1440371 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2008/06/29
XML
カテゴリ:男の野菜料理
スパゲティ屋に行くと
も~う“ハイカラ”なメニューばっかりで「オジさん、こまっちゃう~」
娘が“ペスカトーレ”にするか“カルボナーラ”にするか悩んでいる隣で、
密かに“ボラギノール”にするか“丸刈り~だ”にするか悩んでいたりするオヤジです。。。


だいたいな~
今でも「外に食べに行く!」なんていうと、思わず一張羅を着て、財布の中身を確認してしまうよ。(思わずドキドキ・・・・)
そして店内に入る時、思いっきり緊張してしまうのは「パブロフの犬」のような昔からの条件反射だな!
だって昔は外食なんて“一大事件”!!


それにしたって
当時、食べるのは“ハンバーグ”“スパゲティ”“ざるそば”“五目そば”だったねぇ。。。
それらが飛びっきりのご馳走だったよ。スパゲティなんざ、ナポリタンかミートソース以外ありえねーっつーの!


昔はなかったんだもん
現代、当たり前にスーパーに並んでいるモノも、昭和にはなかったんだなぁ。
グレープフルーツを初めて食べたとき、めまいがするほど酸っぱかったぜ。



だいたいな!
ぶどうのフルーツなのに、なぜミカン?(中学の英語で習ったもん!)
半分に切ってから一晩蜂蜜と砂糖につけて食べてたよ~。ミニ先割れスプーンみたいな専用スプーンが流行り、どこの家にもあったよね。(本当かよ!)


当時はね
果物と言えばみかんやスイカ。バナナはまだ少しだけ高級品だったね(遠足や病気見舞い用)。
そういえばパイナップルは缶詰しか食べたことがなかったので、初めて生のパイナップルを食べたときも、あまりの酸っぱさに“おったまげた”ねぇ


キウイなんて
毛の生えた不気味な食い物!ってイメージしかなかったな。
なんか「宇宙人の食い物みたいな感じ?」「あんな緑のモノが喰えるの?」って恐る恐る喰ったっけ・・・



それでも結構楽しかった
でもねぇ日本がちょうど発展して、海外からいろいろな新しいものが入ってきた時代だったんだよ。
そういう時代に、いろいろな新しい食べ物を発見しながら生きてきました。(って大袈裟?)
それはとても面白くて、エキサイティング!な経験で、楽しかったなぁ、って思うんですよ~。


今日の料理は
ぇみ-neco-さんからリクエストを頂いた春雨サラダ風“春雨海苔巻き”
春雨にマヨネーズで下味をつけ、海苔でラップをした海苔巻きなんですが、イメージとしては生春巻きのかわりに海苔で巻いた!っていう感じ?
だから中身の具はなんでもOKでしょう。「カニかま」のかわりに「茹でエビ」で作ればゴージャス!つけだれはナンプラーでも美味しいよ。

料理はゲームさ!
正にこんな料理は邪道ですが、新しい食べ方を発見するのは楽しいし、良い経験だと思いますですよ。旨けりゃイイのよ!(そして味は好みだし)


<幸福の料理レシピ>
(2人分)
春雨 30g(規定の手順で戻しておく)
ホウレンソウ 2から3株(軽く塩茹でし固く絞る)
カニかま 2本
スライスチーズ 2枚
海苔 1枚
テンメンジャン 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1
塩・胡椒 少々
醤油 小さじ1
スウィートチリ 大さじ2

戻した春雨にマヨネーズ・醤油を入れ塩・胡椒で味を整える。
巻きすにラップを敷き、海苔を置き、スライスチーズを置く。
そこに春雨・カニかま・ホウレンソウを敷きテンメンジャンをつけ巻く。
10分くらい置き味をなじませる。
切り分けスウィートチリを添え出来上がり



↓ ↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
↓ ↓

にほんブ<br />
ログ村 料理ログ 男の料理へ



料理レシピ集 byブログでCookin'! はるさめ(春雨)ハルサメ







最終更新日  2008/06/30 07:18:19 AM
コメント(11) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.