンと早速連絡先を交換するタイン。その頃SNSでは、試合に勝ったらタインがサラワットに告白するという投稿が。そんな中、サラワットは彼を妬む男子たちから袋叩きに遭ってしまう。心配するタインに、サラワットは試合の日にユニホームを着て応援に来てくれと頼むが。

隙あらばタインの胸を触りたいサラワット可愛い顔して変態のギャップだが「頭が痛くて運転できないよ~」の甘え顔が超可愛い。負けた試合をノーカウントにされて嬉しそう。“驚きの白さ”まるで洗剤のキャッチみたいなコピーがユニフォームにあった理由もタイン。相手の名前を背負うわけか。

タイの大学にはあんなひと昔前の愚連隊みたいな輩がいるのか。タイン一直線のミルも加わったのか。危ないな警備員はどうしてるんだろう。どうしてもタインをお持ち帰りしたいサラワットだが砦は堅い。やっと謎の青年を呼び出す作戦が功を奏するが物陰で見守るしかできないマン。

第9話
襲われたサラワットを助けて負傷したタイン。翌朝、タインに近づくミルを見たサラワットは、襲ったのがミルではないかと怪しむ。サッカーの対抗試合の日、サラワットはミルのあからさまなタックルで転倒。心配しながら見守っていたタインも体調不良で気を失ってしまう。重傷を負い軽音部のステージに立てなくなったサラワットに代わり、タインは自分が演奏すると言い出す。すると部員たちも次々に名乗り出て。

 お泊りグッズを完全装備でぬかりないサラワットが最後の決断をタインに委ねる時だけちょっと上目遣いで不安そうなのたまらん。可愛すぎるからと化粧にダメ押しされるタイン。ダメダメにも関わらず勇気を出して演奏に手を上げたタインに他の部員達も協力という久々学園ものみたいな胸熱シーン。

 ブルーハワイにかこつけてこの恋を逃さないようタインにアドバイスするフォン。サラワットを守るために試合に出場し内気なサラワットの背中を押すマン(それにしてもミルのファウルがあからさますぎないか+後でプーコンにリベンジされる)友人たちが尊い。試合の応援で気を失うお姫様枠タイン。

お泊りまでしてまるで結婚指輪交換みたいなピック渡し(ちなみに「結婚しよう」はアドリブだったとか)やってるのにまだ?周囲はとっくにステディ承認だったがそれでもやはり当人の告白は必要。皆が見ている前で「恋人になって」宣言するサラワット。

第10話
ステージがうまくいかず落ち込むタインだったが、サラワットにはタインの気持ちが伝わっていた。サラワットに慰められ、改めて気持ちを通わせた2人。そしてサラワットはタインにお揃いのブレスレットを贈る。一緒に暮らし始めた2人のもとに、ある人物が訪ねてくる。2人の関係を怪しみ、数日間家に泊まると告げる。ところがその人は、サラワットの友人であるマンが一目惚れした相手だと判明。マンは彼に猛アプローチを開始する。

親友サラワットの恋愛を邪魔するタインの兄に罵声を浴びせてやる!と意気軒高だったマンだがセミナー通いが趣味の美青年タイプだった事を知ると態度の軟化が早すぎる。そして酔うと脱ぎ癖のあるタイプが一夜を誤解してますます気まずい仲に。コンドームブーケってタイでフツーに売ってる?

ステージがうまくいかず落ち込むタインに「俺たちふたりの映画ならお前が結末を選べる。悲劇でもいいし、ハッピーエンドにもできる」と優しい彼氏ぶりを発揮するなのに次の場面で彼氏であることを秘密にするかわりに「胸揉みたい!」とおねだりして2枚目を台無しにするサラワット。胸フェチか。

2人の学生が住むには豪華すぎる住まいは既に新居?相手も費用を払ってるだろうに堂々と黄色のテープで陣地分けして好きなカレーも食べさせないタイプの無双っぷり。プーコンはパンケーキを取っておいてくれたミルに目がハートだがこれ以上ないくらいきっぱり振られてないか。

