2080246 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん

Comments

 くり坊 1号@ Re[3]:納期の長期化継続のお詫び(7月21日)(07/16) 西脇 由香さんへ ご連絡ありがとうござい…

Freepage List

Headline News

2019/09/30
XML

本日ご紹介するのは、アイアンとOLD ASHIBA(杉足場板古材)を組み合わせたシェルフです。
ただ、アイアンを使ったオーダー商品は、溶接などの工程も入るので、どうしても外部のアイアン工房に依頼する必要があり、思いのほか割高になってしまうケースが多いですね。

そこで今回は、シンプルなアイアンのアングルとOLD ASHIBA(杉足場板古材)を使って、棚を作ってしまおう、という内容です。

まず、こちら、黒皮鉄のアイアンアングル。
ちなみに、黒皮鉄というのは、鉄を圧延する際にできる酸化被膜で、「黒錆」ともいいます。
手で触ると、黒い粉がつきますので、これをワックスで拭き取りつつ、ワックスの被膜を作って表面を保護しています。
黒皮鉄には、黒色の塗装にはない、味わいがありますね。
ただし、自然発生的にできる被膜なので、黒さもその時々で一定ではありません。

現在WOODPROで販売している、規格サイズ商品ではなく、オーダーサイズ、オーダー加工です。
ご希望の長さにカットして、ご希望の位置にビス穴をあけてお送りしようという、現在企画中の「アイアンアングルイージーオーダー」商品。
こんな感じでビス穴があいていますが、L字の各面の穴は、高さを5ミリずらしてあって、ビス同士がぶつからないようにしてあります。

フェンスなどもそうですが、高さをそろえる必要ばある部材が多い場合は、必ずまとめて印をつけて置くのがポイントです。
バラバラに物差しをあてて印をつければ手間もかかるし、1本だけ印をつけ間違えることもあえます。
事前にまとめて印をつけて置くのが鉄則ですね。
ということで、棚の取り付け位置に赤鉛筆で印をつけました。

今回、使用する棚板がこちら。
同じ長さにカットした、200幅のOLD ASHIBA(杉足場板古材)です。

それをアングルの棚板位置の印にあわせてビス固定していきます。

こんな感じで位置合わせしておいて、ビス固定。

アングル2本固定完了。

さらに、もう2本のアングルを乗せて、位置合わせをしてビス固定していきます。

L字の片面からだけビスで固定していますので、こんな感じですね。

それをそのまま起こしますが、この状態では、L字の一方からビス固定してあるだけなので、結構ぐらぐらな感じ。

平らな場所に立てて、残りのビスを打っていきます。

アングルの先端で床が傷つくのが心配な場合は、樹脂製のカバーがあります。

それを装着すると、こんな感じ。
アイアンのハードさを多少邪魔してしまいますが、これで、床が傷つかなくなります。

こんな感じ。

上部は直接棚板をビス固定していますが、艶消しの黒にシンワッシャービスを使っているので、黒皮のアングルともよくなじみます。

ずべてをOLD ASHIBA(杉足場板古材)で作る棚もいいのですが、アイアンを合わせることで、シャープな感じも出て、見た目もおしゃれ。

商品データ**********************************
アイアン+OLD ASHIBA(杉足場板古材)シェルフ
W600 H1000 D210
仕上げ 無塗装
参考価格
棚板 OLD ASHIBA 200X35 L=600 無塗装
4枚セット  3300円(税別)
アイアンアングル オーダーサイズ 30X30
L=1000  穴加工8箇所/1本
1500円(税別)X4
アングルキャップ  4個  400円
シンワッシャービス 30ミリ 20本入り 100円  ×2

計  9900円(税別)

※価格は参考価格です。
確定金額ではありません。






Last updated  2019/09/30 05:45:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
[OLD ASHIBA 製作事例&トピックス] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.