000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2008/10/20
XML
硫砒鉄鉱

アフガニスタン産水晶です。
表面は磨りガラス状マットでややクリーム色、明るめグリーンのトルマリンがくっついています。
この特徴はアフガニスタンのクナル産の特徴です。
言葉ではわかりにくいかもしれませんが、実物を見れば何となく見当が付きます。

トルマリンの色合いはなかなかきれいで、そのトルマリンがくっついた水晶となればそれだけで魅力的なのですが、この石にはさらにもう一つ特徴があります。
画面左上の方をよくご覧ください。
何か内包されていませんか?

アップにしてみます。

硫砒鉄鉱2

なにやら金属っぽいものが内包されています。
肉眼で見ても、溶けた金属っぽいものがちょっとファントム状に内包されています。

水晶の外見は上で書いたように、「これならクナル産」と見当がつけられるものですが、
こういう金属っぽいものが内包されているのは初めてです。

いったいなんだろう……。

最初は、緑泥とか泥とか、よく見かける内包物がたまたまそんな感じに見えるのかと思っていました。
しかし、見れば見るほど金属、それも溶けた金属がしずく状に入っている感じ。

長らく「なんだろう~」状態でしたが、石屋さんに見ていただいたところ、
アルセノパイライト(硫砒鉄鉱)ではないかと言われました。
初めて聞く名前です。
調べてみたらヒ素と鉄からなる黒っぽい銀色の鉱物でした。

そういえば、単独の結晶を見たことがあるような。
中国産で、水晶やフローライトにくっついたものが出るようなので、可能性はあるわけです。
ただし、同じアフガニスタン産で、同じようなタイプまたは表面にくっついたタイプを見ていないので、
そうかもしれないということで「?」付きに。

「ほかでは見かけないと」いう点は、珍しいもの好きの心をくすぐりますが、
欠点は、調べようとすると、資料が見つからない……という点です。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008/10/20 09:54:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
[アフガニスタン・パキスタン] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.