293688 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

戦績 バッハ0501さん

Comments

mihri@ Re:国境の旅~おまけ(04/30) ありがとー。ネタはたくさんあるからボチ…
olive@ Re:国境の旅~おまけ(04/30) 次も楽しみにしてるよー!
mihri-kilim@ Re:お疲れ様でした(02/09) komomoさん >そんな忙しい中、3日も付き…
komomo@ お疲れ様でした そんな忙しい中、3日も付き合ってもらって…
mihri-kilim@ Re[1]:やっとお店の看板つきました(11/18) びっくり姫さん >きゃーーきゃーーきゃー…

Freepage List

Headline News

トルコのアンタルヤで絨毯・キリム屋を営んでいます

外国で女一人で商売をするのは大変だけど
大好きなキリムに囲まれているだけで幸せです

愛すべきトルコとトルコの友人・知人のこと
そして絨毯、キリム屋としてのトルコでの商売のことを中心に
日々の出来事を交えながら
日本人絨毯屋、怠け者女社長の「トルコ商売日記!?」が続きます


相変わらず見事に全く役に立たないトルコでの仕事と生活日記です


前編「続・絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら



前々編「絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら




弊社「ミフリ」は外資系トルコ現地法人の貿易会社です。
絨毯、キリム、手工芸品全般のほか、ファッション関連、ファブリック関連、食品、家具、キッチン用品、日用品、各種機械などの輸出・輸入、関連したアドバイス業、代行業などを行っています。

トルコキリムと伝統手工芸ミフリ&アクチェ


2017.07.24
XML
カテゴリ:絨毯・キリムの話
イーネオヤを編むとき、現在のようにボビンの糸を買ってくれば作れる・・・ものではなかったということを繰り返しお話してきた。
糸を手に入れるには、まず蚕を飼うことから始まり、成繭、糸取り、糸撚り、染色・・・という行程を経て、初めてオヤに使える糸となる。

同様にキリムや絨毯を織るときも同じである。
羊を飼い、毛を刈り、毛の分別、糸を紡ぎ、糸を撚り、染色をして初めてウール糸となる。

羊を飼う~毛の分別は端折ることにして、まずは糸を紡ぐことから始めよう。
今、手に入る原毛はお店や通販で売っているわけではないので、少量では手に入らない。
それと硬めなので慣れていない人には扱いにくいため、今回は日本で手に入る、質のよい柔らかい、しかも綺麗な原毛を練習用に持参してもらうことにした。

セーターなどの編みもの用とトルコの一般的な織物用の毛の質は厳密に言えば異なるけど、織物用に紡げないということもないので問題なし。



トルコの村では十字型の木製スピンドル「キリマン」を使って毛を紡ぐ。
キリマンで紡がれた糸は「キリマン糸」と呼ばれる。
いわゆる手紡ぎウール糸である。
3つのパーツに分解できる十字型は、毛を巻き取ったあとに、軸を抜いて、十字の片羽を抜くと、そのまま丸い糸玉になる。

左腕に原毛を巻き、左指で毛を開いて送り出す。
そして右手で開いた毛を親指と人差し指で固定しながら、スピンドルへ送り込む。

編み物用より回転数が高いのがトルコの織物のウール糸ではあるが、回転数を掛け過ぎてもいけない、低すぎてもふかふかでフェルト状になってしまうので使えない。
微妙な加減で一定の太さにしていくのは容易ではないけれど、糸がないと織物織れないもんねー。

まずはノルマの分量をキリマンを使って紡ぎます。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.07.24 01:47:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.