2023148 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

長門市の【SWEET AS… 足場スタッフさん

Comments

 くり坊 1号@ Re[3]:納期の長期化継続のお詫び(7月21日)(07/16) 西脇 由香さんへ ご連絡ありがとうござい…

Freepage List

Headline News

2018/09/06
XML

本日ご紹介するのは、◇国産杉 新材のテレビボードシェルフ。
WOODPRO shop&cafe​のお客様からのご注文。
テレビの台と、その上の棚が一体化したものです。
お客様の好みもさまざまで、「できるだけダメージの大きい古材」をご希望の方もあれば、「できるだけきれいな古材」というご指定もあったりします。
そういう場合、実際には古材でない方が良かったりする場合もあり、お客様のイメージを具体的に理解するのも、なかなか難しいですね。

さて、今回は、お客様のご要望で、「新材」にて作成しました。
テレビ台部分は、引き出しと開き戸と、固定棚。
テレビ上の棚は、補強のために、中央に仕切りを入れて、変形防止とともに、棚の耐荷重を強化してます。

杉の新材ということで、OLD ASHIBAと比べると木の表情もすっきりしてますね。

固定のためのビスの頭は茶色のものにし、あえて埋めたりせずに、見えるようにしてます。
杉材は板目の製材品で、広葉樹の家具用材と比べると割れや反りが起こりやすい材料になりますので、接着よりも、直接的なビス固定の方が適します。
ただ、このビスの頭を埋めたり、隠したりする手間にもコストがかかりますし、あえて見せることで価格も抑えられ、杉のリーズナブルな特徴も生かせるという判断ですね。

仕上げは、インテリアカラー「ナッツ」。
杉は柔らかく、傷もつきやすいので、あえて表面にウレタン仕上げは行わず、傷がついても、サンディングして、再度ステインを塗布すれば、「味わい」として昇華されます。
「杉」を使うということは、経年変化を楽しむ、ということでもありますね。
貼ものの家具や、プリントの家具の場合、最初の見た目はいいものの、経年変化=劣化で、すぐに飽きてしまい、模様替えの際には「粗大ごみ候補」となりやすいです。
このテレビ台にも、これから幾多の傷がついてくることと思いますが、無垢の木だからこそ、それが味になり、歴史になっていくのだと思います。


商品データ****************************
SUGI(◇国産杉 新材) テレビボードシェルフ
仕上げ  インテリアカラー ナッツ
サイズ W1250 H1700 D360
参考価格  58000円(税込 62640円)
※別途送料がかかります。






Last updated  2018/09/06 07:54:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
[◇国産杉 商品製作事例など] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.