第11話
タインはサラワットが好きな人に贈ったという曲のことが気になって仕方がない。そんな中、軽音部で植林キャンプに行くことに。タインとサラワットも参加するが、なぜかそこにはミルの姿が。翌日、木を植えていたタインはサラワットにもらったブレスレットをなくしたことに気づき、胸騒ぎを覚える。その夜行われた肝試しで、タインは偽物のお化けに驚きある神聖な物を焼いてしまう。落ち込んだタインは夜中に1人で宿舎を抜け出して。

今よりちょっと落ち着きがなく可愛らしい1年前のサラワットがマンとボスとディムの支えでタインとの絆を深めてゆくまでが駆け足で紹介。一歩間違えればストーカーのマンの押しの一手が遂にタイプの心を動かす!ストーカーといえばこちらも負けていないミル。お化けに怯えるタイン可愛すぎる。

第12話
ブレスレットも見つかり、もう悪いことは起こらないと気持ちを切り替えるタインとサラワット。そんな2人の前にサラワットの高校時代の親友、パムが現れる。美女の登場に部員たちの目は釘付けに。サラワットはギターを教えてほしいというパムのお願いを断り切れないでいた。その頃、マンは相変わらずタイプに付きまとっていたが、研修先の先輩たちにからかわれて気落ちしていた。一方、タインはパムへの嫉妬で眠れない夜を過ごしていた。

「まずいけど食べろ!安いから」思いっきり「嫌だ!」と言いたくなる食レポは需要があるのか。友達の話とごまかしながら自分の相談を持ち掛けるタインとわかりきっているが敢えてつっこまないでおいてあげるフォン達。サラワットの事で胃痛になるほどいつのまにか好きになっていたんだねタイン。

将来有望な医学部をやめて音楽学部に来たいというパムの押しの強さは恋愛ではストロングポイント。「金はないけど心」発言をあざ笑うエリートサラリーマンたちに徹夜で共同作業をして距離を縮めたタイプとの関係をあっという間に壊されるマン。衝撃的な現場を見て泣き崩れるタイン。

第13話
抱き合うパムとサラワットを目撃し、ショックで倒れたタイン。そんなタインを慰めたのはミルだった。ブレスレットを残して部屋を出てしまったタインは1年前に開催されたScrubbのライブ会場を訪れるが、そこである人と出会う。一方、誤解が解けず荒れるサラワットに、コンテストで優勝したらタインに告白すると告げるミル。その頃タイプはマンのもとへと向かい、自分の想いを告げるのだった。

サラワット&プーコン兄弟がミルに翻弄されてる。不合格だった事を知りながらプーコンの大学案内に付き合ってくれてそりゃ好きになるよ。いい歳した長身イケメンは自棄でサッカーしてても絵になる。「挑んで負けたらどうして欲しい?」とプーコンに聞くミル。ここで終わりか!

あんなにうっとうしがっていたのに姿を見ないと気になるのは恋の始まりだよタイプ。教室で「誰も見てないから」とハグを強行するマンだが教室の生徒めっちゃガン見してたし友達は通り間際に「焼肉!」と強調するし注目の的。幸せな二人に幸あれ。

サラワットとの愛の巣を出ていく時に一つ一つ思い出の品を見ながら彼との思い出がフラッシュバックするタイン。冗談から始まった恋にこんなに真剣になっていた。パムに決定的な別れを告げていた場面をタインに見られていたのに逆に誤解される不運なサラワットがミルの挑発でバンドに戻る。

最終話
コンテストの日、会場には行かないと決めたタイン。フォンの部屋に集まった友人たちは、タインにそれぞれ違った言葉をかける。その頃、会場の控え室でタインを待つサラワットの元に、マンとボスが応援に駆けつけていた。1人で部屋に残ったタインは、ふとパムに渡されたUSBのことを思い出し、パソコンで音声ファイルを再生してみる。するとサラワットの声が流れてきて、2人が共に過ごした今までの日々がよみがえってくる。

最初に会場を見回してタインがいない事に気づきふっと目を伏せる。しかし再び目を上げた時タインがいるのを見つけた時の表情がぜんっぜん違うんですよね。サラワット「お前に出会って愛を知った」タイン「信じてなきゃここに来ない」堂々の公開告白ですよかっこいい!

