544362 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

トルコのアンタルヤで絨毯・キリム屋を営んでいます

外国で女一人で商売をするのは大変だけど
大好きなキリムに囲まれているだけで幸せです

愛すべきトルコとトルコの友人・知人のこと
そして絨毯、キリム屋としてのトルコでの商売のことを中心に
日々の出来事を交えながら
日本人絨毯屋、怠け者女社長の「トルコ商売日記!?」が続きます

相変わらず見事に全く役に立たないトルコでの仕事と生活日記です

前編「続・絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら

前々編「絨毯屋へようこそ トルコの絨緞屋のお仕事記」はこちら

弊社「ミフリ」は外資系トルコ現地法人の貿易会社です。
絨毯、キリム、手工芸品全般のほか、ファッション関連、ファブリック関連、食品、家具、キッチン用品、日用品、各種機械などの輸出・輸入、関連したアドバイス業、代行業などを行っています。

トルコキリムと伝統手工芸ミフリ&アクチェ
June 19, 2019
XML
カテゴリ:トルコ国内出張
カッパドキア観光に来たら見るところが多すぎるので、滞在日程に合わせて訪問先を取捨選択をすることになるだろう。
その中で絶対外せないのがギョレメ野外博物館。




ツアーでは絶対寄ります。

大きく曲がった坂道の途中にあるので、クルマも人もいつも混んでいる印象しかないけれど、この日もやっぱり混んでいた。




ここには5-12世紀に建てられた岩窟教会が30ほどある。
当時、迫害から逃れてきたキリスト教徒たちが建てたものである。
だから外側は奇岩で入り口も狭い。
でも中に入ると場所ごとの保存状態にもよるけれどフレスコ画が残り、とても興味深い。




以前はフラッシュを使わなければ写真は自由だったのに、今回は内部は全て撮影禁止。
ああ、こんなことなら以前来たときに真面目に撮影しておけばよかったな、と思うけど、あとの祭り。いつまでもあると思うなを身をもって体験する今日この頃です。




鮮やかなフレスコ画とは対照的だけど、外壁に赤い絵が描かれている。
これがなかなか面白い。下手ウマの部類である。

誰が何を思ってこの絵を描いたのか、中のフレスコ画とのギャップはなんなんだろうか・・・とか。

そして一旦外に出て道路を挟んで反対側にあるトカルキリセへ。
中は真っ青なフレスコ画で、目を見張る。
ここもかつて何度も見ているのだけど、その価値がわかっていなかったんだね、過去の私。

内部の写真撮影が禁止になったのは世界遺産に登録されたから、って言われたけど、真実はわかりません。

日本では博物館内は許可を取らないと撮影できないのが普通だとは思っていたから、トルコってその点、人類の共有財産だからダメージを加えない限りは当然撮ってもいいのよ、的でいいなあ・・・と感じていた。
でも最近、少しずつ規制されているのかなあ・・・。




ギョレメの中心部まで行ってランチ。
奇岩群と一体化したようなギョレメの村は散策だけでも楽しい。

-------------------------------
【お知らせ:その2】
トルコ・トカットの木版バスク展」
日時:7月20日(土)-9月1日(日)、9:00-21:00
会場:生活工房ギャラリー3F
内容:トカットで600年の歴史を持つ伝統的なブロックプリントを紹介。かつてトカットで作られた代表的なモデルのバスク、ヤズマなど野中幾美のコレクション展示、トークイベント、ワークショップ、ギャラリートークなど。販売もあります。




トークイベント「バスクの故郷・トカット~門外不出の伝統工芸」
日時:8月3日(土)14:00-15:30
料金:500円(お茶付き)
申込方法:6月25日10時より電話(03‒5432‒1543)か、6月25日以降に表示される申込フォームにて生活工房まで。

8月9日、10日に開催のワークショップの募集はすでに始まっています。
詳しくは生活工房さんのサイトをご覧ください。

生活工房さんで2012年6月24日ー7月22日に7つの海と手しごとシリーズで「地中海とトルコのイーネオヤ」の展示が行われましたが、イーネオヤがついている柄の入ったコットンスカーフがヤズマです。1970年代に機械プリントが導入される以前は、1枚1枚極薄の布に手作業で木版を押して作られていました。とても複雑で繊細な作業です。伝統デザイン、バスクの5種のテクニック、歴史的背景などを実際の作業風景やトカットの人々の生活を交えながら紹介していきます。

-------------------------------
【お知らせ:その1】
九州・鹿児島市内でイーネオヤのイベントが行われます。

「ちいさなトルコバザール」
日時:7月13日(土)ー17日(水)
会場:Good day 鍛冶屋店2F
内容:ブルサのテキスタイル博物館に展示された野中幾美の骨董イーネオヤコレクション一部の展示(7月13日・14日)、オヤを中心としたトルコの可愛いハンドメイド品の展示・販売、イーネオヤ初心者のためのワークショップ、野中幾美のスライドによるお話会など。

私のお話会の日時、お申込み方法は以下の通りです。
タイトル:「おばあちゃんの贈り物」
日時:7月13日(土)14:00-15:30
内容:イーネオヤとはなんぞや、その種類、地域ごとの特徴、過去と現在の状況などをトルコの風景を交えてお話します。トルコの村の女性たちの生活文化などに興味ある方もぜひどうそ~。
料金:2500円(ワンドリンク付き)
申込方法:instagramの@good_day_mori のDM
e-mail goodday_kagoshima@gmail.com
TEL 099-248-9931 

短い時間ですが九州のオヤファン、手芸好きさん、トルコ好きのみなさまにお会いできることを楽しみにしておりま~す。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  June 19, 2019 03:29:18 AM

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.