2370573 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2006/02/26
XML
カテゴリ:ネパール産


……そうは見えないかもしれませんが、
ヒマラヤ水晶です。
しかも、ガネーシュ・ヒマール産。
(たぶん。ネパール産であることは確かだと思います)

ずんぐりドングリ型や先細りとんがり型はあれど、
こんな風にえんぴつ状レーザー型は少ないのでは。
ネパール産ヒマラヤ好きを自称する私も、
見かけた覚えがありません。
ブラジル・ディアマンティーナ産なら、同じくらいの太さ、長さのを持っていますが。

まあ、他の産地ならば珍しくないえんぴつ状結晶ですけれど、
さすがは(?)、ヒマラヤ。ひと味違います。
写真をご覧になるとおわかりいただけるように、
表面はでこぼこ。
しかも先端は丸く(右上)、柱面は鱗状です(右下)。
どうやらこれは、水晶の表面が溶けた蝕像のようです。
これで、もうちょっと先端が溶けずに残っていると、
ヒマラヤ水晶のトライゴーニックが拝めたかも……。

それはさておき、この形状を見ていると、
「ハリー・ポッター」に登場する「魔法の杖」を思い出します。
魔法使いの杖というと、「ロード・オブ・ザ・リング」でガンダルフが持っていた
長い杖だと思っていたのですが、
ハリー・ポッターの持っていたような短いのも「杖」なんでしょうか……?

しかもこの水晶の「杖」は、彫刻付。
蝕像は、大自然が水晶に刻み込んだ彫刻ではないでしょうか。
刻み込まれているのは、大山脈ヒマラヤの歴史か、
それとも山の神の呪文か……。
そんな想像も楽しいです。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007/09/06 12:30:13 PM
コメント(2) | コメントを書く
[ネパール産] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.