000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

盆栽教室・櫻苑のブログ

2007.11.26
XML
カテゴリ:

071126_0950~01.JPG 「銀色ナイフ」銀色夏生 角川文庫

 長年、その文章に慣れ親しんで来た作家に、

銀色夏生さんと ナンシー関さん、林真理子さんと 田辺聖子さんがいる。

 考え方や表し方には影響を受け、もう勝手に人生の大先輩とあがめてる感じ。

 
 前者二人は、世間的にいうと、変わり者の一匹狼的な存在で、

後者二人は酸いも甘いも噛み分けた大人というか。

 共通点は、ぶれのない、切れ味のいいナイフで切った断面のような 

潔い言い切り方だと思う。

  特に、銀色さんやナンシーさんは常に深い思考から、

これは世間一般ではこう言われるけど、実は違うんじゃないか。

ていう、先入観や常識を打破してくれる名人で、

私など元来、気質が真面目な人間には憧れなんです。

(うちの旦那も、考えてみたらこのタイプかも、扱いにくく煮ても焼いても食えない...)

 「銀色ナイフ」は、初めて読む人には、馴染めないかもしれないけど、

銀色さんの更に突抜けた 言い切る感が全開。

 人間関係に細かすぎるところをしつこく書いてるのも、微笑ましい。

 子育てに関する言葉なんか、なるほどと思うことも多い。

 

 ナンシーさんは、もう新しい版が出ないのが残念だけど、

同時代に生きて、著作がたくさん残ってることに

感謝するように切り換えました。

 時々、偏見じゃないかという位、こだわって悪口書いてるのがまた、

可愛らしい。川島なおみとか...

 ナンシーさんが生きてたら、川島なおみが結婚ネタで

テレビに出まくってる様子をどう切ってくれたかな。

 やっぱり、惜しい人を亡くした。

 神田うのとか、藤原紀香についてもきっと書いてくれたに違いない。

 夫婦ネタでしかテレビに出られないタレントとか、いつの時代もこれからも

 ナンシーさんを思いながら、芸能界を覗く感じが続くだろう。







Last updated  2007.11.26 10:02:18
[本] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


lacerise

Category

Free Space

てのひら盆栽教室 櫻苑ホームページアドレスはホームページへ戻る

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

●くらしの素敵なエッ… kyoko *さん
ぷちがーでん れんげ^^さん
花の子たまたま 楽… 花の子たまたまさん
ほしがり姫の1年中ガ… ほしがり姫さん
mari`s すけっちのぉと 遊牧民mariさん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.