2080249 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん

Comments

 くり坊 1号@ Re[3]:納期の長期化継続のお詫び(7月21日)(07/16) 西脇 由香さんへ ご連絡ありがとうござい…

Freepage List

Headline News

2018/12/04
XML

本日ご紹介するのは、◇国産杉のプレイテーブル。
実は「プレイテーブル」なんて言葉自体聞いてことがなかったのですが、お子様が遊ぶためのテーブルを「プレイテーブル」というようです。
お絵かきをしたり、レゴをしたり、ジェンガをしたり、ミニカーでブーブーしたり・・・。
子どもにとっては遊ぶことが一番の能力開発。
そう考えると、「プレイテーブル」とは、とっても重要なものに思えてきますね。
工場内の撮影のため、少々色味が青っぽい感じになってますが、ご容赦の程。

ということで、冒頭の写真が、お客様のご依頼で製作した、その「プレイテーブル」。
ご依頼のポイントとしては、大きく二つ。
・おもちゃの収納スペースがあること。
・椅子に座って遊べること。
ということで、お子様が座って、足の邪魔にならない部分を収納スペースにしました。
側面からは、たとえば、粘土や、色鉛筆、そのたもろもろを入れることができる棚。

足元には、絵本などを立てることもできる、向こうまで貫通したスペースがあります。

小さいお子様がぶつけても危なくないように、角も少し丸くしてあります。
塗装色は「NL(ナチュラル)」ということで、写真に撮ると塗装感が希薄ですが、肌色に近い色で塗装してあります。
お子様用ですので、ツートンにしても面白いかもしれませんね。

それでは、ここから、塗装する前に撮った写真で、組み立て方をご紹介。
こういたものは、やっぱり配送がネックになるので、基本は現地組立ですね。
部材としては、以下の通り。
ウィングのついたボックスと、ただの四角いボックスと、こたつ板のような天板です。

土台となるボックスをこんな感じで並べます。

収納スペースも、両側にあります。

中央は、向こうまで貫通したスペースで、大きなものや長いものに適してますね。

上に天板をかぶせたら、もう完成。
遊ぶ際には、やっぱり、表面の平滑性が大事なので、テーブルトップには、シナランバー合板を使ってます。
杉板を並べたのでは、凸凹して遊びにくいですよね~
大人には「ジャン卓」のように見えます。

NL(ナチュラル)で塗装して、こんな感じ。
小さな椅子も作りました。

作ってみると、なかなか機能的でもあるので、現在、商品化を目論み中・・・・

商品データ****************************
【プレイテーブル】
サイズ  800×800× H450 ミリ
素材 ◇国産杉
塗装色 NL(ナチュラル)
参考価格  20000円(税込 21600円)

【ミニスツール】
サイズ 250×250 H250 ミリ
素材 ◇国産杉
塗装色 NL(ナチュラル)
参考価格  1600円(税込 1728円) × 2






Last updated  2018/12/04 07:50:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
[◇国産杉 商品製作事例など] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.