2370666 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2006/11/14
XML
カテゴリ:ネパール産


ちょっと久しぶりにガネーシュ・ヒマール産水晶です。
緑泥たっぷり先細り型。
表面はちょっと白く粉吹き系。

パキスタンからも緑泥入りは産出しますし、
ガネーシュ産そっくりの先細り型もある様子。
スイス産アルプス水晶にも緑泥ぎっしり水晶があります。
……が、緑泥ぎっしりで、刺さりそうなほど鋭角とんがり型は、
とりあえずガネーシュ産だけ……と言えそうです、いまのところ。

さて、この石の最大の見どころは、その曲がりっぷり。
先端が鋭くまっすぐ伸びているので目立ちませんが、
視線を根本の方へ動かしてみて下さい。
直角……とまでは言えないものの、もののみごとにぐにゃり。

以前に、水晶は針金などを曲げたように、どこかが縮み、
どこかが引き延ばされて「曲がって」いるのではなく、
成長の速度と向きが途中で変わってしまい、
結果として曲がったように成長したのだとご紹介しましたが、
なんだかこの石に限っては、まっすぐ成長したものが後になって
何らかの力を受けて、ある部分が縮み引き延ばされて「曲がった」ような
気がしてきます。
それほどまでの曲がりっぷり、そしてその曲がったか所のなめらかさ。

成長の時に方向が変わったというのなら、この水晶は何を目指し、
あるいは何に惹きつけられて大方向転換したのか、
水晶の先端が指し示した先にあったものを見たくなります。

もしかして、ものすごく気の変わりやすい水晶だったのか、
あるいは、大きく曲がってでも指し示さなければならないものが、
この水晶にはあったのか。

……ところで、曲がっている水晶の根本に重なっている小さな水晶、
途中で折れていますが、よく見ると微妙に曲がっています。
その曲がっていた方向を想像してみると、曲がっている方向は別。
どうやら、この産地の水晶は、好き勝手にあっちこっち曲がっていたのかも。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008/08/27 09:59:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ネパール産] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.