3214006 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) わたなべさんへ コメント、有難うござい…
わたなべ@ Re:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) ロジェールの手前 2口が火が付きません 修…
Home Made@ Re[1]:ドアクローザーの下地がない(04/02) 赤毛のアンさんへ そうですね、輸入住宅…
赤毛のアン@ Re:ドアクローザーの下地がない(04/02) 数か月読ませてもらいましたが、修理補修…
久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2021年11月30日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




京都府のお客様のおうちで、MBF製の上げ下げ窓のバランサー交換を
行いました。

横に長い少し大きめのサッシで、開閉する建具の重量も8kg近くありました。

通常付けられているコイルバランサーは、両サイドに1個ずつなんですが、
それだけでは建具を持ち上げられないことから、バネを上下に2個連結させた
タンデム型のコイルバランサーがそれぞれ装着されています。
(3個のものもありますが、まだ日本では見たことがありません)

バランサーを交換する為に使うサッシ・フレームを無理矢理広げる
エキスパンダーという工具は、バランサーの高さに合わせて2個使いますが、
タンデムとなると工具同士の距離が広くなり、フレームを広げてもその
中央部は思った程広がりません。

ですから、通常よりも更にフレームを広げなければならないのですが、
あまりやり過ぎるとフレームが割れてしまうリスクもあり、慎重な作業が
求められます。

バランサーは、吊り上げる建具の重量と建具の高さによって、強度と
内蔵されたバネの長さが変わってきます。

今回も無事にコイルバランサーの交換が完了しましたが、現場によって
常に状況が違いますから、作業には細かな観察と気遣いが必要です。

そうそう浴室は水分や湿気が多いですから、ステンレス製のバネでも
劣化して切れてしまいます。

コイルバランサーは、15年くらいで新しいものに交換したいものですね。

最後に、ガラスの周囲に水が入らないように防水処理を行って、作業は
終了しました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2021年11月30日 18時44分38秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.