323681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

肺炎予防 New! バッハ0501さん

Comments

mihri@ Re:国境の旅~おまけ(04/30) ありがとー。ネタはたくさんあるからボチ…
olive@ Re:国境の旅~おまけ(04/30) 次も楽しみにしてるよー!
mihri-kilim@ Re:お疲れ様でした(02/09) komomoさん >そんな忙しい中、3日も付き…

Freepage List

Headline News

トルコのアンタルヤで絨毯・キリム屋を営んでいます

外国で女一人で商売をするのは大変だけど
大好きなキリムに囲まれているだけで幸せです

愛すべきトルコとトルコの友人・知人のこと
そして絨毯、キリム屋としてのトルコでの商売のことを中心に
日々の出来事を交えながら
日本人絨毯屋、怠け者女社長の「トルコ商売日記!?」が続きます


相変わらず見事に全く役に立たないトルコでの仕事と生活日記です


前編「続・絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら



前々編「絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら




弊社「ミフリ」は外資系トルコ現地法人の貿易会社です。
絨毯、キリム、手工芸品全般のほか、ファッション関連、ファブリック関連、食品、家具、キッチン用品、日用品、各種機械などの輸出・輸入、関連したアドバイス業、代行業などを行っています。

トルコキリムと伝統手工芸ミフリ&アクチェ


2017.10.18
XML
カテゴリ:トルコの手工芸
トカットのバスク修行を終え、ブルサ経由、イスタンブルからアンタルヤへ戻ってきました。
最近、みなさまの期待を裏切って、放置プレイはいっさいなしですので、ほぼ24時間の専属コーディネーター、通訳、カメラマン、解説員、記録係、広報まで務めているようなものです。





同行のお友達のプライベート写真集が作れるぐらい写真を撮ってきましたが、バスクの師匠たちの撮影も私にしたらかなり頑張ってきました。
現役のバスク師匠、その後継者となった弟子たちと会い、いろいろお話してこれたこともとてもよかったです。






ただ無理し過ぎたせいか、さすがの私も今回ばかりは睡眠不足と疲労で途中で風邪をひきました。
鬼のかく乱、数年に1度の割合ですけど。

今回は女性の2人旅。
現地では同じような取材をしていたトルコ人の院生と共同作業することもありました。
自分ひとりでの取材の場合、それほど興味のない内容なら途中で面倒になってやめてしまうこともあるかもしれませんが、人と一緒ですと、その人の興味へのお付き合いや要望に応えるために、興味対象外のことも調べたり、見る機会ができたりします。そこから思いもよらない発見があったりもします。





今回、アンタルヤに戻ってきても休む間もなく、たまりにたまった仕事の処理に追われている上に、日本へ行く予定もあり、バスク修行2017の詳細は思いっきり省かせていただきますが、来年の2月に「バスク」をテーマにした展示会が予定されています。
また確定ではありませんが、再来年にも何か素敵なことがあるかもしれません。





私の中では骨董イーネオヤのおまけで付いてきたバスクですが、おまけではないトカット650年の歴史を持つ伝統手工芸としての魅力を、いずれ何かの形で伝えていけたらうれしいです。

※ バスクとはトルコ語でプリントの意味ですが、ここでいうバスクはトカットが16-17世紀にかけてオスマン帝国により木版の手押しバスクの地として指定され、木版と技術、職人さんの持ち出しが禁止になったことからこの地で独自に発達したプリント技術を指します。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.10.18 15:27:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.