401092 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

盆栽教室・櫻苑のブログ

2006.12.18
XML
カテゴリ:

061214_0833~01.JPG 右が、チェコの作家、カレル・チャペックが78年前に

書いたといわれる「園芸家12ヶ月」で、

 左がその「園芸家12ヶ月」を涙を流しながら読んだという 自称ベランダー(ベランダで花を育てる人)の いとうせいこう著「ボタニカルライフ」。

 寝る前に読むにしては、「…フフフ…フェフェフェ!!!」みたいな不気味な笑いが

 出てきてしまうし、花にあまり興味のない人には、退屈かもしれないけど、

 やっぱりどちらも名著でしょう~。これは、何度も何度も読んでみたい本です。

 「園芸家12ヶ月」は、以前から読もう読もうと思っていたのですが、

 いざ読んでみると、小松太郎さんの訳がすんなりと入ってきます。

 高橋健二さんと、小松太郎さんは、ヨーロッパ文学の有名な翻訳家ですが

 このお二方のユーモアあふれる、おちゃめな、魅力的な文章のおかげで

 小学生のころから、ドイツの作家の文章をすごく身近に感じていました。

  カレル・チャペックも、いとうせいこうも、おそろしく頭の良い方ですが、

 植物のとりこになってる、のぼせさん状態が本当に面白くて、まだまだ

 こんな風にはなれてないな~と思わせるのです。

  でも読んでいて、はたと思いました。

 人間が生まれたのは、いや、人間の元になる哺乳類が

 うまれたのは、この地球上に「花」が誕生したから、だという研究データが

 あるそうです。

 花がうまれて、地上の酸素濃度が変わったから、脳が発達しはじめたのだと。

 どうりで、人間は花が好きなはずだなって。それはDNAに刻まれてるだなと。

 だから、花にのぼせていいんです。花に埋もれて生きて行きたいと思っても。 







Last updated  2006.12.18 20:11:35
[本] カテゴリの最新記事


PR

X

Calendar

Profile


lacerise

Category

Free Space

てのひら盆栽教室 櫻苑ホームページアドレスはホームページへ戻る

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

●くらしの素敵なエッ… kyoko *さん
ぷちがーでん れんげ^^さん
花の子たまたま 楽… 花の子たまたまさん
ほしがり姫の1年中ガ… ほしがり姫さん
mari`s すけっちのぉと 遊牧民mariさん

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.