2371410 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005/04/14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
東京は3日ぶりのいい天気でした。
不思議なもので、天気が悪くて写真が撮れないとなると、
逆に「あの石を撮らなきゃ」「ああすればもっときれいに撮れるかも」
……と、写真意欲が高まるのです。

そんなわけで、
晴れた! 撮るぞ! とがんばった成果はなんと150枚。
デジカメで良かった……。
(150個ではないので念のため)
おかげでネタには事欠かない日となりました。

最初はネフライトのブレスでも……と考えていたのですが、予定変更。
昨日がラブラドライトだったのでこの石にします。

ラブ2

「あれ? 同じ石」……と思われた方。
正解です。
昨日のピンク・ラブラドライトの隣にいた石です。
何故同じ石を取り上げるかというと、
この石がお気に入りラブラドライト第1号だからです。
ラブラドライトを話題にするならコイツを忘れてはいけません。

実を言うと、私は長らくラブラドライトにあまり興味がありませんでした。
水晶のように結晶の形を持たない石だからと言うだけでなく、
さほど美しいと思わなかったのです。

今になって思うと、この石に出会うまで「透明度の高いラブラドライト」を知らなかったせいかもしれません。
普通、ラブラドライトの(輝いていないところの)色と言えば、
緑がかった灰色というか、カーキ色というか、とにかく冴えない渋い色です。
ところがこのラブラドライトは、写真左に写したように金色に透けるのです。

メキシコの方では「ゴールデン・ラブラドライト」と呼ばれる
淡い金色で透明、虹色の光を持たないラブラドライトが採れますが、
この透け具合を見ると、なるほど、あれもラブラドライトかもと思えてきます。

もちろん、写真の石は右側のように輝きます。
ブルー・ムーンストーンのように、透明な石の中に青い光が浮かび上がるのも不思議ですが、
金色の石に青い光はもっと不思議。
その不思議さ加減にノックアウトされたというわけです。

それだけではありません。
もう一枚写真を載せちゃいましょう。

ラブ3

地の透明感のせいか、反射する光も石そのものもどことなくまろやかで、
「光のしずく」という感じなのです。

珍しさこそ、ピンク・ラブラドライトに譲りますが、
輝きも石の美しさも、未だにこの石がベスト・オブ・ラブラドライト。

しかも中にはヘマタイト(たぶん)の細かい破片が散っていて
サンストーンの要素を持っているうえ、
レインボーも出るというおまけ付きです。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005/04/15 09:25:54 AM
コメント(4) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.