最終回なのに半分以上がダイジェストだった。タインあんな無自覚に「落ちるまでキスするってどうするの?」って聞いてたのか。罪な奴。ミルのタインの背中押しやミル&プーコンシーンがカットされていた。大学2年目見た目とは裏腹にシャイだったサラワットが恋人をからかう余裕を見せる。


2gether Blu-ray BOX【通常版】【Blu-ray】 [ ウィン ]​​楽天ブックス







最終更新日  January 3, 2022 10:18:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 21, 2021
みなさん、こんばんは。阿蘇山が噴火しましたね。
今日は歌手が主役の映画を紹介します。

シークレット・ヴォイス
QUIEN TE CANTARA

監督
カルロス・ベルムト

出演
ナイワ・ニムリ カルメ・エリアス ナタリア・デ・モリーナ

 国民的歌手のリラ・カッセンは、人気絶頂のさなかに引退を表明し、公の場から姿を消す。それから10年後、彼女は突如復帰ツアーを行うと表明するが、公演直前になって記憶を失い歌えなくなる。マネージャーのブランカは、リラの曲を本人そっくりに歌うヴィオレタと出会い、リラ本人にリラの歌を教えてほしいと頼み込む。

 冒頭は海辺で倒れている女性を助けようとしている女性の映像。誰かが死のうとしたことがわかる。その次にリラの話が登場するので「ああリラが自殺しようとしたのだ」と視聴者はまず考える。しかしそんな一筋縄の物語ではない。

 リラに憧れたコピーのヴィオレタと、歌を忘れてしまった実力派歌手のリラ。母を養うために歌を始めたリタと、娘が出来たために歌を諦めたヴィオレタ。本物と偽物の二人は対照的な人生を送ってきた。本物が偽者に励まされて復帰を果たし友情が生まれるサクセスストーリー(になりそうな箇所もあった)でも、偽者が本物を凌駕する下剋上の物語でもない。本編は二組の母娘の物語でもある。良好な関係だったのに歌を通じて母親の生きがいを奪ってしまうリタとヴィオレタだけでなくその憧れの対象のリラまでも食い物にしようとするマルタ。愛情と栄光が秤にかけられいずれもその代償は大きい。映画はそれぞれの選択をしたヒロインを断罪はしない。強烈なメッセージを突き付けるのではなく、わざと曖昧な描写にして視聴者の想像に委ねる箇所もある。

 ナイワ・ニムリ演じるリラのモデルは何と日本の歌手ちあきなおみさん。彼女が夫の死後歌えなくなり芸能界を引退した事実にちなんだ。主要人物の名前は全て花にちなんでいる。リラ=ライラック、ヴィオレッタ=ヴァイオレット。
 


シークレット・ヴォイス [ ナイワ・ニムリ ]​​楽天ブックス







最終更新日  October 21, 2021 12:07:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 6, 2021
みなさん、こんばんは。4日夜、東京 港区のTBSの敷地内で、タレントのビートたけしさんが乗った車がつるはしのようなものを持った男に襲われたそうですね。今日は太平洋を漂流した実話をもとにした映画を紹介します。

アバンダンド 太平洋ディザスター119日
ABANDONED

出演
ドミニク・パーセル

  ニュージーランドからトンガまで、南太平洋をヨットローズノエルで航海に出た4人の男たち。しかし、その途中で強大な嵐に遭遇し、ヨットが転覆してしまった4人は、海上で助けを待つ。一方、残された家族たちは、4人が遭難したことを知り捜索を願い出るが、手がかりが得られず捜索は打ち切られてしまう。遭難者となった4人は、極限状態へと追い込まれていく。

 原題は「放棄された」「取り残された」両方の意味を持つがいずれも内容を正確に言い当てているとは言えない。実話らしいが、船内には短距離無線しかなく、救難信号も届かない、航海に最適な設計がされていないなど、よくこんな船で無謀な航海に出られたものだ。

 人気テレビシリーズ「プリズン・ブレイク」で知られ、数々のアクション映画に出演するドミニク・パーセルが主演扱いになっている。パッケージも彼の写真が出ているが、実際の主演は船長のジョンである。まあこの彼が独善的で当然ながらいらんことしいをして他の3人と険悪になる。しかし4人しかいないので、おおよそ頼りない船と装備を頼りに生きて行かなければならない。必要な道具を落として喧嘩になるなどありがちな衝突は生じるが、やがて皆妥協点を見い出して「一生の親友」宣言まで飛び出す。ただその友情もつかの間であり、帰還後の騒動が終わったら独り者のジョンを除いてそれぞれ家族の元に戻っていくそっけなさがいかにも実話である。

