1227162 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2018年10月23日
XML
テーマ:ワイン大好き!
カテゴリ:泡モノ!
  • KIMG3835.JPG

先日、久々に岡山ワイン協会のワイン会へ行ってきました。今月のテーマはアメリカで、色々とアメリカワインを飲んできましたので、その中で印象に残ったものを今回から少し記事にしておこうと思います。先ずはワシントンの泡から。
ミッシェル・ブリュット​。生産者ドメーヌ・サン・ミッシェルは、ワシントン州のワイン造りにおけるリーディングカンパニーであるシャトー・サン・ミッシェルが、スパークリング専門のワイナリーとして、コロンビアヴァレーに立ち上げました。シャルドネ、ピノ ノワール、ピノ・グリ、ピノ・ムニエとシャンパーニュ品種を使用、醸造時も18か月の瓶内二次発酵を行うというこだわりっぷりです。
セパージュは、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・グリ。価格は2000円程度です。

は薄めの黄色。黄色感はちゃんとあります。
はしっかりした印象。量も多いですし勢いを感じます。

香りはカリンやリンゴ、それに少々の南国フルーツにメロン、緑のブドウと言ったものが感じられフルーティです。そこに、蜜っぽさや焼き栗、焼きイモと言った濃さ、香ばしさを感じるニュアンスも加わります。そういった華やかな印象の中に、ハーブや白い花、白コショウといった要素が見え隠れしました。

味わいはジューシー。果実味のアタックがしっかりありますが、そこは流石冷涼なワシントン州と言うべきか、明るい酸がその果実味の間からじわりと、しかし多量に表れるといったバランスでした。ボディはライトで、柔らかさや丸さを感じる質感です。

会では、つまみとして用意されていた鶏のから揚げ+スイートチリソースに合わせてみましたが、ソースの甘み、から揚げの旨みや塩気に対してワインの果実感がよく合いましたし、油の部分はやはり泡、加えて酸やフルーティさが程よく流して旨みとさっぱり感を残してくれました。
相性の幅は広そうですが、やはり鶏肉は鉄板でしょうね。焼き鳥や、これからですとクリスマスのローストチキンなどつまみたいところです。また、クリスマスと言えばケーキですがスイーツ類との相性も面白そう。香りの印象に合わせてリンゴを使ったもの等いいかもしれません。

シャトー・サン・ミッシェルと言えばハイコスパで間違いのないワインと言うイメージでしたが、そこがスパークリングに特化して造っているだけあって、アメリカワインらしい果実味がありつつもバランスの崩れない、そしてスパークリングらしく泡の良さもきっちり備えたいいワインでした。


シャトー・サンミッシェルミッシェル ブリュット N.V.Chateau Ste MichelleMichelle Brut
楽天内にも少し扱いがあるようで、投稿時点ではこちらのお店で1879円。このワインが2000円切るのですから嬉しい限りです。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






最終更新日  2018年10月23日 22時54分34秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ぱんだしゅりけん

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

午後は雨。 New! HABANDさん

デイタイムランニン… New! ミユウミリウさん

Antica Cantina Leon… New! sora__soraさん

オールドタイランド… New! shuz1127さん

キリンチャレンジ杯… Echezeaux14さん

シュラスコを食べに… busuka-sanさん

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.