471982 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

トルコのアンタルヤで絨毯・キリム屋を営んでいます

外国で女一人で商売をするのは大変だけど
大好きなキリムに囲まれているだけで幸せです

愛すべきトルコとトルコの友人・知人のこと
そして絨毯、キリム屋としてのトルコでの商売のことを中心に
日々の出来事を交えながら
日本人絨毯屋、怠け者女社長の「トルコ商売日記!?」が続きます

相変わらず見事に全く役に立たないトルコでの仕事と生活日記です

前編「続・絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら

前々編「絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら

弊社「ミフリ」は外資系トルコ現地法人の貿易会社です。
絨毯、キリム、手工芸品全般のほか、ファッション関連、ファブリック関連、食品、家具、キッチン用品、日用品、各種機械などの輸出・輸入、関連したアドバイス業、代行業などを行っています。

トルコキリムと伝統手工芸ミフリ&アクチェ
November 16, 2018
XML
カテゴリ:絨毯・キリムの話
トルコの東部にシールトという県があります。
主にそこの伝統で、嫁入り持参品の必需品「シールト・バッターニエ」というものがあります。




バッターニエは「毛布」を意味するトルコ語。
ウールやゴートのナチュラル毛で手織りした織物のことです。
東部ではこれを今でも毛布代わりに使用するそうです。
サイズがちょうどシングル、ダブルの毛布サイズ。
横糸は100%ウールですから、それは温かいことでしょう。

小さいサイズのものはミフラップモチーフになっていて、お祈りのときのナマズルックとして使われたようです。



さて、シールトバッタニエは水平機でメキッキを使って織ります。
女性の織り手ももしかしたらいるかもしれませんが、基本的に男性の仕事です。

元々、トルコの織物で、絨毯やキリムは女性の仕事、布やシールトバッターニエなどは男性の職人さんの仕事・・・というのが定番です。

シールト・バッターニエの特徴のひとつに、染めをしていないナチュラル毛の糸を使うというのがありますが、もうひとつに起毛させることでモチーフを描く・・・・というのがあります。




この画像でわかるかな?

白い部分に毛の方向があって、それが連続の菱形モチーフになっています。
これは織りながら、ブラシ、または鉄の櫛を使って毛の方向をつけていくからできること。
そのため、通常は糸はポアポアと長い毛が出ているものを使います。

ただし、クリーニングに出してしまうとこのモチーフも自然と消えてしまいますから、クリーニング前の新品の証です。



・・・とここまで読んで、なんか前にも同じ内容のブログを見たことあるな・・・と思った方は大正解。以前暑くなった頃に書いたブログ、季節感ないのもいいところでしたが、今回はちゃんと季節を考えて出してみました。

ナチュラルウールのシンプルなトルコ東部の織物です。
敷いてもよし、掛けてもよし。
今回とってもお安くしていますので、加工用に使ってもいいぐらいの値段です。

ミフリ社長・・・4年半後の年金退職に向けて、ぼちぼち店仕舞いを考えています。
膨大な在庫をただ持っていても仕方がありませんので、なんでも大特価です。
興味のある方、使ってくれる方にお譲りしたいと思います。
お買い物は以下のリンクからお入りください。
↓↓↓↓↓

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  November 16, 2018 07:36:07 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.