 救われてからの後日談も映画として描かれていた。119日後に冬の太平洋に漂流した後、ローズノエルはニュージーランドのグレートバリア島に漂着。トンガどころか近海をうろうろしていたことになるとんだ冒険野郎もあったものだ。空腹とはいえ他人の家に押し入り食べ物を食べ家でくつろぐっていいのか。



アバンダンド 太平洋ディザスター119日 [ ドミニク・パーセル ]​​楽天ブックス








最終更新日  September 6, 2021 12:03:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 4, 2021
みなさん、こんばんは。エレキの神様と言われた寺内たけしさんが亡くなりましたね。今日は戦後まもないウィーンを舞台にした映画を紹介します。

ジープの4人
Die Vier im Jeep / Four in a Jeep

ベルリン国際映画祭金熊賞

監督
レオポルド・リントベルク

脚本
リヒャルト・シュヴァイツァ

出演
ラルフ・ミイカア ヨゼフ・ヤーデン ヴィヴェカ・リンドフォース マイケル・メドウィン
ディナン、ポーレット・デュボー


 連合国が占領した戦後のウィーンでは、占領国(アメリカ、イギリス、フランス、ソビエト連邦)のそれぞれを代表する4人の軍人が同じジープでパトロールしていた。ある日、彼らはソビエト戦争捕虜収容所から逃げ出した捕虜を捕らえて逮捕する任務を与えられる。しかし、彼らが逃走したカールと彼の妻であるフランツィスカについての真実を知ったとき、助けることに決める。問題は、ソビエト軍曹が上司から命令されていることだった。彼は逃亡者を逃がさないように厳しい命令を下し仲間の憲兵と衝突。このような状況で、カールとフランツィスカは再会し、再び自由に暮らせるのか?

 ジープの4人の取り合わせは戦勝国である米兵ロング、ソ連兵ヴォロシェンコ、英兵スチュアート、仏兵パスチュール。小さなジープの中でも米ソの対立が始まっている。背後に国家が存在するからかと思っていたが、その後のロングの回想シーンで、終戦間近に米軍とソ連軍が合流する地点で、斥候の任についていたロングとヴォロシェンコが遭遇し、互いに出会えたことを無邪気に喜び合い、2人が友情で結ばれていたことが分かる。

 その時木の幹に互いのイニシャルを彫るという恋人同士のようなことをしていた二人が戦後偶然再会したとき、ロングは列車の窓から大きく手を振って喜びを表現していたのに、ヴォロシェンコの態度は全く素っ気のない他人のように変わってしまっていた事からぎこちなくなっていたというもの。人間としての良心が国家の命に優先するか否か?という命題で対立の愚かさ、平和希求を訴えている。

 当時マッカーシーの赤狩りが吹き荒れているアメリカでは制作できなかったのでわざわざスイスで制作。ヒロインを演じたヴィヴェカ・リンドフォースは当時イングリッド・バーグマンの後継者として期待されていた女優。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ジープの四人 [DVD]
価格:29214円(税込、送料別) (2021/3/24時点)













最終更新日  September 4, 2021 12:05:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 16, 2021
みなさん、こんばんは。西日本豪雨より大変な大雨が日本を襲ってます。
今日はスタインベック原作で映画化された作品を紹介します。

真珠
LA PERLA/THE PEARL

監督
エミリオ・フェルナンデス

出演
ペドロ・アルメンダリス マリア・エレナ・マルケス フェルナンド・ワーグナー
チャールズ・ルーナー アルフォンゾ・ベドーヤ ファン・ガルシア

 貧しい漁夫のキノは愛妻フアノと1人の息子と共に真珠採りで生計を立てている。ある時シケ続きでその日暮らしのキノ一家が食べる物もなくなった時、間が悪いもので愛児がサソリに刺された。村の医者にかけつけたが、貧乏なキノ夫婦を医者は相手にもしない。シケがまだ納まらない翌日、危険をおかしてキノは船を出し必死になって真珠を探った。すると見たこともない大粒の真珠がとれた。キノは妻と共にこれを売って金持ちになれると夢想。腹に一物ある真珠買いの商人も何のかのと安値をつけるし、お世辞を並べて酒に誘い、真珠を巻き上げようとする隣人もある。妻フアノは真珠の呪いを本能的に恐れ、夫が眠っている間に海に捨てようとしたが、かけつけたキノに撲り倒される。

