映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2011年07月29日
XML
テーマ:ニュース(97543)
カテゴリ:読書レビュー

「星新一が、新しい魅惑の星へのルートをつくり、
小松左京がそこをブルトーザーで地ならしし、
光瀬龍がパイロット・カーを駆る」

これは日本SF黎明期の構図であるが、ここに登場
する3人の作家のうち、星新一、光瀬龍は既になく、
小松左京が亡くなられた。
心よりご冥福をお祈りしたい。

小松左京は、私のSF体験の始まりの作家の一人で
ある。
私が好きな小松作品としては、何よりも「果てしな
き流れの果てに」である。これほどスケールの大き
な作品は、今後も生まれないのではなかろうか。
小松SFといえば、長編を思い浮かべるが、短編に
も素晴らしい作品がある。

「お召し」
「新趣向」
「召集令状」
「夏の終わり」
「牛の首」

エネルギーに満ちた途方もない創造力と想像力の持
ち主であっり、そこから鋭い文明批評が展開された
が、現体制への刃になっていないのが残念であり、
不思議であった。

 







最終更新日  2011年07月29日 02時35分03秒
コメント(2) | コメントを書く
[読書レビュー] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 国民洗脳から目を覚ませ!@ Re:メンフィスに行く日本人(07/02) 馬鹿メディアである、テレビ、新聞、週刊…
 背番号のないエース0829@ まず、木村拓哉 「マスカレード・ナイト」に、上記の内容…
 王島将春@ Re:「ディア・ハンター」はお嫌い?(11/06) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…

お気に入りブログ

勇者は多数派 続き New! ポンボさん

PC悲鳴 New! k-nanaさん

福袋:朝井まかて 天地 はるなさん

今読んでほしい本!… SEAL OF CAINさん

哲ちゃんの夢(2)…シ… みらい0614さん


© Rakuten Group, Inc.