 貧者がたった一つ得た真珠によってシアワセになれるどころか返って不幸になっていくやるせない物語。特に最後に失うものの大きさは計り知れない。まるで幽鬼のようにもといた村に戻って来る夫妻。教訓は分相応に暮らすのがいいということなのか。真珠を手に入れてまだ金に替えてもいないのに、近所の皆を集めて飲めや歌えやの宴を開いてしまう所がいかにもラテンだ。日本人なら別の発想になっただろう。

  映画化で1947年に出版されベスト・セラーとなったジョン・スタインベックの小説を作者本人が「ベニーの勲章」のジャック・ワグナー及び監督のエミリオ・フェルナンデスと協力して脚色。主演はメキシコ映画スターのペドロ・アルメンダリスとマリア・エレナ・マルケス。アルメンダリスは「逃亡者(1947)」「フォート・アパッチ」「三人の名付け親」で大役を演じている。メキシコ語版と英語版が製作され、セットはメキシコ市のチュルブスコ撮影所で撮影。


ジュネス企画 真珠【DVD】​​楽天ビック(ビックカメラ×楽天)







最終更新日  August 16, 2021 12:02:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 19, 2021
みなさんこんばんは。バッハ会長が中国人と日本人を間違えてましたね。その程度なんですよ。
今日は自然体でいたい女性が主人公の映画を紹介します。

ナチュラルウーマン
UNA MUJER FANTASTICA/A FANTASTIC WOMAN

監督&脚本
セバスティアン・レリオ

出演
ダニエラ・ベガ フランシスコ・レジェス ルイス・ニェッコ

 アカデミー外国語映画賞

 始まりは誕生日。恋人のオルランドに食事とダンスで祝ってもらい、ナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのシンガー、マリーナは幸せの絶頂にいる。しかし、その夜、オルランドの急死によって彼女は不幸のどん底に突き落とされる。マリーナに愛する人の死を悲しむ贅沢は許されない。オルランドを運び込んだ病院の医師から挙動を怪しまれ、刑事に性犯罪を疑われ、オルランドの前妻から怪物と呼ばれ、オルランドの息子に暴力をふるわれる。それは、マリーナがオルランドの離婚の原因になった愛人だったことに加え、トランスジェンダーであることが影響している。その誕生日は、ひとりで生きる人生の始まりの日になる。
トランスジェンダーと言うカタカナだとまだ聞こえがいいが日本語ではあまりいい意味の言葉がない。女性蔑視発言が絶えないのだから、頭の固い人達には猶更理解できないだろう。その人をありのまま受け入れればいいだけなのだけれど。

 ダニエル・ヴェガの眼力がつおい。 そんじょそこらの差別には負けないぞ!という意気込みが感じられる。裏を返せばそれくらい気負っていなければもうみんな言いたい放題。故人の息子はさっさと部屋を占領して荷物を放り出すし、妻は葬儀に出ないで欲しいというし。皆マリーナの哀しみや愛情にはこれっぽっちも気づかないふりをしている。そしてひたすら排斥する。

 ダニエル・ヴェガは劇中で歌っている。当初チリのトランスジェンダーコミュニティについての  コンサルタントとして雇われたダニエル・ヴェガには演技経験がなかったが、一緒に過ごすうちに監督が主演にスカウト。ダニエルも快諾。チリはラテンアメリカの国の中ではアルゼンチンに次いで二国目の獲得。トランスジェンダーの女性が主人公の映画がオスカーを獲得したのも初めて。


ナチュラルウーマン [ ダニエラ・ヴェガ ]​​楽天ブックス







最終更新日  July 19, 2021 12:06:24 AM
コメント(0) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR


© Rakuten Group, Inc.